閉じる


<<最初から読む

2 / 7ページ

試し読みできます

「謹さん、お手紙よ、」
 と女が階段から声を掛けて、二階の六畳へ上がり切らず、欄干てすりに白く美しい手をかけ、顔を斜めにしてのぞきながら、背中を見せて机に向かっているこの家の主人あるじに、一枚の葉書を持ってきた。
「ご苦労さま、」
 と主人あるじ身体からだを横にして、それまで隠していた灯火ともしびから離れたので、ランプのおおいをかした薄明かりに、雲の切れ間に見える青いやなぎのような、髪も顔立ちもすっきりとしたニ十二、三の女の半身が、上がり口にくっきりと描き出された。
 これは主人あるじの郷里から、五歳いつつになる男の子、ゆずるを伴ってこの度上京し、しばらくここに滞在している、彼とは親戚関係にある、お民というある蒔絵師まきえしの女房である。
 階下したで子どもに添い寝して乳を飲ませていたらしく、色はくすんでいるがつやのある、あいこん縦縞たてじまをあしらった南部紬なんぶつむぎの着物の、黒い繻子織しゅすおりえりを少しゆるめてふっくりとした乳房の線を覗かせ、黒と白を合わせた昼夜帯の暗い色の上に、緩くまとった縮緬ちりめんの腰ひもが、月の光を受けたように蒼味あおみがかっている。
 灯火ともしびに対して浮かび上がった、清らかな瞳に鼻筋がすっと通り、口元くちもとが引き締まって眉のきりりとした、せぎすな、その姿のため、やや乱れた身なりも目立つことなく、かえってつくろわないのが美しく感じられる。
「これはご苦労さま、わざわざ持ってきてくださって恐れ入ります。」
 と主人あるじがこちらへ手を伸ばすと、女は外見を気にすることもなく、胸が畳につくほど、腹這はらばいになるまで身体からだを伸ばして葉書をずッと差し寄こした。主人あるじは畳の上でひざをずらしてそれを受け取り、火鉢の上でちょっと見たが、その用件はすぐに済んだ。
 主人あるじは葉書を机の上にぽんと置いて、
「ほんとにご苦労さまでした。」
「はいはい、これはまあ、ご丁寧ていねいなご挨拶あいさつをいただきまして恐縮きょうしゅくですこと。何しろ、お台所からこちらまでは、随分ずいぶん遠いことでござんすからねえ。」
「それはご苦労でしたね。」
「ちっともご苦労なことはありゃしません。謹さん、」
「何ですか、」
貴下あなた、その『ご苦労でしたね』を、葉書を読むつなぎに言ってるのね。ほほほほ。」
 お民の言葉に、謹さんもにっこりして、
「ここで少し話をしていきなさい。」
「ありがとう、」
「さあ、こちらへ。」
「はい、まことにどうもありがとうございます、いいえ、どうぞもう、どうぞ、もう。」
早速さっそくこれだ、おやおや。」
「だいぶ丁寧ていねいな言葉づかいでございましょう。」
「そんな皮肉を言わないで。坊やは?」
「寝ました。」
「私の母は?」
行火あんかで、」と言って、お民はひじを曲げ、雪のように白い二の腕をかつぐように寝る格好をして見せる。
貴女あなたにあまえているんでしょう。何しろ、元気な人ですからね。今時分いまじぶん行火をしたり、夜がけないうちから転寝うたたねをするような人じゃないのです。鉄はいないのですか。」
「女中さんは買い物に行きました。お味噌汁みそしるの実を仕入れるのですって。それから私のお道楽に、明日あした田舎いなか料理をみなさんにご馳走ちそうしようと思って、ついでにその分も。」
「じゃ階下したさみしいや。お話ししていきなさい。」
 お民はそのまま、すらりと敷居へ膝をらし寄り、両手を腰の後ろへまわして、垂らした帯のはしを『ぎゅう』とで、軽く襟元えりもとを合わせながら部屋へ入ったあと、振り返って清らかな襟足の後ろ姿を見せながら、欄干てすりの前の障子を閉めた。
「ここがいていちゃ寒いでしょう。」
「何だかぞくぞくするようだね、悪い陽気だ。」
 と主人あるじは火鉢を前へ出す。
けっぱなしておくからですよ。」
 こう注意する女に対して、
「でもお民さん、貴女あなたがここにいるのに、そこを閉めておくのは気になります。」
 その時、明かりの近くに来たお民のまぶたに、さッと薄紅うすくれない色が差した。


