目次
1. 出会い
2. アンジェリカ=ナール=ラグランジェ
3. ジーク=セドラック
4. セカンド・インプレッション
5. 彼女のペース
6. 嵐・始まり
7. 圧倒
8. 初めての
9. 箱の中の少女
10. とまどい
11. 白と黒
12. 蒼い瞳のクラスメイト
13. 闇と静寂のひととき
14. レモンティ
15. 交錯するそれぞれの想い
16. 実技試験
17. 届かなかった5分間
18. 呪われた子
19. 告白
20. 血塗られた家系
21. それぞれの理由
22. 突然の訪問者
23. 長い一日
24. 10年前の傷跡
25. 新しい傷
26. 後味の悪い別れ
27. 狂宴
28. 踏み出した一歩
29. 3人目の招待客
30. プレゼント
31. 動揺
32. 友の思い、親の思い
33. 説得
34. 友達だった
35. 敵状視察
36. 甘い憂鬱
37. 渇いた心
38. 仕組まれた孤独
39. 家出
40. 不条理な交渉
41. 迷走
42. 騙し合い、そして
43. 過去への扉
44. 血のつながり
45. 一ヶ月
46. 月の女神
47. 彷徨う心
48. 幸せの虚像
49. 光と闇
50. リング
51. 国家機密
52. 遺恨
53. 辿り着く場所
54. 小さなライバル
55. 新たな再会
56. ふたり
57. 臆病なすれ違い
58. 弟
59. 個人指導
60. 最後の夜
61. 潜在能力
62. 捩れた一途
63. 譲れないもの
64. 忘却の中の再会
65. 泡沫の奇跡
66. 若者と権力者
67. パーティ
68. 過去から続く未来
69. うそつき
70. 親子のかたち
71. 一緒にいたい
72. あきらめ
73. 進路
74. 動き始めた長老
77. 難しい選択
75. 取引
76. 特別な普通の日々
78. ずっと忘れない
79. それぞれの覚悟
80. 天使の名を持つ少女
81. 絡み合う矛盾
82. 決意のゆびきり
83. 優しい研究者
84. 遠くの空と冷たい床
85. 最強の敵手
86. 大切な人のために
87. 涙
88. 白い世界
89. 伸ばした手の先
90. 責務
91. 自分の足で
92. 本当のこと
93. 結婚式
94. 未来へ繋ぐ一歩(最終話)

閉じる


<<最初から読む

64 / 94ページ

64. 忘却の中の再会

「ジーク=セドラックです。よろしくお願いします」
 ジークは前を向いて、ぺこりと頭を下げた。パラパラと寂しい拍手が起こる。ほとんどはちらりと顔を向けただけで、すぐに自分の仕事に戻った。中には手を止めることすらしない者もいた。まるで歓迎されていないようだが、そういうわけではない。この研究所では手が離せないほど忙しい、もしくは仕事中に手を離すことを嫌がる人が多いのだ。昨年も同じ状態だった。
 ジークを連れてきた制服の女性・アンナは、気にすることなく声を張り上げた。
「今年も彼に来てもらうことになりました。今年は第三分析チームを手伝ってもらいます」
「足手まといにならなければいいけどな」
 ジークのすぐ近くにいた若い男が、キーボードを打ちながらつんとして言った。昨年もよく突っかかってきた怒りっぽい男だ。ジークは眉をひそめた。
「ジョシュ!」
 アンナは咎めるように彼の名を呼んだ。彼は仏頂面でモニタに向かったまま、返事をすることなく仕事を続けた。
「気にしない、気にしない」
 アンナは、親しみを感じさせる丸顔でにっこりジークに微笑むと、どこか甘ったるい声で明るく元気づけた。ジークはふいに懐かしさを感じた。昨年は彼女のもとで魔導のデータ提供を行っていた。その際、いつもこんな調子で声を掛けてくれていたのだ。今年も彼女のもとで仕事をすることになるのだろうか。
「君の席はそこね。仕事のことは彼に聞いて」
 ジークの考えはどうやら違ったらしい。彼女はテキパキとそう言って席を指し示すと、忙しそうにフロアから出ていった。
 取り残されたジークは、彼女の指さした方に目を向けた。ひとつの空席がある。そこはジョシュの隣の席だった。「彼」というのはジョシュのことだろう。ジークはわずかに顔を曇らせた。ジョシュはあえて無反応を装っているようだった。ひたすら無言でキーボードを叩き続けていた。

「ジーク!」
 はつらつとした女性の声が、彼の名を呼んだ。アンナとは違う声だ。ジークは顔を上げた。
「こんなところでキミと会うなんてビックリ」
「あ!」
 彼女には見覚えがあった。ユールベルの元ルームメイトだ。アカデミーではジークのひとつ先輩にあたる。だが、名前が思い出せない。
「えーと……」
 彼女を指さしながら、顔をしかめて唸る。
「ターニャ。ターニャ=レンブラントよ。ユールベルのルームメイトだった」
 彼女はそう自己紹介すると、腰に両手をあて呆れ顔で彼を見た。
「頭はいいはずなのに、興味ないことはちっとも覚えないのね」
「ていうか、何でここに……」
 いまだに彼女を指さしたまま、ジークは不思議そうに尋ねた。
「ああ、私? アカデミーを卒業したら、ここに就職するのよ。今は実習期間ってわけ」
 ターニャは首からぶら下げていた職員証を見せた。肩書きは実習生となっている。
「私語は他でやってくれないか」
 隣のジョシュが、モニタを見つめたまま苛ついた声をあげた。ターニャははっとして口を押さえ、肩をすくめながら小さく頭を下げた。ジークもムッとした表情で頭を下げた。
「それじゃ、またあとでね」
 彼女はジークに顔を近づけ小声でそう言うと、小走りで自分の席へ戻っていった。

 時はお昼をまわり、スタッフはばらばらと席を立ち始めた。ジークもひと区切りがついたところで立ち上がった。
「ジーク、お仕事順調?」
 ターニャは軽い足どりで彼の席へやってきた。
「まあまあ、だな」
 ジークがそう答えると、隣のジョシュはあからさまに不愉快な表情で彼を睨んだ。ジークは無言で顔をそむけた。ターニャはジョシュに背を向けるようにしてジークに並ぶと、声をひそめて話しかけた。
「ね、お昼一緒しない? おごるから」
「ん、ああ」
 ジークはとにかく一刻も早くこの場を離れたかった。

「いつからここに来てるんだ?」
 食堂へ向かう道すがら、ジークは何気なく尋ねた。
「つい二日前よ。知った人がいなくて不安だったから、キミを見たときは嬉しかったわ」
 ターニャは屈託なく笑いかけた。ジークは少し照れくさいような気持ちになった。別に自分がどうこうというわけではなく、単に顔見知りだからということは十分に理解している。それでもまっすぐにそう言われて悪い気はしない。
「ね、あそこの人、窓際にひとりで座ってる茶髪の」
 ターニャはトレイを取りながらひじでジークをつつき、視線でひとりの男を指した。その若い男は、まっすぐに背筋を伸ばし、年季の入った分厚い本を読んでいた。どことなく神経質そうな感じがした。
「私と一緒に採用されたもうひとりの人なの。でも、なんか話しづらくて。一応アカデミーで同じクラスなんだけど、ほとんど口をきいたことがないのよね」
 ジークはサラダをトレイに載せながらなんとなく振り返り、もういちど彼を見た。確かに話しづらそうな雰囲気を醸し出している。ジョシュといい勝負だと思った。
「やっぱりここに来る人って、ああいうエリートタイプが多いのかなぁ」
 ターニャはトレイを机に置いて、軽くため息をつきながら座った。
「自分だってここ受かったんだろ?」
 ジークも彼女の向かいに腰を下ろした。
「んー……私は奇跡みたいなものかな」
 ターニャは頬杖をつき視線を落とした。フォークを手にとり、ぼんやりとサラダをつつく。
「私の力じゃとても受かるとは思えないもの。ほんの力試しのつもりだったのに受かっちゃって」
 彼女は申しわけなさそうに、肩をすくめて笑ってみせた。
「難しいのか? ここ」
 ジークはパンをほおばったままで尋ねた。
「そうよ、知らないの?」
 ターニャはレタスを突き刺したフォークを彼の鼻先に向けた。
「魔導省の次くらいじゃないかな。まあキミならここでも魔導省でも行けちゃうだろうけどっ」
 少し突き放したようにそう言うと、フォークの向きを変えレタスにぱくついた。
「キミももうすぐ進路を決めなきゃいけない時期でしょ? 何か考えてるわけ?」
「いや……別に、まだ……」
 ジークは口いっぱにほおばりながら、あまり興味なさそうに返事をした。
「そろそろ考え始めた方がいいわよ。キミのとこの担任、手取り足取り教えてくれるタイプじゃなさそうだし」
「そりゃ、確かに……」
 思わず「優しく指導するラウル」を想像してしまい、ジークは背筋が寒くなった。慌てて温かいスープを流し込み、小さく息をつく。ターニャはそんな彼を見て、あははと笑った。
「悪い人じゃないんだけどね」
「そうかぁ?」
 ジークは思いきり嫌な顔をして、パンにかぶりついた。
「根はいい人だと思うわよ。それに強くて頼りになりそうじゃない?」
「頼ろうなんてしたら、逆にボコボコにされるぜ」
 意地でも認めようとしないジークを見て、ターニャはくすりと笑った。
「ユールベルの担任なんか、かなり気弱そうよ。ずいぶんレオナルドに手こずってるみたい」
 それを聞いて、ジークはようやく笑った。
「あ、そうだ」
 ターニャは手を止めた。
「私、帰りにユールベルのところに寄ってくつもりだけど、せっかくだしキミも一緒に来ない?」
「せっかくの意味がわからねぇよ」
 ジークはサラダにフォークを突き立てた。
「減るもんじゃないんだし、会うくらい会ってあげてもいいんじゃない?」
 ターニャはコーヒーカップを手にとり、軽い調子で言った。浮かない顔でうつむく少年を目に映しながらコーヒーを口に運ぶ。ジークはフォークの先をじっと見つめて顔をしかめた。
「会わねぇ方がいいんだよ」
「そうかなぁ? たとえ望みがなくたって、会えるだけで嬉しいものだと思うけど」
 彼はその考えに納得がいかなかった。眉をひそめて首をひねる。
「あいつがそんなノーテンキだとは思えねぇ」
「悪かったわね、ノーテンキで」
「は?」
 素頓狂な声をあげ、きょとんとして顔を上げた。
「私は嬉しいわよ。ほんのちょっと姿を見られるだけでもね」
 ターニャはにっこりと笑った。ジークはぽかんとして彼女を見つめた。
「言っとくけど、キミじゃないわよ」
「わ、わかってる!!」
 いたずらっぽくからかうターニャに、彼は耳元を紅潮させて言い返した。

 食堂から戻る途中、ふたりは廊下でサイファと出会った。大量の資料を抱えた若い研究員とともに、奥の会議室へ向かうところのようだ。
「やあ、ジーク君」
 サイファは右手を上げ、にっこり笑って声を掛けてきた。
「こんにちは」
 ジークは少し緊張ぎみに、しかしはっきりと挨拶をした。まっすぐサイファと目を合わせる。
「今日からだったな」
「はい」
「ここでの経験は必ず君のためになる。頑張れ」
「はい!」
 サイファはジークの腕を、力づけるように軽く叩いた。そして、一歩後ろで様子を窺っていたターニャに目を向けた。
「君は……ターニャ=レンブラントか?」
「え? あ……はい、そうです!」
 彼女は大きくうろたえながら返事をした。息を詰まらせながらサイファを見つめる。彼はにっこりと笑顔を返した。
「ユールベルが世話になったね」
「世話だなんて、そんなっ! 私たち、友達ですから」
 ターニャは胸元で両手をひらひら振り、頬を赤らめながら慌てて訂正した。サイファは彼女を見つめて優しく微笑みかけた。
「ありがとう」
「サイファさん、急がないと……」
 若い研究員が遠慮がちに口をはさんだ。
「ああ、すまない」
 サイファはとたんに仕事の顔に戻った。
「また今度ゆっくり話そう」
 ジークに振り向きそう言うと、ふたりは奥の会議室へと消えていった。

「嘘みたい。サイファさんが私のことを知っててくれたなんて……」
 ターニャはほんのり頬を染めたまま、夢見心地でつぶやいた。
「声を掛けてくれて、笑いかけてくれて……そのうえありがとうだって!」
 浮かれて嬉しそうに声を弾ませると、ジークの背中をバシッと思いきり叩いた。
「痛ぇな! なんだよ!」
「最近、奇跡つづきで怖いくらい」
 彼女は無邪気にえへへと笑った。ジークはムッとして顔をしかめていたが、彼女のその表情に毒気を抜かれた。疲れたようにふぅとため息をつく。
「あっ」
 彼はふいに短く声をあげた。脳裏にある考えがよぎった。
「まさかとは思うけど……」
 疑いのまなざしを彼女に向ける。
「おまえの好きな人って、サイファさん……なわけないよな、いくらなんでも」
「あら、朴念仁かと思ったけど、意外とするどいのね」
 ターニャはしれっとして言った。
「本気かよ!」
 ジークは廊下の真ん中で叫んだ。あたりにいた何人かが振り返ったが、彼はまるで気に留めなかった。それどころではなかった。
「わかってんのか?! サイファさんは……」
「わかってる、わかってるわよ!」
 ターニャは彼の前で両手を広げ、必死に話をそこで止めた。これ以上、大声で続けられては、内容によってはあらぬ誤解を招きかねない。まわりをちらちら窺いながら、彼に顔を近づけた。
「知ってるわ。結婚してることも、アンジェリカの父親だってことも」
 声をひそめて耳打ちする。
「だから言ったじゃない。姿を見られるだけで嬉しいって。それ以上の希望は持ってないわ」
 ターニャはにっこりと笑ってみせた。
 ジークは口を閉ざしたまま、複雑な表情でうつむいた。
「もうっ、そんな顔しないでよ」
 ターニャは口をとがらせながら、腰に手をあて彼を覗き込んだ。そして、ふと思いついたように尋ねた。
「ね、奥さん見たことある?」
「ああ」
 ジークはレイチェルの笑顔を思い浮かべた。もともと実年齢よりも若く見える彼女だが、笑うとさらに若く見えた。あどけなささえ感じられるほどである。
「すっごい綺麗な人だって噂だけど、本当?」
「ん……ああ」
 ジークは少しのためらいのあと頷いた。綺麗というよりも可愛い感じだと思ったが、それを口に出すのはなんとなく気恥ずかしかった。
「やっぱりそうかぁ」
 彼女は上を向いて、残念そうに声を上げた。
「どのみち私じゃかなわないってことね」
「そうだな」
 ジークはさらりと返事をした。ターニャはぽかんとして彼を見た。そして、我にかえると眉をひそめ腕を組んだ。
「あーもうっ。事実だとしても、そこであっさり同意するかなぁ。傷心の女のコをいたわろうって気持ちはないわけ?」
「なんだよ、自分で言ったんじゃねぇか。わけわかんねぇ」
 ジークはムッとして言い返した。ターニャは彼の鼻先に人さし指を立てた。
「いいわ、今度アイスクリームをおごってね。それで手を打ってあげる」
「なんでだよっ!」
 彼女はあははと笑って、再び歩き出した。

