閉じる


<<最初から読む

9 / 17ページ

8 ブタの あかちゃん

 アリスが ごぜんさまのところへ うかがった おはなし、 ききたい? ほんとに おもしろい おうかがいに なってね。 きたいして いいよ。
 もちろん はじまりは ドアの ノック。 でも だっれも でてこなくって。 だから じぶんで あけることに。
 さあて さしえに めをやると、 なかに はいった アリスの めに とびこんだものが ちょうど わかる。
 ドアが まっすぐ だいどころに つづいていてね。 ごぜんさまは おへやの まんなかに すわって あかちゃんを あやしてる。 あかちゃんは わんわん。 スープは ぐつぐつ。 コックさんが スープを まぜまぜ。 ネコ ―― チェシアネコが ―― にやにや、 チェシアネコは いっつも そうなんだ。 アリスが はいってきたときは ぜんぶが こんなぐあい。
 ごぜんさまは すてきな ぼうしと ガウンを みにつけてる、 よね? でも ざんねんながら かおは あんまり すてきじゃあなくって。
 あかちゃんは ―― まあ きみだって もっと かわいいこ みたこと あると おもうんだけど、 その、 もっと おとなしいこ、 ね。 でもね いま よおく みておいてね、 つぎ でてきたときに わかるかどうか たしかめるから!
 コックは ―― まあ もっと うでききの コック ひとりふたり あったこと あるかもね。
 でもでも きっと これより ものすごい ネコは みたこと ないはず! だよね? ちょっと こんなネコちゃん かってみたくない? みどりの めが あいらしくって、 えがおも とっても かわいくて。
 ごぜんさま アリスには ひどく ぶしつけで。 まあ しょうがない。 その、 じぶんの あかちゃんなのに 「ブタ!」とか よぶくらいだし。 ブタじゃない、 よね? あと コックに アリスの くびを たたっきれって いいつけたんだけど、 もちろん そんなこと コックは しなくて。 さいごには あかちゃんを こっちに なげつけてきてさ! だから アリスは あかちゃんを うけとめて、 つれだしたんだ。 そうするしか なかったと おもう。
 というわけで おうちから はなれて、 もりを ぬけて、 かわいくない そのあかちゃんを かかえていってね。 すごい じたばたしてたから つかまえておくのも ほんとに たいへんで。 でも さいごには ひだりあしと みぎみみを ぐっと つかめば いいって きづいたんだ。
 でも ふつうの あかちゃんを こんなふうに つかんでみちゃあ いけないよ、 めっ! こんなふうに あやされたい あかちゃんなんて あんまり いないからね!
 さて、 あかちゃんは ぶーぶー いいつづけてるわけで。 だから アリスも まがおで いわなきゃいけない。「もし ブタに なっちゃうんなら もう なんにも してあげなくてよ、 いいこと!」
 って おわりに かおを のぞいてみたんだけど、 いったい どんなことに なってたと おもう? さしえを ごらん、 こたえあわせ。
「えっ、 アリスが あやしてるの、 あのあかちゃんじゃ ないよ?」
 ほおら、 やっぱり わかんなかった。 だから よく みておいてって いったのに! うん、 これが あのあかちゃん。 こブタに かわっちゃったんだ!
 なので、 アリスは したに おろして、 もりのなかへ はなしてね。 そこで ひとりごと。「ほんっと かわいくない あかちゃん! でも ブタに なったら ちょっとは ましかも。」
 そのとおりだと おもわない?

9
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:58

9 チェシアネコ

 ひとりぼっち、 ひとりぼっち! かわいそうな アリス! あかちゃんどころか ブタも もう いっしょじゃない!
 そんなとき チェシアネコが あたまのうえの きに やどってたもんだから、 とっても うれしかったこと わかるよね。
 たしかに ネコは とっても すてきな えがおなんだけど、 ちょっと みて、 はが ぎっしり! アリス すこしだけ ひいてない?
 うん、 まあ、 すこし。 でも やっぱり ネコだって はは いるわけで。 それに いらいらしてたら なるべく にやにやは しないしね。 だから それなりに アリスも うれしくって。
 アリス とっても おすまししてなあい? あたまを すっくと もたげて、 りょうてを うしろに まわして、 まるで ネコに ものを おしえてるみたい。
 そういえば おしえておきたいことが ちょっと あるんだ。 アリスと ネコの このさしえを みておいてね。 さあて へそを まげないでね、 おねがい! ほんの まめちしきだから!
 きの そばに、 キツネノテブクロが あるの わかる? これ、 どうして キツネノテブクロって いうか しってる? もしかして キツネと かかわりあるとか おもってる? まちがい! キツネは てぶくろ はめないよ!
 もともとは 「こびとの てぶくろ」って いったんだ。 でも 「こび」って きつねの ばけものでも あるからね。
 ここで まめちしきは おしまい。 いらいらが おさまるまで ちょっと まってるね。
 どう? すっかり おちついた? もう だいじょうぶ? くちの すみも ひんまがってない? じゃあ つづきを。
「チェッシャにゃん!」って、 アリスが よんでね。(ネコにしては すてきな なまえじゃなあい?)「おしえてちょうだい、 ここから どちらに いったほうが よくって?」
 すると ネコは、 ぼうしやの ところへ いきたきゃ こっちの みち、 やよいウサギだったら あっちの みち、 って おしえてくれてね。「どっちも へんにゃ やつ!」って ネコは いうんだけど。
 そのあと ネコが きえちゃって! まるで ロウソクの ひが きえるみたいに!
 まあ アリスは やよいウサギのほうへ あるきだすんだけど、 すすんでいくと また そこに ネコが いてさ! そんなに すぐ でたり きえたりは いやだって いってやったんだ。
 すると こんどは ネコも きえるのが すっごく ゆっくりになって、 はじめが しっぽ、 さいごが にやにや。 へんてこじゃあない? ネコが いなくなってるのに、 にやにやが あるなんて。 みてみたい?
 このページの すみを めくってみたら、 にやにやを みてる アリスが でてくるよ。 ネコを みてたときよりも、 ちょっとだけ びくびくしてない、 かな?

