閉じる


<<最初から読む

43 / 63ページ

6/15-6/21

WIPO 22回SCCRは会議場内Wifi経由のリアルタイム字幕がある。15-17日の議題は視覚障害者等の一般の出版物を読むことが困難な障害者の情報アクセスを保障するために著作権を制限する条約案。DAISYを代表してWBUと共に出席。 #dtxt #DiTT #epub_egls
hkawa33 2011/06/15 22:38:24

WIPO 22回SCCR第一日終了。明朝冒頭にNGOの発言時間を設けるとメキシコ出身の議長が明言。発言通告し、WIPOスタッフに発言者リスト掲載を確認。WSISやIGF同様、新議長への祝辞で始まる外交官の長広舌が途絶えた瞬間にしかNGOの発言機会は来ない。ESCAPはずっとマシ。
hkawa33 2011/06/16 01:32:59

2005年に発効した災害被災地における電波割り当てに関するITUが管理するタンペレ条約を日本は無視してきたが、東日本大震災の教訓からすると、災害時の電波割り当てやインターネットによる放送の再送信も含めてタンペレ条約の強化と加入を日本は検討するべきだ。 #Kantei_Saigai
hkawa33 2011/06/16 01:39:03

東日本大震災の経験から日本が国際的に貢献できることの一つは、激甚災害時には、障害や言語理解が困難な人々に配慮した改変を含めて、国内外の放送や出版物のコンテンツの機動的な再配信を可能にするようにタンペレ条約を改正することではないだろうか。 #Kantei_Saigai #dtxt
hkawa33 2011/06/16 01:56:11

災害時の情報の大切さを体験した日本は、無償の文献情報アクセス等で支援してくれた国際社会に対して、災害時の機敏な情報提供の大切さを感謝をこめてアピールし、更に誰一人命に関わる情報から疎外されないようにするためにタンペレ条約の加入と改正に取り組むべきだ。 #Kantei_Saigai
hkawa33 2011/06/16 02:12:49

現行タンペレ条約は被災地の電波割り当てに関する条約。これでは実際に緊急放送するときに著作権のあるものは再送信できない。コンテンツの権利処理とアクセシビリティ問題の解決も含めて日本から新タンペレ条約を提案するのは意味がありそう。 #Kantei_Saigai #epub_egls
hkawa33 2011/06/16 02:23:56

タンペレ条約 http://t.co/rrnMpxg の43の加盟国には、東日本大震災の際に欧米から救援に駆け付けた国の多くが加入していたが、肝心の救援受入国の日本の電波法や通信に関する規制で救援に必要な国内外の通信に支障があったのではないだろうか? #epub_egls
hkawa33 2011/06/16 10:53:10

今回の大災害で、無数の地域ごとの救援ニーズと支援資源のマッチングが必要なことを痛感したし、今も一層の効率的なマッチングを中心とする調整活動が続く。このような災害救援に必要なテレコミュニケーション活動においても「自助」「共助」の成否が生死を分けた。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/16 11:01:26

今回は国際的な生物医学系オンラインデータベースや科学雑誌に続いて国内でも多くの著者や出版者が電子化された著作物を救援活動としてオンライン公開した。これはustream等の活用と共に、被災地への救援のみならず、被災地の自助・共助にも貢献した。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/16 11:10:08

大災害においては自助・共助が重要。被災地における自助・共助活動が不十分な場合は、効率的な支援も困難だ。自助が、実現の可能性のある支援を地域や地域外の人々に明確に示すことから始まるとすれば、情報障害者にも支援に関する情報がまず届かなければならない。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/16 11:19:58

視聴覚障害者はもとより、ディスレクシア等の読み障害や、避難所の掲示板まで行けない人、文章だけで書かれてもよく意味がわからない人など、災害時に情報アクセスと理解および集中が困難な人は枚挙に暇がない。これらの人々が被災地で情報から疎外されて苦労する。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/16 11:28:54

日本デイジーコンソーシアムは、PDFファイルで公開された情報の中から重要なものを選び、著作権者の確認をとってDAISY化し( http://t.co/XlqDtWZ )て、被災地で情報から疎外されている人たちを支援。EPUB3なら変換は無用の筈。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/16 11:44:43

情報アクセスに困難を抱える人たちへの発災前と避難時、更に救援と復興のそれぞれの場面での情報提供は、アクセシビリティーに配慮した自助・共助を支援するためにEPUB3でありたい。また、一刻を争う救援活動はタンペレ条約による規制緩和と著作権処理の省略を必須とする。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/16 11:59:33

障害者権利条約が言う合理的配慮を災害に関わる情報提供に適用すれば、国と自治体は災害関連情報をEPUB3で公開して情報アクセスに困難がある人の自助・共助を助け、タンペレ条約に加入して国内外の情報通信規制を緩和して著作権一部制限となるのではないか。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/16 12:22:04

