閉じる


時の魔術師 ~夏~

                                           

 僕の名前は、笹原 隆太(ささはら りゅうた)。

 中学2年生。好きなものは学校給食、嫌いなものは学校活動。

 

 今日は学校を休む事にした。なぜって、今日は、学校に行く意味がない。夏休みが明けたばかりの始業式で、給食もないからね。

 通学路の近くの桜並木でごろんと寝転がる。今日はからりと晴れたいい天気だな。

 

「おーい、隆太! 行かないのか。遅刻するぞ」

 お、同じクラスの種田だ。“行かないよ”僕はあっちへ行けとばかりに手を振った。

 

 ちりん ちりん

 

 どこかで風鈴の音がする。でも、風は秋風。9月って、本当に夏と秋が一緒にいる季節なんだな。

「隆太、先に行くぞ!」

 種田の声がしたけど、完全に無視。学校で掃除するより、ここで蝉の合唱を聞いている方がおもしろい。

 

 ちりん ちりん

 

 だって、この音が、きっかけになる。

 そして、

 どこか別の季節へ 

 

 ―僕は飛べる―

 

  雲が流れてゆく。桜並木が風にゆれている。

それにしても、蝉の声って夏の終りが一番、激しくないか。

“蝉は土の中に幼虫で七年、そして地上で羽化して、生きられるのは、たったの七日“って、いつか誰かに聞いた事があった。

それが、本当なのかは、別にして……

 僕の足元に一匹の蝉がぽとんと落ちてきた。なんか、いいタイミングで。

 

 ジジジジ………

 

 「お前、今日が地上に出て七日目か。あわれな奴」

 蝉は、そんな言葉なんか聞きもしないで、羽を小刻みに震わせている。

 でも、こいつにとっちゃ、あたり前の事なのか。あわれと思うのはこっちの勝手な想像か。

 

 それでも……知っているのは夏の景色だけだろう。

 七日だけの寿命を生きて、春に、この桜並木を彩る花の色を、知らないままに消えてしまう運命なんだ。

 

 

 ちりん ちりん

 

 -ほら、きっかけの風鈴の音-

 

 次が鳴ったら、

 

 ちりん

 

 “春風満桜”

 

僕が一番、お気に入りの染井吉野

 

この世で一番透明なピンクで染め上げて、

 桜並木を満開の花で埋め尽くす。

 

 僕が呼んだ“春”

 

 

 ジジ……ジ、ジ……

 

 景色はまた、夏。

 足元の蝉は、かすかに鳴いた後に羽を止めた。

「あー、なんだか、つまんなくなったな。学校、行くか」

 僕はよいしょと立ち上がった。

「あ、蝉、蝉っ!」

 学校帰りの小学生が、地面に落ちた蝉に手を伸ばそうとしている。

「捕まえても無駄だよ」

「え、何で」

「もう、死んでる」

「なんだ、つまんない。死んでるの」

「蝉は土に七年篭って、地上に出てから七日目に死ぬんだ」

「ふうん。でも、それって嘘だって先生が言ってたぞ」

「お前の先生って、つまんない奴だなあ」

 

― いいんだよ。儚い命と思った方が、蝉時雨はきれいに聞こえるんだ ―

 

小学生は駆けて行ってしまった。僕が、ゆっくりと学校へ歩き出した時、

「おーい、隆太!」

 また、種田が来た。

「お前、まだ、こんな所にいたのか。学校、もう終わったぞ」

「なんだ。今から行こうと思ってたのに」

「遅ぇよ!」

 

 種田と一緒に帰る道。明日からは給食が始まる。

「隆太、明日は学校に来いよ」

 僕は微妙に笑って、こう答えた。         

 

「それは、給食メニュー次第だよ」 

                                 

 

  [時の魔術師 ~夏~】 完

                                        

 


時の魔術師~冬~ 1

                                 私の教室におかしな男子がいる。それも、すぐ隣の席に。

見た目はそんなに悪くない。黙って座っていれば、俳優の妻夫木クンに、ちょっと似てる。

 

 笹原 隆太。

 

外は雪。こんな日には学校よりも、家のコタツでぬくぬく眠っていたい。

 でも、今って授業中でしょ? 笹原は、何かを机から自分の膝に出したかと思うと、それをメリッと開けだした。

 

 え? ツナ缶?

