目次
準備001日目 サラリーマン最終日
準備002日目 失業保険 その1
準備003日目 店舗物件探し その1 賃貸住宅探し その1
準備004日目 融資 その1
準備005日目 調理師免許の申請 その1
準備006日目 調理師免許の申請 その2
準備007日目 店舗物件探し その2
準備008日目 店舗物件探し その3 賃貸住宅探し その2
準備009日目 周りの人の応援
準備010日目 社会保険 その1
準備011日目 事業計画書の必要性
準備012日目 店舗決定、融資 その2
準備013日目 雇用に関する助成金
準備014日目 店舗の保証人
準備015日目 中小企業庁の独立支援
準備016日目 個人保証を免除する制度
準備017日目 失業保険 その2、社会保険 その2
準備018日目 領収証の取扱い
準備019日目 市区町村の融資制度
準備020日目 国民生活金融公庫
準備021日目 生活衛生融資
準備022日目 店舗の賃貸借契約 その1
準備023日目 開業準備の負荷
準備024日目 預金を下ろす際に
準備025日目 店舗の賃貸借契約 その2
準備026日目 図面を作成する前に
準備027日目 国民生活金融公庫融資に必要な書類
準備028日目 保証人の会社の確認
準備029日目 資金の出処
準備030日目 賃貸住宅探し その3
準備031日目 賃貸住宅決定
準備032日目 引越しの見積り
準備033日目 名刺の手配
準備034日目 電話復旧
準備035日目 業者への支払い
準備036日目 近隣からの苦情
準備037日目 近隣対策
準備038日目 帳簿作成の費用(青色申告会)
準備039日目 帳簿作成の費用(日本商工会議所)
準備040日目 帳簿作成の費用(記帳代行業者)
準備041日目 経営者と経理
準備042日目 経理業務について
準備043日目 厨房設備決定
準備044日目 出費の総額を把握する
準備045日目 開業前の帳簿の書き方
準備046日目 国民生活金融公庫の審査結果
準備047日目 厨房設備のリース申込み
準備048日目 国民生活金融公庫の提出資料
準備049日目 内装の色を決める
準備050日目 工期に余裕をもつ
準備051日目 会に入るということ
準備052日目 青色申告会
準備053日目 商工会
準備054日目 青色申告をするために
準備055日目 国民生活金融公庫、未だ回答なし
準備056日目 開業前の経費について
準備057日目 開業届けの関連手続き
準備058日目 30万未満は一括経費
準備059日目 消費税の基礎知識1
準備060日目 消費税の基礎知識2
準備061日目 保証人の確認方法
準備062日目 営業許可の手続き
準備063日目 国民生活金融公庫の申込から43日経過
準備064日目 カウンター完成
準備065日目 外装工事追加
準備066日目 同業者の方とのおつきあい
準備067日目 設備投資
準備068日目 融資実行間に合わず
準備069日目 融資決定
準備070日目 融資を早める方法
準備071日目 求人申し込み手続き(ハローワーク)
準備072日目 色使いの難しさ
準備073日目 厨房の相方
準備074日目 名刺完成
準備075日目 IP電話
準備076日目 祝賀会の招待状
準備077日目 求人(ハローワーク)
準備078日目 会計ソフト選び
準備079日目 外壁工事、家電購入
準備080日目 バイト募集
準備081日目 国民年金加入手続き
準備082日目 携帯電話料金の節約には
準備083日目 施工管理者の必要性
準備084日目 店舗契約前に確認すべきこと
準備085日目 開業初年度の経理その1
準備086日目 プレオープンまで一週間
準備087日目 メニュー作り
準備088日目 湯水のようにお金が…
準備089日目 求人雑誌
準備090日目 プレオープン3日前
準備091日目 プレオープン2日前
準備092日目 プレオープン前日
準備093日目 プレオープン初日
準備094日目 プレオープン2日目
準備095日目 消防署査察
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

10 / 96ページ

準備010日目 社会保険 その1

私の扶養に入る手続きを確認した。

ここで初めて知ったことが、扶養に入ると失業手当はもらえないということ。どちらかを選択しなければならないのだ。

1.扶養に入れば保険や年金の手続きが、書類さえ揃えれば郵送して後は私の会社にお任せ出来る。

2.失業保険の手続きをするなら、ハローワークに行き、国民保険&年金の手続きを自分でする必要がある。

楽なのは1.であるが、金銭面ではどちらが有利かわからないので、とりあえず扶養の手続きに必要な書類を教えてもらい、手配を依頼した。

・住民票(同居同一生計であることの確認)
・離職票1、2のコピー
・年金手帳
・基礎年金番号票(年金手帳がブルーなら不要)
・申込書(会社から郵送される)

