twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー 作者 山嶺 柊
価格 無料
タグ 連続小説ミステリー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

23 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
13ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
愛子は夢であった人物を探して、崎屋町というバス停に降り立った。そこから商店街を抜けると、大きな建物に行き着く。勿論あの人物がここにいるかどうかは分からなかったが、この辺りで人が集まりそうなところと言えば、ここしかないように思える。愛子は女子高生の制服のままだったが、折角ここまで来たのだからと、そのまま中に入っていくことをきめる。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

もっとみる