twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格43円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 白水銀雪
価格 43円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか女客おんなきゃく現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

82 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
15ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】

二階で机に向かっている家の主人のところへ、女が一枚の葉書を持ってくる。

それは主人の親類に当たる、お民というある蒔絵師の女房で、郷里から上京してしばらくここに滞在しているのだった。

ひっそりとした家の中、何気なく昔の苦しかった時代の思い出話を始めた二人は、いつしか互いに胸に秘めていた想いを吐露するに至る。

感情が募り、言葉が燃えて、二人が重大な一線を越えそうになったとき、それまで静かだった階下で、突然小さな騒ぎが持ち上がった。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