目次
本書について
沿革
交通の方法に関する教則
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1節 基本的な心構え
第2節 信号、標識・標示に従うこと
第3節 警察官などの指示に従うこと
第4節 道路でしてはいけないことなど
第2章 歩行者の心得
第2章 歩行者の心得
第1節 歩行者と同じ交通規則となる人
第2節 歩行者の通るところ
第3節 横断の仕方
第4節 踏切の通り方
第5節 夜間歩くとき
第6節 雨の日などに歩くとき
第7節 車に乗るときなど
第8節 身体の不自由な人の安全
第9節 子供の安全
第10節 高齢者の安全
第3章 自転車に乗る人の心得
第3章 自転車に乗る人の心得
第1節 自転車の正しい乗り方
第2節 安全な通行
第4章 自動車を運転する前の心得
第4章 自動車を運転する前の心得
第1節 運転に当たつての注意
第2節 運転免許の仕組み
第3節 自動車の点検
第4節 乗車と積載
第5節 安全運転に必要な知識など
第5章 自動車の運転の方法
第5章 自動車の運転の方法
第1節 安全な発進
第2節 自動車の通行するところ
第3節 歩行者の保護など
第4節 安全な速度と車間距離
第5節 進路変更など
第6節 追越しなど
第7節 交差点の通り方
第8節 駐車と停車
第9節 オートマチック車の運転
第6章 危険な場所などでの運転
第6章 危険な場所などでの運転
第1節 踏切
第2節 坂道・カーブ
第3節 夜間
第4節 悪天候など
第5節 緊急時の措置
第7章 高速道路での走行
第7章 高速道路での走行
第1節 高速道路に入る前の心得
第2節 走行上の注意
第8章 二輪車の運転の方法
第8章 二輪車の運転の方法
第1節 二輪車の運転者の心得
第2節 正しい乗り方
第3節 安全な運転の方法
第4節 ブレーキの掛け方
第5節 オートマチック二輪車の運転
第6節 その他注意しなければならないこと
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第1節 交通事故のとき
第2節 故障などのとき
第3節 災害などのとき
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第1節 自動車所有者などの義務
第2節 使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの義務
用語のまとめ
用語のまとめ
付表
付表1 信号の種類と意味
付表2 標示板等
付表3 標識・標示の種類と意味
付表4 車両の種類と略称
付表5 初心運転者標識など
附則
附則
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 70ページ

試し読みできます

第3章 自転車に乗る人の心得

自転車の通行方法は、特別の場合のほかは自動車と同じです。自転車に乗るときは、特にこの章に書かれている事柄に注意しましよう。

試し読みできます

第4章 自動車を運転する前の心得


試し読みできます

第5章 自動車の運転の方法


試し読みできます

第6章 危険な場所などでの運転


試し読みできます

第7章 高速道路での走行

高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路をいいます。高速道路では、ミニカー、小型二輪車(注7)、原動機付自転車は通行できません。また、農耕用作業車のように構造上毎時50キロメートル以上の速度の出ない自動車やほかの車を牽けん引しているため毎時50キロメートル以上の速度で走ることのできない自動車も、高速自動車国道を通行することはできません。
(昭60公安告4・平8公安告13・平22公安告34・一部改正)

試し読みできます

第8章 二輪車の運転の方法

この章は、二輪車を運転する人に特に知つていただきたい運転の方法を掲げていますので、運転する前の心得や一般的な運転の方法などについては、自動車のところ(第4章〜第7章)を参照して下さい。なお二輪車とは、大型自動二輪車、普通自動二輪車及び原動機付自転車のことをいいます。
(平8公安告13・一部改正)

試し読みできます

第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得

(平14公安告15・改称)

1 旅客など利用客の保護
(1) 旅客自動車(バス、タクシー、ハイヤー)や代行運転自動車の運転者は、常に旅客など利用客の安全を考え、ほかの車や歩行者が危険な行動に出ても交通事故を避けることができるよう慎重に運転しましよう。また、利用客にショックを与えないよう急ブレーキや急発進を避けるとともに、悪路で揺れるような場合などには、事前に利用客に声を掛け注意を促しましよう。
(2) 旅客自動車を運転する場合は、特に次の事柄を守りましよう。
ア 病気や疲れなどの理由により安全運転ができないおそれがあるときは、その旨を事業者に申し出ること。
イ 運転中重大な故障を発見したときや重大な事故が発生するおそれがあるときは、直ちに運転を中止すること。
ウ 坂道で車から離れるときや危険な場所を通過するときは、旅客を降ろすこと。
エ 故障などのため踏切内で動かなくなつたときは、速やかに旅客を誘導して退避させるとともに、発炎筒などで列車に合図をすること。
オ 業務を交代するときは、道路や車の状況について申し継ぎをすること。申し継ぎを受けた運転者は、ハンドル、ブレーキなどの機能について点検すること。
カ 乗降口のドアは、停車を確認したあとで開き、また確実に閉めてから発車すること。
キ 事故が起きたときは、応急救護処置や遺留品の保管など負傷者の保護に当たること。
ク 運転操作が円滑に行えなくなるおそれがある服装をしないこと。
ケ バスの運転者は、発車するに当たり、その直前に安全が確認できた場合を除き、警音器を吹鳴すること。
コ バスに車掌が乗務している場合は、発車は、車掌の合図によつて行い、警報装置の設備や踏切警手の配置のない踏切を通過するときやバスを後退させるときは車掌の誘導を受けること。
(平6公安告3・平14公安告15・一部改正)

