twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF , ヒューマンドラマ 作者 塚越広治
価格 無料
タグ 火星感動泣ける人類
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

164 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 18ページ (Web閲覧)
42ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 「これが、人が人でいるための本能なら、背負ってみせるわ」彼女はそういいきった。地球時間で5年前に始まった火星独立闘争は火星解放軍が不利な状況で推移し、勢力を増した連邦軍勢力は地球の衛星軌道から運んできた宇宙都市を火星公転軌道上に配備し、火星を攻略する足がかりを築いている。
 そんな中、長い戦いで人的資源が枯欠した火星では、女性をレスキューという危険な任務にかり出している。主人公のシャオリーは火星と連邦軍基地を結ぶ宙域を担当するレスキューチームを率いている。
 不利に傾く状況に、火星市民の士気高揚を計るために残存艦を集めたパレードが企画され、シャオリーたちがパレード利先導役に選ばれる。地味で苦しい任務の間で晴れやかな任務である。隠していてもうれしさは隠しきれない。しかし、パレードが始まる5日前、彼女たちの元に新造船が事故にあって漂流中だという情報が入った。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