閉じる


自覚は無かったが…

さて、この冬の最大の出来事と言えば水疱瘡でしょう。

 

詳細は本編に譲るとして、いや大変なモノでした。

幸い発熱などをせず、ただ痒いだけの様ですがそれでも

ねぇ?

いやキツい思いをされた方々からすれば軟弱な話かも

しれませんが。

 

ちなみに僕は罹患した記憶が一切なく、母親も思い

出せないと言います。

もしかしたら目立たなかっただけで済ませていたのかも

しれないとは連れの言い分ですが…もしかしてギャンブル

だったのかもしれません。



読者登録

イイダモリカズさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について