 夕刻も終わりという頃、ジークは仕事を終え、帰り支度を始めた。定時は過ぎていたが、まわりはまだ忙しく仕事を続けていた。誰も帰ろうとしない。自分だけ帰るのは少し気がひけたが、だからといって単なるアルバイトの身では残ることもできない。目立たないように立ち上がりそっとフロアから出た。
「ジーク!」
 廊下を歩いていると、後ろからターニャが声を掛けてきた。実習生である彼女も早く帰らされるようだ。
「ユールベルのところ、寄ってかない?」
「行かねぇって言っただろう」
 ジークは面倒くさそうに答えた。しかし、次の瞬間、はっとして彼女に振り返った。
「もしかして、おまえがユールベルに良くしてるのって、サイファさんに近づくためか?」
 ターニャは大きく目を見張った。そして、弾けたようにあははと笑うと、急に怒った表情になり彼にぐいと顔を近づけた。
「違うわよ!」
 ジークは目をぱちくりさせ、顔を赤くしながら身をそらせた。
「寮で同じ部屋になったのはただの偶然。私がどうこうしたわけじゃない。それに私、ユールベルのことは本当に可愛く思ってるわよ。サイファさんは関係ない」
 一気にそれだけ言うと、彼から離れふぅと小さく息をついた。
「ま、信じてくれなくてもいいけどね。そういう期待もまったくなかったわけじゃないし」
「悪かった、うたぐったりして」
 ジークは神妙な面持ちで素直に詫びた。ターニャはくすりと笑った。
「じゃ、ユールベルのところへ行ってくれる?」
「それとこれとは話が別だ!」
 今度はジークがため息をついた。腕を組み口をとがらせ首をひねる。
「そもそも何で俺なんだ? 俺、あいつに別に何かしてやった覚えもねぇし、まともに話したこともあんまりねぇぞ」
「こら、そんな迷惑そうに言わないの」
 ターニャは先輩ぶった口調でたしなめた。
「うん、でもそーよね。確かに私もすっごく不思議。どうしてよりによってキミなのか」
 そう言うと人さし指をあごにあて、斜め上に視線を向けた。そのとぼけた表情を見ているうちに、ジークは昼休みの彼女の言葉をそっくりそのまま返したい気分になった。
「……なんてね」
 ターニャはいたずらっぽくくりっとした黒い瞳を彼に向けた。
「人を好きになるのに理由なんてないのよ。理由があったとしてもそれはあとづけ。好き嫌いは本能が決めるものよ。そう思わない?」
 ジークは返答に困ってうつむいた。彼女は構わず続けた。
「だいたい理性で人を好きになるんだったら、10歳の女のコなんて好きにならないでしょ?」
「今は 13だ。……あ」
 ジークの顔から血の気が引いた。
「だっ、誰から聞いた?!」
 今度は一気に顔を上気させ後ずさった。ターニャはそんな彼を見てにこにこしていた。
「聞かなくてもわかるわよ。なんとなくね」
 彼女は研究所の外に足を踏み出した。ひんやりとした空気が頬をかすめた。空はすでにほとんどが紺色に塗り替えられ、わずかにその端に赤みを残しているだけである。その濃紺の空に両手を向け、大きく伸びをすると、冷えた空気を思いきり吸い込んだ。体の中からリフレッシュしたような心地よさを感じ、思わず顔もほころぶ。
 だが、ジークはそれとは対極の表情を見せていた。ジーンズのポケットに両手を突っ込み、背中を丸め、恨めしそうに彼女を睨んでいる。先ほどの誘導尋問がよほどくやしかったようだ。
「じゃあね。あしたアイスクリームおごってよね」
 門の外に出たところで、ターニャは陽気にそう言った。
「本気だったのかよ……」
 ジークは呆れたようにつぶやいた。

「ターニャ……?」
 ふいに横から彼女の名前が呼ばれた。弱々しく自信がなさそうな声である。ふたりが振り向くと、中年の女性がおどおどしながら近づいてきた。しっかりした身なりだが、どこかくたびれたような印象を受けた。
 ターニャはきょとんとしてその女性を見た。
「え? はい、ターニャ=レンブラントですけど。どちら様でしょう?」
 女性はじわりと目に涙をにじませた。しかし、それを必死にこらえているようだった。口元を震わせ、喉の奥から乾いた声を絞り出した。
「……覚えてなくても、当然……ね……」
 ターニャはいぶかしげにその女性を見た。彼女はぎこちなく笑って言葉をつなげた。
「私は、ずっと会いたかった……ターニャ……大きくなったわね……」
「まさか……」
 ターニャの表情はみるみるうちにこわばっていった。その瞳はまるで何かに激しく怯えているかのように震えていた。まばたきすら忘れている。
 中年の女性は、そんな彼女を見て顔を曇らせた。ためらいながら口を開く。
「あなたがここで働いてるって聞いて……」
 ターニャはピクリとも動かない。それでも女性は言葉を続ける。
「いきなりごめんなさい。でも、どうしても、ひとこと謝りたくて……」
 そう言いながら、足を踏み出し近づこうとする。ターニャはそれと同時にびくんと体を震わせ、身を庇うように両手と右足を同時に引いた。そして、じりじりと何歩か後ずさると、唇を噛みしめ深くうつむいた。額から汗が滴り落ちる。
「何を……何のことだかわかりません。失礼します」
 感情を殺した声で口早に言うと、踵を返しその場から走り去った。
「ターニャ! ごめんなさい……どう謝れば……どう償えば許してもらえるの?!」
 女性は、彼女の背中に向かって泣きながら叫んだ。
 ジークは何度かその女性とターニャを交互に見た。そして、迷ったすえターニャを追うことに決めた。全速力で駆け出す。
「待てよ!」
 後ろから声を掛け、彼女の腕を掴んで止めた。彼女も本気で走っていたのでなかなか追いつけず、研究所からはだいぶ離れてしまった。もうあの女性の姿も見えない。
「もしかして、母親か? さっきの……」
「知らないって言ったでしょ」
 背中を向けたまま、強気な言葉を返す。しかし、その声は涙まじりだった。掴んだ華奢な腕も不規則に震えている。
「何があったか知らねぇけど……あの人、あやまってたぞ」
「謝れば何をしても許されるって言うの?!」
 ターニャはジークの手を振りほどき、勢いよく振り返った。瞳に涙を浮かべ、彼を睨むように強く見つめる。
「私、あの人に殺されかけたのよ」
「え……?」
 ジークは目を見開いて絶句した。


65. 泡沫の奇跡

「きのうはごめんね」
 昼どきの喧騒の中、明らかに自分に向けられた声。ジークはサンドイッチを持つ手を止め、顔を上げた。そこにはトレイを持ったターニャが立っていた。ぎこちない笑顔を浮かべている。
「ああ」
 ジークは固い声で返事をした。それから、サンドイッチをひとくちかじると、ぼそりと小さな声で言った。
「座れよ」
「うん」
 ターニャは彼の向かいにトレイを置き、音を立てないよう静かに座った。黙々と食べ続ける彼を見ながら、言いにくそうに口を開いた。
「あのね、きのう言ったこと……」
「もういいぜ。あのことは忘れる」
 ターニャは首を横に振った。
「きちんと話すわ。聞いてくれる?」
 ジークの手が止まった。
「無理すんなよ」
「決めたから」
 ターニャは緊張した面持ちできっぱりと言った。そして、かすかに笑みを浮かべ、肩をすくめた。
「あんまりごはんどきに話すような内容じゃないんだけど」
「気にしねぇよ」
 ——あの人に殺されかけた。ターニャはきのう、そう言って泣いた。どう転んでも楽しい話であるはずがない。言われるまでもなくわかっている。
 ターニャは温かいスープをひとくち流し込み、小さく息をついた。
「私の父はね、私が三歳のときに自殺したの。首をくくってね」
 ジークは繕った無表情で、サラダにフォークを突き刺した。ターニャはうつむき、声のトーンを落とした。
「それを最初に見つけたのが私だった」
 覚悟はしていたものの、思った以上の重さだった。ジークは口を開くことができなかった。
「でね」
 ターニャは気を取り直すように明るい声を作り、ぱっと顔を上げた。
「あの人は……母は、ショックで精神を病んじゃったらしいのよ。それで私は何の世話もしてもらえないまま放置されていたのね。衰弱して死にかけていたところを近所の人が見つけてくれて。そのあと施設……孤児院ね、に預けられたわけ」
 その内容とは不釣り合いなくらいに軽くテンポよく一気に言い切ると、大きく口を開けてサンドイッチにかぶりついた。
「ああ、それで殺されかけたって……」
 ジークは納得したように言った。ターニャはばつが悪そうに笑ってみせた。
「それから三年くらいは口がきけなくなっていたらしいわ。この頃の記憶もあんまりないのよね」
 ジークは掛ける言葉を思いつかなかった。しかし、押し黙っている彼を見て、ターニャは口をとがらせた。
「今はこんなによくしゃべるのに信じられないとか思ってるんでしょ?」
「言ってねぇよ!」
 ジークが怒ったように否定すると、彼女はくすりと笑った。
「本題はここから」
「本題?」
 ジークは怪訝に眉をひそめた。ターニャは真剣な顔で、身を乗り出した。
「母には私の居場所を一切教えないことになっているのよ。だから三歳のとき以来、一度も会ってないし、私がここで働いていることだって知るはずない」
「でも聞いたって言ってたぜ」
「でしょ?」
 彼女は不機嫌に口をとがらせ、ほおづえをついた。空いた方の手でフォークをとり、サラダをつつく。
「どうもおかしいのよ。誰が知らせたのかしら」
「心当たりはねぇのか?」
 ジークはサンドイッチをほおばりながら尋ねた。
「母のことを知ってるのはごく少数よ。施設の先生とユールベルとキミの担任くらいかなぁ」
「ラウルが?」
 ジークは顔をしかめた。ターニャはこくりと頷いた。
「しゃべれなくなってたときに、診てもらったことがあるらしいの」
 彼女はさらりと言ったが、ジークは難しい顔で眉間にしわを寄せた。
「あやしいぜ。あいつが犯人だろ」
 ターニャは首をかしげた。
「どうして? 動機なんてないじゃない。あの先生がそんなにおせっかいとも思えないし」
「そうだな……」
 ジークはどことなく残念そうだった。
「ユールベルは母の居場所なんて知るわけない。とすると、施設の先生じゃないかなって」
「動機はなんだよ」
「うーん……私と母を仲直りさせよう、とか?」
 ターニャは自信なさげに言った。ジークもいまいち納得のいかない表情で首をひねった。
「でね」
 そんな彼を覗き込むように、ターニャは机にひじをついて身を乗り出した。
「帰りに施設に寄ってみようと思うの。確かめるだけ確かめたいし。一緒に行ってくれない?」
「なんでだよ。俺には関係ねぇだろ」
 ジークは無関心にそう言って水を飲んだ。ターニャはにこにこしながら両手でほおづえをついた。
「私の話を聞いたんだから関係なくはないでしょ」
「……」
 ジークは弱ったように頭をかいた。

「じゃあ帰りにね!」
 ターニャはジークの背中をポンと叩くと、軽やかに自席へ戻っていった。
「もう仲直りしたのか、色男。どんな手を使ったんだ?」
 腰を下ろしたジークに、隣のジョシュがとげとげしく毒づいた。モニタを見つめ、無表情でキーボードを叩いている。
 ジークは横目で睨んだ。
「なんの話だ」
 むすっとしてそう言うと、モニタの電源を入れた。ブォンという鈍い音とともに、次第に画面に光が宿っていく。隣ではずっとカタカタと乾いた音が続いていた。
「きのう泣かしただろう、あいつを」
「俺じゃない」
 ジークは小さく舌打ちをした。見られていたのか、よりによってコイツに——。彼は自分の運の悪さを呪った。
「おまえでなければ誰だというんだ」
「それは……」
 本当のことはとても言えない。言ってはならない。言う必要もない。ジークはだんまりを決め込んだ。だが、ジョシュはいいわけを思いつかなかったのだと解釈したようだった。手を止め、冷ややかな視線を流した。
「俺はごまをすってお偉方に取り入る奴や、女を泣かすような奴は信用しない」
「俺がそうだと言いたいのか」
 ジークは眉をひそめ睨み返した。ジョシュは答えなかった。前に向き直り、再び手を動かし始めた。

「ジーク、調子はどうだね」
 ジークは声のする方に振り返った。
「所長!」
 ジークが返事をするより早く、ジョシュが机にバンと手をつき、勢いよく立ち上がった。
「どうして私がこんな使えないアルバイトのお守りをしなければならないんですか!」
 その直訴はフロア中に響きわたった。まわりのスタッフはみな振り返った。遠くでかすかにざわめきが起こった。
 だが、所長は動じることなく平然として言った。
「彼はきちんとこなしているだろう」
「あんなもの、言われたとおりやるだけのサルでもできる仕事です」
「君も最初はそこから入ったはずだが?」
「……」
 ジョシュは言い返すすべを失くした。机に手をつき、苦々しい顔でうつむく。
 所長は悠然と微笑んだ。
「これは君のためでもある。後輩の指導、よろしく頼むぞ」
「……はい」
 ジョシュはうなだれたまま、苦渋に満ちた声で返事をした。
「ジーク、君も先輩と仲良くやってくれたまえ」
「あ、はい」
 ジークは慌てて立ち上がった。所長は後ろで手を組み、満足げにうなずいた。そして、もう一度ふたりに念を押すように視線を送ると、奥へ消えていった。
 ジョシュは机についた手を握りこぶしに変えた。そして、ぽつりと言葉を落とした。
「ひとつ言っておく」
 ジークはその声に振り向いた。
「俺はいい仕事がしたいだけだ。出世欲なんてものはない。だから、いくらおまえが所長やラグランジェ家と懇意にしているといっても、俺には関係ない」
 ジョシュは頭を垂れたまま、淡々と言った。
「そりゃ願ったり叶ったりだぜ」
 ジークは無愛想に答えると、腰を下ろしモニタに向かった。

「お先に失礼しまーす」
 ターニャは定時になるとすぐに仕事を切り上げ、ジークの腕を引っ張りながら研究所をあとにした。
「わかった、逃げねぇから、腕、放せよ」
「ちょっと待っててね」
 あたふたする彼に、ターニャはにこにこしてそう言い残し、どこかへ走っていった。そして、しばらくすると、自転車を引きながら戻ってきた。
「施設までは遠いからこれで行こ!」
「俺はねぇぞ」
 ジークは面倒くさそうに言った。しかし、ターニャはあっけらかんと切り返した。
「ふたり乗りでいいでしょ?」
「大丈夫か? けっこう重いぞ」
 ターニャは目をぱちくりさせた。
「なに言ってんのよ。キミがこぐのよ」
「は? なんでだよ! これおまえのだろ?」
 ジークは面くらって赤い自転車を指さした。
「私のじゃなくて友達のよ。何のためにキミを呼んだと思ってんの。いいからこいで。男でしょ」
 ターニャはにっこり笑って、自転車を強引に押しつけた。
「信じられねぇ」
 ジークはため息まじりにつぶやいた。
「かよわい女のコにこがせようとするキミの方が信じられないわよ」
 かよわいって誰が——そう思ったが、反論する気にもなれなかった。しぶしぶ自転車にまたがる。ターニャは横向きに荷台に乗り、彼の腰に手をまわした。
「ここからだと一時間半くらいかなぁ」
「そんなにか?!」
「だからほら、急がないと帰りが遅くなっちゃう」
 ターニャはジークの背中をポンと叩いた。
「本っ当に信じられねぇ!」
 ジークは歯をくいしばり、やけくそでこぎ始めた。

 もう日は沈み、あたりは薄暗くなっている。汗だくのジークは小さな門の前で足をついた。ぜいぜいと荒い息で、中に目を向ける。細長い平家とこじんまりとしたグラウンドが見えた。家には暖かそうな光が灯っている。
「ここか」
「うん、久しぶりだなぁ」
 ターニャは荷台から降りると、両手を空に向け、大きく伸びをした。
「疲れたぁ。おしりも痛いし」
「人にこがせて吐くセリフかよ」
 ジークは呆れ顔でつぶやいた。聞こえていたのかいないのか、ターニャはそれには反応しなかった。勝手に門を開け、敷地内へと足を進める。ジークもそのあとについていった。
 ターニャは玄関ではなく、どこかの部屋のガラス戸を開けて、中を覗き込んだ。雑然とした部屋の奥に、年輩の女性が座っているのが見えた。
「こんにちは、園長先生」
「……ターニャ?」
 園長と呼ばれた白髪の女性は、目を凝らして立ち上がった。そして、戸口の彼女を確信すると、とたんに顔を輝かせた。
「まあ! ずいぶん久しぶりじゃないの! 三年ぶりくらいかしら」
「えへへっ」
 ターニャは少し照れくさそうに笑った。
「元気そうで良かったわ。今日は彼氏を紹介しに来たの?」
 ターニャの後ろに立っている、落ち着かない様子のジークを見て、園長はにっこり微笑んだ。
「あ、いや、俺は……」
「彼はそういうのじゃないわ」
 しどろもどろのジークをさえぎり、ターニャは冷静に否定した。
「ただの友達。連れてきてもらっただけよ。園長先生、私が面食いだって知ってるでしょ?」
「あら、そうだったわねぇ」
 ふたりは愉快に笑いあった。ジークもつられて引きつりながら笑った。
「今日は母のことを聞きにきたんです」
 ターニャは急に真面目な顔になり尋ねた。園長は心配そうに彼女を覗き込んだ。
「何かあったの?」
「研究所で待ち伏せされてて……。園長先生、誰か私のことを母に伝えましたか?」
 そのしっかりした口調とは裏腹に、彼女の目はどこか怯えているようだった。
 園長は優しく穏やかに答えた。
「いいえ、以前も今も一度もないわ。よほど特別なことでもない限り連絡はしない、それがあなたを預かるときの約束だったから」
「そう……」
 ターニャは落胆したように、しかしどこかほっとしたように声を漏らした。
「でも研究所って? まだアカデミーは卒業していないんでしょう?」
「あ、いま実習期間なんです」
 園長は眼鏡の奥で瞳を輝かせた。
「まあ、就職が決まったのね! でもそれならそうと連絡くらい頂戴よ」
「ごめんなさい」
 ターニャは申しわけなさそうに肩をすくめた。
「研究所のことさえ知らなかったんなら、この人は確実に違うな」
 ジークは後ろから口を挟んだ。
「うん……」
 ターニャはうつむき、軽く握った手を口元に添えた。
「誰か他に、私のこと、母のことを知っている人に心当たりありませんか?」
「そうねぇ」
 園長は首をかしげ遠くを見つめた。
「あなたをここに連れてきたお役人さん、あなたのご近所だった方たち、あとは王宮医師のラウルさんくらいかしら」
「やっぱラウルがあやしいんじゃねぇのか?」
 ジークは何がなんでもラウルを犯人にしたいようだった。ターニャは難しい顔で考え込んだ。
「あ、ちょっと待って。もうひとりいるわ」
 園長は両手を合わせて、うなずきながら言った。
「あなたの親戚よ」
 ターニャは怪訝に眉をひそめた。
「親戚? 誰もいないって聞いたわよ」
「あぁ……ごめんなさいね。そういうことにしてあったの。あなたの引き取りを拒否したものだから」
 園長はそこまで言うと、心配そうに彼女の顔色を窺った。
「誰なんですか? その親戚って」
 声も表情も動揺しているふうでなく、沈んでいるふうでもなく、落ち着いているように見えた。園長は安堵した。
「あなたの父の兄、つまり伯父さんにあたる方ね。名前まではわからないんだけど……。私たちも面識があるわけじゃないから」
 園長は丁寧に答えたあと、思いついたように付け加えた。
「そう、その方の紹介でラウルさんがいらしたのよ」
「えっ?」
「やっぱりラウルがあやしいぜ」
 ジークはそれ見ろと言わんばかりの口調だった。ターニャの表情が曇った。
「あしたにでもラウルのところに行ってみるか?」
「うん……」
 ターニャは重い声でうなずいた。