In the non-paper jointly submitted by Brazil, EU, and US, Beneficiaries of the Treaty is defined as follows: who (1) is blind ... #SCCR22
hkawa33 2011/06/17 19:54:36

... #SCCR22 (2) has a visual impairment or a perceptual or reading disability, such as dyslexia, which cannot be improved by the use ...
hkawa33 2011/06/17 19:56:08

... #SCCR22 of corrective lenses to give visual function substantially equivalent to that of a person who has no such impairment ...
hkawa33 2011/06/17 19:58:08

... #SCCR22 or disability and so is unable to read printed works to substantially the same degree as a person without an impairment...
hkawa33 2011/06/17 20:00:45

... #SCCR22 or disability; or (3) is unable, through physical disability, to hold or manipulate a book or to focus or move the eyes...
hkawa33 2011/06/17 20:05:36

... #SCCR22 to the extent that would be normally acceptable for reading. I found the text at http://t.co/med7nDb thanks to KEI. #dtxt
hkawa33 2011/06/17 20:13:52

WIPO SCCR22で、ブラジル、EU,米国の共同提案が始めて開示された。次の数時間で政府代表団により合意が図られる可能性あり。テキストは非公式にKEIがWebで公開 http://t.co/coHj1bD。大至急意見を出す必要がある。聴覚障害等の対応の欠落は問題。 #dtxt
hkawa33 2011/06/17 20:23:15

WIPO SCCR22 は、著作権者が国連障害者権利条約の対象となる「障害者」にアクセシブルな出版をしなかった場合に、非営利活動として該当者の情報アクセスを保障するために国境を越えて行いうる合法的な活動を規定するために著作権の制限をする国際条約の是非を議論している。 #dtxt
hkawa33 2011/06/17 20:37:23

3日間の特別セッションの最終日の午後にやっとこれまで舞台裏で行われていた調整の結果が発表され、これから集約に入る。問題は、この条約の対象になる「障害者」の範囲から配慮を必要とする人々が除外されない文章を実現することと、誰が提供できるかに無用の制約を設けないことである。 #dtxt
hkawa33 2011/06/17 20:47:05

WIPO SCCRのブラジル等提案のテキストは http://t.co/KWREgrm に。前文、A定義、B対象者、C国内法、D国際交換、E輸入、F技術的保護、G契約、Hプライバシー、からなる。会議はジュネーブ時間15時再開。国代表の発言がある間NGOは発言できない。 #dtxt
hkawa33 2011/06/17 21:10:52

国際的緊急援助のためのタンペレ条約と著作権制限規定とを相互に連携させるための意見交換をWIPOとITUのそれぞれの実務者と始めた。防災に関わるコンテンツは特定の言語の知識が無くても分かりかつアクセシブルである必要がある。ユネスコの防災教育も重要。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/06/17 22:25:58

日本政府代表団にろう者の手話版の情報ニーズがブラジル・EU・米国共同提案ではカバーされない恐れがある旨を説明。テキストの改善を要請。Swedenの手話教科書と避難情報の手話版の提供が必要な事例を示した。NGOは発言できないので政府代表団に期待。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/17 22:37:52

WIPO SCCR22 中国代表が始めて発言。共同提案を歓迎。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/06/17 22:58:02

◯◯ Thanks a lot! Hiroshi
hkawa33 2011/06/17 23:35:44

会議は地域コーディネーターと提案国の協議の間休会。ジュネーブ時間18時まで(あと10分)に再開しないときはこれで3日間の特別セッションは終了し、多くの障害関係NGOはジュネーブを離れる。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/06/18 00:51:31

再開!
hkawa33 2011/06/18 00:58:41

タイムアップ寸前に再開したSCCR22は、先に提案されたnonpaperをこれからの協議のベースにすることを合意して閉会。今後は4案並立を脱して http://t.co/IrzsUdb を軸に議論を進めることになる見込み。WBU関係者は一応安堵の表情。#dtxt
hkawa33 2011/06/18 06:33:23

Leaving from Geneva for Tokyo via Dubai. Free WiFi at GVA Airport works perfect.
hkawa33 2011/06/18 21:44:31

帰国
hkawa33 2011/06/19 20:04:30

◯◯ 「DAISYは難聴者でも聴くのが難しい。ましてや全ろうではアクセスできない」とのことですが、十倍までの拡大とスピード調整できるプレイヤー付きのDAISY版防災コンテンツが、 http://t.co/XlqDtWZ にあります。弱視・難聴の方の感想を聞きたいです。
hkawa33 2011/06/19 23:16:34

