閉じる


<<最初から読む

61 / 63ページ

10/8-10/14

(補足)DAISY図書をPipeline2の"daisy202-to-epub3"でEPUB3に変換するとデフォルトが"compatibility-option=true"なのでNCXが生成され、まだEPUB3に対応していないはずのEasyReaderで読み上げることができる。
hkawa33 2011/10/09 01:19:26

◯◯ EPUB3は規格としてはDAISYが開発したアクセシビリティ技術が、テキストや数式の他に、目次・副音声解説・点字字幕がついたビデオもカバーします。手話ビデオ付き出版も可能です。問題は出版者や国会図書館がこれを活かすかどうかです。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/09 01:28:28

(続き) ◯◯ DAISYコンソーシアムは規格を開発しそれを製品にするとどんなことができるのかを示す無償のオープンソースの基本ツールを作って、国や企業やNPOに、その規格とモジュールを活かして製品とコンテンツを作るように呼びかけます。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/09 01:35:30

◯◯ EPUB3は、4種類(音、音の無い画面表示、音+画面表示、ビデオ付き画面表示)の出版物をアクセシビリティを保障しながら作れます。利用者のニーズにより、音(TTS含む)、静止画面、動画、点字ディスプレイ、スイッチ、ボイスコマンド等に対応するプレイヤーを選びます。
hkawa33 2011/10/09 01:55:48

原発も発達障害も毎日心身がボロボロになっていこうとしている子供たちへの具体的な支援が最優先。福島起源の放射線の疫学調査やエビデンス・データ収集に従事する研究者は、自分の知見と研究費を活用して目の前で日々壊れて行く子供たちを全力で支えながら「研究」を進めることを考えるべきだ。
hkawa33 2011/10/09 02:08:47

◯◯ 日本語のマルチメディアDAISY(2.02規格)図書をPipeline2でEPUB3にコンバートして、EPUB3も読めるiPhoneアプリのbREADERに送って表示はできましたが、VoiceOverをONにしてもタイトルを読むだけで本文は読みませんでした。
hkawa33 2011/10/09 02:48:34

いくつかの障害分野では障害者本人の意見が表明され、言葉の上では参加が当たり前になってきているが、障害者の基本的人権に法的な根拠を与える国連障害者権利条約の批准は先送りされている。超高齢社会に突入し震災の復興とエネルギー政策・まちづくり・知的基盤の再編成の今こそ早期批准が必要。
hkawa33 2011/10/09 03:07:21

浦河べてるの家で実際に使った津波避難マニュアルをDAISY Pipeline2でEPUB3に変換し、iPhoneのbREADERで文章部分の縦・横書を共に確認した。bREADERはMedia Overlayをサポートしていないらしく、オリジナル音声は聞けなかった。 #DiTT
hkawa33 2011/10/09 13:33:48

ECRR2010年勧告は本来市販出版物だが、日本の原発事故被害者救援のためにPDF版が無償公開され、有志による日本語訳もPDF版が無償でダウンロードできる。それに対してICRP2007年勧告日本語版は、3675円で市販される紙の出版物があるだけのようだ。被害者救援姿勢の差か?
hkawa33 2011/10/10 03:42:10

大震災の折にIPAやNLM等の外国の国際出版団体や専門図書館と共に日本の一部の著者や出版者が被災者救援に役立ちそうな文献のオンラインアクセスを無償で公開した。著作権が著作物の円滑な利用を目的とするならば、災害ですべての情報を失った被災地へのオンライン情報支援は大変効果がある。
hkawa33 2011/10/10 12:49:27

承前)被災者と支援者が必死で情報を求める時に、流通もままならない被災地の人々にも紙の本を買えと言わんばかりの出版社もあるようだ。万一権利者がその程度にしか出版の公益性を意識していないのであれば、フェアユース規定を設けて著作権を制限しなければ必要な緊急災害時の情報提供が阻害される。
hkawa33 2011/10/10 13:08:31

承前)ICRP2007年勧告は、政府が合意形成のための根拠資料として再三引用するが、日本語でその全文にアクセスするには3675円で売られている紙の報告書を買うか図書館から借りなければならない。内外から救援のための情報のオンライン提供が行われている時に政府と出版者のこの対応は不可解
hkawa33 2011/10/10 13:14:40

承前)ICRP2007報告書はECRR2010勧告等と併せ読んで国民的な合意を形成するための基本文献の一つ。専門的ではあってもこのような合意形成の基本になる文献は、政府が自らの責任で翻訳して直ちに国会図書館等のオンラインサービスですべての関係者がアクセスできるようにすべきもの。
hkawa33 2011/10/10 13:27:24

リハ協のDAISYファクトリー(http://t.co/OeB8y5DM)「盲導犬の健康管理」をダウンロードしPipeline2でEPUB3にコンバートしてAdobe Digital Editionsで表示。目次が表示されないが他は問題なさそう。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/10 15:00:40

Adobe Digital EditionsにはAdobe Readerにある「読み上げ」機能が見当たらない。スクリーンリーダーがあればEPUBも読めそう。Media Overlayへの対応と「読み上げ」機能内蔵を望むが、その時はDAISY2と3のサポートも難しくないだろう。
hkawa33 2011/10/10 15:12:21

EPUB3もDAISY4AIも既にあるコンテンツの継承と将来の技術革新の途を開いておくこととをどう両立させるかが重大問題。電子出版という短期のビジネスモデルだけではカバーできない公益的な性格も持つ活動を国際的に左右する標準化だからこそ理念が大切。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/10 15:26:03

国会図書館の「納本される出版物とその納入率」 http://t.co/V8yIsFG8 によると、納入率は、国の機関の市販資料で90%、非市販資料は46%、地方自治体出版物は42%に過ぎない。自治体の図書館と連携した公的機関出版物の電子納本とオンラインサービスを先行させるべきだ。
hkawa33 2011/10/10 15:37:29

納本義務がありながら、納本されていない54%の国の非市販資料と、58%の地方自治体出版物という公式の数字は、日本の民主主義の危機的状況を示す。国会図書館のデジタルライブラリーは公的出版物と、国が毎年400億円で買い取る教科書のオンラインアクセスを重点的目標にして充実させるべき。
hkawa33 2011/10/10 15:55:52

『納本される出版物とその納入率』: 国内で発行された出版物は..すべて国立国会図書館へ納めなければならないことが、法律で義務付けられています..納本された出版物は、日本の文化的財産として、永く後世に残し... 国政審議のために活用される(同館「納本制度60周年パンフレット」より)
hkawa33 2011/10/10 16:04:08

各省庁には国会図書館の支部分館があり、60年以上の歴史のある法的な義務(納本義務)を各省の文書担当課が知らない筈は無い。本気で義務だと思っていないとしか言いようがない。また、納本されても国会図書館の書庫の奥に鎮座したのでは意味が無い。デジタルライブラリーによる公開こそが転機だ。
hkawa33 2011/10/10 16:14:47

今の国や自治体の文書は必ずワープロで原稿を書くはずだ。市販されるものはDTPソフトでレイアウトして仕上げられるだろうが、それでもレイアウトを除く完成原稿までをワープロで作るものが殆どだろう。簡単なマニュアルを作ればメタデータ付与までを発行者がしてオンラインで電子納本できるだろう。
hkawa33 2011/10/10 16:22:56

被災地再建、放射線被害回避、原発再稼働、電力再編成、TPP等の重要問題について一人ひとりの国民が次から次と判断を求められるが、いずれも十分に知識と情報を得た上での早急な合意形成が求められる。国会図書館と各自治体の図書館がこの使命に応える機会は電子納本と電子図書館サービスにある。
hkawa33 2011/10/10 16:29:35

EPUB3形式の国と自治体の電子納本と電子図書館サービスは、住民の情報アクセスに革命的な進化をもたらすことが期待できる。その萌芽はすでに国会図書館が始めた「東日本大震災復興支援」(http://t.co/0aApQtIv) サイトに見られる。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/10 16:43:04

国と自治体の文書の電子納本と電子図書館サービスを優先させる理由は山ほどある。第一は、「真理がわれらを自由にする」理念のもとに設立された国立国会図書館と自治体の図書館が、百%の納本率による公的情報のタイムリーな提供によって、住民の政策決定に寄与する初めてのチャンスであることだ。
hkawa33 2011/10/10 16:57:59

国会図書館等が公文書の電子図書館サービスを優先させるべき第二の理由は、公文書に限定することにより、DRMにまつわるビジネスモデルや出版社等権利者との利害調整の必要がなく、すべての国民に効率よく情報を提供することに専心した電子図書館システムの開発を進められることである。
hkawa33 2011/10/10 17:04:14

第3の公文書電子図書館サービスを推進する理由は防災情報等の死活に関わる情報が基本的には公的情報であり、小説等の人生を豊かにするための読書とは要求されるアクセシビリティの質が異なることである。例えば視覚障害者が写真集に求めるアクセスと防災地図に求めるアクセスとには質の差がある。
hkawa33 2011/10/10 17:13:02

芸術作品は著者の意図が尊重される。防災情報は、伝えるべき必須の安全情報がタイムリーに障害がある読み手に正確に伝わるかどうかが問題である。ここでのアクセシビリティ要件は、容易ではないが、障害者自身が参加してより客観的に定めることができる。公文書電子図書館サービスの先行が重要である。
hkawa33 2011/10/10 17:18:50

WIPO等の国際的な障害者の情報アクセスの議論の場で、商業的な出版者とは別に、科学的知識の出版に関わる人々が登場する。本来は人類の共通資産である科学の成果を広く共有し、次の科学の発展を触発したいという人々の利益を代表する立場だ。先行する電子図書館サービスにはこの分野も含みうる。
hkawa33 2011/10/10 17:23:30