2 その他の心得
このほか、旅客自動車などの運転者その他の乗務員や事業者は、次の事柄を守りましよう。
(1) 路線バスは、夜間、道路を通行するときは、室内灯をつけること。
(2) バスの運転者は、旅客のいるバスの走行中は、職務に必要のない話はしないようにすること。
(3) タクシーの運転者は、食事や休憩、回送のため旅客を乗せることができないときは、回送板を掲示すること。
(4) 乗務距離の最高限度が定められているタクシーの運転者は、その最高限度を守ること。
(5) 旅客自動車の乗務員は、旅客のいる車内では喫煙しないこと。
(6) 旅客自動車の事業者は、ガソリン、灯油、塩酸などで危険な状態のものを持つている者を乗車させないこと。
(7) バスの乗務員は、旅客が車内で法令の規定などに反する行為をするときは、これを制止するなど必要な措置をとること。
(8) 旅客自動車の事業者は、旅客自動車が踏切を通行するときは、赤色旗、赤ランプなどの非常信号用具を備え付けること。
(9) 旅客自動車の運転者は、一日一回、運行の開始前に日常点検を実施し、又はその確認をし、事業者にその結果を報告すること。
(10) 代行運転自動車の運転者は、代行運転自動車標識(付表5(9))を表示しなければならないこと。
(平14公安告15・全改、平20公安告9・平21公安告29・一部改正)

試し読みできます

第10章 交通事故、故障、災害などのとき

(昭55公安告8・平7公安告9・改称)
試し読みできます

第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得

(平3公安告4・平14公安告15・改称)
試し読みできます

用語のまとめ

(昭60公安告4・平9公安告10・平14公安告15・平20公安告7・平20公安告16・平22公安告34・一部改正)
注1 車……自動車、原動機付自転車、自転車や荷車などの軽車両、トロリーバスをいいます。
注2 路側帯……歩道のない道路で、歩行者の通行のためや車道の効用を保つための白の線によつて区分された道路の端の帯状の部分をいいます。
注3 歩行者用道路……歩行者の安全のために標識(付表3(1)30)によつて自動車などの通行を禁止している道路をいいます。
注4 自動車運転代行業……他人に代わつて自動車を運転するサービスを提供する営業で、次のいずれにも当たるものをいいます。
(1) 主として、夜間に、飲食店などで飲酒をして酒気を帯びている客に代わつて自動車を運転するサービスを提供するものであること。
(2) 酒気を帯びている客などを乗車させるものであること。
(3) 通常の営業形態として、客に代わつて運転する自動車に、業務用の自動車(随伴用自動車といいます。)が随伴するものであること。
注5 ミニカー……総排気量については50cc以下、定格出力については0.60キロワット以下の原動機を有する普通自動車をいいます。
注6 特定の構造の農業用薬剤散布車……時速35キロメートル以上の速度を出すことができない構造の農業用薬剤を散布するための普通自動車をいいます。
注7 小型二輪車……総排気量については125cc以下、定格出力については1.00キロワット以下の原動機を有する普通自動二輪車

試し読みできます

付表1 信号の種類と意味

(昭55公安告8・昭60公安告11・平20公安告7・一部改正)
(1) 信号機の信号

(2) 歩行者用の信号機に「歩行者・自転車専用」と表示されている場合の信号

(3) 警察官、交通巡視員による信号
ア 手信号

イ 灯火による信号

試し読みできます

付表2 標示板等

付表2 標示板等
(昭62公安告1・平6公安告3・一部改正)
(1) 特定の交通に対する信号機の標示板

(2) 左折可の標示板

(3) 時間制限駐車区間が在ることを示す表示板

(4) パーキング・チケット発給設備が在ることを示す表示板

(5) 車輪止め装置取付け区間であることを示す表示板

(6) 消防水利の標識

試し読みできます

付表3 標識・標示の種類と意味

(昭55公安告8・昭60公安告11・昭62公安告1・平4公安告4・平8公安告13・平9公安告10・ 平12公安告17・平16公安告23・平16公安告36・平19公安告13・平20公安告16・平21公安 告29・平22公安告34・一部改正)
(1) 標識
ア 規制標識

イ 指示標識

ウ 補助標識

エ 案内標識

オ 警戒標識

(2) 標示
ア 規制標示

イ 指示標示

備考 このほか、交通の安全と円滑を図るため、車の誘導などをするものとして区画線がありますが、この図がらは次のものを除いて指示標示と同じです。


試し読みできます

付表4 車両の種類と略称

(昭60公安告4・昭60公安告11・平元公安告3・平4公安告4・平8公安告13・平9公安告10・平10公安告14・平19公安告13・平20公安告7・平21公安告29・平22公安告34・一部改正)



読者登録

cyclingexさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について