「ターニャ!」
 廊下からドタドタと子供たちが駆け込んできた。小さな子から 14、5歳の少年少女まで、10人くらいが彼女を取り囲んだ。
「みんな! 久しぶりっ!!」
 ターニャは心から嬉しそうに、子供たちの頭を順番に撫でた。
「大きくなったなぁ」
「それだけ来てなかったんだろ、バカ」
 10歳くらいの少年が腕を組みながら、不機嫌に突っかかってきた。
「お、反抗期? ナマイキになっちゃって」
 ターニャは嫌がる少年の頭を楽しそうに撫でまわした。
「あ、ミナ先生もこんにちは!」
 後方で控えめに立っていたエプロン姿の女性に気づくと、元気よく挨拶をした。
「本当に良かったわ。元気そうで」
 ミナはにこにこと穏やかな笑顔をたたえていた。
「あなたは子供たちの希望なのよ。たまには顔を見せに来て」
「なんか照れちゃうな」
 ターニャは笑いながら肩をすくめた。
「就職も決まったそうよ」
 園長が後ろから声を掛けた。ミナは両手を組んで顔を輝かせた。
「まあ、おめでとう! どこなの?」
「知ってるかな? 王立魔導科学技術研究所ってところ」
「ええっ?! 本当に?!」
 彼女は大きく目を見開き、声を裏返させて驚いた。
「そんなにすごいところなの?」
 いつも冷静なミナの興奮ぶりに、園長は驚いた。
「それはもう! エリート中のエリートが集まってるって話よ」
「まあ!」
「私は運が良かっただけよ」
 あまりの持ち上げられように、ターニャは多少の居心地の悪さを感じた。複雑な笑みを浮かべる。
「運も実力のうちよ。もっと胸を張りなさい」
 園長は骨ばった手で、彼女の背中を優しく押した。

 離れてその様子を眺めていたジークのところに、子供たちがわらわらと集まってきた。ジークは視線を上に逃がし、こわばった表情で腕を組んだ。困惑したように眉をひそめる。
「だれだよ、このにーちゃん」
 男の子はジークを見上げた。髪の長い女の子が首をかしげた。
「ターニャの恋人さん?」
「ちがうよ。ターニャは金髪のかっこいい人にしかきょーみないもん」
 ジークが答えるより早く、男の子が反論した。
「わたしは悪くないと思うけど」
 女の子は背伸びをして人さし指を口にあて、じっとジークを見つめた。ジークはよりいっそう顔を上に向けた。
「微妙ね」
 おかっぱの女の子は、腕組みをしてピシャリと言った。
 ジークは上を向いたまま苦笑した。どうにもこうにも居たたまれない。早くここから逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

「私、そろそろ帰るわ」
 ターニャのその言葉が、ジークには天からの助けに思えた。
「せわしないわね。もう少しゆっくりしていきなさいよ」
 園長はにっこり微笑んでターニャの肩に手をおいた。
 ——まずい! ジークは群がる子供たちをかき分け、大慌てで飛び出した。
「ここから家まですごく遠いんですっ!! だからもう帰らないと!!」
 こぶしを握りしめ、引き留める園長に思いきり力説した。必死の形相で迫る。
「え、ええ」
 園長は彼の迫力に圧倒され、目を点にしてうなずいた。
「それじゃ、また近いうちにいらっしゃい。用がなくてもね」
 彼女は再びターニャに向き直り、優しく微笑みかけた。ターニャも顔いっぱいの笑顔を返した。
「来たばっかじゃん。もう帰んのかよ」
 少年はむくれて頬をふくらませた。ターニャはいたずらっぽく白い歯を見せながら、少年の頭をぐりぐりと撫でまわした。
「また今度ね。反抗期もほどほどにするんだぞ!」
 少年は頬を赤らめながら、去りゆくターニャの後ろ姿を睨んで口をとがらせた。

 外はすっかり闇に覆われていた。街灯もない暗い道を、自転車の小さな灯りだけで進んでいく。
「今日はありがとね」
 荷台に横座りしているターニャは、前で自転車をこぐジークの背中に話しかけた。
「本当は私、自転車に乗れないの。だから……」
「え? なんだ?」
 ジークは顔半分だけ振り返って尋ね返した。風をきる音に邪魔されたせいか、彼にその言葉は届いていないようだった。
 ターニャは表情を緩めると、左手を口元に添えて声を張り上げた。
「あしたもよろしく! って言ったの!」
「仕方ねぇなっ!」
 ジークも声を張り上げて返事をした。それきりふたりの会話は途切れ、再び静寂が訪れた。誰も通らない田舎道に、発電機の低い唸り音だけが響いていた。

 翌日、ふたりは仕事帰りにラウルのもとへ向かった。ジークは医務室の扉をノックして開けた。
「何の用だ」
 ラウルはふたりの姿を見るなり、つっけんどんに尋ねた。
「わーっ! かわいーっ!!」
 ターニャは、ラウルの質問そっちのけで、彼が膝の上で抱いていた赤ん坊に目を奪われた。小走りで駆け寄ると、にっこり笑って小さな手をとった。
「患者さんですか?」
 ラウルは無表情でぶっきらぼうに答えた。
「娘だ」
「ムスメ……娘っ?!」
「血はつながってないけどな」
 ジークは仏頂面で腕を組みながら補足した。
「あ、そうなんだ。ビックリした……」
 ターニャは落ち着きを取り戻した。
「じゃあこの子の本当の両親は?」
 ふいに浮かんだ疑問がそのまま口をついて出た。
「さあな」
 ラウルは冷たく突き放すように言った。だが、ターニャにはそれが答えなのだとわかった。ふいに寂しげに表情を緩めた。
「お名前は?」
「ルナだ」
 本人の代わりに、ラウルが答えた。
「ルナちゃん、こんにちは。ターニャよ、ターニャ」
 ターニャは赤ん坊の頬を軽くつつきながら優しく笑いかけた。ルナはきょとんとして大きな瞳を向けると、小さな口を開いた。
「……アー……ニャ」
「あはっ! かーわいーっ!」
「だから何の用だ」
 ラウルは苛ついた声を上げた。
「あ、そうだった」
 ターニャは現実に引き戻された。
「おまえに聞きたいことがあって来たんだ。正直に答えろよ」
 ジークはラウルを睨みつけて、命令口調で言った。しかし、ターニャは左手で彼を制した。
「先生は最近、私の母と連絡をとりましたか?」
「お前の母とは面識もないし、連絡先も知らんな」
 ルナを抱え直しながら、淀みなく即答した。
「では、私の父の兄をご存知ですか? 昔、先生に私の診察を頼んだ人らしいんですけど」
 ラウルは顔を上げ、じっと彼女を見た。
「知らないのか」
「え?」
「おまえが働いている研究所の所長だ」
 ターニャは唖然とした。
「……うそ、だって名前が……レンブラントじゃないし……」
「自分で確かめろ」
 ラウルは激しく狼狽する彼女にすげなくそう言うと、くるりと椅子をまわし背を向けた。
「テメー、何かもっと知ってることあるんじゃねぇのか?!」
 ジークはラウルの胸ぐらに掴みかかった。ラウルは凍りつくような冷たい瞳で睨みつけた。ジークも負けじと熱く睨み返した。
「……っ」
 鋭く視線をぶつけあうふたりの下から、小さくしゃくりあげる声が聞こえた。ルナが今にも泣き出しそうに目に涙をため、ジークを見つめていた。
「……行くぞ」
 ジークはくやしそうに顔をしかめながら、踵を返した。呆然とラウルの横顔を見つめていたターニャも、後ろ髪を引かれながら医務室を出た。

「こうなったら所長のところへ行くしかねぇな」
 ジークは左手に右のこぶしを叩きつけた。力づくでも聞き出さんばかりの勢いだ。だが、ターニャは違った。足がすくんでいた。不安におびえた瞳をジークに向けた。
「ジーク、私、こわい……。先生の言うことが事実だったら、もしかして、私……」
「やめるか?」
 ジークは両手を下ろし、静かに尋ねかけた。ターニャは目を閉じ、首を横に振った。
「逃げるわけにはいかない。はっきりさせなきゃ」
 顔にかかる横髪をかき上げ、自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

 ふたりは研究所に戻り、所長室を訪ねた。開け放たれた扉の奥に視線を送る。書籍と書類の山の谷間に、彼の姿を見つけた。
「所長」
 戸口から、ジークは遠慮がちに呼びかけた。
「ジークにターニャも。帰ったのではなかったのか」
 所長は書類をめくる手を止め、顔を上げた。
「どこか、誰にも聞かれないところで話できませんか」
 ジークはけわしい表情で尋ねた。ターニャは彼の背中に隠れ、不安そうに所長を窺っていた。
「構わないが……」
 所長は怪訝な視線を投げかけながら立ち上がった。

 三人はいちばん奥の小さな会議室で話をすることになった。機密事項に言及するような会議に使う部屋で、しっかりと防音されており、会話が外に洩れることはない。ジークもターニャも入るのは初めてだった。
 所長は内側から鍵を締めた。そして、並んで座っているふたりの向かいに腰を下ろした。
「話とは何だね」
 机の上で手を組み、ふたりを穏やかに見つめる。ジークはターニャをちらりと流し見た。彼女はうつむいていたが、やがて意を決したように顔を上げた。
「単刀直入にうかがいます」
 緊張で顔も体もこわばっている。固い声で言葉を続けた。
「所長は、私の父の兄ですか」
 彼の顔から微笑みが消えた。
「誰からそれを聞いた」
「ラウル先生です」
「そうか……」
 所長はふうと息をついた。
「どうなんですか?」
 ジークは問いつめるように答えを急かした。曖昧な態度に少し苛ついていた。所長はゆっくりと目を閉じ、口を開いた。
「そのとおりだ」
 ターニャは膝に置いた手をぎゅっと握りしめた。予想していたことよ——自分に言い聞かせ、早まる鼓動を懸命に鎮めようとした。
 所長はさらに話を続けた。
「私の昔の名はフランシス=レンブラント。今は妻の姓を名乗っている」
「母に私のことを話したのも所長ですか」
 ターニャの口調は無意識にきついものになっていた。所長はうつむき、表情を曇らせた。
「すまない。あまりに嬉しくて、うっかり口がすべってしまった。彼女、来たのか」
「はい……」
 ターニャの顔が大きく翳った。
「まだ、許す気はないのか」
「許す?!」
 彼女は感情に流され声を荒げた。だが、すぐに我にかえった。意気消沈した様子で、ぽつりぽつりと話し始めた。
「許すも何も、恨んでなんかいません。ただ、思い出したくないだけです」
 所長はつらそうに目を細めた。
「私は君を引き取りたかった。だが、妻の方の家族が反対をしてね。……いいわけだな。本当にすまなかった」
「施設にはいい先生がいて、いい仲間がいて、本当に楽しかった。そのことについては、所長を責めるつもりはありません。むしろ感謝したいくらい。でも……」
 ターニャは目を閉じ、深く息を吸った。
「こういう罪滅ぼしの仕方は許せません」
 バン! 彼女は職員証を机に叩き置いた。所長は目を見開いた。
「私がここに採用されたこと、奇跡だと思いました。でも違った。あなたが私のことを知って、それで……」
「それは違う!」
 ターニャの言葉をさえぎり、血相を変えて否定する。しかし、彼女は止まらなかった。
「何も知らずに浮かれていた自分が恥ずかしい。馬鹿みたい。さぞ滑稽だったでしょう」
 涙声で自嘲した。次第に目が潤んでいく。しかし、泣き出しそうになるのを振り切り、強い視線をまっすぐ彼に向けた。
「今日限りで辞めさせていただきます。私はあなたに情けをかけてもらわなくても生きていけるわ」
 そう言い終えると同時に立ち上がり、職員証を残して戸口に向かった。ジークと所長は同時に立ち上がった。
「待ってくれ!」
「おい!」
 どちらの呼び止めにも彼女は反応しなかった。立ち止まることも振り返ることもなく、無言で会議室を出ていった。
 ジークはすぐに彼女を追って外に出た。しかし、所長は力が抜けたように椅子に崩れ落ちた。そして、机にひじをつき、頭を抱え込んだ。

 研究所を出たところで、ジークは彼女に追いついた。
「待てよ」
 後ろから細い腕をつかみ引き留める。
「所長は違うって言ってるぞ」
「違わないわよ。わかるわ、そのくらい」
 ターニャは顔をそむけたまま冷たく答えた。腕をつかむ手を振り切ろうとしたが、ジークは放さなかった。
「だとしても、このままやめていいのか?」
「そうするしかない」
 彼女はきっぱりと言った。それでもジークはあきらめなかった。
「今は実力が足りないとしても、頑張って力をつけて見返してやればいいじゃねぇか。サイファさんの受け売りだけどよ……」
 彼なりの懸命の説得だったが、ターニャは唐突に肩を震わせ笑い始めた。ジークは唖然とした。だが、次第にその笑いはすすり泣きへと変わっていった。何度も大きくしゃくり上げ、拭いきれない涙が頬から流れ落ちた。
「無理よ、私には」
 彼女は消え入りそうに言葉を落とした。ジークは掴んでいた彼女の腕を放した。
「さよなら。いろいろありがとう」
 ターニャは背中を向けたままそう言うと、振り返ることなく走り去っていった。
 ジークは声を掛けられなかった。彼女の姿が見えなくなるまで、その場に立ち尽くしていた。

 その後、ターニャが研究所に来ることはなかった。フロアスタッフには、彼女は都合により内定を辞退したとだけ伝えられ、その理由についての説明はなかった。ジョシュはジークのせいではないかと勘ぐってきたが、ジークは何も答えなかった。

 そして、一週間がすぎた。もう研究所にターニャのいた痕跡は見つけられない。元々いなかったようにさえ感じられる。しかし、ジークの頭には、あの三日間の出来事がこびりついて離れなかった。

「久しぶり、かな?」
 仕事を終え外に出ると、門の脇からターニャが声を掛けてきた。少し気まずそうに笑顔を浮かべている。
「ああ……」
 ジークもぎこちなく返事をした。突然のことで面くらったというのもあるが、あんな別れ方をした彼女にどう接すればいいのかわからなかった。
「新しい就職先が決まったから、一応キミには報告しとこうと思って」
「早いな」
 ジークが本気で驚いているのを見ると、ターニャはにっこり笑ってVサインを見せた。
「これでもアカデミー生だもん。民間の小さな研究所だけどね。私の力を必要だって言ってくれたわ」
「そうか」
 ジークは安堵の息をついた。ようやく心のつっかえが取れた。
「あと、所長とも仲直りしたから」
 ターニャは腰に手をあて、軽く口をとがらせた。
「問いつめたら白状したわよ。本当はひとり採用の予定だったけど、ふたりに増やして私を採ったんだって」
 そう言って、肩をすくめて見せた。ジークは何とも言えない表情で彼女を見つめた。どう反応すればよいのかわからなかった。
 だが、ターニャは笑いながらおどけて言った。
「公私混同するなって、お説教しておいた」
 ジークは彼女の明るさに救われた思いだった。つられて笑顔になった。
「母親とは?」
「さあ」
 調子にのって尋ねた彼の質問を、ターニャはまるで興味がないかのように素っ気なく流した。
 ジークははっとした。まずいことを訊いてしまったと思った。
「悪りぃ」
 申しわけなさそうにひとこと謝ると、目を伏せた。
「別に……母親とも思ってないし、思い出したくないだけ」
 ターニャは無表情で無感情に言った。ジークは彼女の横顔を目を細めて見つめた。
「それって、寂しくねぇか」
「……そう思える日がきたら、会いに行くわ」
 静かにそう言うと、ジークに向き直りにっこりと笑ってみせた。
「それじゃ、ね」
「ん、ああ……」
 ターニャが手を振ると、ジークも軽く手を上げた。そして、彼女は少し歩くと、振り返って声を張り上げた。
「たまにはユールベルに顔を見せに行ってあげてよ!」
「行かねぇって言ってんだろ!!」
 ジークも大きな声で返事をした。ターニャは無言で大きく手を振ると、今度は振り返ることなく走り去っていった。


