閉じる


大阪府知事 橋下徹が育った同和地区を歩く

試し読みできます

知事の父親の墓参り

「いわゆる同和地区で育ってきた。都道府県の知事のなかで同和問題について一番知り尽くしていると自負している。みなさんの協力をいただきながら、できる限り解決していきたい」(解放新聞中央版2008年9月15日)
 2008年8月7日に部落解放同盟大阪府連合会と橋下《はしもと》徹《とおる》大阪府知事との政策懇談会で橋下氏が語った言葉である。ここでいう同和地区とは、橋下氏が小学校高学年から高校までを過ごした飛鳥《あすか》地区(大阪市東淀川区|東中島《ひがしなかじま》3丁目)とされる。
 しかし、橋下氏のルーツを調べると別の同和地区の名前も浮上する。それが安中《やすなか》地区(八尾市安中町、南本町《みなみほんまち》のそれぞれ一部)だ。「平成日本タブー大全2008」(宝島社)によれば、橋下氏は2008年の大阪府知事選の時、八尾市内での街頭演説で「私は安中に住んでいました」と語っていたということである。また、「G2」(講談社)に連載された「同和と橋下徹」(森《もり》功《いさお》)によれば、橋本氏の父親の墓が安中地区の市営墓地にあるとされる。すると、これは当然現場に行って確認しない手はないだろう。
 筆者は台風が接近する中、新大阪駅に降り立った。大阪の玄関とも言える新大阪駅の周囲が同和地区であることは知る人ぞ知る話である。ここには日之出《ひので》(東淀川区西|淡路《あわじ》、淡路、東中島のそれぞれ一部)、南方《みなみかた》(東淀川区東中島2丁目)、そして飛鳥の3地区が隣接している。飛鳥地区は阪急|崇禅寺《そうぜんじ》駅の正面にあるのだが、新大阪から徒歩で十分行ける距離にある。さっそく散策してみたのだが、暴風雨を警戒してか、どこの商店もシャッターが下りていて、市の施設も閉まっている。これでは取材にならないので、諦めて八尾市へ向かった。
 同和問題に関心のある読者であれば、飛鳥地区と言えば飛鳥会事件、安中地区と言えば丸尾《まるお》事件を思い浮かべるであろう。いずれも部落解放同盟の支部幹部が同和行政を食い物にした事件で、前者は横領と詐欺、後者は恐喝と強要だ。大阪の部落解放運動に衝撃を与えた2つの大きな事件の舞台と橋下氏のルーツが重なっていることは、偶然とは言え皮肉なことである。
 安中地区はJR関西本線八尾駅のすぐ東側にある。新大阪駅の近くにある飛鳥地区ほどではないが、こちらも立地としてはかなりいい場所だ。「大阪の同和事業と解放運動」(解放出版社)によれば旧名は「八尾座《やおざ》」、1958年当時の世帯数は61、人口は248と比較的小さな地区であったことが分かる。主な産業は「ニカワ業」「日雇」とある。「安中地区」と言っても、八尾市安中町の全体が同和地区というわけではなく、実際は安中町と南本町が接している部分の一部の地域である。
 取材の下準備として図書館で昔の電話帳を調べてみたところ、確かに南本町と安中町の境界付近に「橋下《はしした》」という姓の人物が住んでいる。そして、なぜか住所が2つ記載されており、そのうち1つは市営住宅のある場所である。おそらく何らかの理由で同一の名義で家を持ちつつ市営住宅を借りていたのだろう。かつては同和地区の市営住宅と言えば、いわゆる「属地・属人」だけが入居できる仕組みであったことから、この「橋下《はしした》氏」が「同和関係者」であることは、ほぼ間違いないのであろう。
 早速「橋下《はしした》氏」の住所がある場所に行ってみたが、表札を見る限りそれらしい家は見当たらなかった。近所の住民にも聞いてみたが、橋下という家は知らないという。おそらくかなり前に引っ越してしまったのだろう。
 次に、橋下氏の父親の墓があるとされる八尾市立安中墓地を訪れた。墓地は関西本線近くの工場と市の水道施設に囲まれた一角にある。これも同和対策事業により作られた墓地だという。コンクリートブロックの塀に囲まれているので道端から中を見ることはできないのだが、塀の一部が途切れていて自由に入れるようになっていたので、早速中に入ってみた。本当にここに橋下氏の墓があるのか半信半疑で探してみると、あっけなく見つけることができた。周囲の墓よりも小さめであるが、真新しい灯篭《とうろう》があり、新しい花が供えられていたので、すぐにそれと分かった。墓には「俗名《ぞくみょう》 豊太郎 さな」と刻まれており、おそらく豊太郎の方が橋下氏の父親のことなのであろう。筆者は手を合わせ、しばし思いにふけった。

八尾市立安中墓地の一角にある橋下家の墓。ごく最近にも誰かが墓参りに来た形跡が残る。

安中にも押し寄せる同和対策事業縮小の波

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
« 前の章