研究開発や実証実験に必要なデータやプラットフォームを国立国会図書館が提供し、当該領域に関心を有する研究者や開発者が知恵を出し合える場を用意するなど、技術的課題の解決に向けた取り組みを加速させる必要がある。(全文テキスト化実証実験に係る調査及び評価支援等作業実証実験報告書)ー賛成!
hkawa33 2011/06/20 03:08:56

「視覚障がい者等向けの読上げサービス等」について、「今後これらの課題に取り組んでいくに当たっては、国立国会図書館単独ではなく、外部の研究者や開発者等との連携・協力を一層進めることが重要」(全文テキスト化実証実験に係る調査及び評価支援等作業実証実験報告書:全文テキスト化報告書と略)
hkawa33 2011/06/20 03:15:23

「国立国会図書館..において、視覚障がい者等のため..全文テキストデータを作成し、読上げソフトウェア等を用いて提供する」ことをめざした国会図書館の「全文テキスト化実証実験に係る調査及び評価支援等作業実証実験報告書」(以後、全文テキスト化報告書)が公表された。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/20 03:40:05

「全文テキスト化実証実験」は、百数十億円を投じて蔵書の「全文」を画像で蓄積した国会図書館は、複製した画像から文字をOCR処理してテキストデータにする作業と視覚障害者等へのTTSによる読み上げサービスとをまとめたのがこの実証実験だ。従ってOCR技術の開発に関する部分が多くを占める。
hkawa33 2011/06/20 04:02:34

旧字の多い明治大正期の蔵書のためのOCR処理の技術開発と、今読まなければならない学術文献を必要とする視覚障害者等への読み上げサービス等を組み合わせて一つのプロジェクトにするというやや無理な発想は、ユースケース分析の欠落というこのプロジェクトの特徴を形成していると言わざるをえない。
hkawa33 2011/06/20 04:12:40

OCR技術開発は特に障害者固有の問題ではないのでここではふれない。問題は、H22年1月1日に施行された改正著作権法による無許諾の複製と公衆送信という大きな便宜を得た国の唯一の納本図書館である国立国会図書館が視覚障害者を含む様々な読みに困難を抱える人々のニーズにどう答えるかだ。
hkawa33 2011/06/20 04:23:15

世界の国立図書館がDAISYを軸に開発を進める「視覚障がい者等向けの読上げサービス等」を追いかけるような国会図書館の実証実験だが、課題満載の教科書を出版社と共にDAISYで構造化すれば、読める教科書の無い子供たちも救える最前線の技術開発になっていただろう。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/20 04:54:43

国立国会図書館の全文テキスト化実証実験と総務省委託事業の「アクセシビリティを考慮した電子出版サービスの実現(報告書)」とを比べると、世界のDAISYメンバーの活動を追いかけている点は共通で、総務省事業は高度な構造化を必要としない文芸書を主対象にしている。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/20 05:08:08

アクセシビリティーでは国際的に無視できない存在であるDAISYの日本における課題は、縦書きとルビ等の日本語固有の課題だったが、EPUB3とDAISY4の共同開発の中で、総務省プロジェクトの一つであるEPUB3への日本語実装活動として解決が図られつつある。 #epub_egls
hkawa33 2011/06/20 05:14:00

日本の公的研究開発資金は、なぜかEPUB3とDAISY4という共に無償で使えるオープンスタンダードの周辺には投入されず、相変わらず学校には数十万人の読める教科書を持てない教科書難民の子供たちがいて、近々に事態を改善するための開発投資がされていない。 epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/20 05:20:45

◯◯その通りです。だからこそ障がい者と高齢者等の人の読む権利を保障する国会図書館の責任を果たしてほしいのです。特にDAISYの提供は、読みに障がいのある多くの子供たちに初めての読書機会を創ります。 #dtxt
hkawa33 2011/06/20 05:37:14

Asia Pacific Regional Forum on Digital Inclusion for All in Singapore. Speakers: ITU SG, Telecenter.org.
hkawa33 2011/06/21 16:04:06

ITU SG: 「ITUは人間の頭脳という等しく配分された資源を用いて、分けても減らない情報を使って、人と人をつなぐ責任を果たす。」 Telecenter:「世界中10万のテレセンターが女性の社会参加に貢献。」20年間子育てのために外国でメイドをしたIT会社オーナーの話。
hkawa33 2011/06/21 16:11:15

ITU事務総長のDigital Inclusion Forumのレセプションでのスピーチ:障害者のために開発された技術である電信を起源とする国連機関として、ITUはユニバーサルデザインと支援技術を発展させてICTが人と人をつなぐように、機関として努力することを約束します。
hkawa33 2011/06/21 23:00:45

タイでは原発を引き受ける地域が見つからないで延々設置が延ばされているうちに、今回の日本の原発事件で、誰も原発推進を言わなくなったとのこと。したがって原発の是非を巡る政党間の論争はタイ国内には無いそうだ。
hkawa33 2011/06/21 23:33:57


