閉じる


エピソード#1

ネコネコの森の入口には門番猫がいる。
森に入るには必ず回数券を一枚渡さなければならない。

もう知ってるよね。

【ファッション】

門番猫さんは季節によってファッションも変わるみたい。
だけど気分によっても何かが変わるらしい。
おなじ門番猫さんに連夜会えたら、何か変わってるかな?って見つけてみてね。
でも、あんまりジロジロ見たり、じっくり観察すると回数券を渡しそびれるよ。

手を出して催促されないように気をつけてね。
門番猫さんも結構忙しいみたいだよ。

 

【門番犬さん】

たまに門番猫さんの近辺を門番犬さんがうろついていることがあるみたい。
間違って門番犬さんに回数券を渡してしまうと、とんでもないことになる。
その夜はネコネコの森には入れず、一晩じゅう森の入口で大騒ぎなんだって。

森に入れない日が続くと目の下にクマができて、森の入口にもクマがうろうろ。
当分、門番猫さんに会えなくなるから気をつけて。

 

【特別回数券】
土曜・日曜は特別回数券が出るみたい。
いつもじゃないけど、たいてい土日のネコネコの森ではイベントがあるので、
特別回数券で入ると、そのイベントに参加できると言う訳。
但し、イベントの中の更なる特典を得るには別のチケットが必要。
チケットの入手方法は森の秘密らしいけど、
門番猫さんと顔見知りになるとイイことがあるかも。

 

【夏と笛太鼓】

夏は開放的になる門番猫さん。
笛太鼓が何処からともなく聞えて来ると浮かれ出すみたい。
ネコネコの森へは実は定時を過ぎると回数券を持って行っても入れなくなるらしい。
だけど夏だけは森へ入れなかった者たちも、

門番猫さんの機嫌によっては森の外で愉しいことが体験できる……かも。
かもって可能性ありってことだよね。
そうそう、うちわに秘密があるらしいよ。
ただしうちわの柄に注意! 
前にも門番犬さんのことを言ったけど、犬のイラスト柄はNGだよ。

 

【マスク】

風邪をひいてマスクをしたまま門番猫さんに会っても、
例の回数券さえニッコリとほほ笑んで渡せば、ネコネコの森へは入れるよ。
その時はちゃんと門番猫さんの目を見てニッコリだよ。
もし森の中で君と同じようにマスクをしている誰かにだったら、
こうしてマスクをピッとひっぱってみて。
きっと相手も君のマスクをピッとひっぱるよ。
……ハハハハハ
それだけのことだけどね。

 

【音頭に踊る夏の夜】
門番猫さんは浴衣を着ている筈。
但し、金魚柄だのひょうたん柄だのアサガオ柄だのの浴衣を着ている猫も
この夜はウロウロと森の入口周辺に集まっているから気を付けてね。
必ず三日月と満月が両方ある柄の浴衣を着ている門番猫さんを見つけて。

そしてイベント用の特別回数券を渡してネコネコの森へ入ってね。
門番猫さんを間違えないでちゃんと渡せたら
門番猫さんと同じ柄の浴衣を着せてもらえるからね。
そうそう、次回会った時には門番猫さんが何回踊りの輪を回ったか聞くよ。

回数を数えて覚えておいてね。
ちゃんと答えたら?
そうだね……10回以上だったら、何か景品が出るかも。
ま、詳しくは門番猫さんに次の夜にきいて下さいな。

 

【秋の味覚】
秋はネコネの森にも実りが沢山。
10月になったら回数券の他に秋のチケットが配られるんだ。
初めの10枚は誰でももらえる超お得券。
今回栗のチケットだって。
茶色が生栗。
オレンジ色が蒸し栗。
一晩にどちらか一枚しか使えないみたい。
さあ、今夜はどっちを門番猫さんに渡して入る?

 

じゃあ今回はこの辺で……夜はネコネコ♪


この本の内容は以上です。


読者登録

mikatuki98さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について