twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 RaptorBooks
価格 無料
タグ 坂口安吾桜の森の満開の下孤独
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

105 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 79ページ (Web閲覧)
80ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
満開の桜の森、女の美しさ、山の生活、都会の生活、孤独と退屈…。
読み手の想像力をかき立て様々な解釈を可能にする、安吾からの挑戦状。
果たして男は永遠の孤独世界を手に入れたのか?

-桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。

坂口安吾(さかぐちあんご)/1906~1955年
新潟県出身
東洋大学文学部印度哲学倫理科卒業

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

もっとみる