6/22-6/28

命がかかる激甚災害時に障害者や外国人、子供、非識字者などにも分かりやすい情報を、既存の著作物をコピーしたり、DAISY化したりして、ネット配信等で迅速に提供する必要がある。緊急時にはそれができるという法的な保障がないと動かない自治体や団体がある以上、災害時の著作権制限は必要。
hkawa33 2011/06/23 02:40:59

ITU Digital Inclusion Forum: シンガポールSPDの発表「20歳のCPの女性、LDの疑いもあったのでScan & Read Proを提供し、効果を挙げた。」
hkawa33 2011/06/23 11:43:41

ITU Digital Inclusion Forum: アジア太平洋地域のテレコム団体が障害者・高齢者のインクルージョンに関心を持って活動している。ITUバンコク事務所長のキム所長と担当のウイジット氏の貢献も大きい。日本のテレコム業界にもインクルージョンへの貢献を期待したい。
hkawa33 2011/06/23 11:59:26

ITU Digital Inclusion Forum: 障害、高齢、女性、先住民族のinclusionを支えるITの発展を議論するフォーラムが終了。DAISY Consortiumもこのイベントをサポートした。次のITUフォーラムはモンゴル。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/06/23 14:09:35

◯◯ 2週連続でジュネーブ(著作権問題)とシンガポール(障害者の災害事前準備へのDAISYの活用)の会議があり、それぞれ5日間出張していてお返事が遅れてすみません。縦書きとルビはDAISY4=EPUB3の公式リリースを待たずにApple等が対応しました。
hkawa33 2011/06/26 08:01:56

東京平和映画祭:「電気の民主化(藤田)」「放射能と賢く向かい合う(上杉)」「主体的選択の責任」(飯田) http://t.co/zFJxBHX&utm_source=8641587&utm_medium=social 放射能と原発の正確な分かりやすい知識のタイムリーな共有が課題。
hkawa33 2011/06/26 19:40:36

防災(公助重点)から減災(自助・共助重点)への戦略転換を本当に成功させるためには「災害時要援護者」の自助・共助による「命」に焦点を当てたボトムアップの防災力構築に労力と資源を投入することが必須。「要援護者」の防災参加を支える知識情報の共有は国と自治体の責任。 #EPUB_EGLS
hkawa33 2011/06/27 10:45:58

DRM付きでアクセシビリティーを標ぼうする電子図書は要注意。限定された特定のツールでだけ開けるDRM付きコンテンツは、買った本は生涯読めると信じる読者には向かない。DAISYやEPUBのようなオープンスタンダードでかつDRMフリーなら生涯読める。 #EPUB_EGLS #dtxt
hkawa33 2011/06/27 15:52:23

EPUBはDAISYのアクセシビリティー技術を積極的に導入。無償の規格と「善いことだから開発」は共通。EPUBの母体であるIDPFとDAISYの母体のDAISYコンソーシアムの違い:IDPFは企業主体で決定し、DAISYは図書館等の非営利団体のみが決定。 #EPUB_EGLS
hkawa33 2011/06/27 20:53:41


6/29-6/30

地震速報、津波警報、光化学スモッグ注意報、風雨波浪注意報、そして天気予報と一人ひとりが生命健康の維持のために参考にする情報が発信される中で、原発関連の放射線被ばくに関連した風向風速と地域別予想空間線量がメディアで流されないのは何故だろう?これでは避けられる筈の無用な被曝が進む。
hkawa33 2011/06/30 01:53:49

東日本大震災の重要な教訓の一つは「電源喪失と情報断絶」。3mの津波の予測が10m以上に修正されたことを知っていた犠牲者はどれだけいただろうか?大きな地震の時に沿岸地域の人は警報を待たずに自らの判断で即刻高台に避難するという避難計画と訓練を実施していた自治体はあったのだろうか?
hkawa33 2011/06/30 11:43:50

未曾有の大津波が来ると知っていれば人々は詳しい情報を待つことなく避難行動を始めることができただろう。沿岸地域では過去の地震による津波の最短の到達時間までに想定される最も高い津波が到達する標高よりも高い所に避難する訓練をしておくのが実践的。浦河べてるの家はこれを積み重ねている。
hkawa33 2011/06/30 11:51:41

浦河べてるの家のメンバーの多くが住む地域は標高4m。想定する津波は各種の研究報告書の中で最も高い10m超。最短時間は観測記録による地震発生後4分。そこで、地震発生後警報を待たずに避難を開始し、4分以内に海抜10m以上に達するまでは全力で避難。その後はゆっくりで良いから更に上る。
hkawa33 2011/06/30 11:57:18

