目次
本書について
沿革
交通の方法に関する教則
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1章 歩行者と運転者に共通の心得
第1節 基本的な心構え
第2節 信号、標識・標示に従うこと
第3節 警察官などの指示に従うこと
第4節 道路でしてはいけないことなど
第2章 歩行者の心得
第2章 歩行者の心得
第1節 歩行者と同じ交通規則となる人
第2節 歩行者の通るところ
第3節 横断の仕方
第4節 踏切の通り方
第5節 夜間歩くとき
第6節 雨の日などに歩くとき
第7節 車に乗るときなど
第8節 身体の不自由な人の安全
第9節 子供の安全
第10節 高齢者の安全
第3章 自転車に乗る人の心得
第3章 自転車に乗る人の心得
第1節 自転車の正しい乗り方
第2節 安全な通行
第4章 自動車を運転する前の心得
第4章 自動車を運転する前の心得
第1節 運転に当たつての注意
第2節 運転免許の仕組み
第3節 自動車の点検
第4節 乗車と積載
第5節 安全運転に必要な知識など
第5章 自動車の運転の方法
第5章 自動車の運転の方法
第1節 安全な発進
第2節 自動車の通行するところ
第3節 歩行者の保護など
第4節 安全な速度と車間距離
第5節 進路変更など
第6節 追越しなど
第7節 交差点の通り方
第8節 駐車と停車
第9節 オートマチック車の運転
第6章 危険な場所などでの運転
第6章 危険な場所などでの運転
第1節 踏切
第2節 坂道・カーブ
第3節 夜間
第4節 悪天候など
第5節 緊急時の措置
第7章 高速道路での走行
第7章 高速道路での走行
第1節 高速道路に入る前の心得
第2節 走行上の注意
第8章 二輪車の運転の方法
第8章 二輪車の運転の方法
第1節 二輪車の運転者の心得
第2節 正しい乗り方
第3節 安全な運転の方法
第4節 ブレーキの掛け方
第5節 オートマチック二輪車の運転
第6節 その他注意しなければならないこと
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第9章 旅客自動車や代行運転自動車の運転者などの心得
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第10章 交通事故、故障、災害などのとき
第1節 交通事故のとき
第2節 故障などのとき
第3節 災害などのとき
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第11章 自動車所有者、使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの心得
第1節 自動車所有者などの義務
第2節 使用者、安全運転管理者、自動車運転代行業者などの義務
用語のまとめ
用語のまとめ
付表
付表1 信号の種類と意味
付表2 標示板等
付表3 標識・標示の種類と意味
付表4 車両の種類と略称
付表5 初心運転者標識など
附則
附則
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

6 / 70ページ

試し読みできます

第2節 信号、標識・標示に従うこと

1 信号の意味
(1) 信号機の信号に従つて通行しなければなりません。信号機の信号の種類とその意味は、付表1(1)、(2)のとおりです。
(2) 信号機の信号は、前方の信号を見るようにしましよう。横の信号が赤であつても、前方の信号が青であるとは限りません。例えば、全方向が一時的に赤になる信号や、時差式信号機のように特定方向の信号が赤に変わる時間をずらせているものもあります。
(3)  人の形の記号のある信号は、歩行者と横断歩道を進行する普通自転車(第3章第1節3の普通自転車をいいます。)に対するものですが、その他の自転車もその信号機に「歩行者・自転車専用」と表示されている(付表2(1))場合は、その信号機の信号に従わなければなりません。この場合の信号機の信号の意味は付表1(2)のとおりです。また、「バス専用」などの標示板(付表2(1))のある信号機の信号は、その示されている車(注1)を対象としています。このように車や歩行者に対して信号が特定されているときは、その特定された信号に従わなければなりません。
(4)  道路の左端や信号機に、白地に青の左向きの矢印の標示板(付表2(2))のあるときは、車は、前方の信号が赤や黄であつても、歩行者など周りの交通に注意しながら左折できます。この場合、信号機の信号に従つて横断している歩行者や自転車の通行を妨げてはいけません。
(平20公安告7・一部改正)

