閉じる


20日目〜24日目

20日目

羽拾いに出発!
いっぱい拾ってくるぞ!



え?
ペンサク、ついてこないの?なんで?
羽拾い楽しいぞ?絶対。

え?今日忙しいの?
へー…

じゃあいいよもうペンサクなんか。
置いてくから。
俺ひとりで楽しんでくるから。

行っちゃうよ?俺
ホント置いてくよ?
ひとりで楽しんじゃうよ?
すっげー楽しいよ?きっと

来ないなんてバカじゃん?おまえ




俺を一人にするなよっ!


21日目

昨日はペンサクが
どうしても一緒に行きたいって言うから
仕方なく連れてってあげたよ。


で。
羽はいっぱい拾ってきた。
今日はこれでツバサを作る作業だ。

オオタハカセが使ってた「なんでもくっつく薬」で
羽をくっつけていくことにした。




これ、思ったより時間かかるなぁ



ハラへったなぁ。
そういえば朝から何も食べてないじゃん。
でも魚捕りに行くヒマないしなぁ。



おお!サンキュー、ペンサク!

前から思ってたけどペンサクっていい奴だよなぁ。
いつも一緒にいるから俺に似ちゃったのかなぁ。





ん?
なに?今の沈黙

22日目



よく頑張ったよ俺!
えらいよ俺!
よし、これで俺は世界初の飛ぶペンギンだ!
見てろよウェッデルちゃん!
俺、夢を叶えるよ!



これでウェッデルちゃんが元気になるといいなぁ。

明日はウェッデルちゃんのとこに
初飛行見学のお誘いに行こう。

ああ、会うの久しぶりだな。
なんか一年ぐらい会ってないような気がする。
(ほんとは数日だけど)


ちょっとオシャレして行っちゃおっかな。
髪型とかこだわってみよっかな。

さりげなく、ね。



いやいやいや、絶対カッコイーって言ってくれるって。

23日目

久々にウェッデルちゃんに会ったら
まだ落ち込んでいた。


なぐさめるような言葉をかけようかとも思ったけど
今のウェッデルちゃんに何を言っても
なぐさめにはならない気がしてやめた。

その代わり、大きな声で
「明日飛ぶから、南のガケに来て」
と言った。

ウェッデルちゃんはびっくりした顔で俺を見たまま
ウン、と言った。

会話はそれだけ。
俺はすぐ家に帰った。



だってそれだけで十分だよね?
俺が言いたいこと伝わったよね?きっと

ウェッデルちゃん
俺は絶対に夢を叶えるよ。
だからウェッデルちゃんも絶対にあきらめちゃダメだ。

明日、俺が飛ぶ姿をしっかり見ておいてくれ。
頑張れば夢が叶うことを
俺が証明してあげるから!


ところでウェッデルちゃん、俺の髪型のこと
なんにも言ってなかったけど…




うわあああ!
いつのまにこんなことにっ?
これじゃただの寝グセじゃん!
かっこわるいじゃん俺!(涙)


くっそー!
明日は絶対かっこよく飛んでみせるぞっ!(涙)

24日目

よし!
いよいよこの日が来たな!

行くぞ!
飛ぶぞ!

ウェッデルちゃんと共に見守っててくれ!
ペンサク!