目次
本書について
沿革
交通の方法に関する教則
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1節 基本的な心構え
第2節 信号、標識・標示に従うこと
第3節 警察官などの指示に従うこと
第4節 道路でしてはいけないことなど
第2章 歩行者の心得
第2章 歩行者の心得
第1節 歩行者と同じ交通規則となる人
第2節 歩行者の通るところ
第3節 横断の仕方
第4節 踏切の通り方
第5節 夜間歩くとき
第6節 雨の日などに歩くとき
第7節 車に乗るときなど
第8節 身体の不自由な人の安全
第9節 子供の安全
第10節 高齢者の安全
第3章 自転車に乗る人の心得
第3章 自転車に乗る人の心得
第1節 自転車の正しい乗り方
第2節 安全な通行
第4章 自動車を運転する前の心得
第4章 自動車を運転する前の心得
第1節 運転に当たつての注意
第2節 運転免許の仕組み
第3節 自動車の点検
第4節 乗車と積載
第5節 安全運転に必要な知識など
第5章 自動車の運転の方法
第5章 自動車の運転の方法
第1節 安全な発進
第2節 自動車の通行するところ
第3節 歩行者の保護など
第4節 安全な速度と車間距離
第5節 進路変更など
第6節 追越しなど
第7節 交差点の通り方
第8節 駐車と停車
第9節 オートマチック車の運転
第6章 危険な場所などでの運転
第6章 危険な場所などでの運転
第1節 踏切
第2節 坂道・カーブ
第3節 夜間
第4節 悪天候など
第5節 緊急時の措置
第7章 高速道路での走行
第7章 高速道路での走行
第1節 高速道路に入る前の心得
第2節 走行上の注意
第8章 二輪車の運転の方法
第8章 二輪車の運転の方法
第1節 二輪車の運転者の心得
第2節 正しい乗り方
第3節 安全な運転の方法
第4節 ブレーキの掛け方
第5節 オートマチック二輪車の運転
第6節 その他注意しなければならないこと
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第1節 交通事故のとき
第2節 故障などのとき
第3節 災害などのとき
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第1節 自動車所有者などの義務
第2節 使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの義務
用語のまとめ
用語のまとめ
付表
付表1 信号の種類と意味
付表2 標示板等
付表3 標識・標示の種類と意味
付表4 車両の種類と略称
付表5 初心運転者標識など
附則
附則
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

56 / 70ページ

試し読みできます

第10章 交通事故、故障、災害などのとき

(昭55公安告8・平7公安告9・改称)
試し読みできます

第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得

(平3公安告4・平14公安告15・改称)
試し読みできます

用語のまとめ

(昭60公安告4・平9公安告10・平14公安告15・平20公安告7・平20公安告16・平22公安告34・一部改正)
注1 車……自動車、原動機付自転車、自転車や荷車などの軽車両、トロリーバスをいいます。
注2 路側帯……歩道のない道路で、歩行者の通行のためや車道の効用を保つための白の線によつて区分された道路の端の帯状の部分をいいます。
注3 歩行者用道路……歩行者の安全のために標識(付表3(1)30)によつて自動車などの通行を禁止している道路をいいます。
注4 自動車運転代行業……他人に代わつて自動車を運転するサービスを提供する営業で、次のいずれにも当たるものをいいます。
(1) 主として、夜間に、飲食店などで飲酒をして酒気を帯びている客に代わつて自動車を運転するサービスを提供するものであること。
(2) 酒気を帯びている客などを乗車させるものであること。
(3) 通常の営業形態として、客に代わつて運転する自動車に、業務用の自動車(随伴用自動車といいます。)が随伴するものであること。
注5 ミニカー……総排気量については50cc以下、定格出力については0.60キロワット以下の原動機を有する普通自動車をいいます。
注6 特定の構造の農業用薬剤散布車……時速35キロメートル以上の速度を出すことができない構造の農業用薬剤を散布するための普通自動車をいいます。
注7 小型二輪車……総排気量については125cc以下、定格出力については1.00キロワット以下の原動機を有する普通自動二輪車

試し読みできます

付表1 信号の種類と意味

(昭55公安告8・昭60公安告11・平20公安告7・一部改正)
(1) 信号機の信号

(2) 歩行者用の信号機に「歩行者・自転車専用」と表示されている場合の信号

(3) 警察官、交通巡視員による信号
ア 手信号

イ 灯火による信号

試し読みできます

付表2 標示板等

付表2 標示板等
(昭62公安告1・平6公安告3・一部改正)
(1) 特定の交通に対する信号機の標示板

(2) 左折可の標示板

(3) 時間制限駐車区間が在ることを示す表示板

(4) パーキング・チケット発給設備が在ることを示す表示板

(5) 車輪止め装置取付け区間であることを示す表示板

(6) 消防水利の標識

試し読みできます

付表3 標識・標示の種類と意味

(昭55公安告8・昭60公安告11・昭62公安告1・平4公安告4・平8公安告13・平9公安告10・ 平12公安告17・平16公安告23・平16公安告36・平19公安告13・平20公安告16・平21公安 告29・平22公安告34・一部改正)
(1) 標識
ア 規制標識

イ 指示標識

ウ 補助標識

エ 案内標識

オ 警戒標識

(2) 標示
ア 規制標示

イ 指示標示

備考 このほか、交通の安全と円滑を図るため、車の誘導などをするものとして区画線がありますが、この図がらは次のものを除いて指示標示と同じです。


試し読みできます

付表4 車両の種類と略称

(昭60公安告4・昭60公安告11・平元公安告3・平4公安告4・平8公安告13・平9公安告10・平10公安告14・平19公安告13・平20公安告7・平21公安告29・平22公安告34・一部改正)


