閉じる


<<最初から読む

34 / 101ページ

流れ星1

巨大な星が流れて、地上の人々はその引力に巻き取られて空に昇っていった。残されて初めて僕は、自分に質量がないことに気づいた。幽霊なんだ。そう思った途端、体が透けて地球の公転軌道上に取り残されてしまった。黒々とした虚空で涙を溜める。さよなら、みんな。さよなら、地球。

知的生命体

地球に知的生命体が生まれた。木星人は仲良くしようと言った。土星人は奴隷にしようと言った。火星人は滅ぼして移住すると言った。月星人は放って置けと言った。議論は紛糾し、最終的に木星人の意見が採用され船団が向かったが、その間1億年が経過し、地球人は既に滅びていた。

標識

男は果てしない道のりを旅してきた。ひび割れ忘れ去られた道を、腐食し消えかけた標識だけを頼りに。瓦礫が道を分断し、標識だけがぽつねんと立っていた。男は標識の指す方へ爪先を向けた。生温い水が足首を浸し、三歩で膝にかぶる。男は水平線まで続く水溜まりの前で立ち尽くした。

死人

死人が歩き始めて一年。片腕がなかったり、目玉が飛び出していたりする死人(否ゾンビ)が町を歩く光景にも違和感がなくなってきた。満員電車はさすがに腐臭がきついけど、労働基準法に引っかからない労働力として企業は重宝してる。何より働くために生きなくなったことが嬉しいね。

永遠の夏休み

現実の時間では一瞬、精神世界でほぼ永遠の時間を過ごすという「永遠の夏休み」。飽きるまでそこで過ごせる代わりに、飽いたらまた現実に戻らなければならない。だが不思議と、現実を生きるうちにまた夏休みに戻りたくなるらしい。夏休みは人生でただ一度きりなのに。

読者登録

遍織さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について