浦河の冬は風が強く寒い。地震は冬の夜にも来る!べてるのメンバーは夏冬それぞれ昼夜の2回津波避難訓練を行う。誰も助けには来られない。グループホームや作業所でお互いに助け合って避難する力を蓄えるのが安心を手に入れる最も確実な方法だ。地震でパニックになりかかっても体が覚えていれば安心。
hkawa33 2011/06/30 12:02:47

浦河べてるの家の津波避難の取り組みはインド洋津波の前に始っている。2004年12月9日のクローズアップ現代はまだ災害時要援護者をボランティアがどう助けるかを中心の番組だったが、国谷さんのその場の判断のおかげで台本を修正してべてるの取り組みにも言及させていただいた。生放送の強みだ。
hkawa33 2011/06/30 12:09:09

◯◯これとても大事ですね。国際規格にしてGPSと連動すれば被災地の多くの人が知る事ができますね。ありがとうございます。
hkawa33 2011/06/30 12:13:33

高齢者・障害者等の災害時に犠牲になりやすい方々を「災害時要援護者」と定義し、自力では避難できない人々の避難支援策の充実をもって減災の取り組みとした国の防災の枠組そのものの見直しも必要。広域の電源喪失と情報断絶の下でも自ら選べる避難行動の選択肢を持っていなければ安全は保障されない。
hkawa33 2011/06/30 12:15:02

「災害時要援護者」の支援を災害時に誰かが助けに行くことと考えたのでは、避難所に来る前に要援護者の多くは犠牲になっている。被災地の復興計画と、幸い被災していない地域ではふだんのまちづくりに、「要援護者自らの防災力の強化の支援」策を含めることが重要。参加による知識の共有と対話が基本。
hkawa33 2011/06/30 12:28:28


2011 7/1-7/7

津波被災地と原発被災地の両方の住民に自殺が急増している可能性が高い。 http://t.co/tf9e67p 。生きる価値がある将来像を早く共有しなければ生き続けること自体が難しくなる。心のケアだけでなく、当面の生活の安定と仕事、そして共に暮らすコミュニティの再構築の支援が急務。
hkawa33 2011/07/02 01:39:25

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」。インターネット実況放送中 http://t.co/qd0Jsch
hkawa33 2011/07/02 12:52:33

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」: 12:30-17:00 開催中 ビデオ:JDF東日本大震災支援本部の活動報告
hkawa33 2011/07/02 12:56:05

「東日本大震災と障害者の情報保障」緊急レポート全日本ろうあ連盟浅利氏。東北を代表としてろう者への理解を訴えたい。手話を言語にするろう者の参加ができない状況。文字情報を理解することが難しい。
hkawa33 2011/07/02 13:00:45

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」。インターネット実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 全日本ろうあ連盟浅利氏の報告中。
hkawa33 2011/07/02 13:02:44

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」。インターネット実況放送中 http://t.co/qd0Jsch ろうあ連盟浅利氏「緊急災害時の放送に字幕と手話がないのは命にかかわる問題であることを議員にアピールした。」
hkawa33 2011/07/02 13:05:16

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」。インターネット実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 緊急災害時にローカルテレビで字幕と手話をつけて放送してほしい。復興等の政策立案にも障害者の参加を保障してほしい。(全日本ろうあ連盟浅利氏)
hkawa33 2011/07/02 13:12:46

障害者放送協議会シンポジウム「東日本大震災と障害者の情報保障」。インターネット実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 目で聴くテレビ・◯◯氏。聴覚障害の被災者の手記朗読。「後ろから津波が、兄はカーラジオを聴きながら運転。一瞬の差で安全確保。目の前を流されていく人々。」
hkawa33 2011/07/02 13:17:08

◯◯氏「兄が来なければ津波が来るのもわからず、どこに逃げればよいのかもわからなかったが、危機一髪で生き延びた方。国の対策が不在だった。」「末端の現場で防災放送の従事者が津波に呑まれ犠牲になった」「Jアラートは聞こえない人、見えない人への対策は不在。直ちにシステム改善を。」
hkawa33 2011/07/02 13:24:25

◯◯氏「原発の問題を分かりやすく目で聴くテレビで放送」「地元の情報を放送してほしいという要望が出た」「3月31日まで緊急放送を目で聴くテレビで実施」「地方ラジオ放送を字幕と手話と解説で放送実施」「緊急時の字幕放送についてNHKとの連携を検討中」
hkawa33 2011/07/02 13:30:59

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 加藤俊和・日本盲人福祉委員会「確認できた視覚障害者の犠牲者は7名だが50名くらいに上ると思われるので被害の全貌も確認中の状態」「報道では視覚障害者の犠牲者のことはほとんど触れられていない」
hkawa33 2011/07/02 13:39:30