66. 若者と権力者

「えー、ルナちゃん、いないの?」
 アンジェリカは不満げに声をあげた。王妃アルティナはティーカップを片手にくすりと笑った。
「アカデミーが休みの間はずっと一緒に過ごすって、ラウルがね」
「ラウルが……」
 アンジェリカは半信半疑でつぶやいた。アルティナを疑っているわけではないが、ラウルがそんなことを言うとは、にわかに信じられなかった。
「あんなヤツでも怖いんじゃないかしら」
 アルティナはやわらかい表情でほおづえをついた。
「娘が自分より私たちに懐くのが、ね」
 ラウルが仕事をしている昼間は、アルティナが彼の娘ルナを預かることになっていた。そのためルナは、ラウルよりアルティナたちと過ごした時間の方が長いという日も少なくなかった。
「久しぶりに会えると思ったのに残念」
 アンジェリカは軽く口をとがらせ、肩を落とした。その隣では、アルティナの息子アルスが、床にあぐらをかき大きなクッションを抱きしめながらむくれていた。
「ルナをとられた気分だぜ。さびしくて仕方ねぇやっ!」
 そう叫びながら、やり場のない怒りをこぶしに込め、そのクッションにぶつけた。
 アンジェリカはぱっと顔を輝かせながら両手を合わせた。
「じゃあ、今からみんなでラウルのところに押しかけない?」
「駄目よ。ラウルには医者としてのお仕事があるんだから」
 アルティナの向かいで紅茶を淹れていたレイチェルは、優しい口調で娘をたしなめた。アンジェリカは無言で口をとがらせた。
「じゃあよ、ジークのところに行くってのは?」
 アルスは無邪気に言った。アンジェリカは目を見開いた。
「あいつ、ちっとも会いに来ないし、こっちから押しかけてやろうぜ。確かナントカ研究所ってところじゃなかったか?」
「え、でも……」
 アンジェリカが何か言いかけたが、アルティナの声がそれを遮った。
「レイチェル、今日の私の予定って、会議ひとつだけだったわよね」
「ええ、行政改革推進委員会の定例会議。午後からね」
 アルティナは腕時計に目を落とした。
「時間はじゅうぶんにあるわね。よし! 行くわよ!」
 気合いの入った声をあげると、勢いよく立ち上がった。
「え?!」
「ホントか!」
 アンジェリカはとまどい、アルスは大喜びした。
「研究所って、ちょっと興味があったのよね」
 アルティナは声を弾ませた。顔はにこにこ足どりは軽やかで、見るからに浮かれている。
 アンジェリカは遠慮がちに切り出した。
「でも、あそこは関係者以外は入れてもらえないって……」
「なーに言ってんのよ。私は王妃よ、王妃! 立派な関係者じゃない」
 言われてみれば確かにそのとおりだ。しかし、彼女にはもうひとつの懸念があった。
「ジークの邪魔になるんじゃ……」
「ちょっと見学するだけよ。心配性ね」
 アルティナは笑顔で彼女を覗き込み、頭を軽くぽんと叩いた。アンジェリカは納得しないまま黙り込んだ。
「外に出るのも久々ね。わくわくするわ!」
 よく通る声でそう言いながら、息子とともにさっそく部屋を出ようとしていた。
「止めないの?」
 アンジェリカは母親に振り返って尋ねた。レイチェルはにっこりと笑った。
「私も見てみたいと思っていたのよ」
「…………」
 アンジェリカは不安な気持ちを抱えたまま、レイチェルとともに、アルティナたちのあとについていった。

「ターニャ=レンブラントに所長のことを教えたんだってな」
 サイファは窓枠にもたれかかり腕を組んだ。背後からの光が、彼の鮮やかな金髪をよりいっそう際立たせている。
 ラウルは机に向かったまま、ペンを持つ手を止めずに答えた。
「口止めされた覚えはない」
「口止めしたところで、上手く取り繕ってくれはしないだろう」
 サイファはふっと小さく笑った。
「長く生きているわりに嘘が下手だからな、おまえは」
 細く開いた窓から緩やかに風が舞い込み、白いカーテンの端を静かにはためかせた。ラウルは無表情で自分の仕事を続けていた。その隣のベビーベッドでは、ルナがすやすやと寝息を立てている。
「教えてやろうか、嘘のつき方」
 ラウルは手を止め、その声の主を鋭く睨みつけた。サイファは挑みかけるように不敵に笑った。その表情を見て、ラウルは眉をひそめた。
「必要ない」
 吐き捨てるようにそう言うと、再び書類に目を向けた。
「必要ない、か……」
 サイファはラウルの言葉を反芻し、目を伏せため息をついた。
「清廉潔白な人間は言うことが違うな」
 ラウルは再び睨みつけた。
「怒らせたいのか」
「怒る?」
 サイファは顔を上げた。組んだ腕をほどき、ラウルに歩み寄る。
「おまえが私を?」
 彼の肩に腕をのせ、もたれかかるように顔を近づけた。
「逆じゃないのか」
 ラウルは何も答えなかった。書類に目を落としたまま、無表情を保っていた。だが、彼の目は文字を追ってはいなかった。
 サイファはふっと笑って体を起こした。
「冗談だよ」
 そう言ってラウルの背中を叩き、後ろのパイプベッドに腰を下ろした。
「しかし、潔癖性だと大変だな。コネなどめずらしいことでもないのに。私は試験すら受けずに魔導省へ入ったぞ」
「何の自慢にもならんな」
 ラウルは背を向けたまま、無愛想に返した。サイファは手を組み、ニッと口端を上げた。
「プライドなど些末なものだということさ。きれいなままでは、泥の河は渡れないんでね」
「おまえはやりすぎる」
「限度はわかっているつもりだよ」
 今度はゆったりと穏やかに笑った。
「さて、と……そろそろ時間だな」
 腕時計を見ながら立ち上がり、ラウルに振り向いた。
「おまえも来るか?」
「仕事中だ」
 彼は顔を上げることもなく、冷ややかに言い放った。
「そうか。では、代わりに謝っておいてやるよ」
「余計なことをするな」
 怒りを含んだ低い声とともに、鋭い視線をサイファに向けた。しかし、サイファはそれを待っていたかのようだった。にっこり笑って小さく右手を上げると、医務室をあとにした。

「ちょっと! どういうことよ! 私は王妃よ!!」
 アルティナは所長に詰め寄った。
「いくら王妃様といえど、関係者以外の方を、ここより先お通しするわけには参りません」
 所長は涼しい顔で受け流した。
 アルティナたちがいるのは、研究所を入ってすぐのところにある簡易応接室である。研究所内で関係者以外の立ち入りが許可されている唯一の場所だ。簡易というわりには広いが、奥の応接室と比べると、机も椅子も簡素なものとなっている。
 アンジェリカとアルスは、椅子に座ってふたりの応酬を見守っていた。
「王立の研究所で、王妃の私が関係者じゃないっていうの?!」
 アルティナはさらに声を荒げた。しかし、所長はまるで動じることはなかった。
「申しわけありませんが……」
「納得のいく説明をしなさいよ!」
 アルティナは彼の胸ぐらを掴み、大きく揺さぶった。
「アルティナさん、落ち着いて!」
 アンジェリカは立ち上がり、あわてて止めようとした
「いいぞ、行けー!」
 アルスはその隣で煽るようにはやし立てた。レイチェルはその状況を見ながら、ただにこにこと微笑んでいた。
「どうしたんだい、こんなところで」
 戸口からひょっこり顔を覗かせたのはサイファだった。アルティナの大きな声は、廊下まで筒抜けだったのだろう。
「え? お父さん?!」
 アンジェリカは少しうろたえた。
「サイファ! いいところに来たわ」
 アルティナは所長を締め上げていた手をようやく放した。
「見学したいってだけなのに、この頑固ジジイが入れてくれないのよ。何とかしなさいよ」
 サイファは所長に振り向いた。
「どうだろう。アルティナさんとレイチェルだけ、入れてやってもらえないだろうか」
「サイファ殿がそうおっしゃるのでしたら」
 所長はあっさり了承した。ほんの数分前の、取りつく島さえなかった、あのかたくなな態度が嘘のようである。アルティナはこめかみの血管が切れる音を聞いた気がした。再び彼の胸ぐらを掴み、猛烈な剣幕で捲し立てた。
「アンタ、私とサイファとどっちが上だと思ってんの?! だいたい所長ともあろう者が、こんな若造にヘーコラしてんじゃないわよ!」
「入りたいのか入りたくないのか、どちらなんですか」
 所長は冷静に尋ねた。
「入るわよ! って、私とレイチェルだけだった?」
「私はダメなの?」
 アンジェリカはかすかな曇り顔でサイファを見上げた。
「俺は王子だぜ」
 アルスは自らを指さし、アピールした。
「すまないね。ここで待っていてくれ」
 サイファはアンジェリカの頭を抱き寄せると、彼女の頬に自分の頬を重ね、なだめるように優しく後頭部を叩いた。すっかり無視されたアルスは、口をとがらせサイファを睨んだ。
 レイチェルはにっこりとアンジェリカに笑いかけた。
「ジークさんを呼んであげるわね」
 アンジェリカはとまどい、困ったような表情を浮かべた。
「でも、仕事中……」
「ホントか?!」
 アルスは、彼女とは対照的に、嬉しそうに目を輝かせた。アンジェリカは苦笑いした。

「へぇ、機械ばっかりなのね。白衣を着てフラスコ振ってるようなのを想像してたんだけど」
 アルティナは一階フロアに入るなり、そう感想を述べた。やや拍子抜けしたような口調である。サイファはにこにこしていたが、隣の所長はため息をついていた。
「皆、少しのあいだ手を止めてこちらに注目してくれ」
 フロアの中央まで進むと、所長は二度手を打ち鳴らし、声を張り上げた。
「突然だが、アルティナ王妃が視察にいらっしゃった」
 フロア内はにわかに色めき立った。胸を張って立つ美しい王妃に、皆の視線が一斉に注がれた。
「お仕事の邪魔をするつもりはないから、構わず続けてちょうだい」
 アルティナは威厳を感じさせる声を遠くまで響かせた。
「くれぐれも失礼のないように」
 所長はスタッフたちに念押しした。そんな彼に、アルティナは白い目を向けた。

「それでは、我々は会議がありますので失礼します」
 所長は淡々と言った。そして、通りがかった女性スタッフを呼び止め、アルティナの前に差し出した。
「あとはこのアンナに任せますので、何かありましたら何なりとお申しつけください」
「……えぇっ?!」
 アンナは突然のことに目を丸くし、裏返った声をあげた。所長に助けを求めようと振り返ったが、すでに彼とサイファは会議室に向かって歩き出していた。ひとり取り残されたアンナは、あたふたしながら勢いよくぺこりと頭を下げた。短いポニーテールがぴょこりと跳ね返った。
「そんなに緊張しなくていいわよ」
 アルティナはカラカラと笑った。そして、思い出したように尋ねた。
「そうだ、ジークいる?」
「ジーク……? えと、ジーク=セドラックですか?」
 アンナは怪訝に尋ね返した。
「そ。アルバイトで来てるって聞いたんだけど」
「はい、こちらです」
 疑問を感じながらも、それを口には出さず、王妃とその付き人をジークの席まで案内した。
「ジーク! 久しぶり!」
 アルティナはまるで旧知の友と再会したかのように大袈裟に呼びかけた。まわりは驚いて振り向いた。当のジークも驚きうろたえていた。困惑した表情で立ち上がり、彼女に一礼した。
「全然顔を見せないから会いに来ちゃったわよ」
 アルティナは無邪気にそう言って笑った。
「すみません」
 ジークは好奇の視線にさらされ、居たたまれない気持ちになっていた。そこへレイチェルが近づいてきて、そっと耳打ちした。
「簡易応接室でアンジェリカが待っているわ。行ってあげて」
 レイチェルはにっこり微笑んだ。アルティナも笑って頷いた。
 ジークは顔を輝かせて再び一礼すると、はやる気持ちのまま飛び出していこうとした。
「仕事中だ。どこへ行く」
 ジョシュが冷たく呼び止めた。ジークはうざったそうに振り向いた。だが、返事をしたのはアルティナだった。両手を腰にあて、ジョシュの横顔を睨みつける。
「いいじゃないの、ちょっとくらい。そんな固いこと言ってんじゃないわよ。ジーク、いいから行きなさい」
 彼女の言葉には、有無を言わさぬ力強さがあった。ジークはこくんと頷いて、その場を離れた。
 ジョシュは椅子から立ち上がり、アルティナに向き直った。
「邪魔するつもりはないと言っていましたが、はっきりいって邪魔です。見学するならもっと静かにしてください!」
「バカっ!!」
 アンナは彼の側頭部をこぶしで思いきり殴りつけた。ジョシュは二、三歩よろけた。
「申しわけありません! コイツ本当にバカで! いつもこんな調子なんです。本当に申しわけありません!」
 アンナは青ざめながら何度も頭を下げた。
 アルティナは口端を上げた。
「私、生意気なガキんちょって嫌いじゃないのよね」
 ジョシュに顔を突きつけ、挑むように笑いかける。彼の額に汗がにじんだ。
「ちょっとつきあいなさい」
 アルティナはジョシュの腕を掴んだ。彼はあわてて逃げようとしたが、彼女の力は思いのほか強かった。
「今は仕事中なんです!」
「ごちゃごちゃ言ってんじゃないわよ!」
 アルティナはそう一喝すると、彼を引きずるように連れ出した。レイチェルは、呆然とするフロアスタッフたちに笑顔でお辞儀をすると、ふたりのあとについていった。
「生きて帰って来られるかしら、アイツ……」
 アンナは不安に顔を曇らせながら、三人の後ろ姿を見送った。