試し読みできます

付表5 初心運転者標識など

(昭62公安告1・平6公安告3・平9公安告10・平14公安告15・平18公安告4・平20公安告9・平21公安告29・平22公安告34・一部改正)


試し読みできます

附則

附 則
この告示は、昭和五十三年十二月一日から施行する。ただし、第四章第二節の規定のうち、緊急自動車の運転資格に係る部分については、昭和五十四年四月一日から施行する。
改正文 (昭和六〇年二月一四日国家公安委員会告示第四号) 抄
昭和六十年二月十五日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (昭和六〇年八月三一日国家公安委員会告示第九号) 抄
昭和六十年九月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (昭和六〇年一二月二日国家公安委員会告示第一一号) 抄
昭和六十一年一月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (昭和六二年三月一〇日国家公安委員会告示第一号) 抄
昭和六十二年四月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成元年一二月二七日国家公安委員会告示第三号) 抄
平成二年一月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成二年一二月一〇日国家公安委員会告示第二号) 抄
平成三年一月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成三年六月一八日国家公安委員会告示第四号) 抄
平成三年七月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成四年一〇月二〇日国家公安委員会告示第四号) 抄
平成四年十一月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成六年四月一二日国家公安委員会告示第三号) 抄
平成六年五月十日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成七年六月二三日国家公安委員会告示第四号) 抄
平成七年七月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成七年九月二二日国家公安委員会告示第九号) 抄
平成七年十月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成八年八月六日国家公安委員会告示第一三号) 抄
平成八年九月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成九年一〇月二一日国家公安委員会告示第一〇号) 抄
平成九年十月三十日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成一〇年三月一六日国家公安委員会告示第四号) 抄
平成十年四月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成一〇年九月二一日国家公安委員会告示第一四号) 抄
平成十年十月一日から施行することとしたので、告示する。
附 則 (平成一一年一〇月一五日国家公安委員会告示第一八号)
この告示は、平成十一年十一月一日から施行する。ただし、第五章第一節中「3 シートベルトの着用など」を「3 シートベルトの着用」に改め、同節3(3)を削る改正規定及び同節4を同節5とし、同節3の次に次のように加える改正規定は、平成十二年四月一日から施行する。
改正文 (平成一二年四月二八日国家公安委員会告示第一一号) 抄
平成十二年五月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成一二年七月二四日国家公安委員会告示第一六号) 抄
平成十二年十月一日から施行することとしたので、告示する。
改正文 (平成一二年一二月二一日国家公安委員会告示第一七号) 抄
平成十三年一月一日から施行することとしたので、告示する。
附 則 (平成一四年四月二六日国家公安委員会告示第一五号)
この告示は、平成十四年六月一日から施行する。ただし、第一条中交通の方法に関する教則第四章第二節1(2)の改正規定は、道路交通法の一部を改正する法律(平成十三年法律第五十一号)附則第一条ただし書の政令で定める日から施行する。
(定める日=平成一六年六月一日)
附 則 (平成一六年八月二七日国家公安委員会告示第二三号)
この告示は、平成十六年十一月一日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
一 第四章第四節及び付表の改正規定 公布の日
二 第十章第三節の改正規定 武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(平成十六年法律第百十二号)附則第一条の政令で定める日
(定める日=平成一六年九月一七日)
附 則 (平成一六年一二月八日国家公安委員会告示第三六号)
この告示は、公布の日から施行する。ただし、第八章第一節3(4)を改め、3(4)の次に(5)を加える改正規定及び付表3の改正規定は、平成十七年四月一日から施行する。
附 則 (平成一八年二月二〇日国家公安委員会告示第四号)
この告示は、道路交通法の一部を改正する法律(平成十六年法律第九十号)附則第一条第四号に掲げる規定の施行の日(平成十八年六月一日)から施行する。
附 則 (平成一九年五月二五日国家公安委員会告示第一三号)
この告示は、道路交通法の一部を改正する法律(平成十六年法律第九十号)附則第一条第五号に掲げる規定の施行の日(平成十九年六月二日)から施行する。
附 則 (平成二〇年五月一日国家公安委員会告示第七号)
この告示は、道路交通法の一部を改正する法律(平成十九年法律第九十号)附則第一条第一号に掲げる規定の施行の日(平成二十年六月一日)から施行する。
附 則 (平成二〇年五月二〇日国家公安委員会告示第九号)
この告示は、道路交通法の一部を改正する法律(平成十九年法律第九十号)附則第一条第一号に掲げる規定の施行の日(平成二十年六月一日)から施行する。
附 則 (平成二〇年六月三〇日国家公安委員会告示第一六号)
この告示は、平成二十年八月一日から施行する。
附 則 (平成二〇年一一月一二日国家公安委員会告示第二八号)
この告示は、公布の日から施行する。
附 則 (平成二一年四月二四日国家公安委員会告示第一一号)
この告示は、公布の日から施行する。
附 則 (平成二一年一二月一八日国家公安委員会告示第二九号)
この告示は、道路交通法の一部を改正する法律(平成二十一年法律第二十一号)の施行の日(平成二十二年四月十九日)から施行する。
附 則 (平成二二年一二月一七日国家公安委員会告示第三四号)
この告示は、公布の日から施行する。ただし、付表5の改正規定は、平成二十三年二月一日から施行する。
試し読みできます

奥付



交通の方法に関する教則


http://p.booklog.jp/book/36295


著者 : cyclingex
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/cyclingex/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/36295

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/36295



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

cyclingexさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について