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 加藤俊和・日本盲人福祉委員会「安否確認のための情報開示を。プライバシーを尊重するのは当然。」「災害情報や支援情報が音声で提供されていない」
hkawa33 2011/07/02 13:51:29

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 浦河べてるの家:◯◯ ◯◯両氏。「浦河では東北に比べれば被害は軽かったが精神障害者は苦労した。地震以前に袋づめした昆布ものをほしいという依頼があり、少し悲しい思い。今秋収穫の昆布も大事にしたい。」
hkawa33 2011/07/02 13:59:02

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 浦河べてるの家の避難状況。避難所では町の人と一緒に過ごした。避難はスムーズだったがその後4人が入院。自分で災害から自分を守ることも重要な課題として防災に取り組み。集団両方のSSTとして取り組む。
hkawa33 2011/07/02 14:02:28

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 当事者研究:浦河では地震から4分でくる可能性があり、10メートルを超える可能性があることも学び、耳で聞いただり、目で見るだけでは難しい人が多いので、目で見て耳で聴けるDAISYを使って勉強した。
hkawa33 2011/07/02 14:05:53

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 昨秋の浦河で開催された日本精神障害者リハ学会でも精神障害者と防災をテーマに取り組んだ。Aさんの例:妄想からくる不安。避難所から帰ったあとに状況が悪くなり入院。入院中も船に乗っているような状態とのこと
hkawa33 2011/07/02 14:09:32

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 練習通りに避難できたので被害は最小限に抑えられた。「シャキッと効果」の人も認められた。入院はダメなことという認識ではないので、入院者も早期退院できた。総合的はマルだが薬を忘れた人が多かった。
hkawa33 2011/07/02 14:12:39

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 避難所でもミーティングをすることが次の課題。福島の避難所でのミーティングに協力をしてる。ミーティング、当事者研究、DAISYなどのツールの活用が重要。一人は3ヶ月経っても心配が募って入院中。
hkawa33 2011/07/02 14:15:30

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch べてるメンバーの発達障害の人で手話のほうが落ち着いてコミュニケーションできる人もいる。(べてる)
hkawa33 2011/07/02 14:17:01

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch NHK編成局森本氏: 大震災時の対応と今後の取り組み。(PPTあり)
hkawa33 2011/07/02 14:19:05

障害者放送協議会シンポジウム。実況放送中 http://t.co/qd0Jsch 総務省情報通信利用促進課長「災害時における情報アクセシビリティの確保に向けた取組について」(PPT資料あり)
hkawa33 2011/07/02 14:43:36

NHKスペシャル(7.2放送)「果てなき苦闘 巨大津波 医師たちの記録」:石巻赤十字病院の災害対応マニュアル作成と執行責任者石井正医師。同病院を除くすべての市内医療機関が壊滅。市役所が被災し医師たちが300か所の避難所の実態把握。医療以前に食料不足等生活基盤喪失の実態に直面。
hkawa33 2011/07/03 00:22:03

NHKスペシャル「果てなき苦闘 巨大津波 医師たちの記録」:初期の低体温症=肺炎中心の重症患者から、感染症や気力喪失を伴う低体力等の重症患者への遷移。避難生活の現場に出かけ、食料調達から上水道設置、疎開手配まで奔走して命を守る石井医師の病院チーム。同病院が看取った避難者264人。
hkawa33 2011/07/03 00:44:41

アクセシブルな電子出版の技術仕様を開発し無償で世界に提供するDAISY Consortiumは、高齢者・障害者のアクセスの排除と電子図書時代の世界の図書館の技術革新の阻害の二点に着目してDRMに反対する。 http://t.co/NJK04tF #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/07/03 15:36:02

DAISYコンソーシアムは、暗号化するDRMに反対し、違法なコピーを防止する手段としては「デジタル署名」や「すかし技術」など、高齢者・障害者のアクセスと図書館の技術革新を妨げない「保護された電子図書」という概念を提唱。 http://t.co/lVvDdZh #epub_egls
hkawa33 2011/07/03 15:45:18

EPUB3は高齢者・障害者も疎外しない出版物となりそうだが、問題はDRMによる囲い込み。著作権は、公表(publish)すれば国民の税金で海賊版の脅威から著作物を保護する仕組み。期限も設けてそれ以後は自由利用。著作物の円滑な利用を促進するため。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/07/03 16:24:13

NHKスペシャル原発危機第2回 「広がる放射能汚染」:100mSv以下ならば安全かどうかは科学的には不明なので被曝量は少なければ少ないほど安全という妥当な判断。地域住民の健康生命に直結する放射能汚染環境調査は各地の保健所の責任で実施すべきではないか?原発推進の文科省では隠蔽する。
hkawa33 2011/07/03 21:34:20

ETV「大江健三郎 大石又七 核をめぐる対話」: 米国の医師団はRongelapの被爆者データを収集し医学雑誌に発表したが、犠牲者の家族には何も伝えなかった。Rongelapの人々は移住し米国に補償を要求している。 http://t.co/OXCfhih 少数派民族は常に犠牲に
hkawa33 2011/07/03 23:30:07

史料編纂所の専門家から家宝にしている贋物を見せられた時には「珍しいものを拝見させていただいてありがとうございます」と言って落胆させないように配慮するという話を聞いた。リソースを費やした善意の寄付に、不満があっても「ありがたいものを、、、」という風潮が福祉の世界にはないだろうか。
hkawa33 2011/07/03 23:52:11

DAISY普及を目的に「障害のある 子ども達のための 読書サポート講座」をバリアフリー資料リソースセンター(BRC)と共催する伊藤忠記念財団が「著作権者の理解を得るため」著作権法37条の規定よりも貸出対象者を狭めプロテクトをかけたDAISY図書を配布し利用者から質問。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 01:36:25

著作権法37条の文化庁長官の指定団体は、障害者の情報アクセスを保障するために著者の許諾なくDAISY化して無償で貸し出すことができる。伊藤忠記念財団寄贈DAISY図書は高校生までの障害児にのみ貸出し可とのこと。障害者団体が実現した権利を「善意」で狭めていないだろうか? #dtxt
hkawa33 2011/07/04 04:16:46

全国1200か所の図書館等に寄贈された伊藤忠記念財団のDAISY図書はコピープロテクトと貸出対象制限があるようで、著作権法37条が想定している読むことに困難がある障害者の権利を保障するために無償提供できるDAISY図書の正しい普及から見ると深刻な問題がある。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 04:36:02

政令指定団体の伊藤忠財団が、DAISY図書を必要とする著作権法37条の対象者が使う多様な機器やソフトを考慮して、コピーガードや法に則らない年齢制限無しで、全国1200の図書館等に寄贈していれば著作権法改正以来の快挙だった。不要な許諾を求めて理念を失ったのは不可解。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 04:53:05

著作権法37条は出版物を読むことが困難な障害者に、著作権者が自ら出版を行わない出版の方式で図書館等が複製して無償で提供する場合は無許諾でそれを行うことを認めている。DAISY製作が認められたのはディスレクシア児の親を中心にした十年間の運動の成果。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/07/04 05:13:24

ディスレクシアの子供たちの読めるDAISY教科書製作を担うマルチメディアDAISY製作ボランティアには、読みの困難を抱える子供の家族が少なくない。国が読める教科書を提供する責任を果たさないのでグループを立ち上げて自ら支える。その熱意と活動が著作権法を変えた。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 05:20:47

図書館等の2010年の改正著作権法施行まではマルチメディアDAISY図書の製作・提供実績はほぼゼロ。改正法では図書館等政令で指定された施設のみが無許諾のDAISY製作をできるようになった。DAISY教科書製作ボランティアは相変わらず図書館の外で子供たちを支えている。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 05:26:27

全国の公共図書館の殆どが著作権法37条を十分活用していない中で伊藤忠記念財団がDAISY図書を製作寄贈したのは本来は高く評価できることだ。しかし必死で闘い続けてやっと権利を獲得した人々から見ると、無許諾と無DRMという原則的な権利を勝手に放棄するのは看過できない後退。 #dtxt
hkawa33 2011/07/04 05:37:20

国際的な出版者団体IPAは災害支援に無償の文献のオンライン提供を行うプランを持っているとIPA事務局長は胸を張る。著作物を災害時の緊急時に円滑に利用できることは非常に重要。文字通り情報が生死を分ける。必要な時に必要な言語の情報が必要な形式(DAISY、点字、手話等)で欲しい。
hkawa33 2011/07/04 05:46:50

東日本大震災の救援に電子化された文献によるものが目立った。紙の印刷物やFAXの輸送ルートが壊滅した時に電子書籍の公衆送信が多用された。今後のことも考えると日本も災害時のテレコミュニケーション活用のためにタンペレ条約に加入すべきではないか。緊急災害時の著作権制限も明確にすべき。
hkawa33 2011/07/04 05:51:53

全国に散らばる被災者が、避難先であれ故郷であれ、復興プロセスに参加することが重要。特に災害時要援護者の復興プロセス参加を支援しないと次の災害にもろい社会ができてしまう。参加の支援には、DAISY等のアクセス可能な形式での知識の提供が不可欠。自治体の文書作成ワークフロー革新が必要
hkawa33 2011/07/04 06:35:54

