閉じる


試し読みできます

introduction〜はじめに〜

*****************************************
 このページをご覧のみなさんへ。
 このページは無料でご覧いただける「試し読み」のページです。
 本編は、ご購入いただいた方にお届けいたします。予めご了承ください。
*****************************************

 ようこそ「Sudden Fiction ProjectのTOP5セレクション② 坂の上の公園 and other stories」へ。ここには7月16日から31日までに発表した16作品のうち、ダウンロード数が多いTOP5を集めています。巻末の「self liner notes」では、各作品にまつわるエピソードやいただいたご感想、閲覧数のベスト5など、作品をめぐるあれこれをご紹介します。

 以下は毎回共通のご挨拶。

 これまでSudden Fiction Project(以下SFP)作品を読んでこられた方の中には、なんで有料なの?と疑問に感じる方もおられることでしょう。だって、全部公開済みの作品ばかりなんですからね。なんでわざわざお金を出して買わなきゃいけないの?と思う方も多いでしょう。そうなんです。そこのところはちょっと説明しておきたいんです。実はこの「TOP5セレクション」はズバリ「おひねり・投げ銭」の企画です。

 その説明から参りましょう。

 現在、Sudden Fiction Projectでは、2011年7月1日から2012年6月30日まで、1日1篇ずつ超短編作品を連日公開しています。ここまでチャリティ参加作品の「ぼくが今ここにいる意味」以外は、全作品無料で公開しています。これはもう、そういう方針でやると決めたので、1年366日分(2012年はうるう年)全て無料でどどーんと公開します。「みんなが自分の誕生日のSFPをひとつ持っている」というのはなかなか悪くないでしょう?

 ところで、ここまでのところ、なかなか読んだ方からのコメントをいただけず、少々さびしい思いもしています(Pubooの無料作品はログインなしで読めるからなんでしょうね)。読んだ方からのリアクションがどんな形でもいいのでほしいというのが本音です。一方で「無料はもったいない」「お金をとってもいい」というありがたい意見をいただいています。でもぼくとしては全作品を無料で公開したい。とはいえ、もしもSFP作品がいくらかでも売れればずいぶん励みになる。これもほんと。

 そこで思いついたのが「お代は見てのお帰りで」という「おひねり・投げ銭」方式です。全作品無料で公開しますが、もしも「気に入ったよ」「応援するよ」という方から投げ銭をいただけたら、これはすごくありがたく嬉しいこと。残念ながらPubooには「投げ銭」みたいなシステムがない。じゃあ、自分でそういう仕組みをつくるしかない。どんなのがいいだろう? というので始まった企画がこの「TOP5セレクション」という有料作品です。

 作品そのものも、ダウンロード数もみなさんご覧いただける通りなので、ここにはさほど新しい情報はありません(巻末の「セルフ・ライナーノーツ」の作品解説と、非公開の「閲覧数」によるTOP5は新しい情報ですが)。ですから、「この本を買う」というよりも、1年間1日1篇公開するプロジェクトへのエール、hirotakashinaの無謀なる挑戦への応援としてご購入いただけると幸いです。

 あるいは、これはミニアルバムみたいなものとも言えるでしょう。5曲入りのミニアルバム。中には「連日アップされてるらしいけど、全話に付き合うのはとても大変だ」なんて方もいることと思います。そんな方にとっては、1作品ごとに読みに行かずとも、手軽に人気作品をゲットできる便利なセレクション。そんな感じで楽しんでいただければ幸いです。

 7月末に発売した『TOP5セレクション① 舞台写真 and other stories』に反応いただいた方が大変に少なかったので(おひねりいただいたお二方、心から感謝いたします!)、これからいろんな価格を試すことにします。おひねりは金額も嬉しいですが、人数が多いことも大事だなあと痛感いたしましたので。500円だから2人しか反応できなかったのだとしたら意味がない。それなら売り上げは前回の1人分でも50円で10人になった方が嬉しい。そんな感じです。
 
 趣旨をご理解いただいた上で、おひねりを投げて(ご購入)いただけるととてもありがたいです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

