閉じる


<<最初から読む

13 / 17ページ

隠れ家



隠れ家

ナイショだよ

君だけに ボクの秘密の隠れ家 教えてあげる

ここでは 外の音が聞こえない
ここにいるのは ボクと君と 小さな花

誰がエライとか
誰が一番カワイイとか 頭がイイとか
ここでは そんなの どうだっていいことだ

だから疲れたらおいで
扉は いつでも開けておくよ

勝ち負け



勝ち負け

「あの人には負けたくない」 君はそう言うけれど
自分の弱さを認めるのは 負けじゃない

競争だけの生き方は やめようよ
あの人に勝っても
また 次の競争相手が現れるだけ


勝ち負けを決めなくたって 生きていけるよ

次の一歩




次の一歩

昨日があって 今日があって 明日がある
昨日の自分がいなければ 
今日の自分もいないんだよね

間違ってもいい 立ち止まってもいい 悔やんでもいい
そこから次の一歩が始まるんだ

転んだら そこから立ち上がればいいんだ
しばらくは うずくまって泣いていてもいい
誰かに手を貸してもらってもいい
そうして立ち上がって 次の一歩を踏み出せばいいんだ


ひとりじゃない



ひとりじゃない

小さくたって いっしょにいる
あなたはひとりじゃない
だからいっしょに 生きていこう

晴れの日も 雨の日も 
いっしょに泣いて いっしょに笑おう

ひとりじゃない
いっしょに生きていこう

ただ隣に



ただ隣に

時には 言葉より強いものがある

何を語ればいいのかわからないなら 
そっと寄り添うだけでいい


この本の内容は以上です。


読者登録

Jasmineさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について