閉じる


<<最初から読む

2 / 5ページ

試し読みできます

栃の実[1]

 清少納言も『橋はあさむつ』とたたえた朝六つ橋あさむつばしを、私はその明け方に渡った―この橋のあるところは、現在、麻生津あそうづといわれる里である。そこから三里ほどで武生たけふに着いた。みち辿たどるにつれ、なつかしい白山はくさんに別れ、日野山ひのやまに迎えられ、やがて、越前の御嶽みたけ山懐やまふところかれた事はいうまでもないだろう。―武生たけふは昔の地方行政府である。
 その年は八月中旬に、近江おうみと越前の国境くにざかいすさまじい山崩やまくずれを引き起こした洪水があって、私がいつも敦賀つるが―そこから汽車が通じていた―へ行く通り道の、春日野峠かすがのとうげを越えて、大良たいら大比田おおひだへと続く、険しい山の切り立ったがけの上に開かれた海に沿う新道しんみちは、崖崩れのために完全にふさがっていた事は、もう金沢をつ時からわかっていた。
 前夜、私は福井に一泊して、まだ山の中腹を横切ってかかる雲に月の光が映っている頃、きりにけむるその朝六つ橋あさむつばし、麻生津を人力車で過ぎて、九時頃武生たけふに着いたのだった。―誰もが言う…ここは水の美しい、女のきれいなところだ、と。柳屋やなぎやの柳の陰、その門前を流れる谷川のほとりに立つ女の姿は、まだ朝霧あさぎりをまとったままのはぎにも女郎花おみなえしにもたとえられる。が、いまは前途が気掛かりでそれどころではない。車もこの宿場しゅくばで止まって、そこから先の山路は、何と、どこへ向かっても、もはや通じていないというのである。
 そこで私は、茶店のえんに腰を掛けて、渋茶を飲みながら協議をした。…春日野の一本の新道しんみち、これはもちろん通れない。湯の尾峠ゆのおとうげからの山越え、それも覚束おぼつかない。ただ、道は最も奥で、山は一層深いが、栃ノ木峠とちのきとうげから中の河内なかのかわちへは越せそうである。『およそ一週間ぶりに郵便物が届いた』ということを聞いても、まるでこの秋最初に北から渡ってきた雁がもたらした便りのように感じられ、先へ進むには、むかしの名将、また英雄が、ある者は悲しみのために、またある者は名誉のために、そこで死んで代わりに名を残した、あの、山また山、さらにまた山の山路がかさなる峠を、一羽いちわだけで飛ばなければならないのか、と思い、私は心細さに涙がこぼれ、緊張で身が引き締まった。山のれいに対する恐れから、私の小さな身体からだは、茶店の屋根の向こうに見える、御嶽みたけの峰に既に圧倒されていたのだった。
「気をつけてお行きなせえましよ。」…まっすぐな長い道は荒れて、洪水で松の並木も倒れてしまっている。福井の車夫は、ただのあぜのようなその街道かいどうはしまで、笠を手にして私を見送りながら、自分でもどちらを指せばよいかわからない様子ではあるが、かたちだけ日にやけた黒い手をげて、白雲しらくもの流れゆく方を指した。
 秋のはじめの空は晴れて、熱い雲だけが漂い、田に立つ人の影もない。稲にも、畑にも、ひどい洪水のあとが残っている。
 やがて街道を横切って流れる浅い水の流れに出くわし、私が途方とほうにくれて、根こそぎ倒れた並木の松を、丸木橋まるきばし、というよりはいかだのように感じながら踏み乗り、心細さに後ろ髪引かれて振り返って見ると、車夫はまだ手をひたいかざして立っていた。
 翼をいためたつばめがたった一羽、地面をいゆくような私の姿を哀れに思って、去ることができずに見送っていたのだろう。
 ただでさえ足を運ぶのが苦しく難しいのに、『秋暑し』という言葉は、残暑のきびしさより身にこたえる。また実際、汗の流れ込む目に、野山が赤く見えるほど暑かった。洪水で荒れたとはいえ、稲の葉の色、青菜の影くらいは見えそうに思うのだが、あの煙草たばこで有名な勝山かつやまとはまるで方角が違うにもかかわらず、右も左も、泥の乾いた煙草畑で、あえいで吸い込む息さえ舌にからく感じる。
 祖母がってくれたかばんがわりの更紗さらさの袋を、肩から斜めに掛けただけなので身は軽いが、そのかわり洋傘こうもりの日影に入ることもできない。
 尾崎紅葉おざきこうよう先生は、その洋傘こうもりが好きでなかった。陽射ひざしをさえぎらなければならないときは、おうぎかざされたものである。従って、一門の誰もが、ほとんど洋傘を持っていない。連れ立って不忍池しのばずのいけはすを見た後で、入谷いりやの朝顔見物などという際には、一杯飲んだ片頬かたほおに当たる日の光に、みな揃って扇子をかざした。しなくてもいい真似をして。…それにもちろん、を殺して、いや、蚊帳かやを質に入れてまで飲むような連中が、歩く時に日除ひよけなどするわけはないのだ。蚊帳の質入れの方は、確かに少し世間に対する気兼きがねもあるが、洋傘こうもりの方は大威張おおいばりで持たないでいられた。
 神楽坂かぐらざかあたりをのさばり歩くには、実際、『洋傘こうもりなし』で問題ないのだけれども、この旅路たびじではこまり果てた。その上、こともあろうに…その年はどこも陽気が悪かったので、私は腹を痛めていたのである。心付こころづけをはずむこともできない悲しさには、『柔らかいかゆを』ともたのめず、今朝早くってきた福井の旅籠はたごで、らした直後の飯を少しばかり食っただけ。しくしくと下腹が痛むところへ、洪水のあとの乾いた日照ひでりは本当にこたえた。しなびた鳥打帽とりうちぼうの上に、手拭てぬぐいで頬かむりをしたくらいではしのげないし、もうまもなく十月だったから、護身用の扇子せんすも持っていない。路傍みちばたやぶはあっても、竹を押さえつけてその枝を折るほどの元気もないから、名前だけは聞いたことのある、名高い『玉江たまえあし』…ではなく、湯のように温まった浅いぬまの蘆を折り取って、くるくるとまわした。そんなことをしても、もちろん秋風が吹いたりはしない。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について