10
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:58

10 おかしな おちゃかい

 これは おかしな おちゃかい。 チェシアネコと わかれたあと、 アリスは チェシアネコの おしえてくれたとおり、 やよいウサギと ぼうしやに あいにいったわけ。 みつけたとき そいつらは おおきな きのしたで おちゃかいをしていてね。 あいだには ヤマネも すわっていて。
 テーブルに ついてたのは この3にんだけだったんだけど、 そのまわりには ずらりと ティーカップが ならんでてね。 テーブル ぜんたいは みえないけど、 ほら さしえの ぶぶんだけでも カップが 9こも あるよね、 やよいウサギの てにあるのも くわえると。
 そいつが やよいウサギ。 みみが ながくて、 かみに わらが ぐちゃぐちゃ からまってる。 わらが あるって あたまが おかしい しるしだからね ―― なぜかは わからないけど。 ぜったいに かみのけに くくりつけちゃ だめだよ。 ひとに あいつの あたまは おかしいって おもわれるからね!
 それから テーブルの はしに すてきな みどりの アームチェアが あったんだけど、 それが まるで アリスの せきみたいに みえてね。 だから そこへ いって こしを おろしたんだ。
 そうして やよいウサギと ぼうしやと ながなが おはなしを して。 ヤマネは あんまり しゃべらなかった。 ほら いつも ぐっすり ねむってるからね、 たまに ちょっと おきたりするだけで。
 ねむってるぶんには やよいウサギにも ぼうしやにも つかいがってが いいんだよ、 だって あたまが まるくて ふかふかだから、 まくらみたいで。 ひじを ついても、 もたれかかっても、 きがねなく はなしを しても いいんだ。 ふつうは あたまを まくらがわりに されるのなんて いやだよね? でも ヤマネみたく ぐっすり ねむってたら、 きづかないよ。 だから きにならないんじゃ ないかな。
 ざんねんながら アリスは のみもの たべものを すこしも もらえなくって。 でも しばらくしたら おちゃも バタートーストも ごじゆうに どうぞ ってことに なって。 ただ いったい どのせきで たべたんだろうね、 そもそも おさらじたいが ないし。 おさらが あるのは ぼうしやだけで。 いや、 きっと やよいウサギにも あったかも。 だって みんなで じゅんぐり せきを かえたら(それが このへんてこな おちゃかいの きまりだからね)、 つぎに アリスが すわるのは やよいウサギの せきだし、 そのとき ウサギが じぶんの おさらに ミルクつぼを ひっくりかえしてるって きづいたみたいだし。 きっと おさらと ミルクつぼは おっきな ティーポットの うらに かくれてたんだよ。
 このぼうしやは いつも うりものの ぼうしを もちあるいていてね。 あたまに のっかってるのも そもそも うりもの。 ほら、 ねだんが ついてるよね ――「10」と 「6」―― これは 「ぎんか10まい どうか6まい」ってこと。 こんなの へんな うりかたじゃない? あと きれいな ネクタイをつけてない? ほら いいかんじの きいろい ネクタイ、 あかの みずたまいり。
 そいつが たちあがって アリスに ひとこと。「かみを きりたまえ!」 おおきな おせわ、 だよね? アリスの かみって きらなきゃいけないかな? とっても かわいらしい ながさだと ―― ちょうど いい ながさだと おもうんだけど。