「へぇ、けっこういい食堂じゃない」
 研究所の規模のわりには広い食堂で、テーブルも椅子も安っぽい感じはしない。庭に面した大きなガラス窓からは、さわやかな陽光が射し込んでいた。朝の早い時間帯のためか、他には誰も来ていなかった。かすかに聞こえる鳥のさえずりが、静けさをよりいっそう強調していた。
 アルティナはジョシュに向かって両手をひらひらさせた。
「勢いあまって手ぶらで来ちゃったのよね。コーヒーおごってくれる?」
「王族が平民にたかるのか」
 ジョシュはぼそりとつぶやいた。
「まあまあ、そうとんがらないでよ」
 アルティナは彼の肩をぽんと叩き、人なつこく笑いかけた。彼は疲れたように息をついた。
「そっちの人は何にしますか」
「あら、私にもおごってくださるの?」
 レイチェルはにっこり笑って尋ね返した。
「この状況では仕方ないでしょう」
 ジョシュはため息まじりに言った。
「では、パッションフルーツジュースを」
「あの! メニューから選んでもらえますか!」
「ごめんなさい。それでは紅茶を」
 彼女は謝りながらも、終始にこにこしていた。もしかしたらからかわれているのかもしれないとジョシュは思った。
 カウンターで飲み物を受け取ると、三人は窓際の席に座った。
「それで、私をどうするつもりですか」
 ジョシュはまっすぐアルティナを見据えた。彼女はコーヒーを片手にほおづえをついた。
「別に。ただ話をしてみたかっただけよ。時代が時代なら牢獄にぶち込まれていたかもしれないけど」
 そう言ってニッと笑った。ジョシュはぴくりと眉を動かした。
「権力者のそういうところが嫌いなんです。いつだって偉そうに権力を振りかざして、気に入らないものは徹底的に排除する」
「そうね。確かに権力で横暴なことをする人もいるわ。でも、権力は良いことにだって使えるのよ」
 アルティナは淡々と言った。ジョシュは仏頂面で彼女を見た。
「自分はそうだと言いたいんですか」
「さあ。それを判断するのは私じゃないから」
 彼女は素っ気ない答えを返すと、手にしていたコーヒーを口に流し込んだ。
「あんたも早く出世してみたら? 少しはわかるかもよ」
 難しい顔をしているジョシュに、アルティナは軽く言ってみた。彼はうつむいたままで答えた。
「興味ありません。私はただ、いい仕事がしたいだけです」
「バカね」
 アルティナは呆れたように言うと、コーヒーカップを机の上に置いた。
「下っ端じゃ、いつまでたっても重要な仕事は任されないわよ。自分の裁量で出来ることが少ないんじゃ、いい仕事なんてできやしない。そうじゃない?」
 ジョシュは机の上のコーヒーカップに両手を添え、眉をひそめて黒い液体を見つめた。
「あなたたちに何がわかるっていうんですか。いい暮らしをして、着飾って、毎日楽しく生きているだけのあなたたちに……」
 アルティナは目をぱちくりさせた。そして、ため息をつきながら腕を組むと、椅子にもたれかかった。
「あんたねぇ。それは偏見ってものよ」
 ジョシュは下を向いたまま微動だにしない。アルティナは話を続けた。
「私だって仕事はしているし、思うようにならないこともたくさんある。レイチェルだって大変な目に遭ってきたんだから、ねぇ」
 隣でおとなしく聞いていたレイチェルに振り向き、同意を求めた。彼女は穏やかに微笑んだ。
「でも、そう疎まれるのも仕方ないと思っているわ。言われるとおりですもの。私は、ラグランジェ家に生まれたというだけで、いい暮らしをさせてもらっている。気に入らなくても当然ね」
 ジョシュははっとして顔を上げた。彼女の微笑みはまっすぐ自分に向けられていた。次第にかたくなな心が融けていくのを感じた。体から力が抜けていく。
「熱っ!」
 彼は突然、椅子から飛び上がった。ぼうっとしてカップを倒してしまい、まだ熱いコーヒーが脚にこぼれ落ちたのだ。
「大変!」
 レイチェルもあわてて立ち上がった。
「アルティナさん、ふきんを濡らして持ってきて」
「わかった」
 アルティナは素直に返事をして、走っていった。
 レイチェルはレースをあしらった白いハンカチを取り出し、しゃがみ込んで彼の膝のあたりを拭き始めた。
「いい、自分でやります!」
 ジョシュはうろたえ、思わずきつい調子で言ってしまった。しかし、彼女はまるで気に留めていなかった。
「やけど、しませんでした?」
 顔を上げ、心配そうに尋ねる。
「……はい」
「良かった」
 安堵の息をつき、可憐な笑顔を見せた。
 ジョシュは呆然と彼女を見下ろした。体中が大きく脈を打つかのように感じた。息がつまりそうだ。
「レイチェル、持ってきたわよー……ってアンタそれ!」
 小走りで戻ってきたアルティナは、驚愕してジョシュの顔を指さした。その片方の鼻からは、赤い一筋が伝っていた。彼自身も驚き、あわてて右手で押さえた。だが、押さえきれなかった一部は、あごを伝って制服の胸元に落ちた。
「レイチェルによからぬ感情を抱いたんでしょ!」
「ちっ……違う、誤解だ! 暑かったからで……」
「冷房のきいた部屋でのぼせてんのはアンタだけよ! レイチェル、こんな危ない男から早く離れなさい」
 アルティナはレイチェルを後ろから抱き寄せ、ジョシュから引き離した。
「本当に誤解なんです」
 ジョシュは泣きそうになりながら必死に訴えた。アルティナは濡れふきんを彼の顔面に投げつけた。
「とりあえず、その情けない顔をなんとかしなさい!」
 レイチェルはくすりと笑った。ジョシュはますます恥ずかしくなった。彼女に笑われたことが何よりもショックだった。

 ジークの心臓は早鐘のように鳴っていた。アンジェリカとは一ヶ月間ずっと会っていない。まさか彼女が会いに来てくれるとは思わなかった。
「アンジェリカ!」
 ジークは簡易応接室に駆け込んだ。
「よお、ジーク。久しぶりだなっ!」
 声を掛けてきたのはアルスだった。どういうわけか、アンジェリカの膝の上に座っている。
「テメーどこ座ってやがる!」
 ジークは殴り掛からんばかりの勢いで怒鳴りつけた。あまりの怒りように、アンジェリカが驚いた。
「いいのよ、ジーク。そんなに重くないから」
「そういう問題じゃねぇ!」
「じゃあどういう問題なんだ?」
 アルスは意味ありげに笑った。
「いいから降りろ!」
 ジークは小さな少年を激しく睨みつけた。アルスは彼の本気の怒りを感じて、おとなしく従った。
「いきなり来てごめんね。迷惑だからって止めたんだけど」
 アンジェリカは肩をすくめた。
「あ……」
 ジークは落胆したように、沈んだ声を漏らした。アンジェリカが自分に会いたくて来たわけではなかったのだ。
「でも、来てよかった」
 アンジェリカは屈託なく笑いかけた。ジークの暗い感情は一気に吹き飛んだ。頭をかきながら、顔を赤らめはにかんだ。
「休み中、どうしてるんだ?」
「勉強したり、本を読んだり、のんびりしているわ。ジークは? お仕事大変?」
「ああ、大変なこともあるけど、仕事は楽しいぜ」
 アンジェリカはじっと彼を見つめた。
「仕事は……って? 何か他のことで問題があるの?」
 ジークは顔をしかめて腕を組んだ。
「一緒に仕事しているヤツがな……」
「喧嘩しているのね」
 アンジェリカは呆れたようにため息をついた。ジークはいらつきながら、面倒くさそうに反論した。
「ケンカじゃねぇよ。あいつが俺のことを一方的に嫌ってんだよ」
 彼との間に起きたさまざまなことが、次々と頭をよぎっていく。あからさまに不愉快そうに眉をひそめ、髪をくしゃっとかき上げた。
「この話はもうやめようぜ。せっかく久しぶりに会ったってのに」
「じゃあ、何の話をするの?」
 アンジェリカは黒い大きな瞳を、まっすぐ彼に向けた。
「いきなりそう言われても……」
 ジークは頭に手をあて、何気なく視線を落とした。
「それ、してくれてんだな」
「これ?」
 アンジェリカは首から下げていたシルバーリングを手にとった。昨年の誕生日にジークからもらったもので、サイズが大きかったため、鎖で首から下げネックレス代わりにしているのだ。
「毎日ちゃんと身につけてるわよ。魔除けだもの。アカデミーのときは服の中に入れてるんだけど」
 そう言いながら、リングを中指にはめてみた。
「まだぶかぶかなのよね。はやく指が太くならないかしら」
「……そんなこと願うなよ」
 真顔のアンジェリカを見て、ジークは冷や汗を浮かべた。彼女はきょとんとして彼を見上げた。
「どうして? 指輪なんだから、ちゃんと指にはめたいわ」
 だからといって、指を指輪にあわせることはない。
「次は指にあったやつを買うからよ」
「次って何?」
「えっ」
 ジークは急にどぎまぎした。何も考えずに言ったことだが、そう聞き返されて思わず想像してしまった。耳まで真っ赤になっていく。
「ジーク?」
 アンジェリカは怪訝に覗き込んだ。ジークはまっすぐ彼女に目を向けた。
「まだ、もう少し……だいぶ、先になる、かもしれねぇけど……。その、な、いつか……」
「あのさ、オレがいること忘れてないか」
 アルスは床にあぐらをかき、ふてくされていた。ジークは、思いきり嫌な顔をアルスに向けた。
「最初にここに来たいって言ったの、オレなんだぜ。感謝しろよ」
 彼はふてくされたまま、偉そうに言った。ジークは投げやりに尋ねた。
「どうしてほしいんだよ」
「オレを構えよ」
 それを聞いて、ジークはニヤリと不敵に笑った。
「そう言ったこと、後悔させてやるぜ」

「おまたせー」
 陽気に声を弾ませながら、アルティナはレイチェルとともに簡易応接室へ戻ってきた。
「あら、どうしたの?」
 ジークは部屋の真ん中で、ぜいぜいと息をきらせ、へたり込んでいた。
「アルスの相手をして疲れちゃったみたい」
 アンジェリカは肩をすくめて笑った。アルティナもあははと笑った。
「それは大変だったわね」
「後悔させるとか言って、自分が後悔してちゃ世話ないよな」
 アルスは生意気に腕を組んで、ジークを見下ろした。アルティナは息子の後頭部をはたいた。
「ちゃんとお礼を言いなさいよ」
「楽しかったぜ。ありがとうな」
 アルスは素直に礼を述べた。アルティナは息子の頭に手をおき、ジークににっこり笑いかけた。
「ジーク、今度また遊びに来なさいね。そのときにお礼をするから」
「あ、いや、たいしたことしてないんで……」
「来いっていったら来いよな」
 アルスは命令口調でそう言うと、ニッと白い歯を見せた。ジークは複雑な表情で笑った。
「それじゃあね」
 アルティナは右手を上げた。
「ジーク、またね」
 アンジェリカは明るく笑って手を振った。
「お、おう」
 ジークは頬を染めながら、小さく右手を上げた。

 ジークは自分の席に戻った。ジョシュはいつものように無言でキーボードを打っていた。そんな彼を、ジークは不審な目で見つめた。
「……何だ?」
 ジークの視線を感じ、ジョシュはちらりと顔を向けた。
「制服が新しくなってる」
「細かいことを気にするな」
 ジョシュは無表情で前に向き直り、再び手を動かし始めた。
 あの食堂での出来事のあと、アルティナが無理をいって新しい制服をもらってくれた。こういう規則に反する行動は嫌いなはずだが、今回ばかりはありがたく思った。コーヒーはまだしも、鼻血の染みはあまりにも恥ずかしい。しかし、同時に、信念を通せない自分を情けなく思っていた。
「変わった人たちだな」
 ジークは驚いてジョシュを見た。彼から雑談を持ちかけてくることなど、これまでなかったことだ。アルティナたちと何かよほどのことがあったのだろうか——そんなことを考えながら返事をした。
「でも、いい人たちだぜ」
「そうだな……俺は偏見を持っていたのかもしれない……」
 気味が悪いくらい素直な彼に、ジークは呆気にとられた。

「ジーク」
 サイファが奥の会議室から戻ってきた。
「レイチェルがどこにいるか知らないか?」
「さっき帰りましたけど」
「そうか……昼食くらい一緒にと思ったんだが」
 彼は残念そうに顔を曇らせた。
「サイファ殿」
 フロアの隅から所長が呼びかけた。所長の他にもふたりの男が、ともに彼を待っているようだった。
「それではな」
 サイファは右手を上げ、早足で戻っていった。ジークは軽く頭を下げた。

「やはりあいつは好きになれそうもない」
 ジョシュはぼそりとつぶやいた。
「サイファさんもいい人だぜ」
 ジークのその言葉に、彼は耳を貸さなかった。嫌悪感をあらわにして顔をしかめると、話を続けた。
「あんな若い子に色目をつかって、みっともないと思わないか。来たときも彼女を見つめていたし、今だって人目もはばからず食事に誘っている。愛妻家なんて噂らしいが、とんだデマだな」
 ジークはポカンとした。
「あのな、レイチェルさんが奥さんだ」
「……は?」
「だから、サイファさんとレイチェルさんは夫婦なんだよ」
「……な?!」
 ようやく理解したジョシュは、凄まじい形相で立ち上がった。何かを言いたそうに口をカクカクと動かす。
「やっぱりアイツは嫌いだ!」
 そう叫ぶと、あわててハンカチを取り出し、鼻と口を押さえた。そして、焦ったように背を向け歩き出した。
「どこへ行くんだ?」
「どこでもいいだろう!」
 かすかに涙声まじりで声を荒げると、足早にフロアを出ていった。
「いちばん変わってるのはあいつだよな」
 ジークは彼の出ていった方に目をやりながら、ひとりごとをつぶやいた。


67. パーティ

「決まった! 進級できるんだ!」
 レオナルドはアカデミーの昇降口で待っていたユールベルに駆け寄り、彼女の手を取ると興奮して叫んだ。
「良かった」
 ユールベルは安堵の息をつき、微かに表情を緩めた。レオナルドはじわりと涙ぐんだ。あわててうつむき、手の甲で拭った。
「全部おまえのおかげだ。あきらめずにずっと付き合ってくれて……。本当に何て礼を言ったらいいか……」
 そこまで言うと、はっとして顔を上げた。
「そうだ。今から進級祝いのパーティをやらないか?」
「ごめんなさい。今日は先約が……」
「ユールベルっ!」
 弾けた声がふたりの会話を遮った。
「ターニャ」
 振り返ろうとしたユールベルに、彼女は後ろから飛びかかるように抱きついた。いつもとは違い、黒のブレザーで正装している。
「じゃーん、見て見て、卒業証書!」
 ユールベルにのしかかったままで、手にしていた筒状の紙を開いて見せた。そこには彼女の名前や学科名などとともに、王の直筆サインが入っていた。王の名の入った卒業証書はこのアカデミーでしか手に入らない。優れた才能を備え、努力を惜しまなかった者だけに与えられる栄誉だ。
 だが、ユールベルはほとんど興味を示さなかった。
「式、終わったのね」
 見せられたものに対しては何も述べず、素っ気なく話題を変える。
 だが、ターニャはまるで気にしていなかった。いつものことである。悪気がないのもわかっている。それを気にしているようでは、ユールベルの友達にはなれなかっただろう。
「うん、さっそく行こっか」
「先約って、コイツか?」
 レオナルドはあからさまに嫌そうな顔でターニャを指さした。
「なに? レオナルドも何か?」
「進級祝いのパーティをしようって」
 無言でそっぽを向いた彼の代わりに、ユールベルが答えた。
 ターニャはいい事を思いついたとばかりに、ぱっと顔を輝かせ、両手をパチンと合わせた。
「じゃ、一緒にやっちゃおうよ。私の卒業祝いパーティと」
「誰がおまえなんかと。別の日にあらためてふたりだけでやるさ」
 レオナルドは苦虫を噛み潰した顔で吐き捨てた。
「あ、ジーク!」
 並んで歩くジークとアンジェリカを見つけ、ターニャは大きく手を振った。
「見て! 私、今日で卒業なの」
 彼女は嬉しそうに、再び卒業証書を広げた。
「そうか、良かったな」
 ジークはまるで心のない返事をした。ターニャは腰に手をあて、口をとがらせた。
「そっけないなぁ。そうだ、ふたりとも来ない? 私の卒業パーティ。ユールベルの家でやるんだけど」
「行かねぇよ」
 ジークは即答して、すぐに立ち去ろうとした。
 しかし、アンジェリカはその場に留まったまま動こうとしない。
「どうした? アンジェリカ」
 ジークは足を止めて振り返った。
 彼女は何かを言いたげな表情をしていた。ちらりとユールベルに目を向けたあと、困ったようにジークを見る。
「行きたいんでしょ?」
 ターニャは優しく微笑み、横から助け舟を出した。
「ユールベルが、その、嫌じゃなければ……」
 アンジェリカはそう言って口ごもった。うつむいて、ユールベルの様子を窺う。
 彼女は無表情で口を開いた。
「別に構わないわ。もう、あなたのことを疎ましいとは思っていないもの。今はただ、少し気まずいだけ」
 そう言うと、顔をそらし、肩にかかった髪をはね上げた。緩やかなウェーブを描いた金の髪と、頭の後ろで結んだ白く柔らかな包帯が、緩やかな風になびいた。
「来たければ来て。……いいきっかけになるかもしれないわ」
 小さいがはっきりとした声だった。
 アンジェリカの顔がぱっと晴れた。
「ありがとう」
 弾んだ声でそう言うと、満面の笑みを見せた。
 ジークはあわてた。
「おまえ本気で行くつもりなのか?!」
「ええ。だって、ユールベルもああ言ってくれてるし」
 アンジェリカはにこっと笑った。
 ジークは弱り顔でため息をついた。彼女がこれほど嬉しそうにしているのに、止めることはできない。止めるだけの決定的な理由もない。ただ、少し心配なだけである。せめて、できることといえば、自分が付き添うことくらいだろう。
「おまえが行くんなら、俺も行くぜ」
 少し疲れたような声で言った。
 それを聞いて、今度はレオナルドがあわてふためいた。
「コイツが行くなら、俺も行く!」
「じゃ、みんな行くってことね」
 ターニャは嬉しそうに笑って、ユールベルの手を引いた。

「おかえり!」
 ユールベルが扉を開けると、エプロン姿のアンソニーが出迎えた。
「人数、だいぶ増えちゃったけど、大丈夫かな?」
 ターニャはうしろのジークたちを指さしながら、少し申しわけなさそうに尋ねた。
「気にしないで。足りなければ買い足してきますから」
「上がって」
 ユールベルは振り返ってジークたちを招き入れた。
「おう」
「お邪魔します」
 ふたりに続いてレオナルドも入ろうとした。だが、アンソニーがそれを許さなかった。レオナルドを蹴り飛ばし、倒れた隙に、扉を閉め鍵をかけた。
「おい!」
 レオナルドは外からドンドンと扉を叩いた。
「おまえは出入り禁止だ! おとなしく帰らないと、今度は火傷くらいじゃすまないぞ!」
 アンソニーは鉄の扉に向かってフライ返しを振り上げた。
「アンソニー、今日はレオナルドの進級パーティを兼ねているの。入れてあげて」
 ユールベルは無表情で頼んだ。アンソニーはもどかしげに眉根を寄せて叫んだ。
「ねえさん! いいかげんあんなヤツ見限ってよ!」
「アンソニー」
 ターニャはユールベルの肩ごしに声を掛けた。
「許せとは言わないけど、今日だけは入れてあげてくれないかな?」
 ね、と両手を合わせて頼み込む。
「……ターニャさんがそう言うなら」
 アンソニーはしぶしぶ鍵を開けた。ガチャッという音がするのとほぼ同時に、レオナルドが扉を開けて入ってきた。アンソニーは目の前を通り過ぎる彼を睨みつけた。
「今日だけだぞ」
「今度はおまえのいないときに来るさ」
「来るな!」
 歯噛みするアンソニーの頭に、ターニャはぽんと手を置いた。