2 標識の意味
(1) 標識とは、交通規制などを示す標示板のことをいい、本標識と補助標識があります。本標識には、規制標識、指示標識、警戒標識、案内標識の4種類があります。標識の種類とその意味は付表3(1)のとおりです。
(2) 規制標識は、特定の交通方法を禁止したり、特定の方法に従つて通行するよう指定したりするものです。例えば、自動車の通行を禁止する標識(付表3(1)4)、最高速度を指定する標識(付表3(1)25)などがあります。
(3) 指示標識は、特定の交通方法ができることや道路交通上決められた場所などを指示するものです。例えば、駐車することができることを示す標識(付表3(1)53)、横断歩道や安全地帯の場所を示す標識(付表3(1)57、59)などがあります。
(4) 警戒標識は、道路上の危険や注意すべき状況などを前もつて道路利用者に知らせて注意を促すものです。例えば、前方に踏切があることを示す標識(付表3(1)181)、道路工事中であることを示す標識(付表3(1)193)などがあります。
(5) 案内標識は、地点の名称、方面、距離などを示して、通行の便宜を図ろうとするものです。
(6)  規制標識など本標識の意味を補足するものとして補助標識が用いられることがあります。補助標識は、普通、本標識の下に取り付けられており、規制の理由を示したり、規制が適用される時間、曜日、自動車の種類などを特定しています。なお、車の種類を特定する場合には、付表4のような略称を用いることがあります。
(昭62公安告1・平12公安告17・平20公安告7・一部改正)

3 標示の意味
(1) 標示とは、ペイントや道路び.よ.う.などによつて路面に示された線、記号や文字のことをいい、規制標示と指示標示の2種類があります。標示の種類とその意味は付表3(2)のとおりです。
(2)  規制標示とは、特定の交通方法を禁止又は指定するもので、例えば、駐車を禁止する標示(付表3(2)5)やバスの専用通行帯を指示する標示(付表3(2)15)などがあります。指示標示とは特定の交通方法ができることや道路交通上決められた場所などを指示するもので、斜め横断ができることを示す標示(付表3(2)26)や車両の停止位置を示す標示(付表3(2)29、30)などがあります。
(平4公安告4・一部改正)

試し読みできます

第3節 警察官などの指示に従うこと

1 警察官や交通巡視員が手信号や灯火による信号(付表1(3))により交通整理を行つている場合は、この手信号や信号に従わなければなりません。この場合、手信号や灯火による信号が信号機の信号と違つていても、その警察官や交通巡視員の信号の方が優先します。
2 警察官や交通巡視員が通行の方法などについて必要な指示をすることがありますが、その場合は、警察官や交通巡視員の指示に従つて行動しなければなりません。警察官が行う指示が標識・標示によつて示された交通の規制と違つていても、指示の方が優先します。

試し読みできます

第4節 道路でしてはいけないことなど

(昭60公安告4・改称)
1 道路上で次のような危険なことをしてはいけません。
(1) 酒に酔つてふらついたり、立ち話をしたり、座つたり、寝そべつたりなどして交通の妨げとなること。
(2) 交通量の多いところでキャッチボールやローラースケートなどをすること。
(3) 道路に向けて物を投げたり、発射したりすること。
(4) 道路を壊したり、汚水、ごみ、くぎ、ガラス片などをまいたり、捨てたりすること。
(5) 車からたばこの吸い殻、紙くず、空きかんなどを投げ捨てたり、体や物を外に出したりすること。
(6) 走つている車や路面電車に外からつかまること。
(7) 運転者の目をくらませるような光を道路に向けること。
(8) 凍り付くおそれのあるときに水をまくこと。
2 道路上に商品などを陳列したり、土砂、材木など交通の妨げになる物を置いたりしてはいけません。
3 信号や標識・標示がよく見えないと非常に危険です。信号機の近くに信号と似た色のネオンサインを設けたり、標識の近くに広告看板を設けたり、また、信号機や標識・標示を勝手に操作したり、移したり、壊したりしてはいけません。
4 免許を持たない人や酒気を帯びた人に運転を頼んだりしてはいけません。また、運転者に先を急がせたり、運転の邪魔になる行為をしないようにしましよう。
5 これから車を運転しようとする人に酒を出したり、勧めたりしてはいけません。
6 運転者に、過積載(積載物の重量の制限を超えて物を積むことをいいます。)をして車を運転することを求めたり、過積載となるような物を売り渡したり、引き渡したりしてはいけません。
(平6公安告3・追加)
注1 車………自動車、原動機付自転車、自転車や荷車などの軽車両、トロリーバスをいいます。

試し読みできます

第2章 歩行者の心得

歩行者は、この章に書かれている事柄を守りましよう。
(昭62公安告1・平7公安告9・一部改正)
試し読みできます

第3章 自転車に乗る人の心得

自転車の通行方法は、特別の場合のほかは自動車と同じです。自転車に乗るときは、特にこの章に書かれている事柄に注意しましよう。


読者登録

cyclingexさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について