目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

24 / 96ページ

準備024日目 預金を下ろす際に

改装業者への支払いと前家賃、保証金、仲介手数料支払いのため、定期預金の解約をしに夫は銀行へ行ったときの話を。

事前に、何日の何時頃いくら解約するか連絡してから行くようにアドバイスしたにもかかわらず、いきなり行ったそうだ。結局1時間ほどかかったらしい。

ATMから下ろせるぐらいであるなら、何もそんな必要はない。今回は定期を何本も解約し、それなりの金額である。

お金を下ろす方にしてみれば、自分の金であり、銀行はそれが仕事だろうという気持ちがあるのだろう。

でも、それではいけないと思う。

自分が有利な立場で事を運びたいのであるなら、こちらは最善を尽くす必要があるのではないだろうか。

それが出来て初めて、思う通りに人を動かせるのだと私は思う。

それ以上に、時間がもったいない。経営者の時間は高いのである。


2005.04.17 Sun


24
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2


本日契約日。

午前中に大家への振込みを済ませ、仲介手数料の現金を用意して不動産屋へ行った。

先日FAX受信した、重要事項説明書と賃貸借契約書の疑問点、現状との相違を確認。

必要書類を提出し、賃貸借契約の締結。鍵の授受。特に問題もなく、契約は完了した。

苦労して貯めたお金の大半があっという間に人の手に渡ってしまった思いが強い。

でも、このお金はお金を産むお金なのだと頭を切り替えよう。消費したわけではない。投資なのだ。

不動産屋を後にし、改装業者に預ける合鍵を作りに金物屋へ行った。合鍵作成代金2,230円也。


2005.04.18 Mon


25
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備026日目 図面を作成する前に

今日から店舗の内部解体作業が始まった。

初日から問題が勃発。契約前に貰っていた図面と現状が相違していて、壁の材質と受水槽の位置が違っていたのだ。

スケルトンだったと聞いていたが、正確にはクロスや床材が貼ってあった状態で、図面との相違に気がつかなかったという。

本契約の前から図面を描き始めていて、内覧したときに実測したというので安心していたのだが…。

というのも、以前私は工務店に勤めていたことがあり、リフォームの仕事をしたことがある。

その経験から、図面と現状は殆ど違うということを知っていたし、痛い目にもあっていて、それだけは避けて欲しかったのにという思いがあったからだ。

常日頃から店舗の改装をしている業者に頼むのなら大丈夫だと思うが、そうでない場合、特に知り合いに頼む場合は、注意が必要だ。色々な意味で、厳しい態度で接することが出来ないからだ。

いくら相手が建築に携わった仕事をしていたとしても、分野が違えば至らないことが多々ある。

契約時に図面と相違する場合は、現状を優先と確かに書いてあるので、誰も責められない。あえて言うなら改装してくれる業者に言えないこともないが、果たして言えるのだろうか。

十分に現地を確認してから作図しないと、このようなことになるという典型例だと思った。


2005.04.19 Tue


26
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類


下記項目の中から、公庫の相談員が必要な書類に○をつけてくれるが、概ね自分に当てはまるもの全てと考えて良いようだ。

いずれも原本を持って行く必要あり。

1.前年度の給与明細票または源泉徴収票

2.預金通帳(家にある通帳の全て)

3.開業のために使った資金の領収証

4.借入金(住宅ローンや家族名義含む)のある場合は、毎月の支払額、借入残高のわかるもの

5.土地、建物の登記済み権利書(家族名義含む)

6.店舗、事務所、自宅の賃貸借契約書または物件の説明書

7.地代、家賃の領収証(振込み明細など)最近6ヶ月以上分

8.不動産担保を希望の場合、不動産登記簿謄本(交付日1ヶ月以内)及び固定資産税の領収証

9営業許可証、認可証、資格または免許を証明するもの

10.運転免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証明証(いずれか都合の良いもの)

11.生活衛生融資の推薦を取るために、持って行った書類

12.その他

資産や負債の確認に家族名義を含めることから、開業とは本人だけの問題ではなく家族全員の問題だということを、改めて認識した。

2005.04.20 Wed


27
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備028日目 保証人の会社の確認


公庫の申込書類の中に、保証人の会社について書く欄があった。会社名、所在地、電話番号、代表者氏名などがそうだ。

法務局で確認されることを忘れていて、所在地を店舗のある住所を書いてしまい、公庫から会社の確認が取れないと言われてしまった。

つまり、登記簿に載っている所在地と現在店舗のある所在地が相違しているということだ。

ちなみに、店舗の賃貸借契約では、電話だけの確認だったようで、今回のようなことはなかった。

役所が絡む仕事において、届出されている内容と事実が相違していることを書くとき、このようなことに留意しなければいけないことを痛感した。

作業効率を考えるなら、事前に登記上の内容であるか確認するに越したことはないが、保証人に対して「これは登記上の内容ですか?」などと訊けるものではない。

それ以前に、初めて開業する人間が、このようなことにまで気が回るはずがないなと思った。だからこそ、何事にも余裕を持って動く必要があるのだろう。


2005.04.21 Thu


28
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について