 ジュ——。
 食欲をそそる音と匂いが立ちこめる。アンソニーは料理をしながら、手際よく片づけや盛りつけもこなしていた。
「私も手伝うよ」
 ターニャが台所に入ってきて声を掛けた。
「ありがとう、ターニャさん。じゃあ、これ運んでください」
「オッケー」
 彼女は軽い調子で返事をすると、大皿ふたつを手に取った。

「おまえの弟がひとりで作ってるのか?」
 ジークはソファでくつろぎながら、親指で台所を指さした。ユールベルは淡々と答えた。
「ええ、腕はいいから心配しないで。最近、料理に目覚めたそうよ。作るのが楽しくて仕方ないみたい」
「お待たせっ」
 ターニャは持ってきた大皿ふたつを机の上に置いた。チキンやサンドイッチなどのパーティ料理が、たっぷりときれいに盛り付けられている。ジークとアンジェリカは目を見開いて覗き込んだ。
「すげぇ……ってか、量もすげぇな。これで三人分のつもりだったのかよ」
「だからキミたちを呼んだのよ」
 ターニャはウインクした。ユールベルはため息まじりに補足した。
「あの子、張り切って作りすぎるのよ」
「まだまだあるわよ」
 ターニャは笑いながら台所へ戻っていった。

 次はアンソニーが皿を運んできた。机の上にそれを置くと、アンジェリカをじっと覗き込んだ。
「なに?」
 アンジェリカは少し怯えたように身を引いた。革のソファが小さく音を立てた。
「本家のアンジェリカさんですよね?」
 アンソニーはにこにこしながら尋ねた。
「ええ……」
「間近で見るのは初めてです」
 澄んだ青い瞳で、探るように彼女を見つめる。
「呪われてなんか、いませんよね?」
 その場の空気が一瞬にして張りつめた。あまりに思いがけない言葉に、誰も反応できなかった。当のアンソニーは、その場の雰囲気を察することなく、まだ笑顔のままだった。
「黒いから呪われているなんて、何の根拠もない話ですよね。僕は好きですよ。黒い瞳も、黒い髪も。ターニャさんもそうだし」
 彼は無邪気にそう言うと、台所へ戻っていった。

「何の話?」
 入れ違いにターニャが新しい皿を持ってやってきた。
「ラグランジェ家以外の人間は知らなくてもいいことだ」
 レオナルドは腕組みをして突っぱねた。
「えー、何よそれぇ」
 ターニャは不満げな声を上げた。
「ごめんなさい、本当に話せないことなの」
 ユールベルは固い声で言った。
 何か事情がありそうだ、とターニャは感じた。ラグランジェ家以外の人間に話せないというのは、本当のことなのかもしれない。レオナルドの言葉では信じられなかったが、彼女が言うと素直に信じられた。
「そっか……うん、わかった」
 気にはなったが、それ以上の追求はしなかった。持ってきた皿を机に置くと、再び台所へ戻っていった。

「ごめんなさい。あの子に悪気はないの」
 ユールベルは居たたまれない思いでうつむいた。
「ええ、わかってるわ」
 アンジェリカはぎこちなく笑顔を作った。親に「呪われた子だから近づいてはいけない」とでも教えられてきたのだろう。容易に想像がついた。アンソニーだけでなく、ラグランジェ家の者はほとんどがそうなのだ。
「……帰るか?」
 ジークはアンジェリカの耳元で声をひそめて尋ねた。彼女は頭を小さく横に振った。
「大丈夫。ちょっとビックリしただけ。何でもないわ」
「無理すんなよ」
 ジークは前に向き直り、彼女の背中に手を置いた。アンジェリカははっとした。そして、その手の温かさを感じながら、ゆっくりと目を閉じ小さく頷いた。

「さ、始めましょ!」
 ターニャとアンソニーは缶とスナック類を抱えて戻ってきた。
「はい」
 ターニャは缶を一本、アンジェリカに手渡した。
「……ビール?」
「おい、なに渡してんだよ。ジュースか何かねぇのかよ」
 ジークはターニャに文句を言いながら、そのビールを取り上げようとした。しかし、アンジェリカはそれをかわした。
「これでいいわ。いちど飲んでみたかったの」
 そう言って、にっこり笑った。ジークはあわてた。
「ダメだダメだ! なに言ってんだオマエ」
「いいじゃないの、ちょっとくらい」
「絶対ダメだ!」
 アンジェリカはムッとして口をとがらせた。
「もうっ、ジークがそんなに頭が固いとは思わなかったわ」
 ジークは脱力した。泣きたい気持ちになっていた。自分だってこんな堅物の大人みたいなことを言いたいわけではない。だが、彼女の両親——サイファとレイチェルを裏切るようなことはできない。
「頼むよ。俺に保護者みたいなこと言わせんなよ」
「言いたくなければ、言わなければいいじゃない」
 アンジェリカはますます反抗的な態度をとった。
「俺もジュースにするから、な」
 ほとんど泣き落としの説得に負け、彼女はしぶしぶビールを返した。ターニャはビールとジュースを交換しながら、とぼけた調子でつぶやいた。
「残念。酔ったアンジェリカってかわいいだろうなぁ。見てみたかったなぁ」
 ジークは含み笑いを見せるターニャから顔をそむけた。平静を装っていたが、耳元はほんのり赤みを帯びていた。
 ターニャは缶ビールのプルタブを開け、おもむろに立ち上がった。
「それじゃ、私の卒業と、ついでにレオナルドのギリギリ進級を祝って」
「ギリギリは余計だ!」
 レオナルドはあわてて噛みついたが、ターニャは無視して続けた。
「乾杯!」
 その掛け声とともに高々と缶ビールを掲げた。そして、ささやかなパーティが始まった。

「あら、もう飲み物なくなっちゃったわね」
 ターニャは冷蔵庫を覗き込み奥まで探ったが、一本も残っていなかった。まだパーティを始めてから、それほどの時間はたっていない。料理は多めに作ってあったが、飲み物は三人分しか用意してなかったのだ。
「僕、買ってきます」
 アンソニーは立ち上がった。
「私も行くわ」
「ひとりで大丈夫です。ターニャさんは主賓なんだから、ゆっくりしててください」
 そう言ってにっこり笑いかけると、立ち上がりかけたターニャを座らせ、ひとりで出ていった。
「残念だったな」
 レオナルドは鼻先で笑った。
「下心だらけのキミと一緒にしないでよね」
 ターニャはつんと顔をそむけ、ソファに腰を下ろすと、サンドイッチを手に取りほおばった。
「そうだ、アンジェリカ。お母さんの写真、持ってないかな?」
 彼女は唐突に身を乗り出して尋ねた。
「今は持っていないけど、どうして?」
 アンジェリカは怪訝に尋ね返した。ターニャはぎくりとした。
「あ、その、美人って噂だから見てみたかっただけ」
「レオナルドなら持ってんじゃねぇのか」
 ジークはサンドイッチと唐揚を交互にほおばりながら、しれっと言った。
「なっ……なぜ俺がっ!!」
 レオナルドはバンと机を叩きつけ立ち上がった。顔は上気し、耳まで赤くなっている。
「そうか、アイツか……アイツがしゃべったんだな。人のことをペラペラと……!」
 奥歯をギリギリと噛みしめ、爪が食い込むくらいに強くこぶしを握りしめた。
「え、うそ、そうだったの?」
「知らなかった……」
 ターニャとユールベルはそれの意味することがわかったようだった。ジークの言葉からというよりも、彼の過剰ともいえる反応から察したのだ。ふたりともぽかんとしてレオナルドを見上げている。彼はますます焦った。
「ちっ、違う! 家が近くで、子供のころ遊んでもらったって、それだけだ。それだけなんだよ!」
 必死の言いわけも虚しく空回りする。レオナルドは思いきりジークを睨みつけた。ジークは口いっぱいにほおばりながら、すっとぼけた表情で顔をそむけた。
 アンジェリカは話がわからず、ただきょとんとしていた。

 ガタン——。
 玄関で大きな物音がした。
「もう帰ってきたのかしら。ずいぶん早いけど……」
 ターニャが様子を見に行こうと立ち上がったそのとき、アンソニーが血相を変えて部屋に駆け込んできた。
「助けて!」
 ただならない様子で叫び声をあげると、ターニャの懐に飛び込んだ。
「どうしたの?」
 彼女は目をぱちくりさせながら、すがりつくアンソニーに尋ねた。ユールベルも立ち上がり、心配そうに覗き込んだ。
「待ちなさい、アンソニー」
 威圧的な声を響かせ、女性が勝手に入り込んできた。豊かな巻き毛の金髪、夜の海を思わせる深い青の瞳——。
 ユールベルはその女性を目にしたとたん、顔面蒼白で棒立ちになり固まった。レオナルドは彼女の手を引き座らせると、かばうように頭を抱き寄せた。
 ターニャもその来訪者に睨みをきかせながら、アンソニーを自分の後ろにかばった。
「何の御用ですか? お母さま」
 彼女は皮肉たっぷりに、そう尋ねかけた。顔を知っているわけではなかったが、アンソニーとユールベルの様子から、それがふたりの母親であることは察しがついた。
 その女性——ユリアは、ひととおり全員を見渡すと冷たく口を開いた。
「ラグランジェ家を汚す厄介者たちが、そろいもそろって何をしているの」
「何しに来たんだ! 出ていけよ!」
 ジークは感情的に声をあげた。このままだと、ユールベルとアンソニーだけでなく、アンジェリカにもとばっちりが来そうだ。なんとかして彼女だけでも守らなければ——そう思った。
 ユリアは冷ややかに視線を流した。
「アンソニーを……息子を迎えに来たのよ」
「どうしてここが……」
 ユールベルはレオナルドにもたれかかりながら、うわごとのようにつぶやいた。
 ユリアは勝ち誇ったように笑った。
「いくらサイファに聞いても教えてくれなくて、途方に暮れていたわ。でも、神の御加護かしらね。偶然、この下でアンソニーと出会ったのよ」
 ユールベルは血の気の引いた顔をユリアに向けた。右目を細め、まぶたを震わせながら彼女を睨む。
「出ていって」
 小さく震える声だったが、きっぱりと告げた。
「あなたと議論するつもりはないわ。ここの家主はどこにいるの」
 ユリアは皆の顔を順に見て、答えを求めた。しかし、誰も答えなかった。しんと静まり返る。
「どこにいるの?!」
 彼女はいらついて声を荒げた。
「ここに住んでいるのは、アンソニーと私のふたりだけよ」
 ユールベルは怯えながらも強気に答えた。
 ユリアは目を見開いた。そして、顔をしかめてうつむくと、小さく舌打ちした。
「騙したのね、サイファ……。信用のおける人物に預けているから心配ないなんて言って、よりによっていちばん信用ならないこの子と一緒だなんて!」
 こぶしを震わせ腹立たしげにそう言うと、キッと刺すようにユールベルを睨みつけた。
「そうとわかれば、何が何でも連れて帰るわ」
 ユリアはターニャの背後に隠れているアンソニーに手を伸ばした。彼はターニャの服を握りしめ、きつく目をつぶり身をすくませた。
「嫌がってるじゃないですか!」
 ターニャはユリアの手を払いのけた。ユリアはそのターニャの手を払いのけた。
「無関係の人間が口を出さないで!」
 ユリアは再び手を伸ばした。
「さあ、いらっしゃい」
 アンソニーは懸命に首を横に振った。精一杯の拒絶を示す。ターニャは、彼をかばいながら一歩下がった。
「アンソニー、あなたはユールベルに騙されているのよ」
 それでもアンソニーは、言葉ごと払うかのように首を振り続ける。
 ユリアはわざとらしく大きなため息をついた。
「これだけは言うまいと思っていたけれど……」
 静かに一歩踏み出し、アンソニーとの間を詰める。
 アンソニーはびくりとした。
 ユリアは真剣な表情で彼を見つめ、静かに口を開いた。
「あなたは赤ん坊の頃、ユールベルに殺されかけているのよ」
「……え?」
 アンソニーはきょとんとして聞き返した。
「殺さ……れ……?」
「いいかげんなこと言わないで!」
 ターニャの心臓は大きく打った。額にうっすらと汗がにじむ。まさか、そんなこと、あるはずがない——そう思いつつも、まるきり出まかせを言うだろうかという疑問が頭をもたげる。ユールベルに振り向くと、彼女は青い顔で目を見開き、呆然としていた。
 ユリアは身をかがめ、アンソニーに顔を近づけた。
「まだよちよち歩きのあなたを、ユールベルは階段から突き落としたのよ。私たちはあなたを守るためにユールベルとあなたを引き離したの。ユールベルを閉じ込めていたのはあなたのため。わかるでしょう?」
「違う……」
 ユールベルは頭を抱えながら、首を横に振った。顔にかかる乱れ髪を払おうともせず、何度も何度も首を振った。
「突き落としたんじゃない。私は、助けようと手を伸ばしたの!」
「まだそんな見え透いた嘘を言ってるの?!」
 ユリアは嫌悪感をあらわにして顔をしかめた。
「どうして嘘って……」
 そう尋ねたターニャに、ユリアは冷たく言い放った。
「この子が嘘つきだからよ」
「そんな……! 何の証拠もないのに、決めつけてるの?!」
 ターニャは黒い瞳を潤ませた。
「ユールベルが手に掛けようとしたのは弟だけじゃないわ。そこのお嬢さまもそうよ」
 ユリアはそう言って、目でアンジェリカを指し示した。
 彼女はびくりと体を震わせた。ジークは彼女の肩に手をまわし、力をこめて抱き寄せた。大丈夫だ、その思いを手に込めた。
「そんな子のことを信じろっていうの」
 ユリアは嫌悪感をあらわにしながら、ターニャに尋ねかけた。
「娘なら……」
「娘だなんて思ってないわ」
 反論しかけたターニャを遮り、ユリアは強い調子で言った。
「こんなおぞましい子が、私の子であるはずがない。そもそも生まれたことが何かの間違いだったのよ」
 誰も言葉を返せなかった。あまりの言いように、ただ呆然とするだけだった。
「帰りましょう、アンソニー。お父さんも待っているわ」
 ユリアは急に優しい口調に変わった。まるで別人のようだった。微笑みを浮かべ、細い手を差し出す。
 アンソニーはうつむき下唇を噛みしめていたが、やがて決意したように口を開いた。
「僕は……ねえさんを信じる」
 ユールベルははっとして弟に目を向けた。
「ねえさんはいつだって僕のことを考えてくれている」
「罪滅ぼしのつもりかもしれないわよ」
 ユリアは冷めた口調で言った。
 アンソニーは少し考え込んだあと、顔を上げた。
「昔に何かあっても、何もなくても、僕にとって大切なのは今のねえさんだ」
 怯えたふうにターニャの袖を掴みながらも、はっきりとそう言い切った。
 ユリアはギリッと奥歯を噛みしめた。
「だいぶ……ユールベルに影響されたようね。その反抗的な目……」
 こぶしをぎゅっと握りしめ、眉をひそめる。
「どうして? 私がどんな思いであなたを守ってきたと思ってるの? 今まで育ててあげた恩を忘れてユールベルを選ぶっていうの?! いいかげんにして!」
 彼女はカッと目を見開き、感情を高ぶらせ右手を振り上げた。
 アンソニーは頭を抱え、身をすくませた。
 しかし、それが振り下ろされる前に、ターニャが掴んで止めた。
「離しなさい!」
 ユリアはターニャの手を振りほどこうとしたが、ターニャはそれを許さなかった。ユリアの手を痕がつくほど強く握り、ひねり下ろした。ユリアはよろけながら後ずさった。
「あなたもラグランジェ家の人だから、それなりに魔導は使えるんでしょうけど、五人のアカデミー生が相手では分が悪いわよ。私たちとやりあう? それともおとなしく帰る?」
 ターニャは挑発的に尋ねた。
「……また、来るわ」
 ユリアは右の手首を左手で抱え、足早に出ていった。