同感です。“◯◯: @hkawa33 緊急情報のPDF化は百害あって一利なし”
hkawa33 2011/07/05 05:55:06

情報と知識を持つ東大から行動が生まれるかに注目 ◯◯ 金曜の東大緊急討論 http://t.co/og9w6mG ちょっと強調したいのはここには評論家もジャーナリストも「原子力専門家」もいない事。僕含め本業内外で仕事してる人が目の前の問題を直視するのが大事かと
hkawa33 2011/07/06 04:22:46

◯◯ 期待しています。明日からモンゴルで災害時の情報と知識の共有に関するITUの国際フォーラムで、災害時要援護者も同時に、理解できる形式と内容で情報を得る事を通じた人命に焦点を当てた減災活動を議論してきます。原発も含めて、災害知識からの疎外は致命的です。
hkawa33 2011/07/06 04:50:50

日本デイジーコンソーシアムの講演・展示会:アクセシブルな電子出版を進めるDAISYとEPUBの最新情報とDAISY版教科書や市販DAISY出版物を含むDAISY図書入手情報も得られる。7月29日14時ー16時半。案内は近くリハ協情報センターから。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/07/07 04:50:20

南太平洋でマグニチュード7.8の地震発生。太平洋沿岸は津波に注意。気象庁の津波情報に注目。早い津波は約時速800キロで日本付近に到達するので、本日午後は要注意。「津波の心配が無い」という気象庁の発表が無い限り太平洋沿岸地域では注意が必要。
hkawa33 2011/07/07 05:09:45

モンゴルで見るNHK TV 気仙沼市大浦の被災ルポ。地震・津波に加えて大火に耐えた被災住民の不思議な強さに注目したユニークな短いルポ。泊るところを探しに立ち寄った郵便局の親切な局員の方が自宅に泊めてくれた唐桑の40年前の美しい風景を思い出した。
hkawa33 2011/07/07 06:05:59

気象庁、南太平洋起源の津波警報解除。べてるの皆さま、お疲れ様。
hkawa33 2011/07/07 09:09:28


7/8-7/14

ウランバートルのITU ASIA-PACIFIC REGIONAL MULTI-STAKEHOLDER FORUM ON EMERGENCY TELECOMMUNICATIONSに出席。災害の人命被害減少のために事前の準備と要援護者のエンパワメントに力点を置くべきことを主張。
hkawa33 2011/07/08 15:59:42

日本政府は災害時のテレコミュニケーションの規制緩和を内容とするタンペレ条約に議論もせずに反対なのだろうか?欧米諸国も加入し、発効している条約に参加しない理由は見当たらない。ITUの防災Forumで日本政府を代表して総務省担当者が合意文書のタンペレ条約推進の表現緩和を主張。
hkawa33 2011/07/10 14:03:54

ウランバートルで開催のITU防災フォーラム http://t.co/eg2WC5o は会議のまとめを採択。障害者等要援護者への配慮も明記。かいぎの発表文書は先のリンクですべて見られる。タイの公式代表団に全盲のトッポン氏が参加出席。ITUとDAISYの共同事業の打合せはこれから。
hkawa33 2011/07/10 14:10:06

タンペレ条約(Tampere Convention)のITU公式サイト: http://t.co/YMHPpDi 2005年に発効。日本がITU事務総長を出しているときに発効している条約に日本が署名も批准もしていないのはなぜだろうか?総務省が規制緩和に反対で議論もしなかったのか?
hkawa33 2011/07/10 14:44:34

ITU防災フォーラムの流行語: 災害のスパーマーケット(バングラデシュ)、最後の1マイル(防災情報を個人まで届ける)。「警報が届いてもどこにどう避難するのかが分っていなければ避難できないので、特に災害時要援護者にはコミュニティー単位の事前の備えが肝心」という主張は理解された。
hkawa33 2011/07/10 16:21:14

タイムリーな救援が来ない激甚災害時時には頼りになるのは自分自身と隣人だけという現実から出発する防災が生存の頼り。文字通りすべての地域の人々が防災知識を共有し避難・救援行動を協力して実施する。このような災害が起こりうることを今回の日本の被災が証明。 #dtxt #epub_egls
hkawa33 2011/07/10 16:36:30

災害時要援護者が今回の被災から学んだことを理解し「タイムリーな救援が来ない激甚災害時時には頼りになるのは自分自身と隣人だけという現実から出発する防災」を実現する活動に参加すれば人命被害軽減が進む。この知識を誰もが分かる内容と形式で届けることが課題 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/07/10 16:50:40

災害時要援護者に自らの安心と安全をはかる防災知識を提供する手法の研究開発と知識普及の実施事業の提案を国の復興事業として緊急公募し、要援護者自身が参加する事前・中間・事後の審査を行って、所管官庁関係者によるお手盛り配分を排して実施すべき。 #epub_egls #dtxt
hkawa33 2011/07/10 17:07:50



読者登録

薄墨 桜さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について