 

 あっけにとられて、見つめていたら

「食う?」

 私の視線の中で、笹原はにこやかに微笑むのだ。

「い、いい……」

「あっ、そう。なら、いただきます」

 悪びれもせず、ツナ缶を食す。お箸まで持ってきてるの?

こいつって、給食の時間にふらりと登校してきたり、2時間目にはもう姿がなかったり、もう、やりたい放題。

 あんたのせいで、今の数学の問題、先生の解答解説が、ちっとも頭に入らなかったじゃないの。中2の成績だって内申に響くんだからね。

 

「ねえねえ、美夏、今日やる? ターゲット決めた?」

2時間目が終わると同時に、友達のゆうちゃんが声をかけてきた。

「うーん、まだだけど……」

 ちらりと見た隣の席。授業中はツナ缶に夢中で、休み時間は睡眠の様子。いったい、学校に何しにきてるんだろ?

「笹原隆太にする」

 私は、隣に聞こえないように声をひそめて言った。

「えっ、超変わり者だよ」

「いいの。おもしろそうじゃない」

 

“うそ告”って知ってる? 最近、私たちの悪友間で、密かに流行っている遊びなんだけど、やり方は簡単。ターゲットの男子を決めて、“告白”するだけ。でも、それは、“嘘”。

 ……で、後で嘘だってばらしてやった時の小気味良さ。

「笹原隆太がいい」

 後で、彼の靴箱にメモを入れよう。内容は簡単明瞭。

 

“前から笹原君の事が気になっていました。放課後、屋上で待ってます。

石井美夏”

 

 後ろめたくない? “うそ告”なんて、人の心を傷つけるだけだよ。心の中で誰かが私に問いかける。

 べつにいいの。こんな事くらいで傷ついたなんて、思う方が弱いんだ。

 

*  *

 

 放課後の屋上

 笹原遅いな。呼び出したのはいいんだけど、寒いよ。屋上なんか指定するんじゃなかった。

 ほうっと息を吐いてみる。白い息。雪は止んだけど、心の中には白い靄がかかってる。

 ほうっとまた、白い息。すると、

 

 あれっ、笹原? 

 

「ごめん。このメモ、くれたの、お前?」

 いつの間に現れたの? ちっとも気づかなかった。

「あ……う、うん」

「……で?」

「……で? って、あの、だから……笹原君の事が前から気になってて、それで、話を聞いてもらいたくて……」

「あっ、ツナ缶の事? 隣で食うなとか」

「ちがうってばっ!」

「……なら、何なんだよ」

 さすがに鈍そうな笹原でも、少しはメモの意味を理解しているようで、バツが悪そうに視線を私からはずした。ちょっと、ほくそえみたくなる瞬間。それって、多少、期待してる?

「あの、前から私、笹原君が好きだったの」

 

“うそ告”完了! 屋上の隅で隠れて見てる、ゆうちゃんにVサインを出したい気分。

 

 でも、笹原の反応はとても、とても以外だった。

 ほうっと息を吐く、息を吐く。白い息、白い息……

「そんな事、言われたの、初めてだ」

「……」 

「今日って寒いよな」

 また、ほうっと……白い息

 

え、何、ここ、どこ?

 


時の魔術師~冬~ 2

入道雲と青い空。

緑の木々を通り抜ける木漏れ日。

川の音。堤防を歩く二人の男女。

どこかで見た景色……

 

夏休み、これって今年の夏休み?!

