twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 青井鳥人
価格 無料
タグ ボクシングパキスタンアフガニスタン花屋敷戦争東京池袋長編闘い
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

44 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 22ページ (Web閲覧)
70ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
パキスタンで「荒野の黒豹」と呼ばれ、ボクシングに明け暮れていたラフマンは、1979年のアフガン危機から逃れるように、日本に亡命した。
時が過ぎ、16年後、同じく日本に流れ着いた永遠のライバル、アブドゥル・ミゲルが、ラフマンの職場、「飯田商店」で働くことになり、二人は再会を果たす。

しかし、時間が、戦争が、二人の間に大きな溝を作ってしまった。
二人は遠い日本の地で、かつての自分たちを取り戻そうと、もがき続ける。

滾りだすボクサーとしての血。
とうとう二人は、再会して一年後のクリスマスに「決闘」のリングに立った。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる