閉じる


<<最初から読む

17 / 39ページ

15日目(後編)

アニキはハラがへったと言って
1人で餌を取りに行ってしまった。



いや、こんな時に俺が凹んでてどうする!
俺があきらめたら
ウェッデルちゃんも頑張れなくなるって
この前言われたばっかじゃないか!
俺が前向きになって
ウェッデルちゃんを元気づけなくちゃ!

そう思って
俺は夢中で叫んだ。



飛ぶ!
飛ぶったら飛ぶ!
アニキには申し訳ないけど
絶対に飛んでみせる!
ウェッデルちゃんの目の前で!



ウェッデルちゃんは
びっくりしたような顔で俺を見た。

そのあと
「うん、そうだよね。私も頑張る!」
って目を細めた。


ウェッデルちゃんが
ちょっと元気になってくれたのを見届けてから
バイバイした。




帰り道、俺は思った。
ウェッデルちゃんに、こう言ってあげたらよかったんだ。

「フワフワの赤ちゃんもたしかにかわいいけど
ウェッデルちゃんのほうがずっとずっとかわいいから
きっとアイドルになれるさ!」って。

一番いい言葉って
一番いいタイミングで思いつかないで
絶対あとで思いつくんだ。
あとで思いついたってどうしようもないのになぁ。

まぁ、思いついたところで
目を見て言えるセリフじゃないけど。
スラッと言えるヤツいたら尊敬するよ。
弟子入りしたいぐらいだよ。


なんか今日は凹みぎみな話になっちゃったなぁ。
こんな話ニンゲン語に翻訳しなくていいよペンサク。








しなくていいって言ってんじゃん!

16日目

ウェッデルちゃんは本当に元気になったのかな。



なんかさ
「私も頑張る」って言ってたけど
今考えればアレって
カラ元気だったようにも思えるし。

どうなんだろう。
心配だな。



17日目

心配だったから
ウェッデルちゃんのとこに行ってみた。



やっぱりなんか元気ないみたい。
どうにか元気づけなくちゃ。

そうだ!
手品を見せてあげるよ!
昔オオタハカセに見せてあげたら
すごく喜んでくれたんだ!

じゃあ見ててねウェッデルちゃん。
いくよ?




ウェッデルちゃんは苦い笑顔で拍手をしてくれた。

あんまり元気でなかったみたい。
てか、ちょっと引いてるような気もする。

今度はもっといっぱい出せるように頑張らなくちゃ。





え?なに?ペンサク。
違うって何が?

18日目

そうか!
ウェッデルちゃんを元気にするために俺がすべきことは
手品じゃなかった!



うん、やっぱり、いくら口先だけで
「俺は夢を叶える!
だからウェッデルちゃんも夢をあきらめるな!」
なんて言ったって説得力ないんだよ!

言葉より行動だ!
俺がちゃんと飛んでみせたら
きっとウェッデルちゃんも
また自信を持てるようになるんだ!

よーし飛ぶぞ!
今度こそちゃんと空を飛んでみせるぞ!
見てろよウェッデルちゃん!






どうやったらちゃんと飛べんの?

19日目

昨日はあれからアニキのとこに行って
どうやったら俺がちゃんと飛べるようになるのか聞いてみた。





ツバサ?
そうかツバサか!

アニキの言葉で俺は気付いた。
俺の翼は他の鳥より小さいんだ!
だから飛べないんだ!
翼を大きくすれば、きっと俺だって飛べるんだ!

ありがとうございますアニキ!


俺はアニキの言葉をヒントに
いい作戦を思いついた。
名付けて「翼が無けりゃ作りゃいい大作戦」!

海鳥が落とした羽を集めて翼を作るんだ!


完璧な作戦だ!

今日はさっそく羽を集めに行こうと思ったんだけど
予定図つくるのに徹夜したから
すっごい疲れちゃったよ。

今日は寝て、徹夜の疲れを取らなくちゃ。

おやすみ、ペンサク。
夕飯のサカナ捕りヨロシクね。




読者登録

ゴハチさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について