国立国会図書館の電子図書館サービスが、障害者や高齢者も含む全住民の喫緊の情報ニーズに結び付く形で議論されていない理由の一つは、収益を目的に出版される出版物を軸に構想を進めていること。命と人権に関わる公的情報や買取り教科書を軸に利用者と共に電子図書館を設計・発進させることが重要。
hkawa33 2011/10/10 17:35:48

電子出版はダウンロード数にかかわらずコンテンツ製作コストは同じ。絶版は無く、必要な時にいつでも改定でき、EPUBやDAISYのような適切なフォーマットを選べば、出版の瞬間にこれまでの紙の出版物では読めなかった人も読める。公的情報の電子図書館サービスはこのメリットを百%活かせる。
hkawa33 2011/10/10 17:43:41

間近となったEPUB3の公式リリースと産業界のリリース以前からのサポートで、EPUB3が東アジア地域も含めて近い将来の電子出版の国際標準となる事は明らか。問題は各企業による囲い込みで折角のアクセシビリティと標準そのものの意義が失われる懸念。だからこそ公的出版物の先行が重要だ。
hkawa33 2011/10/10 20:00:03

防災や原発関連の情報の殆どが国や自治体の資金によって生成される公的情報であり、科学研究費や競争的研究資金の成果情報も公的なものだ。政府・自治体・研究開発者等のEPUB3形式での電子納本を支援すれば、被災者の力にもなる公的情報の電子図書館サービス実施を加速することができるだろう。
hkawa33 2011/10/10 20:23:19

EPUB3のアクセシビリティ開発をよそに国が1億円を投じた「アクセシビリティを考慮した電子出版サービスの実現」事業は、残念ながら「ここ10年を目標に、短くてもここ5年以内には何かしら出していきたい」(同事業評価会議事録 http://t.co/LerlTKbR)とのことである。
hkawa33 2011/10/10 21:20:10

一億円の委託費で実施した「アクセシビリティを考慮した電子出版サービスの実現」事業の報告書(http://t.co/ACjKMp2q)には、興味深いことにDAISYが98回、EPUBが95回も出現する。今後5-10年で同事業の成果を普及すると言っても誰もそれまで待てないだろう。
hkawa33 2011/10/10 21:57:16

「新ICT利活用サービス創出支援事業」の中でDAISY=EPUBのアクセシビリティに顕著に貢献した事業は残念ながら無いが「EPUB日本語拡張仕様策定」事業は、電子出版環境のみならず、Webの世界の日本語環境の整備に貢献した。これで、縦書きとルビが標準規格の中で使えるようになった。
hkawa33 2011/10/10 22:28:32

DAISYコンソーシアムを代表してIDPF会長を務めるG.カーシャー(DAISYコンソーシアム事務局長)から、EPUB3.0(2011年9月8日版)がIDPF会員による投票の結果、反対ゼロで承認され、公式にリリースされたという連絡があった。 #epub_egls #DiTT
hkawa33 2011/10/11 07:36:11


御紹介&リンク集

☆呟きの主の河村 宏 (かわむら ひろし)さんのプロフィール

DAISY コンソーシアム会長
NPO 法人支援技術開発機構副理事長
国立障害者リハビリテーションセンター研究所特別研究員
1970 年から 1997 年まで東京大学総合図書館に勤務。日本障害者リハビリテーション協会情報センター長、および国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉研究部長を経て現在にいたる。すべての人が共有する知識と情報のデザインを追及し、情報アクセス権と著作権の調和を目指した活動に取り組み。
また、ソーシャルインクルージョンの立場に立ち、障害者・高齢者の災害に対する事前の備えへの情報支援と国際協力に力を注いでいる。
IFLA/LBS 常任委員/GLADNET 理事/国連 GAID 戦略委員会委員/WAI/W3C 委員/世界盲人連合国連委員会委員/JICA 障害分野支援委員

<リンク集>
☆ENJOY DAISY (エンジョイデイジー) http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/index.html
 DAISY Consortium  http://www.daisy.org/
☆ディスレクシアとマルチメディアDAISY  http://youtu.be/4In_Ql-CP4o
★平成22年度 文部科学省「発達障害等の障害特性に応じた教材・支援技術等の研究支援」 最終報告書
★マルチメディア DAISY 版教科書 http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/book/daisytext.html
★マルチメディア DAISY 活用事例要約集 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/daisy/daisyuse.html
★アクセシブルな情報システム"DAISY"に関する取り組み http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/daisy.html
★特定非営利活動法人 支援技術開発機構 http://www.normanet.ne.jp/~atdo/
★デジタル・インクルージョンを支える DAISY と EPUB
☆ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは? http://creativecommons.jp/licenses/
☆ 『ユニバーサルデザインハンドブック』梶本 久夫,川崎 和男  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004243174-00


奥付



『DAISY』河村 宏さんの呟きのまとめ


http://p.booklog.jp/book/35908


編集 : 薄墨 桜
twitter ID:usuzumisakura


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/35908

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/35908



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.






63
最終更新日 : 2011-10-27 21:52:17

この本の内容は以上です。


読者登録

薄墨 桜さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について