閉じる


Chibirockの旅はくせもの

Chibirockの旅はくせもの

珍スポットに魅せられて

■Writer&Photographer
chibirock
■Profile
Sigur RosとBeirut贔屓のメタル好きバックパッカー。チベット越えてインドで太って台湾の農家で大豆を選り分けたり。最近結婚したが放浪やめる気毛頭無し。
http://blog.chibirock.net/

 切手集めが趣味の根暗なバックパッカー、ちびろっくです。ご縁があってこんな大それたコーナーを任されちゃうこととなりました。お構いなしに駄文を書き散らしますが、あたたかく見守っていただければ幸いです。

 旅先を決める理由は多々ありますね。世界遺産が見たい、青い海でのんびりしたい、あれが食べたいこれが買いたいなんたらかんたら。わたしもそういう人並みの理由で行くわけなんですけども、そもそもは。しかしどうも行ったら行ったで気になるのは、日本人の想像力をはるかに絶する珍スポットばかり。1万もの仏に小馬鹿にされる「萬佛寺」、中国・シャングリラの無駄に巨大なマニ車、タイ・アントン郊外の地獄村「ワット・ムアン」、インドいち金とモラルのある街、チャンディーガルの彫刻庭園「ロック・ガーデン」、ミャンマーの高原リゾートにある寺院というのは名ばかりのテーマパーク「ペイチンミャァウン」…。
詳細についてはそれぞれググッていただくとして、各々とんでもないベクトルへと突っ走っており、通常の感覚をもった日本人であれば「お気を確かに!」とたしなめたくなるような代物ばかり。そんなところばかり行っていたらそんなことばかりで頭がいっぱいになり、こないだ見た世界遺産とか、息を飲むほど大きな夕日とか、本来心に残るべきシーンは一切がっさい忘却の彼方へ。
 一方珍ネタ不毛地帯ヨーロッパでは、薬局に掲げてある緑十字ネオンサイン探しに夢中に。「メガネ屋だからってメガネのサインになってるよ!」「あの点々の間隔がパックマンみたい!」…ノートルダム寺院もカテドラルもスルーしながら、街角で妙な光を放つ十字架を見つけては興奮し、写真に撮りためた初めてのヨーロッパ旅行。後悔はしていません。

 こういった下らないスポットやネタは、一般的なガイドブック等で紹介されることはほとんどありません。こんなに面白い珍ネタを知らないなんて人生の8割損だよ!と、日本の皆様へ報告する義務があると思い込んでいるちびろっくは、Twitterやブログを駆使して、誰が読んでるとも知らずのまま、好き勝手珍ネタを晒しています。つい先日、人柱となってレポした珍ポンデリングの記事に「いいね!」がいっぱいついたことから、もう「珍ネタハンター」として食べていく道を構築していこうかと本気で考えていますが、誰か止めた方がいいと思います。