閉じる


<<最初から読む

3 / 7ページ

試し読みできます

 座るとお民は炭かごを引き寄せ、火箸ひばしを取ってうつむいて、
「お礼に炭を足して上げましょうね。」
「どうぞ、お願いします。」
「まあ、人様の物で、恩を着せるなんて、こんな呑気のんきなことったらありゃしない。冗談じょうだんはよして、謹さん、東京こっちは炭が高いんですってね。」
 主人あるじ大胡座おおあぐらで落ち着き澄まし、
吝嗇けちなことをお言いなさんな、お民さん。押入れには葛籠つづらへ入れて、まだ蚊帳かやが用意してある季節だというのに、阿母おふくろ行火あんかという騒ぎなんだから。」
「いえいえ、それが騒ぎなことがあるもんですか。またいつかのように、夏の間中あいだじゅう蚊帳がなかったとしたら、それこそお家は騒動ですよ。」
「騒動どころか没落だ。いや、弱りましたよ、あの夏は。
 何しろ、家の焼けた年でしょう。あの焼け跡というものは、どういうわけだか、恐ろしく蚊が多い。まだその騒ぎの起こる前、私は当地こちらで、本郷のね、春木町の裏長屋を借りて、仲間と自炊をしたことがあったのですが、その時も前の年に火事があったということで、珍しいくらい大変な蚊でしたよ。けれども、そこは何といっても若い者同志だから、萌葱もえぎ色の糸で結び合わせたよろい、つまり蚊帳ですね、これがなくても、一晩中、戸外おもてを歩いていたりすれば、それで事は済みました。
 それに引き換え、うちじゃ、年寄りを抱えているでしょう。夜が明けても出すあてはないのに、夜中の一時二時までも、友達のところへ、苦しい時の相談の手紙なんかを書いていると、そばで寝返りをなさるから、『阿母おっかさん、蚊がいますか』って私は聞くんです。
 自分の手にゃ五つも六つもたかっているのに。」
 と、主人あるじは火鉢に手をかざしながら、
「いますかもないもんだ。すると、
『ああ、少しいるようだね、』と何でもないように言われるんだけれども、なぜ阿母おふくろにまでたかるんだろうと、口惜くやしいくらいでね。『そのうち必ず蚊帳を手に入れてやる、蚊の畜生め、覚えていろ』と、心の底から無念に思いましたよ。それよりさらに、ぶんぶんと矢を射るような音を立てて毒虫がはげしく飛ぶ中で、疲れて、すやすやと、…わきに私がいるのを嬉しそうに、快よさそうに眠っておられる時は、いっそうたまらなくって泣きました。」
 聞いていた方がため息をついて、
「そうですってねえ、よくそれで無事でしたね。」
 いまこうして主人あるじの顔を見られるのが不思議だというくらい、なつかしそうな言い方であった。
「まさか、おおげさな。誰かが蚊に喰い殺されたという話もないし。そんな事より、本当に大変だったのは食料でしたよ。」
「そうですってねえ。今じゃ笑いばなしになったけれど。」
「実のところ、あまりそうでもないのです。しかしまあ、おかげ様で、どうにか蚊帳もありますから。」
「ほんとに、どんなにつらかったことでしょう、謹さん、貴下あなたは。」とお民は優しい顔で言う。
「何、辛かったのは私より阿母おふくろですよ。」
「その伯母おばさんにも聞きました。伯母さんの方ではまた、貴下あなたは修行中でお金を稼ぐことができるわけでもないのに、自分の身がかせになって、貴下の肩を縛り付けていると考えておられたそうですよ。身の回りのものを一つ売り、二つ売りしても、一日ごとに段々お台所の煙は細くなるし、このままではもう二人とも消えるばかりだから、『世間体さえ気にならなければ、自分の身体からだ一つだけをないものにして、貴下を自由にしてあげるのに、』といつもそう思っておられたってね。お互い、今聞いても身ぶるいが出るじゃありませんか。」
 と顔を上げて目を合わせる、両人の手は左右から、思わず火鉢を押さえた。主人あるじは、
「私はまた私で、何ですよ、私のような、なまじっか薄髯うすひげの生えた意気地のない兄哥あにいがついているから、『あれが奮起して、相応にどうにかりしていけるだろう、』と世間が思って、食い物の足りない阿母おふくろを黙って見ているんだ、いっそのことそのせがれがいなくなってしまえば、頼るところも何にもない、六十を越した人を、まさか見殺しにはしないだろう。
『それなら、やっちまおうか』と、一日に何度考えたかな。
 民さんも知っているでしょう、あの年は、城のほりで、ずいぶん多くの身投げがありました。」
 おない年の目の前の親類は、姉さんのようにうなずいて、
「ええ。」


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格43円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について