11
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:59

11 クイーンの おにわ

 これが まえに おはなしした きれいな おにわの いっかく。 ほら、 アリスは さいごに なんとか ちいさくなれたから、 あのちいさな ドアも ぬけられてね。 たぶん にほんあしで たった ネズミくらいの せたけ。 なので これは もちろん ちっちゃな バラの きで、 こいつらは ちっちゃな にわし。
 なんて おもしろい こびとさんたち! いや、 ひと、 なのかな? たぶん いきてる トランプなんじゃないかな、 あたまと てあしが ついてるから、 こびとみたいに みえると。 で、 あかい ペンキで なにを しているの、 かな? と、 いうことで アリスに わけを はなしたんだ。 ハートの クイーンが そのあたりに あかい バラの きが ほしいって いったらしいんだけど、 なのに かわいそうに このにわしくんたちは おおまちがいを しでかして、 かわりに しろいのを うえちゃったんだ。 それで もう びくびくしてね、 だって クイーンさま きっと はらを たてて、 みんなの くびを ちょんぎれって いうに きまってるからね!
 ものすごい こわい じょおうさまで、 だれかに はらを たてると きまって そういうんだ。「くびを はねよ!」 だれも だれかの くびを ちょんぎったり しないんだけどね。 だって いうことなんて だれも きかないし。 でも いつも そういうふうに いうんだ。
 さあて おいつめられた このにわしたち、 どうしてみたのか わからない? バラを あかく ぬってみたんだ。 おおあわてで、 クイーンが くるまえに やっちゃえってね。 そのあとなら たぶん クイーンも もともと しろい きだったなんて わからないしね。 そうなれば たぶん こびとたちも くびを ちょんぎられないで すむし!
 ほら きに 5りんの おおきな しろバラが あるよね ―― これを みんな あかくするのは けっこう たいへんだよ! まだ 3つと はんぶんしか おわってないし、 ほら、 それに せめて むだばなしで てを とめたりしなけりゃ ―― がんばろうよ、 こびとさん、 がんばってよ! そうしないと おわらないうちに クイーン きちゃうよ! きに しろバラが あるって しられたら どうなると おもう? きっと 「くびを はねよ!」って。 もう がんばれって、 おまえら! いそげ、 いそげ!
 クイーンが きちゃった! おこってない? ああ、 かわいそうな アリスちゃん!

12
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:59

12 エビの フォークダンス

 ゲートボールは やったこと ある? いろんな いろの おおきな きの ボールが あってね、 それを ころがして、 はりがねの ゲートの あいだに とおすんだ。 ながい とってつきの おおきな きづちが あって、 それで ボールを こづいて ころがすんだよ。
 さあて さしえを みてごらん。 ほら アリスが ゲートボールを やってるところだよ。
「でも できてないよ、 なんか よく わかんない おおきいの かかえてるし! ねえ、 あれじゃあ きづち もてないよ?」
 うん、 あのね、 あの よく わかんない おおきいの(ほんとの なまえは フラミンゴなんだけど)、 あれが つちなんだよ! このゲートボールでは ボールは いきた ハリネズミ ―― しってる? ハリネズミって ボールみたく まんまるに なれるんだよ ―― で あと つちが いきた フラミンゴって わけ!
 それで アリスは ただいま ちょっと おやすみちゅう。 ひさしぶりの おともだち、 ごぜんさまと おはなしするためにね。 もちろん なくさないよう つちを わきに かかえててね。
「でも おともだちじゃないし、 あんなやつ! あかちゃんを ブタっていうし、 アリスの くびを たたっきれって いったし!」
 うん、 あれは ほんの じょうだん。 アリスの くびを たたっきれだなんて。 あかちゃんは ―― まあ ほんとに ブタだったしね! あのえがお みてごらんよ! ねえ、 あのくち アリスの あたまより でっかいよね。 でも あれで みえてるのは はんぶんだからね!
 でも ちょっとだけ おはなししたところで、 やってきた クイーンが アリスを つれてっちゃってね。 グリフォンと ウミガメフーミに あわせるんだって。
 グリフォンが なにか しらないの? えっ! じゃあ なにを しってるの? こいつは もんだいだ。 でもでも、 さしえを ごらん。 あかい あたま、 あかい つめに みどりの うろこ、 このいきものが グリフォン。 これで わかったね。
 それから そのとなりが ウミガメフーミ。 あたまが こウシなんだ。 だって ウミガメフーミの スープには こウシの あたまを つかうからね。 これで わかったね。
「でも こいつら なにしてんの、 アリスの まわりで あんなに ぐるぐる?」
 えっ、 もちろん わかってると おもってた! エビの フォークダンスを おどってるんだよ。
 グリフォンと ウミガメフーミに つぎ あったとき、 おぎょうぎよく きいてみたら、 きっと また おどってくれるよ。 ただ あんまり ちかよらせないでね。 かわいそうに アリスみたく つまさきを ふまれちゃうから。

13
最終更新日 : 2011-09-17 18:08:59


読者登録

biwanomiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について