閉じる


<<最初から読む

15 / 17ページ

14 トランプの あめ

 あらあら これは! いったい どういうこと? アリスに なにが あったんだ?
 さて それを これから できるかぎり おはなしするね。 これは おさばきが おひらきに なったところ。 キングが 12にんに ハートの ジャックの ゆうざい むざいを きめろと いってね ―― つまり タルトを ぬすんだのは そいつなのか、 ほかの やつが たべたのか きめるって ことなんだけどね。 でも いじわるな クイーンは とにかく おしおきするって さきに きめたくって。 こんなの ただしくないよね? だって ほら、 タルトを ぬすんでないんだったら もちろん おしおきなんか だめだし。 おしおきを うけるにしても じぶんの やったことにじゃないと、 ね?
 だから アリスは いったんだ。「がらくたの からっぽ!」
 すると クイーンは こういう。「こやつの くびを はねよ!」(これは おこったときの おきまりの ことばだったね。)
 で アリスの へんじ。「あんたたちなんか こわくない! ただの トランプじゃないの!」
 となると みんな ぷんすかするわけで。 ちゅうに とびあがって アリスのうえへ みんなして ふりかかってきまして。 まるで ざあざあ にわかあめみたいに。
 つぎに どうなったかなんて おもいも よらないよ。 そのつぎはね、 アリスが このへんてこな ゆめから めが さめたんだ。 きづいたら トランプは ただ きから おちてくる はっぱに なってて、 かぜが びゅーんて かおのほうへ ふきおろしてきててね。
 アリスみたいに へんてこな ゆめ みられたら、 すてきじゃなあい?
 いちばん いい やりかたは こう。 まず きのしたで ねそべってね、 じっと まったあと ついに しろウサギが とけいを てに はしってきたら そこで めを とじて、 あとは アリスちゃんに なったつもりで。
 さようなら、 いとしい アリス、 さようなら!

(おしまい)

15
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:59

Original Credit



The Original Text: The Nursery "Alice" (1890)
The Original Author: Lewis Carroll (1832-98)



16
最終更新日 : 2011-09-17 18:53:09

奥付



えほんのアリス


http://p.booklog.jp/book/36749

著者 : ルイス・キャロル
訳者 : 大久保ゆう
絵 : biwanomi

※この翻訳は「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス」
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)によって公開されています。
上記のライセンスに従って、訳者に断りなく自由に利用・複製・再配布することができます。

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/36749

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/36749



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



17
最終更新日 : 2011-10-06 11:09:02

この本の内容は以上です。


読者登録

biwanomiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について