閉じる


<<最初から読む

4 / 27ページ

かばバスの できあがり~!
みんなを  のせると のっそり のっそり
やがて 青く光る  みずうみの てまえで・・・ 
ほっぷ ⋅ すてっぷ ⋅ かばジャ~ンプ!
ヤッホ~! もうすぐ  なつやすみが はじまろうと  していました。


ある日、ボーノくんが  大こうぶつの ホットケーキを  やいていると
プップが  うかない顔をして やってきました。
プップは  はらぺこで  フ~ラフラ。
「ぼくも  ホットケーキ  だいすきだよ」


ボーノくんは はちみつと ブルーベリーの ホットケーキを
プップのために やいてあげました。


ぺろ ぺろ ぺろり。
はちみつの ついた鼻を、うれしそうに なめなめ
すると プップは まぶたが おもたくなって・・・
なにも しゃべらなく なりました。
プップは おひるねの 天才! ボーノくんも!


プップは  夢のなかで ボーノくんの  レストランに  いました。
「もっと  おおきいのを  ちょうだい!」
あまく  とろけるような はちみつと
クリームチョコの ホットケーキを  食べて だいまんぞく。
と そのとき、



読者登録

ノバリ株式会社さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について