閉じる


試し読みできます

Ⅰ 台本「日本昔話ツアー」第1部

1.序幕

【登場人物】児童1(     )  児童2(     )   児童3(     )  児童4(     )
       児童5(     )  児童6(     )   児童7(     )  児童8(     )

 

児童1  「これから日本の昔話を紹介します。」         
児童2  「題して、日本昔話ツアー。」                 
児童3  「昔話の世界に旅するってことだね。」         

児童4    「なあなあ、知ってる昔話言ってみて。」       
児童5    「桃太郎、金太郎、浦島太郎。」               
児童6    「ウルトラマン太郎。」                       
児童7    「それ、違う。」                             
児童8    「花咲じいさん、こぶとりじいさん。」         
児童6    「子泣きじじい。」                           
児童7    「それは、ゲゲゲの鬼太郎。」                 
児童1    「かぐや姫、鶴のおんがえし。」               
児童2    「かちかち山、さるかに合戦。」               
児童3    「一寸法師、聞き耳ずきん、したきり雀。」     
児童4    「うさぎとかめ。」                           
児童5    「それは、世界の昔話だよ。」                 
児童6    「イソップの書いたお話だよね。」             
児童7    「はだかの王様。」                           
児童8    「それも世界。日本は殿様だから王様は出てこないんだよ。」                                 
児童1~7「へぇ~。」                                 
児童全員  「では、みなさん。まずは浦島太郎をご覧ください。」

 

2.浦島太郎
【登場人物】亀(     )  浦島太郎(     )  子ども1(     )子ども2(     )
       児童1(     )  児童2(     )  児童3(     )
                                                        
          上手より、亀登場。                           
亀       「人間の子どもたちが、こっちに来るぞ。逃げなくっちゃ。」                                  
          逃げ出すが、とても遅い。                      
          下手から子ども二人登場。                     
子ども1  「あっ、亀がいるぞ。」                       
子ども2  「ほんとだ、ほんとだ。大きな亀だ。」         
子ども1  「甲羅をたたくと、頭をひっこめるぜ。」       
子ども2  「ほんと?やってみよう!」                    
          二人で亀をたたく。                            
          浦島太郎、登場。                             
浦島太郎  「こらぁ。動物をいじめるんじゃない!」       
子ども二人「浦島太郎だ、逃げろ!」                     
浦島太郎  「亀さん、大丈夫かい。」                     
亀          「ありがとう、浦島太郎さん。」               
浦島太郎  「おまえ、しゃべれるのかい。」               
亀          「うん。お礼にいいところへ連れてってあげる。どうか、私の背中にのってください。」          
                                                        
       ♪むかしむかし浦島は 助けた亀に連れられて    龍宮城へ来て見れば 絵にもかけない美しさ    
          (歌とリコーダー、全員。)                    
                                                       
児童1    「この後、浦島太郎はどうなるの?」           
児童2    「竜宮城で乙姫さまにあって、食べたり飲んだり踊ったりして、楽しくすごすんだよ。」         
児童1    「いいなあ。」                               
児童3    「でもさ、浦島太郎が竜宮城から村へ帰ってくると、なんと300年もたってたんだ。」           
児童2    「だから、浦島太郎の知ってる人は、もう誰もいないんだ。」                                 
児童3    「さびしいね。」                             
児童1    「でもさ、宇宙船に乗って、光の速さで旅してきたら、地球では何百年も時間がたってるんだよ。」
児童2    「それって、浦島太郎とおんなじじゃん。」     
児童3    「だから、浦島太郎ももしかしたら、竜宮城じゃなくて宇宙船に乗せられて宇宙に行ったのかもね。」

 

3.幕間
児童1    「あれぇ、玉手箱が出てきてないよ。」         
児童2    「乙姫さまからもらった玉手箱を開けると。」   
児童3    「開けると。」                               
児童4    「一寸法師が。」                             
児童5    「出てこないって。」                         
児童6    「白い煙がもくもくと。」                     
児童7    「火事だ!」                                 
児童8    「浦島太郎は、おじいさんになっていました。」 
児童全員  「では、次は、花咲じいさんです。」

 

4.花咲じいさん
【登場人物】花咲じいさん(     )  ポチ(     )   

       児童1(     )  児童2(     )  児童3(     )  児童4(     )
                                                       
          上手より、犬とおじいさんが登場。             
おじいさん「これ、ポチ、どこへ行くんじゃ。」           
ポチ      「ここほれワンワン。ここほれワンワン。」     
おじいさん「うん、ここをほるのか。」                   
ポチ      「ワン」                                      
          おじいさんがクワでほると、大判小判が出てくる。
                                                       
児童1    「すご~い。」                               
児童2    「あの犬、トレジャーハンターだね。」         
児童3    「わたしのペットにしたいなぁ。」             
児童4    「でも、ポチって、となりのいじわるじいさんに、なぐり殺されちゃうんだよ。」               
児童3    「かわいそう。」                              
                                                       
おじいさん「ポチや、成仏しておくれ。」                  
          さし木をした木がみるみる大きくなる。         
おじいさん「ポチの記念に、この木を切って臼にしよう。」  
                                                       
児童2    「木がぐんぐん伸びるなんて、びっくり。」     
児童4    「この木で作った臼で、もちをつくと、もちが大判小判になったんだよ。」                     
児童3   「ほんと、やろう。やろう。」                  
          児童たち、もちをつく。                       
児童1    「わぁ、もちがうんこになっちゃった。」       
児童2    「こんな臼、燃やしちゃえ。」                 
児童3    「っていうぐあいに、いじわるじいさんには、今度は、臼を燃やされたんだね。」               
児童4    「でも、臼の燃えた灰をおじいさんがまくと…。」
                                                       
おじいさん「枯れ木に花を咲かせましょう。」              
          枯れ木に、満開の桜が咲く。                   
           

5.幕間
児童1    「きれいだね。」                             
児童2    「花見しよう。」                             
児童3    「でも、灰をまいて花が咲くって不思議だよね。」
児童4    「おじいさんって、魔法使いみたいだね。」     
児童5    「じゃあ、桃太郎は勇者かな。」               
児童6    「勇者?」                                   
児童5    「だって、最後はボスの鬼を倒すじゃん。」     
児童7    「では、次は、桃太郎のお話を。」             
児童8    「今度は、たっぷりお届けします。」 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

荒井賢一さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について