閉じる


<<最初から読む

7 / 27ページ

ぱぁーっと まわりが まっしろな ひかりで いっぱいに

なってきました。

 

すると とても しあわせな きもちで むねが いっぱいに

なってきました。

 

まるで ひかりの くにに いるみたい。


どうしてなのか きゅうに なみだが いっぱい 

あふれてきました。

 

からだが でんきで しびれたみたいに じんじん

しています。

 

とても うれしい きもちで いっぱいです。


まっしろに きらきら かがやいていたと おもっていたら

だんだん まわりが みえてきました。

 

うっとりと その ひかりを みていました。

 

そして とつぜん この ひかりの まんなかから きんいろの 

なにかが やってきました。


やってきた ひかりが だんだんと おおきくなって かがやく

ひとのすがたに かわったのです。

すると その かがやくひとが はなしはじめました。

 ようこそ きらりわーるどへ。

やっと きてくれましたね。

ほんとうに ありがとうございます。

じかんがないので すぐに とくべつなところへ いきましょう。

きらりわーるど? とくべつ? あなたは だーれ?

 


わたしのなまえは ごーるず。

あなたは きらりわーるどの きんぐついんくるさまです。

いま せかいじゅうの みんなが きんぐついんくるさまの 

おかえりを おまちしております。

ごーるずさん ちがうよ。

あのね ぼくのなまえは みずき あゆ だよ。

 そうです あなたは ちじょうでは みずき あゆ と

よばれています。

でも こちらでは きんぐついんくるさま なのです。



読者登録

上川内 徳隆さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について