試し読みできます

 座るとお民は炭かごを引き寄せ、火箸ひばしを取ってうつむいて、
「お礼に炭を足して上げましょうね。」
「どうぞ、お願いします。」
「まあ、人様の物で、恩を着せるなんて、こんな呑気のんきなことったらありゃしない。冗談じょうだんはよして、謹さん、東京こっちは炭が高いんですってね。」
 主人あるじ大胡座おおあぐらで落ち着き澄まし、
吝嗇けちなことをお言いなさんな、お民さん。押入れには葛籠つづらへ入れて、まだ蚊帳かやが用意してある季節だというのに、阿母おふくろ行火あんかという騒ぎなんだから。」
「いえいえ、それが騒ぎなことがあるもんですか。またいつかのように、夏の間中あいだじゅう蚊帳がなかったとしたら、それこそお家は騒動ですよ。」
「騒動どころか没落だ。いや、弱りましたよ、あの夏は。
 何しろ、家の焼けた年でしょう。あの焼け跡というものは、どういうわけだか、恐ろしく蚊が多い。まだその騒ぎの起こる前、私は当地こちらで、本郷のね、春木町の裏長屋を借りて、仲間と自炊をしたことがあったのですが、その時も前の年に火事があったということで、珍しいくらい大変な蚊でしたよ。けれども、そこは何といっても若い者同志だから、萌葱もえぎ色の糸で結び合わせたよろい、つまり蚊帳ですね、これがなくても、一晩中、戸外おもてを歩いていたりすれば、それで事は済みました。
 それに引き換え、うちじゃ、年寄りを抱えているでしょう。夜が明けても出すあてはないのに、夜中の一時二時までも、友達のところへ、苦しい時の相談の手紙なんかを書いていると、そばで寝返りをなさるから、『阿母おっかさん、蚊がいますか』って私は聞くんです。
 自分の手にゃ五つも六つもたかっているのに。」
 と、主人あるじは火鉢に手をかざしながら、
「いますかもないもんだ。すると、
『ああ、少しいるようだね、』と何でもないように言われるんだけれども、なぜ阿母おふくろにまでたかるんだろうと、口惜くやしいくらいでね。『そのうち必ず蚊帳を手に入れてやる、蚊の畜生め、覚えていろ』と、心の底から無念に思いましたよ。それよりさらに、ぶんぶんと矢を射るような音を立てて毒虫がはげしく飛ぶ中で、疲れて、すやすやと、…わきに私がいるのを嬉しそうに、快よさそうに眠っておられる時は、いっそうたまらなくって泣きました。」
 聞いていた方がため息をついて、
「そうですってねえ、よくそれで無事でしたね。」
 いまこうして主人あるじの顔を見られるのが不思議だというくらい、なつかしそうな言い方であった。
「まさか、おおげさな。誰かが蚊に喰い殺されたという話もないし。そんな事より、本当に大変だったのは食料でしたよ。」
「そうですってねえ。今じゃ笑いばなしになったけれど。」
「実のところ、あまりそうでもないのです。しかしまあ、おかげ様で、どうにか蚊帳もありますから。」
「ほんとに、どんなにつらかったことでしょう、謹さん、貴下あなたは。」とお民は優しい顔で言う。
「何、辛かったのは私より阿母おふくろですよ。」
「その伯母おばさんにも聞きました。伯母さんの方ではまた、貴下あなたは修行中でお金を稼ぐことができるわけでもないのに、自分の身がかせになって、貴下の肩を縛り付けていると考えておられたそうですよ。身の回りのものを一つ売り、二つ売りしても、一日ごとに段々お台所の煙は細くなるし、このままではもう二人とも消えるばかりだから、『世間体さえ気にならなければ、自分の身体からだ一つだけをないものにして、貴下を自由にしてあげるのに、』といつもそう思っておられたってね。お互い、今聞いても身ぶるいが出るじゃありませんか。」
 と顔を上げて目を合わせる、両人の手は左右から、思わず火鉢を押さえた。主人あるじは、
「私はまた私で、何ですよ、私のような、なまじっか薄髯うすひげの生えた意気地のない兄哥あにいがついているから、『あれが奮起して、相応にどうにかりしていけるだろう、』と世間が思って、食い物の足りない阿母おふくろを黙って見ているんだ、いっそのことそのせがれがいなくなってしまえば、頼るところも何にもない、六十を越した人を、まさか見殺しにはしないだろう。
『それなら、やっちまおうか』と、一日に何度考えたかな。
 民さんも知っているでしょう、あの年は、城のほりで、ずいぶん多くの身投げがありました。」
 おない年の目の前の親類は、姉さんのようにうなずいて、
「ええ。」


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格43円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について