 

それは、一瞬の映像。

 

私とすごく好きだった……私の先輩。

 

「……つきあってくれませんか」

「悪いけど……」

「お友だちからで、いいんです」

「ごめん」

「何で?」

「……俺、石田の事あんまり好きじゃないんだ」

「えっ」

 

 いつも、私に笑いかけてくれた優しい先輩。

 

「おまえ、しつこいよ」

 

 封印していた苦い思いが、心を突き破ってゆく。

 

 

「お、おい、何で泣いてんだよ?」

寒い放課後の屋上に座りこみ、涙がとまらない。横にいるのは笹原? お願い、顔を覗き込むのは止めて。

「ごめんなさい。ごめんなさい。嘘だった……笹原、好きだなんて……嘘ついた……」

はあ、と一つ息を吐き

「泣くなよ。“うそ告”されて泣きたいのは、こっちなのに」

そうだ、とっておきの物があるんだ。笹原は、本当に弱りきった顔で、リュックを開くと、こう言った。

「もも缶があったんだ」

 

「美夏! どうしたの?!」

血相変えて、走ってきたのは、“うそ告”を見ていた、ゆうちゃんだった。

「笹原! あんた、美夏に何、言ったの!」

「知らないよ、勝手に泣き出したのは、石田の方だ」

 その時、

「そうだ、俺も見てたぞ! 悪いのは石田だ! 俺だって、先週、やられたんだ。“うそ告!”」

突然、飛び出してきた笹原の親友? 種田は、鬼の形相で“ゆうちゃん”を睨みつけた。

「もう、止めろ、止めろ! ほら、みんなで気をとりなおして……開けるぞ、“もも缶”!」

 

 屋上での騒ぎを遮るように笹原は言った。

「俺はテストの答えをいつも間違える。何でか教えてやろうか。忘れるからだよ。でも、それって当たり前の事なんだ。人間は忘れる、いや忘れられる。それってすごい機能なんだ。だから、俺はテストの点が悪くても気にしない」

 

私、もしかして、なぐさめられてる? よく分からない彼の台詞。

笹原隆太って、本当におかしな奴。

 

ほろほろと、また、雪が降り出した。

「今日は、寒いよな。本当に寒いよな……」

 

でも、季節が変われば、また、暖かい日が来るんだよ。

 

   【時の魔術師~冬~】 完


時の魔術師~秋~ 1

 高度7700m、第8キャンプ、北壁ルート。

 最悪の吹雪と嵐、地球上に14座しかない8000m級の山の一つ、世界第二の高峰、K2。

 その頂上アタックを目前にして、方角を失い、視界をなくす。

 手の中にまだ残っている、走っていったザイルの感触。谷底に落ちていったパートナー。

 若手登山家のホープとして名を馳せてきた俺“山下慶一”の強運もついに尽きる時がきたのか。

 急な氷壁の斜面に一人取り残され、途方にくれる。

 

“山で死ぬなら本望”

 

 それは、頂上を極めた人間の言う言葉だ。

 俺は、まだ、見ていないんだ。

 超然たる聖域、K2の頂を。

 

*  *

 

 東北、神室山。高度1365m。

「おい、隆太はどこへ行った?」

 笹原隆太の親友(自称)- 種田 -は、半ばあきらめ気分で辺りを見まわした。

 

 青い空、白い雲。

 

 奴が“秋山登山”に参加した事でさえ奇跡に近い。ましてや、こんな気持ちのいい日に、まともに学校活動をやるわけないよ。

「隆太あ!  焼き芋できたぞ。だから、出てこいよお!」

 中2の俺たちの、テーマは“自然に溶け込もう”

 山小屋の裏での“焼き芋”作りと“自然に溶け込もう”がどう繋がるのか、さっぱり、わからなかったが、笹原隆太が登山に参加した理由があるとしたら、“それ”としか考えられなかった。

 奴の好きな物は、学校給食、嫌いな物は学校活動。

 

 “焼き芋”も学校給食なのか。

 

