閉じる


<<最初から読む

12 / 14ページ

歴史


 上下左右徹底的に閉ざされた密室で、

 みんなが地面に押しつけられていたとき

 彼はあの天井をぶち破って、

 空を飛ぶことを考えていた



正義

 

 みんなが正義と言う文字を書くと、

 後世の人々は解読することができなかった



きりぎりす

 

 ありの大人がきりぎりすを嫌っても、

 ありの子供たちは彼の歌を忘れなかった



ニュートンとリンゴ

 

 リンゴが木から落ちる理屈をニュートンが説明しても、

 リンゴが甘いことに変わりはなかった



ペンギン

 

 ペンギンが空を飛べなくても、

 特に問題はなかった

 空を飛びたいペンギンなどいなかったからだ

 そんなのは、ただの空想だ!



空と星とひと

 

 空の向こうには星がある

 星は過去の輝きをまとう

 人は現在の姿でそれを見つめる

 過去と現在と未来

 時間は本当に存在するのか?



再び、彼

 

 そして彼は跳んだ

 人々は固唾を呑んで見守った

 彼のあとに虹が浮かぶ

 それは、永遠と名づけられた


Me

Morning


 まどろむ



Noon

 

 目覚める


 

Evening

 

 迷う


 

Night

 

 無我


 

Real

 

 期限まで


 

Fantasy

 

 


 

Question

 

 どれがぼく?


 

ANSWER




奥付



これまでのことばたち


http://p.booklog.jp/book/37139


著者 : むらさきあおい
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/rc5fnlg2/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/37139

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/37139



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

夕住ほなみさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について