「もう大丈夫よ」
 ターニャはアンソニーの肩に両手を置き、安心させるように、にっこり笑いながら覗き込んだ。
 アンソニーは歯を食いしばってうつむいた。
「僕、自分が情けない」
「情けなくなんかないわよ」
 ターニャは優しくそう言ったが、彼自身は納得しなかった。悲しげに首を横に振る。
「僕が逃げ帰ってこなければ、ここを知られることもなかったんだ」
「それは、仕方ないわよ。キミはずっとあの人に抑圧されてきたんだもの。恐怖感は簡単に拭えるものじゃない。それなのに、ホント頑張ったよ」
 アンソニーは目に涙をためた。あふれそうになると、あわてて服の袖でごしごしと拭った。
「でも、このままじゃダメなんです。もっと強くならないと……ねえさんを守れるくらいに」
「うん、キミなら大丈夫。きっと強くなれるよ」
 ターニャは力強く励ました。
 ユールベルは右目から涙をこぼした。それを隠すように下を向き、両手を顔で覆った。
「私の方が……アンソニーを守らなければいけないのに……」
「おまえはあいつよりひどい目にあってきたんだ! 自分を責めるな!!」
 レオナルドはユールベルに向き直り、華奢な肩をつかむと必死になぐさめようとした。だが、その言葉は、彼女の心にはあまり響かなかった。
「守らなきゃ、なんて思わなくても大丈夫よ。アンソニーはしっかりしてるから」
 ターニャはにっこり笑いかけた。
「さ、気を取り直してパーティの続きをしよう!」
 明るく言ってみたが、彼女以外は沈んだままだった。特にユールベルは、顔を上げることすら出来ずにいた。
「ジーク、何か声を掛けてあげてよ」
 ターニャはずっと沈黙していたジークに話を振った。
「何で俺が……」
「なんでもいいから、ほら」
 ターニャはもどかしげに急かした。ジークは眉根にしわを寄せた。この状況では嫌と言うわけにもいかない。さんざん悩んで、頭をかきながら口を開いた。
「あー……この唐揚、うまいぜ。おまえも食って元気出せ」
 そう言って、唐揚の大皿をユールベルに差し出した。しかし、彼女は下を向いたまま微動だにしない。
 ターニャは白い目をジークに向けた。
「もうちょっと気のきいたセリフは言えないわけ?」
「俺に期待する方が間違ってんだよ」
 ジークはふてぶてしくソファの背もたれに両腕を掛けた。すっかり開き直っている。
「それ、自分で言ったら情けないわよ」
 アンジェリカは呆れ顔でため息をついた。
 ユールベルは涙を浮かべたまま、小さく肩を震わせくすくすと笑った。
「おかしな人たち……」
 皆、いっせいに彼女に振り向いた。彼女がこんなふうに声を立てて笑うなど滅多にない。彼女を知る者なら驚くのも当然である。
 アンソニーはジークをじっと見つめた。
「ジークさん!」
「あ?」
 ジークは気の抜けた返事をして顔を上げた。アンソニーは真剣な表情で頭を下げた。
「ねえさんをよろしくお願いします!」
 ジークはソファから半分ずりおちた。
「な、なんだ?! いきなりっ!」
「おまえ何を!」
 レオナルドも同時に声を上げた。飛びかからんばかりの勢いで立ち上がる。
「おまえなんかよりジークさんの方が多分ずっといいよ。きっとねえさんを幸せにしてくれる!!」
 アンソニーは力説した。
「おい待てよ! なに勝手に決めてんだよ」
 ジークは困惑した。本人を目の前にして、あからさまに拒絶するわけにもいかない。だからといって曖昧な返事をしては、誤解されかねない。ここにはアンジェリカもいる。いちばん誤解されたくない相手だ。
「だめよ、アンソニー」
 ユールベルはたしなめるように言った。
「どうして?」
 アンソニーは不満そうに尋ねた。
「だめ……なのよ」
 ユールベルは少し悲しげに笑って見せた。アンソニーは納得したわけではなかったが、その表情を目にすると何も言えなくなった。
 ターニャは目尻をそっと指で拭うと、ぱっと顔を上げた。
「さ、パーティの続き!」
 明るく笑い、ソファに腰を下ろそうとした。
 ピンポーン——。
 来客を告げるチャイムが、その場にいた全員の表情をこわばらせた。
「私が出るわ」
 ターニャは固い声でそう言うと、小走りで玄関へ向かった。皆は固唾を飲んで聞き耳を立てた。かすかに話し声が聞こえる。
 ターニャはすぐに戻ってきた。
「ただのセールスだった」
 皆の緊張が一気に解けた。同時に息をつく。ジークはサンドイッチにかぶりついた。
「ここ、引っ越したほうがいいんじゃねぇのか?」
「そうね。せっかく落ち着いてきたのに残念だけど」
 ターニャもソファに座り、サンドイッチを手にとった。
「でも、逃げまわっているだけじゃ、根本的な解決にはならないわよ」
 アンジェリカは冷静に指摘した。
「そいつを渡せば解決だろう」
 レオナルドはあごでアンソニーを指し示した。
「なに言ってんの!!」
 ターニャは机を叩きつけ立ち上がった。
「それ、自分の都合でしょ! さいってい!!」
「最低ね」
「最低だな」
 アンジェリカとジークも口々に責めた。しかし、レオナルドは腹立たしげに言い返した。
「何か解決方法があるのか? あるなら言ってみろ」
「それを今から考えるの!」
 ターニャはいらついて睨みつけた。レオナルドはふてくされて腕を組んだ。そして、思いつめた顔でうつむくアンソニーに追い打ちをかけた。
「ユールベルのことを思うなら、おまえはさっさと母親のところに帰るんだな」
「やめて、レオナルド」
 ユールベルはレオナルドの袖をつかみ懇願した。
「耳を貸しちゃダメ」
 ターニャはアンソニーの瞳を覗き込んで言い聞かせた。
「でも、確かに僕が戻れば……」
「駄目!」
 ユールベルは立ち上がった。
「行かないで。私にはあなたが必要なの」
「ねえさん……」
 アンソニーは複雑な表情でつぶやいた。
「絶対に、行かないで」
 ユールベルは強く力を込めて言った。
「僕……本当に行かなくてもいいの……?」
「あなたがあの人のところへ行ったら、私は取り戻しに行くわ」
 アンソニーは顔を歪ませ、両手で拭いきれないほどの涙をあふれさせた。
「さ、食べよ! 食べて元気だそ!」
 ターニャは明るく声を張り上げた。

 それからパーティの続きを行った。パーティといっても、主に食べて話をするだけのささやかなものである。暗くなった雰囲気を救ってくれたのは、ターニャの明るさだった。いつも明るい彼女だったが、いつも以上に元気を振りまき、みんなを話に巻き込んでいった。

 パーティが終わり、ジークとアンジェリカは帰ることにした。ターニャに言われ、ジークがアンジェリカを家まで送っていくことになった。もっとも、言われなくても、ジークはそうするつもりだった。

 すっかり暗くなった道を、ふたりは並んで歩いた。月明かりがふたりの後ろにおぼろげな影を作る。
「行かなきゃよかったな。今さら言っても遅いけど」
 ジークは下を向いてポケットに手を突っ込んだ。ひんやりした空気が頬をかすめ、火照りを冷ましていく。
「そんなことないわ。ユールベルやアンソニーのことをいろいろ知ることが出来たもの。上手く言えないけど、なんだか嬉しかった」
 アンジェリカはにこにこして、本当に嬉しそうに言った。
「それに……」
「ん?」
 ためらいがちにそう続けた彼女に、ジークは振り向いた。
「私は幸せだって思ったのよ」
「え?」
「人と比べてこんなことを思うのはいけないのかもしれないけど……私はお母さんにもお父さんにも、ちゃんと愛されている」
 アンジェリカは少し遠慮がちに微笑んだ。
「ああ」
 ジークはやわらかく笑顔を返した。
「それともうひとつ」
 アンジェリカは後ろで手を組み、空を仰いだ。
「呪われた子だってずっと言われ続けてきて、そのことを忘れたことはなかったし、忘れてはいけないと思っていた。いつも見返すことだけを考えていたの」
 ジークは彼女の横顔を見つめた。
「でもね」
 アンジェリカは明るい声でそう言うと、前に飛び出し、くるりと体ごと振り返った。
「アカデミーに入って、ジークたちと出会って、毎日楽しくて……いつのまにか忘れている時間が多くなっていったわ。それって、幸せなことなんじゃないかなって」
「そうだな」
 ジークは大きく息を吸い込んで、濃紺色の空を見上げた。
「でも、これからもっと幸せになれる」
「どうして?」
 アンジェリカはきょとんとしてジークを見上げた。彼はさらに顔を上に向けた。
「どうしてもだっ」
「根拠のない自信って、いちばんあてにならないわ」
 アンジェリカは口をとがらせた。
「根拠がないわけじゃねぇよ」
「じゃあなに? その根拠って」
 ジークはうっすら顔を赤らめた。
「なんでもいいだろ」
「なによそれ。はっきりしないわね」
 アンジェリカはますます口をとがらせた。
「でも……うん、そうなるといいな」
「なるさ」
 ジークは力強く言った。
 アンジェリカは屈託のない笑顔を彼に向けた。


68. 過去から続く未来

「魔導省の最上階に個室をもらうなんて、ずいぶん出世したものね」
 ユリアはとげとげしくそう言うと、腕を組み、ぐるりと部屋を見渡した。広くはないが整然と片付けられ、清掃も隅まで行き届いているようだった。
「まだまだこれからですよ」
 サイファは奥の机でほおづえをつき、ニッと笑った。背後の大きなガラス窓には青空が一面に広がり、そこからの陽光が彼の鮮やかな金髪を煌めかせている。
「あなたをお招きした理由はわかっていますね」
 彼の問いかけに、ユリアは眉をひそめた。
「あの子が告げ口したのね」
 その口調には腹立たしさがにじんでいた。
「私も暇ではありません。仕事を増やさないでもらえますか」
「私を騙しておいてよく言うわ」
 ユリアは怒りをあらわにしながら、半ばあきれたように言った。サイファは目を閉じ、ふっと口元を緩めた。
「嘘は言っていません。私はユールベルのことを信用していますから。あなたよりもずっとね」
 彼女は片眉をぴくりと動かした。
「いちいち頭にくるわね」
 吐き捨てるようにそう言うと、笑顔をたたえたサイファをキッと睨みつけた。
「私は間違ったことはしていないわよ。自分の息子を取り戻したいと思って何が悪いの」
 強い口調でそう主張するユリアに、サイファは余裕の表情を見せた。机にひじをつき、静かに口を開く。
「ユールベルにしたことは、どうなんですか」
 ユリアは口を結び、深くうつむいた。
「……仕方ないじゃない。どうやっても、愛せないのよ」
 左手で右腕をきつく掴み、苦しげに眉間にしわを寄せる。
「気持ち悪い……自分の嫌な部分を見せつけられているような……そう、多分、きっと私と似ているから……」
「似ていませんね」
 サイファは間髪入れずに否定した。ユリアは驚いて顔を上げた。その真意がわからず、困惑した表情で見つめる。彼はにっこり微笑み、答えを口にした。
「ユールベルは優しい子です。あなたと違ってね」
 ユリアは顔を上気させ、サイファを睨んだ。だが、彼は動じることなく言葉を続けた。
「愛せないものを愛せというつもりはありませんが、せめてそっとしておいてくださいませんか」
「アンソニーを返してくれれば、もうあの子に会うこともないわ」
 ユリアはいらついて言った。だが、サイファは悠然と構えたまま、落ち着いた声で答える。
「それはできません」
 まっすぐに彼女を見据え、さらに容赦のない言葉を吐く。
「あなたの元にいては、彼が幸せになれない」
「私は愛しているのよ! あの子を……アンソニーを!」
 ユリアは逆上して、ヒステリックに声を荒げた。
「愛と自己満足を履き違えていませんか。アンソニーは自分の意思を持つひとりの人間だ。あなたの所有物ではない」
 サイファは語調を強めた。ユリアは苦しげに目を細めうつむいた。
「私は……父の道具にすぎなかったわ」
 低く落としたその声は、かすかに震えていた。
「あなたと結婚して本家に入る……父にとって、それだけが私の存在価値だった」
 サイファは無表情で机にひじをついた。ユリアは下を向いたまま、堰を切ったように言葉を溢れさせた。
「本家に気に入られるように、あなたに気に入られるように、私は常にその行動を強いられてきた。でも、レイチェルが生まれ、あなたと婚約をすると、私は父から見向きもされなくなった。私の人生は、あなたが生まれたことで狂い、レイチェルが生まれたことで終わったのよ」
 次第に感情を高ぶらせ、目に涙を浮かべて訴えかけた。
「同情はします」
 サイファは感情なく言った。
「だからといって、自分の子供に手を上げていい理由にはなりませんよ」
 ユリアは目尻を拭って、強気にサイファを睨みつけた。
「手の早いあなたには言われたくないわ」
「はははっ。上手いこと言いますね」
 サイファは軽い調子で、ユリアの攻撃を受け流した。彼女は大きくため息をついた。そして、にこやかに微笑む彼を見つめ、固い表情のまま目を細めた。
「もし、レイチェルが生まれていなかったら、そして、父の望みどおり、私とあなたが結婚していたら……私は幸せになれたのかもしれない」
「それはありえません」
 ユリアの表情が曇った。
「どういう意味?」
「私があなたを愛せたとは思えないからです」
 サイファはにっこりと笑った。
「言ってくれるわね」
 ユリアは顔を赤らめ、キッと彼を睨んだ。
「私は何が何でもアンソニーを連れ帰る。親は私よ。裁判を起こしてあなたの不当を証明してもいい」
「やめた方がいいですよ」
 サイファは片ひじをつきながら、手持ち無沙汰に書類をぱらぱらとめくり始めた。
「ラグランジェ家の人間が騒ぎを起こすことを、極端に嫌う連中がいてね」
 ユリアは怪訝に眉をひそめた。サイファは書類に目を落としたまま、無表情で話を続けた。
「あなたも知っているでしょう。ラグランジェ家では、不可解な事故や行方不明事件が何件も起こっている。いずれも、実に都合のいいタイミングでね」
 ユリアは額に汗をにじませた。ごくりと唾を飲み込む。目には怯えの色が見えた。震えながら口を開く。
「……それは、脅し?」
「忠告ですよ。もっとも、あなたにとってはどちらでも大差はないでしょうが」
 サイファはさらりとそう言うと、顔を上げてにっこりと笑いかけた。
「ユールベルたちの家には、もう二度と行かないでくださいね」
 ユリアは両手で顔を覆い、その場に泣き崩れた。
「アンソニーが会いたいと言えば会わせます。そのときが来るのを待っていてください」
 サイファは淡々と言った。
「そんなこと……言うわけないじゃない……」
 ユリアは肩を震わせすすり泣いた。

「悪いな、急に」
 ラウルは、屈み込むレイチェルの背中に声を掛けた。彼女はルナを抱き上げると、にこやかに微笑みながら振り返った。
「気にしないで。サイファに呼び出されたのでしょう?」
「ルナを預けてこいと言われた。長くなるのかもしれない」
 ルナは嬉しそうにキャッキャと笑い声を上げながら、レイチェルの顔に小さな手を伸ばした。レイチェルは、ルナに顔を近づけ、優しく微笑みかけた。薄地のカーテン越しに広がる柔らかい光が、ふたりをあたたかに包み込んでいる。細く開いた窓から緩やかな風が流れ込み、カーテンをふわりと舞い上げた。同時に、レイチェルの長い金髪をさらさらと揺らした。
 ラウルはその光景を無言で見つめていた。レイチェルがふいに顔を上げると、彼はとっさにどうでもいいことを口走った。
「アルティナはどうした」
「今は会議中」
 そう答えると、彼女は大きな青い瞳を彼に向け、ちょこんと首をかしげた。
「少し、散歩しない?」
「サイファに呼び出されていると言っただろう」
 ラウルはつれない返事をした。しかし、レイチェルは引かなかった。
「私に付き合わされたと言えばいいわ」
 そう言って、にっこりと笑いかけた。
 ラウルは目を閉じ、大きくため息をついた。

 人影もなく、静まり返った校舎内。ジークは大きなあくびをしながら、図書室へと続く廊下を歩いていた。中庭の木々は、太陽の光を浴び、きらきらと照り返している。ふいに足を止めると、窓から青空を見上げた。そのまぶしさに目を細め、ため息をつく。肩に掛けた鞄がずっしりと重い。
 こんな天気のいい休日に、なんで——。
 その元凶である憎らしい担任の顔が頭をよぎり、思わず眉間にしわを寄せた。
 ジークは再びため息をつき、前に向き直ろうとした。そのとき、視界のすみにある人物が映った。はっとして目を向ける。見間違いではない。中庭に立っているのは、まぎれもなくラウルだった。焦茶色の長い髪を風になびかせながら、腕組みをして空を見上げている。そして、その隣にはレイチェルが座っていた。ルナを膝にのせ、柔らかな表情を見せている。
 生徒には鬼のようにレポートを出しておきながら、自分は呑気にひなたぼっこか?
 ジークは舌打ちをした。肩を上げ鞄を担ぎ直すと、腹立たしげに大股で歩き始めた。しかし、彼の足はすぐに止まった。そして、もう一度、中庭に目を向けた。