試し読みできます

目次

introduction〜はじめに〜              1

もくじ                         2

晴れ舞台                        3

観念論的水族館                     4

マジックナンバー7                    5

in the car                         6

オールスター・セッション                7

坂の上の公園                    8

self liner notes〜恐るべき子供たち〜          9

奥付                        10


試し読みできます

self liner notes〜恐るべき子供たち〜

 それでは今号もセルフ・ライナーノーツ、まいります。

 「TOP5セレクション② 坂の上の公園 and other stories」はいかがでしたか? ぜひご感想をお聞かせください。コメントするにはログインして右脇の「コメントする」のボタンをご利用ください。今号はTOP5と言いながら、6作品紹介することとなりました。お得ですね。これは8/15の集計時点で、3位が同点で2作品、5位が同点で2作品あったためです。ですが、実はたったいま確認したら順位が入れ替わっていました(なんとランク外だった「(言葉の)レッスン」がいきなり2位にランクインしているのです。こんなことあるんだなあ)。

 前置きはこれくらいにして、さっそく6作品のご紹介にうつりましょう。まず、ダウンロード24で5位を分け合ったのは「晴れ舞台」と「観念論的水族館」の2作品。

 最初の「晴れ舞台」は漫才の台本形式。ばかばかしいお話です。そうか。こういうのがダウンロードされるんだ。劇団の稽古とかに使うのかな、と素直に驚いています。

   上向いて笑ってしまいました。 
   すごいすごい〜もう、正確に姿が浮かびます!その関西人の!

とか、

   りあるキッズがコレやってる頭で読みました。 おもろい。

なんて感想をいただきました。みなさんの脳内キャスティングはどんな漫才師でしたか?

 ダウンロード数に驚いたという意味では、二番目の「観念論的水族館」にも驚いています。この作品は、書いている本人の中でもかなり理屈っぽいというか、頭に入りにくいごつごつした印象があったので、こうやってたくさんダウンロードしていただけて嬉しい限りです。この作品への感想はやはり内容への共感が多いのですが、こんな感想も。

   ヨーガを学んでいるところです
   昨夜は潜在意識のついて少し学んだところだったので
   よけいに興味深く読ませたもらいました
   まじめに読んでいたら 最後に素敵なおちが ヤッパリ

 ありがとうございます! 続いて第3位の2作品は「マジックナンバー7」と「in the car」。ダウンロード数は25。5位とも僅差です。

 3番目に紹介した「マジックナンバー7」はミステリ定番の探偵による真相解明場面のスタイルで、新しいキャラとスタイルの誕生。そして「in the car」はその後生まれるいろいろな作品の核になるような作品です。もちろんここに登場する恐るべき子供たちも素敵です。

   夜中なんで、吹き出さないようにこらえるのが大変でした。 

   これムービーで撮ったらもっとリアルに面白そうね。

   どなたのお言葉だか忘れましたが、 
   少年は「男」ではないが、 
   少女は小さくても「女」だと・・・。

などなど、コメント欄にも読み応えのあるコメントが並びました。続いて第2位は27ダウンロードの「オールスター・セッション」。これはことば遊び炸裂の読者サービス大会の作品。SFP0001〜SFP0025までの25のお題を全部ぶち込んだ作品です。

   ゴージャズなオールスター・キャストになりましたね。 

   いいなあ〜。文句なく、楽しいです。 

   たのしーいっ こんな遊びも作品の途中であるんですね

とまあ、いただいたコメントもお祭り気分で楽しいものでした。そしてTOP5セレクション②の記念すべき第1位は「坂の上の公園」。ぶっちぎりの38ダウンロードでした。

   ものすごい既視感。妹すらいないのに。すごいなぁ…。

   うるうるしてしまいました。

   これまたぐっときてしまいました。

という具合で、泣けるSFPの代表格となりました。この作品の公開日がたまたま「なでしこジャパン」が女子ワールドカップで優勝した直後だったのは、ちょっとシンクロニシティを感じましたね。今回も色とりどりの6作品、笑えたり泣けたりシュールだったり。たっぷりお楽しみいただけたでしょうか?

     *     *     *

 さて閲覧数のTOP5もご紹介。

第4位「風の問題
第2位「山の童子」(同点第2位)
第2位「金曜夜・研究室(同点第2位)
第1位「マジックナンバー7」

 またしてもダウンロード数とは1作品しかかぶらない展開に。こうして見るとこのラインナップも非常に思い入れのあるものばかり。今日になってダウンロード数2位に登り詰めていた「(言葉の)レッスン」も含めて「子供」「童心」に関するものが多いことに気づきます。恐るべき子供たちの台頭。それが7月後半のSFPだったようです。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

試し読みできます

奥付



TOP5セレクション②[SFP7月後半]


http://p.booklog.jp/book/32378

著者 : hirotakashina
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hirotakashina/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/32238

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/32238



公開中のSudden Fiction Project作品一覧

http://p.booklog.jp/users/hirotakashina




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

hirotakashinaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について