目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

16 / 96ページ

準備016日目 個人保証を免除する制度


長期で固定金利が特徴の中小企業金融金庫では、事業計画の内容により、今年から大部分の特別貸付制度で、無担保特例が利用できるようになっていた。

銀行のようにどこにでもあるわけではないが、電話相談センターが設置されているので、まずはそれを利用してみるのも良いかと思う。

また、ここではコンサルティングサービスというのがあって、目を引いた。

サービスのほとんどは、すでに事業を営んでいる会社を対象に、企業診断や経営改善を提案するのがメインであるが、目的意識を持って相談すれば、有益なアドバイスを得られるかもしれない。

新創業融資制度は、国民生活金融公庫などで利用できる融資で、簡単に言えば金利を1.2%上乗せすることで、担保、保証人が不要になる制度。

その他の開業資金向けの融資制度は、新規開業資金や女性、若者/シニア企業家資金があり、担保、保証人は必要ではあるが、要望に応じて相談に乗ってくれる。

国政として借り入れがしやすい状況であるようだし、これらの相談や申し込みには、手数料や調査料など一切必要ないので、利用する価値はあると思う。


2005.04.09 Sat


16
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39

準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2

やっとのことで、離職票などの書類が届いた。

失業給付を受けるつもりがなくなったので良いが、そうでなかったら大問題だ。例えば今回のケースであれば、17日も給付がもらえるのが遅くなる。

今回届いた書類は下記の通り。

1.健康保険、厚生年金保険被保険者資格喪失確認通知書(写し)
2.雇用保険被保険者証
3.雇用保険被保険者離職票1
4.雇用保険被保険者離職票2
5.ハローワーク発行のパンフレット

雇用に関する助成金の相談に行くなら、上記1〜4の書類を持って、開業予定地管轄のハローワークへ行く必要がある。

上記1.は、10日目に言われた書類以外のもので、健康保険の扶養申請をする際に必要な書類。

上記4.は、勤めていた会社と離職者の離職理由に相違がないか確認するための書類になっている。

5.は、失業保険をもらうなら、最低限自分に関係ありそうなことを読むことをお勧めする。面倒かもしれないが、大切なお金のことなのだから、自分の思うとおりに給付を受けるためにも、予備知識を仕入れておくべきだと思う。

今日は社会保険の手続き、つまり、私の扶養に入る手続きをするため、これら書類の確認と私の会社から送られてきた書類の記入をした。3種類の用紙に、住所と氏名など、簡単なことを書けば良いだけだった。


2005.04.10 Sun


17
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備018日目 領収証の取扱い

独立開業の準備をしていると何かと出費があるが、どうも夫はその管理が苦手のようだ。

今まで経費を使えるような立場にいなかったので、仕方がない部分はあるため、いくつか基本的なことから指南した。

・宛名は会社名または屋号でもらうこと。

・余白に何の目的で使われたお金なのか、後からわかるように自分でメモすること。

・電車代のような領収証のないものは、出金伝票に書くか、日付、区間、金額が書ける一覧表を用意して、利用した都度書くこと。

・その日に済ませれば数十秒で終わることだが、後でまとめてやろうと思うとなかなか思い出せず、かなりの時間を浪費すること。

・領収証などを入れる箱をひとつ用意し、外から帰ってきたらその日にもらった領収証は、必ずその箱へ入れること。

今はまだ大した量ではないし、そんなにちゃんとやらなくても大丈夫だろうと侮っている様子だが、初めが肝心なので厳しく仕付けたいと思う。


2005.04.11 Mon


18
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備019日目 市区町村の融資制度


区の助成金や融資制度を調べるため、開業予定地の区役所のHPで、探してみた。

まずどこに目的の情報があるのか、さっぱりわからない。検索をかけても、その文字が出てくる区報がヒットするだけで、どのサイトにあるか探すのに時間が掛かる。

三鷹市のように利用目的にあわせてトップページが分かれていると良いのにと思った。

今回見つけたのは商工業融資で、金融機関から低利かつ長期の返済で資金が調達できるよう、区が取扱金融機関に「融資あっせん」するもの。

資金の用途により利率や補助が異なるが、私が調べた区の創業支援資金制度では、設備資金の場合、金利が2.5%で区の利子の補助はないが、保証料を補助。運転資金の場合には、利子を2%補助。

条件は、区に引き続き1年以上住みその区で開業する、税金を滞納していないことなど。つまり、店を出したいと思う場所と同じ区に住んでいなければいけない、ということだ。

また、小規模企業特別融資というものもあり、これは信用、担保力等の不足により、先の商工業融資制度を利用できない小規模企業の方に、区が調査及び審査・貸付決定を行い、取扱金融機関(みずほ銀行)に「融資あっせん」するもの。

ただしこちらは、第三者の保証人が必要で、同区内(やむを得ない場合は23区)在住などの条件がある。

事業計画書や図面、見積書など用意して相談窓口へ行きたいと思った。

2005.04.12 Tue


19
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40

準備020日目 国民生活金融公庫


もっと早く来て欲しかったと言われた。

審査に最低でも3週間かかるためだ。実際に店舗が決まっていなくても、事業計画書さえしっかりしていれば、申し込みが出来ると言うのだ。

確かに公庫のHPから申し込みが出来ることは知っていたが、やはりどんな物件を借りるか決まらないと、動きにくいのではないだろうか。

店舗の場合は特に、実際に借りる物件の規模や条件により、必要な融資の額が変わるものだし。

行ってみてわかったことは、生活衛生関係営業の融資それ以外の融資があり、飲食店や理容業、旅館等の開業は、前者の融資を利用することであった。

生活衛生組合に加入していたり、会社の状況によってさらに分類され、異なる条件で融資を受けることが出来る。新規開業の場合は、一般貸付になる。

この制度を利用し、申込金額が300万円を超える場合は、都道府県知事の推薦書が必要になり、交付申請には、生活衛生営業指導センターへ行くことになる。

その後再度公庫へ行き、融資申込みという流れになるようだ。


2005.04.13 Wed


20
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:40


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について