 はなはだ疑問ではあったが、隆太を呼び寄せるくらいの効果はあるはずだ。

「また、行方不明?  笹原って協調性ゼロ。同じ班になった私らの苦労も知らないで」

 クラスメートの石井美夏が、膨れっ面をして言った。

「あいつって学校をなめてるんじゃないの」

 と、その友人のゆうちゃん。

「……せっかく、うまそうな焼き芋ができたのになあ」

「種田は、あいつに甘すぎるよっ」

 と、怒りながらも3人は、隆太が戻って来てはいないかと、きょろきょろと辺りを見渡した。どーでも、いい奴なのに、何故か傍にいる方がいい。

 

 種田が、仕方ないなと、焚き火から取り出した焼き芋のアルミホイルに手をかけたその時だった。

 

「おっ、いい匂い!」

 手に栗の実をいっぱいに抱えた、笹原隆太が現れた。

 

「隆太、お前、どこに行ってた?」

 聞いても無駄な質問。

 

「ちょっと、栗拾い。これもパチッと焼いてもらおうと思って」

 爽やかに微笑んで、ばらばらと栗の実を焚き火の中へ放りこむ。

 パチッ、パチッと弾ける音

 ……が、突然

 ぱんっと、強く弾けた毬(いが)が笹原を直撃した。

「あっ!!」

 やばっ、俺、飛ばされるっ!

 

 


時の魔術師~秋~ 2

 K2。吹雪はまだ、静まる気配も見せない。

 

「とりあえず、テントの入口から雪が舞いこむのだけは阻止しなければ」

 風がテントを引き裂いたら、もうどうしようもない。

 若手登山家、山下慶一は、冷たささえ感じなくなった手で、懸命にテントを押さえこんだ。

 テントを押さえるペグが、吹き飛ばされた時、山下は狂おしげにその方向を見た。しかし、

「……お前……誰だ」

「俺?」

 ジャージ姿の少年が、テントの隅にちょこんと座り込んでいる。

「笹原隆太。中学2年」

 少年は、照れたような笑いを浮べ、そう言った。

 

 

 ……この世界最高所に、中学生?!

 山下は、妄想を吹き飛ばすかのように、2、3度、頭を横に振った。

だが、

「ここ寒いなー。おっさん、ここで何してんの」

 笹原隆太は、屈託なく笑う。

「何してんのって。それは、こっちが言いたい台詞だ! ここは、世界第二の高峰、K2だぞ」

「えっ、K2ってエベレストの次に高い山の? やばっ。そんな所まで飛ばされてたのか」

 まいったなと、隆太はテントの端をめくり、外の景色を覗き込もうとした。

「や、やめろっ! テントをめくるなっ!」

 ところが、

 吹雪は嘘のように静まり、西から回り込んできた太陽が山の雪肌をオレンジ色に染め上げていた。

 K2の夕暮れ。羽衣のような薄い雲が長くたなびいている。

 

「すごいなぁ。こんな絶景、初めて見た」

一瞬、はしゃぐ少年が姿が山の景色と重なりあった。稜線の向こうに沈んでゆく太陽にとり込まれるかのように。

山下は無意識に、隆太の首ねっこを引っつかんだ。

「さっさと、中に入れ! お前、そんな格好で外にいたら、凍傷になって手足の指を全部なくすぞ!」

 

 

「馬鹿げてる。まったく、信じられない……ジャージでK2に登頂? 学校の遠足じゃないんだぞ」

 山下は自分のリュックからヤッケを引き出し、それでも着てろと、隆太に放り投げた。

「あ、俺、今日は遠足だよ。秋山登山。“テーマは自然に溶け込もう”」

「……」

「せっかく、種田が“焼き芋”作ってくれたのに、食べそこねたなあ。ちぇ、思い出すと、腹がへってきた。おっさん、何か食うもんない?」

「おっさんは、やめろ! 俺には山下慶一って名前があるんだ。あいにく、食料はほとんど、雪崩で流されてしまった。リュックを探れば、非常食の残りくらいはあるかもしれないが……」