以上を揃え配達記録で、私の会社に郵送すれば良いとのこと。

そういえば、夫が勤めていた会社から年金手帳を返してもらったり、離職票を発行してもらっているのだろうか?これからやることリストに書き加えて確認しなくては。


2005.04.03 Sun


10
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39

準備011日目 事業計画書の必要性


希望する駅の両隣を探してみたが、これはという店舗を見つけることは出来なかった。

駅から近くてそこそこの広さがあり、家賃が安いなんて物件がそうそう転がっているものではない。漠然と探していても見つからないものだと思う。

やはりこのように行き詰まってしまった時や、迷い悩んでしまう時に必要なのが、事業計画書なのだと実感した。

本人は頭の中で十分に考えているつもりなのだろうが、堂々巡りになりやすい。やはり何らかの形でアウトプットしていた方が、何かと役に立つと思えてならない。

どうも事業計画書というと、どこかへ提出するもの、面倒なものと思っているような節がある。でも、書面にして誰にでもすぐにわかるような形にするメリットは、計り知れないと思う。

ひとりひとりに言葉で伝えるのが有効である場合も多いが、やはりこれは仕事である。仕事として関わる人に対しては、簡潔でわかりやすい方が良い。いや、むしろそうあるべきであるとさえ思う。

また、書くことによって自分の頭の中が整理され、イメージが明確になる。それがさらに協力者へ伝わり、思う通りのことを実現する可能性が高まるのではないだろうか。


2005.04.04 Mon


11
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39

準備012日目 店舗決定、融資 その2


昨日の話し合いから一晩考えた結果、やはり20坪の店舗物件を借りることにした。

夫は不動産屋と待ち合わせて、再度物件を確認し、店舗申込書をもらった。ここで資金的な面で、矛盾が生じることを知った。

融資を最大限に受けるためには、手持ちの資金を多くすることに限る。しかし融資を受けるには、店舗物件が決まってからでないと、融資の申し込みが出来ない。

いや、出来ないということはないのかもしれないが、具体的な金額の相談に乗ることが出来ないと、銀行の職員に言われたらしい。

店舗物件が決まるということは、保証金や前家賃などを払うので手持ち資金が減り、融資を受けられる額の減少を意味する。

やはりある程度の資金を用意していないと、独立開業は出来ないというのだろうか。

でも、事業計画書などを提出して借り入れできたという記事を読んだことがあるので、その方向でもう少し調べてみようと思う。

私が一時的に貸すということも出来ないことはないのだが、預金を引き出しにくいようにしているので、どの通帳からいくら下ろすか検討しなければいけない。

ちなみに、お金を貯めるにはこの引き出しにくく、引き出すにはもったいないと思える、きりの良い金額を預金するのが有効だと思う。

実際に今でも解約するのはもったいないなぁと思っているのが正直なところですから。ここだけの話ですけど。

本題に戻りまして、夫は、物件の確認には工務店のKさんにも立ち会ってもらっていて、図面を起こすため実測作業を一緒した。

工務店さんの事務所へ場所を移し、図面を作成するための打ち合わせをした。意見を反映させながら描いてもらう図面を横で見ているのは、ここ最近で一番楽しい作業だったかもしれない。


2005.04.05 Tue


12
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39

準備013日目 雇用に関する助成金


助成金完全マニュアルというHPの新規事業を始めるで、雇用に関する助成金について調べてみた。

注意することは、とにかく時期が大事だということ。それを逃してしまうと、二度とその助成金を受けるチャンスがない。創業支援であるから、創業時であることが重要なのだろう。

例えば、ある書類を開業する前日までにハローワーク提出し認定を受け、開業後1年以内に雇用保険の事業主になり、継続して雇用しなければならない。など、あっという間に過ぎてしまうような日数で設定されている。

この助成金は受給資格者創業支援助成金というもの。雇用保険の加入期間が5年以上必要で、夫は惜しくも満たすことができなかった。

他に法人設立を予定しているなら、地域雇用受皿事業特別奨励金というのがある。こちらは設立後6ヶ月以内に認定を受け、1年6ヶ月以内に3人以上雇用する必要がある。

他にも細かい条件があるので助成金を受けるハードルは高いようだが、それなりの金額の助成金が支給されるので当然のことと思う。

これらのHPは、人を雇い入れることを視野に入れた段階で、また確認してみたい。

ハローワークは、求職者だけでなく独立開業を目指す人間も、辞めたらすぐ行ってみた方が良いのかもしれない。


2005.04.06 Wed


13
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39

準備014日目 店舗の保証人


店舗を借りる際の保証人に、私の父親がなってくれることになった。不動産屋に保証人である父の会社概要書が必要で、下記の項目用意して、実家の居酒屋に夫と二人で出かけた。

・社名
・設立年月日
・所在地
・電話番号
・役員
・従業員数
・資本金
・取引銀行
・事業内容
・店舗規模
・年商

両親には、ほとんど何も話していないに等しい状態だったので、近況を報告した。その話を常連さんが聞いていて、場所やオープンする日にちなど色々と興味をもってくれた様子。

実家とこれから店を開く場所が離れているので、実際にそのお客さんが来てくれることは難しいが、紹介できる人がいるとのこと。その場の話であっても、こう言って貰えたのは嬉しかった。

名刺を持っていないのか?とも訊かれたが、あいにく作っていなかった。いつどこで営業できるかわからないものである。店舗の契約が済んだら、真っ先に名刺を作ろうと思った。

成功する確率をあげる努力は、こういう小さな積み重ねなのかもしれない。


2005.04.07 Thu


14
最終更新日 : 2011-10-24 19:50:39


読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について