twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , 文芸 作者 中祭邦乙
価格 100円(税込)
タグ 竜馬龍馬歴史幕末江戸桂小五郎半平太ハリス開国尊王攘夷鎖国千葉道場日本アメリカプライド切腹武士武士道小説
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

40 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 27ページ (Web閲覧)
54ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
千葉・斎藤・桃井の江戸三大道場が隆盛を極める江戸で、剣士達は土佐藩主催の御前試合に向かってその腕を磨いていた。桶町千葉道場では竜馬が塾頭を任され、桂小五郎、武市半平太らと深い係わりを持っていく。そんな最中、竜馬の従兄弟・山本琢磨が事件を起こし、その命が危ぶまれる。その一方では、日本を狙う西洋諸国の動きが活発化して、アメリカ総領事ハリスも執拗に開国を迫ってくる。・・・幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第17章。現代社会が失った日本の心の復興と善き発現を求めて、坂本龍馬を中心に青年達が命を賭した明治革命を追う。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