 えっ、困ったなあと、隆太は自分のポケットをごそごそと探りだす。

 

 栗の実、ブナの葉、鉄釘、そして、ぴょこんと飛び出したアオガエル。

 

「お前のポケットは、地球の裏にでもつながってんのか?!」

 どこの登山家が、高度7700mでアオカエルを見るんだ!? あきれ返る山下を気にもせず、隆太はうれしげに笑った。

「あった、あった。おやつにとっておいたチョコレート。えーっと、俺と、おっさん……山下だっけ、それと……」

 少し、俯いて隆太が言った。

「あんた、一人?」

「今……はな」

「今はって?」

「俺のパートナーは、北壁の割れ目の深い谷底に落ちていった」

 

 

 山では弱気になることは、禁忌だ。くじけた心では、気が遠くなるような雪渓を乗り越える事はできない。

「まだ、日があるうちに、このテントの周囲を見にいってくる。うまくルートが見つかれば明日は下のキャンプ地におりれるかもしれない。」

山下はわざと明るい声で言った。そして、

お前はここを絶対に動くな。隆太にそう言い残すと、外へ出て行った。

「あ~あ、ここ、退屈だよな……」

 隆太は、少し頬を膨らませると、ごろんとテントに横になる。

 さわさわと外の雪がきしむ音

 

 あのおっさん、このままだと、死ぬな……

 

*  * 

 

「まいったな、ここまで積雪があるとは……」

 山下は口を真一文字にくいしばった。

 膝上まですっぽり、雪に埋もり身動きがとれない。山の上部ではまた、風が激しく舞いだした。

 耳元をびゅうと、風が通り過ぎた時、

 パキッ

 氷の裂ける音がした。

「しまった! クレバス(氷の裂け目)に……」

 驚く間もなく、山下は積雪で隠されていた、その落とし穴に

引きずり込まれていった。 

 

 

 真っ暗な奈落に落ちて行く。だが、突然、開けた明るい景色に目をみはる。

「ここは……?」

 青い空、白い雲。

 がさごそと、手を伝わってくる落ち葉の感触。

 

 “俺、今日は遠足だよ。秋山登山”

 

 隆太の言葉が頭をよぎる。

 山下は思わず笑みを浮べた。差し迫った現実から、一瞬、目をそらしたい衝動にかられたのだ。

 だが、

「馬鹿な! K2の雪と氷と風は幻なんかじゃない。俺を騙すのはやめろっ!!」

 

 

 再び吹雪に閉ざされた雪稜で、山下は天を仰いだ。

 

 “ちぇっ、何でもどってきちまうんだよ”

 

 風がその足元の雪をふわりと舞い上げた。

  

 

 一面の白い世界が強風にさらされ、激しく揺れうごいている。

 

 もう、無理だ。これでは一歩も動けない。

 

 山下は、何かを諦めたかのように、その場に膝から崩れおちた。だが、岩とは違う硬い感触を手元に感じ、はっと、そちらに目をむける。

 

 これは、あいつのピッケル……?

  谷に落ちていったパートナーの。

 

 その時、一瞬、途切れた雪の間から、頂上付近が垣間見えた。

K2の聖なる頂……何故、お前は俺たちを拒むんだ!

 

 再び視界は閉ざされ、日は暮れて、闇までが近づいてくる。

 俺は、ここで死ぬのか……雪に埋もれて、たった一人で……。

  だが、

“一人じゃない……だろ”

 頭上から突然響いてきた声。信じられないくらいK2に不釣合いなジャージ姿の少年

 

笹原 隆太……

 

「お前、何でそこにいるっ。ついて来るなと言ったのに!」

「だって、秋山登山に誘ったって、来やしない。だから、教えてやろうと思って」

「何っ」

「雪崩が来るんだよ」

 

音もなく波のような雪が流れてきた。

そして、隆太は鮮やかに笑った。

 

“山が人を拒むものか。山はそこに居るだけだ”

 

 



読者登録

風梨凛さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について