twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 hirotakashina
価格 無料
タグ マグロという字は魚が有ると書くのだショートショート落語笑えるコメディ革命アジアジテーション
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

69 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 3ページ (Web閲覧)
5ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
5月18日公開。民衆革命の中でアジテーションの上手いやつがぐんぐんのし上がって行く。そんなありさまをバカバカしい小噺にしました。おなじみ落語スタイルのSFP。笑ってやってください。

Sudden Fiction Projectとは:人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈るうち300編を超えてしまいました。お題を投げてくれた方や感想を寄せてくれた方と一緒につくったSudden Fictionの数々。どんどんご紹介します。いずれも短いお話ばかり。気軽にお楽しみください。2011年10月、新作の執筆スタート!新作SFP第十弾。

コメント一覧

wingbasepresiden さま。冗談みたいだけど、これに近いことって意外とありそうです。トライしたらぜひそのてんまつを教えてくださいまし!(笑)
hirotakashina : 2012-05-18 11:40:27

あまり深く考えさせずにちゃっかり売り込むっておもしろいですね。 自分の日常のワンシーンで再現できないかトライしてみますw
wingbasepresiden : 2012-05-18 11:35:40

suzumena さま。「だんだんなんだかわからなくなってきても盛り上がる民衆、笑っちゃうけどちょっと怖い」た、確かに。ぼくはまるきりギャグのつもりで書いてましたがこれってつまりワイマール共和国後のヒトラーの台頭と同じ状況って見ることもできるわけで……。ひえー。
hirotakashina : 2011-10-11 23:26:40

なんかニヤリとしちゃいました。でも、だんだんなんだかわからなくなってきても盛り上がる民衆、笑っちゃうけどちょっと怖いとも思ったりして。
suzumena : 2011-10-11 12:31:03

facebook コメント一覧