「休日はアカデミーの方が静かでいいわね」
 芝生の上をトコトコと歩きまわるルナを見て、レイチェルは穏やかに微笑んだ。
「私もアカデミーに通ってみたいと思ったことがあったのよ」
 ラウルは少し驚いたように瞬きをすると、隣で座る彼女に目を向けた。
「サイファが許さなかっただろう」
「その前に両親に止められたわ」
 レイチェルは肩をすくめてみせた。
 ラウルは再び空を望んだ。風が木々の緑を奏で、それに呼応するかのように小鳥のさえずりが重なる。
「何か、話があるのだろう」
「お見通しなのね」
 レイチェルは笑いながら言った。
「何だ?」
 ラウルが急かすように尋ねると、彼女は小さなルナに目を向けた。そして、少し遠慮がちに口を開いた。
「ルナは、あなたの本当の……血のつながった子供、だったりしない?」
 ゆっくりと尋ねかけると、顔を上げ、ラウルの様子をうかがった。彼は大きな手で額を掴むと、次第に深くうつむいていった。まぶたを閉じ、なんともいえない表情を浮かべている。
「ずっと、疑っていたのか」
「疑うだなんて。そうだったらいいなって思ったのよ」
 レイチェルは無邪気に声を弾ませた。
「ラウルがこの子を引き取ると言ったとき、様子が普通じゃなかったってサイファが言っていたし、アルティナさんが隠し子じゃないかと尋ねたときも、明確に否定しなかったって」
 ラウルは疲れたように息を吐き、その場に腰を下ろした。長い脚を折り曲げ、その膝の上に腕を投げ出しうなだれた。
「ラウル?」
 レイチェルは首をかしげ、彼を覗き込んだ。
「それはない」
 ラウルは彼女の澄んだ瞳をまっすぐ見つめた。
「誓って言う。断じて隠し子などではない」
 レイチェルはくすりと笑った。
「信じるわ」
 ラウルは安堵の息をつき、後ろの木にもたれかかった。頭上でかすかに若葉がざわめく。
「でも、何か理由があったの?」
 レイチェルは再び彼を覗き込んだ。ラウルは目を細め、遠い空を仰いだ。
「……似ていたのだ。見つけたときの状況が」
 空の彼方に視線を送る彼を見て、レイチェルは確信した。
「例の、忘れられないひと、ね」
 ラウルは固い表情でうつむき、左手で額を押さえた。
「名前も……」
「え? もしかして、ルナってその人の名前?」
 レイチェルは大きな目をぱちくりさせた。
「いや、名前ではない……が、一部でそう呼ばれていた……」
 ラウルは背中を丸め、大きくうなだれた。
「私は愚かだ……そうだ、最初から何もかもおまえに相談するべきだった。おまえなら私を止めてくれただろう」
「そうね。名前は、止めたわね」
 レイチェルは肩をすくめ、少し苦笑いした。
「でも……」
 小さくそう言うと、前に向き直り、陽の当たる芝生に座っている小さな女の子の名前を呼んだ。
「ルナ!」
 小さな彼女は嬉しそうに笑顔で振り返ると、立ち上がってトコトコと走り寄ってきた。レイチェルは彼女を膝に抱き上げた。
「ルナは、もうこの子の名前になってしまったのよ」
 ラウルは無言で背中を丸めたままだった。
「これからできることは、その人を重ねるのではなく、この子はこの子として愛していくこと」
 レイチェルは彼を覗き込み、にっこりと笑いかけた。
「できるのでしょう?」
 ラウルはまいったと言わんばかりに、目を閉じ大きくため息をついた。
 レイチェルは目を細め、日なたの匂いのするルナの頭を優しく撫でた。
「後悔をしては、この子がかわいそう」
 彼女の瞳に強い光が宿った。
「だから、私は後悔をしない。愚かだったけれど、申しわけなかったけれど、それでも嘘はなかったもの」
 ラウルは彼女の横顔を見つめた。光を受けて輝く金の髪が、少し眩しく感じた。彼女はラウルの視線に気づき、瞬きをしながら振り向いた。
「もしかして、少しは後悔しろって思ってる?」
「いや。だが、サイファは……」
 レイチェルは穏やかに微笑んだ。
「生まれたときから今まで、ずっと変わらず大切にしてくれている。決して私を責めたりしないわ」
 ラウルは後ろの木に身を預けると、腕を組み青空を見上げた。
「おまえにとっては良い夫というわけか」
「あなたにとっては良い教え子だった?」
 レイチェルは茶化して尋ねた。ラウルは空を見たまま、眉をひそめた。
「憎らしい奴だ。だが、今までに会った誰よりも頭がいい」
 端的にそう答えたあと、一拍の間をおいて付け加えた。
「ただ、魔導の潜在的な能力は、おまえの方が上だ」
「そうなの? 嬉しい」
 レイチェルは軽く無邪気に喜んだ。
「もう少し時間があれば、おまえの力を引き出せてやれた。そうすれば……」
「今さら言っても仕方のないことよ」
「……強いな」
 ラウルはぽつりと言った。レイチェルはルナを抱きしめ、空を見上げた。
「守ってくれる人がいるから、かもしれないわね。ラウルもそのひとりよ」
 そう言って、にっこりと笑いかけた。だが、ラウルは素っ気なく否定した。
「私は何もしていない」
「見守ってくれていたでしょう?」
 レイチェルは大きな瞳で彼を覗き込んだ。
 ラウルはうつむきながら頭を押さえると、ため息をついた。
「どうしておまえはそういうことを……」
 ——ガサッ。
 はっとして音のした方に振り返る。一瞬だが、黒っぽい何かが茂みの中に隠れるのが見えた。
「誰だ!」
 迫力のある声で叫びながら、その方に突進する。そして、あわてて逃げようとしていた人物を見つけると、首根っこを掴んで引きずり出した。それは、ジークだった。
「何をしている」
 ラウルは低く唸るように問いつめた。その目は激しい怒りで熱く煮えたぎっている。ジークは芝生に手をついたまま、じりじりと身を引いた。
「レポートを片づけに来ただけだ。おまえが山のように出すからな!」
 彼の額から汗が流れ落ちた。ラウルはギリッと奥歯を噛みしめた。そして、腹の底から声を絞り出す。
「なぜ盗み聞きをしていたのか、と訊いている」
「盗み聞きなんてしてねぇ! 姿が見えたから来てみただけで……いま来たところなんだよ!」
 ラウルはジークの喉をわしづかみにし、体ごと木の幹に叩きつけた。ジークは後頭部を激しく打ちつけ、思いきり顔をしかめた。喉を押さえつけられているため声は出ない。それどころか息さえできない。今にも喉がつぶれそうだ。
「おまえの記憶を封じてやる。成人に施すのは危険だが仕方ない。失敗すれば数年単位で記憶が飛ぶ。最悪は廃人だ」
 ジークは体をよじり逃れようとしたが、びくともしない。首を絞めつける大きな手に爪を立ててみても、その力が緩むことはなかった。
「下世話な好奇心を持った自分を恨め」
 ラウルは冷酷に言い捨てると、開いた右手をジークの額にかざそうとした。
「待って」
 レイチェルはその右手に自分の左手を重ねた。そして、大きな青い瞳をまっすぐ彼に向け、じっと訴えかけた。
 ラウルの手から力が抜けた。ジークは飛び出すようにそこから逃れると、喉を押さえ激しくむせ込んだ。
「ジークさん」
 レイチェルは膝をつき、体を屈めている涙目のジークを覗き込んだ。
「何も、聞いていないのね?」
 真剣な表情で、静かに念押しするように尋ねかける。ジークはごくりと喉を鳴らした。
「……はい」
「わかったわ。行って」
 レイチェルは凛とした声で、突き放すように短く言った。ジークはとまどいがちに何度か振り返りつつ鞄を拾うと、図書室へ向かって足早に歩き出した。

「甘いな」
 ラウルは低い声で言った。
「たいしたことは言っていないでしょう」
「あいつはバカじゃないぞ」
「だったら安心ね」
 レイチェルは後ろで手を組み、にっこり笑って振り向いた。
「彼は私たちの味方だもの」
「だといいがな」
 ラウルはため息をついた。
「使って」
 レイチェルは白いハンカチを差し出した。彼の手の甲からは血が滲んでいた。ジークに爪を立てられたときについた傷だ。それほど深くはないが、長く引っかかれている。
「こんなもの、放っておいても問題はない」
「あら、医者のセリフとは思えないわね」
 レイチェルはからかうように言った。そして、彼の大きな手をとると、ハンカチで傷口をそっと押さえた。赤い血がハンカチに染みていく。
「汚してほしくなかったのよ」
 ぽつりと落とされた彼女の言葉に、ラウルはぴくりと眉を動かした。
「この手は、ルナを抱き上げる手だもの」
 レイチェルは顔を上げ、優しく微笑んだ。彼女の足元に座っていたルナも、無垢な笑顔で見上げていた。

「ジーク! どこ行ってたの! 心配したよ!」
 図書室に入って来た彼を見るなり、リックは大きな声を上げた。隣のアンジェリカは、眉をひそめてリックに振り向き、口の前に人さし指を立てて見せた。図書室には、彼らの他にもレポートをまとめている生徒たちがちらほらいる。
 リックは「あ……」と小さく声をもらして口を押さえると、今度は声をひそめて言った。
「先に行ったはずなのに来てないから、事故にでも遭ったんじゃないかって思ったよ」
 ふたりは一緒にアカデミーに向かっていたが、リックは途中でセリカの家に寄るからと、ジークには先に行ってもらっていたのだった。
「悪りィな」
 ジークはまるで気のない返事をしながら、アンジェリカの隣に座った。リックはこれ以上の追求はしなかった。答える気がなさそうに見えたからだ。無事であればそれでいい。そう思いながら、本に目を落とした。
「何か、ついてるわよ」
 アンジェリカはジークの頭に手を伸ばし、髪に絡まっていた深緑色の欠片を取った。
「葉っぱ? 何をやってたの? こんなものつけて」
 首をかしげ、いぶかしげに尋ねる。ジークは困ったように目を泳がせた。
「天気が良かったから、つい中庭で昼寝……」
「え、昼寝?」
「もう、そんな悠長なことやってる場合?」
 リックとアンジェリカはあきれ顔で口々に言った。しかし、ジークは言い返すこともせず、覇気なくぼうっとしている。考えごとをしているようにも見えるが、どちらにしろ彼の心はここになかった。
「ねぇ、本当にどうしたの?」
 アンジェリカは次第に不安になってきた。どう見てもいつもの彼ではない。何かがあったとしか思えない。しかし、ジークはそれを認めなかった。
「なんでもねぇよ」
 どこか上の空で答える。
「なら、いいけど……」
 引っかかるものを感じてはいたが、彼女もそれ以上は尋ねなかった。
 ジークは鞄からノートと筆記具を取り出すと、席を立ち、奥の書棚へと向かった。

 ラウルは魔導省最上階にあるサイファの個室へやってきた。軽くノックし、返事を待たずに扉を開ける。
 サイファは大きなガラス窓の前に立ち、そこから広がる景色を眺めていた。
「遅かったな。待ちくたびれたよ」
 背を向けたまま、静かに言う。ラウルはぶっきらぼうに言い返した。
「おまえの都合にばかり合わせてはいられない」
 サイファは椅子に腰を下ろし、机に向き直った。
「猫とでもやり合ったのか」
 目ざとくラウルの手の傷を見つけると、引き出しを開けながらさらりと尋ねた。ラウルはわずかに眉をひそめ、一言だけ返した。
「猿だ」
 サイファは小さくふっと笑った。そして、唐突に、小さな何かを投げてよこした。それは弧を描き、ラウルの手の中におさまった。
「あのロッカーの鍵だ」
 サイファは部屋の隅を指さした。ラウルは彼を軽く睨むと、そのロッカーへと足を進めた。スチール製のそれは、表面がでこぼこしており、見るからに古そうだった。ところどころ錆まできている。ラウルは渡された鍵で扉を開けた。中には小さめの段ボール箱がひとつ入っていた。蓋は閉じられていない。多くの紙の束やファイルが無造作に突っ込まれ、あふれ返っている。
「片付けろとでも言うのか」
「ある研究者が発表しようとしていた論文と、その裏付けとなる実験データだ」
 サイファははっきりとよく通る声で言った。ラウルは彼を流し見た。
「揉み消したのか」
「表に出ては都合が悪いのでね」
 サイファはひじをつき、軽く握った手をあごに添えると、不敵な笑みを浮かべた。
「利口なやり方とは思えないな」
「私が関わったことはわからないよう工作はしてある。ラグランジェ家の誰かの仕業だという察しはついているだろうが」
 ラウルはじっとサイファを見つめた。サイファは軽く息をつきながら、肘掛けに手をのせ、背もたれに身を預けた。そして、まっすぐにラウルを見つめ返すと話を続けた。
「おまえに聞きたいのは、その論文の信頼性だ。私が読んだ限りでは、かなり高いとみている」
 ラウルは段ボール箱の中から、論文と思しきファイルを取り出した。パラパラとめくり、ざっと目を通す。
「大筋、間違ってはいないようだ」
 そう言うと、ファイルを閉じた。
「少し見ただけで何故そう言える。根拠は何だ」
 サイファは鋭い視線をラウルに向け、畳み掛けるように問いかけた。
「私のいた世界では、とうに証明されていることだ」
 ラウルは無表情で答えた。サイファは厳しい表情で目を細めた。
「何故、教えなかった」
「一度、言ったことがある」
「私は聞いていない!」
 身を乗り出し語気を強めるサイファに、ラウルは淡々と返した。
「おまえの祖父にだ。おまえが生まれるずっと前にな」
「……聞く耳を持たなかったのだな」
「ああ、一笑に付された」
 サイファは再び背もたれに身を沈めた。椅子が軽い軋み音をたてる。
「私なら、信じたよ」
 ぽつりと言うと、くるりと椅子をまわし、ラウルに背を向けた。ガラス窓の向こうに広がる青い空を、深い蒼の瞳に映す。そして、静かに口を開いた。
「一族の中で婚姻が繰り返されることに、不自然なものは感じていた。血を濃くすることの弊害もあるのではないか、そんな懸念が頭をよぎったこともある。分家がいくつもできた今でこそなくなったが、昔はきょうだい間での婚姻も、当然のように行われてきた」
 サイファは大きく息をついた。
「すでに私たちの遺伝子はかなり損傷している、と考えるべきだろうな。つまり、爆弾を抱えているようなものだ。このままではいつか……」
「どうするつもりだ」
 ラウルが低い声で尋ねると、サイファは椅子をまわし、再び彼に向き直った。
「さて、どうするかな」
 含みを持った言い方をすると、ニヤリと不敵な笑みを浮かべた。その瞬間、嫌な考えがラウルの頭をかすめた。
「まさか、アンジェリカを……」
「アンジェリカを、何だって?」
 サイファはほおづえをつき、ゆっくりと尋ねかけた。ラウルははっとしてけわしい表情でうつむき、口元を手で覆った。
「いいかげん気づいていないふりをするのはやめてもらえないか」
 サイファは立ち上がり、腕を組むと、ガラス窓にもたれかかった。
「一瞬、アンジェリカが頭に浮かんだのは事実だ。だが、あの子をラグランジェ家に縛りつけるつもりはない。その考えは今でも変わらないよ」
 腕を組んだまま、顔を横に向け、窓の外に視線を流す。
「それに、ラグランジェ家が変わらなければ、外部の者を受け入れることができなければ、結局は同じことさ。ただの延命措置にすぎない」
 光に縁どられた彼の端整な横顔は、寂しげな翳りを落としていた。
「おまえが変えるつもりか」
 ラウルが尋ねると、サイファはわずかに目を伏せた。
「いや、何もしない。滅びればいいさ。閉鎖的に自分たちの優位性を護ってきた、驕慢な一族の末路にはふさわしい最期だ」
 静かにそう言ったあと、少しおどけて付け足した。
「ま、滅びるのは私の子孫ではないしね」
 ラウルはため息をついた。
「あの連中がおとなしくそれを待つとは思えないが」
 サイファは表情を引き締めた。
「おそらく彼らもこの情報を掴んでいる。そうであれば、当然、何らかの対策をとるだろうな。それが正当なものであれば、私も尽力するつもりだ。ただ……」
 彼の目つきが急に鋭くなった。あごを引き、まっすぐ前を見据える。
「アンジェリカに手出しはさせない」
 低く重いその声は、決意に満ちていた。
 ラウルはロッカーの鍵を締め、それをサイファに投げ返した。
「無茶はするな」
 無愛想にそう言うと、背中を向け足早に歩き出した。
「ラウル」
 サイファはその後ろ姿に声を掛けた。ラウルはドアノブに手を掛けたまま、動きを止めた。
「おまえがいてくれて良かった」
「からかっているのか、それとも嫌みか」
 ラウルは振り返ることなく尋ねた。
「本心だよ」
 サイファはにっこり笑って答えた。
 ラウルは乱暴に扉を開け、勢いよく出て行った。



読者登録

瑞原唯子さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について