閉じる


<<最初から読む

9 / 17ページ

溶けない雪






溶けない雪

溶けない雪になって
ボクはキミのそばにいるよ




やさしさ




やさしさ

やさしさってね
目には見えないけど そこにあるとこころが暖かくなるんだよ

やさしさの種ってね
どこまでも飛んでいって 次の人のこころに花を咲かせるんだよ


つぼみ



つぼみ

次はだれ? ボク? ワタシ?

みんな 自分の「時」を待っている
花ひらく時を待っている

時が来たら 
胸をはって 誇らしげに 咲いてごらん



春遠からじ



春遠からじ

ふと振り向くと そこまで春が来ていた
一歩ずつ 一歩ずつ
春は近づいているんだね

明けない夜がないように
終わらない冬はない

「あとちょっとの辛抱だよ」 
そう言って 笑ってくれたような気がした


隠れ家



隠れ家

ナイショだよ

君だけに ボクの秘密の隠れ家 教えてあげる

ここでは 外の音が聞こえない
ここにいるのは ボクと君と 小さな花

誰がエライとか
誰が一番カワイイとか 頭がイイとか
ここでは そんなの どうだっていいことだ

だから疲れたらおいで
扉は いつでも開けておくよ


読者登録

Jasmineさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について