目次
1. 出会い
2. アンジェリカ=ナール=ラグランジェ
3. ジーク=セドラック
4. セカンド・インプレッション
5. 彼女のペース
6. 嵐・始まり
7. 圧倒
8. 初めての
9. 箱の中の少女
10. とまどい
11. 白と黒
12. 蒼い瞳のクラスメイト
13. 闇と静寂のひととき
14. レモンティ
15. 交錯するそれぞれの想い
16. 実技試験
17. 届かなかった5分間
18. 呪われた子
19. 告白
20. 血塗られた家系
21. それぞれの理由
22. 突然の訪問者
23. 長い一日
24. 10年前の傷跡
25. 新しい傷
26. 後味の悪い別れ
27. 狂宴
28. 踏み出した一歩
29. 3人目の招待客
30. プレゼント
31. 動揺
32. 友の思い、親の思い
33. 説得
34. 友達だった
35. 敵状視察
36. 甘い憂鬱
37. 渇いた心
38. 仕組まれた孤独
39. 家出
40. 不条理な交渉
41. 迷走
42. 騙し合い、そして
43. 過去への扉
44. 血のつながり
45. 一ヶ月
46. 月の女神
47. 彷徨う心
48. 幸せの虚像
49. 光と闇
50. リング
51. 国家機密
52. 遺恨
53. 辿り着く場所
54. 小さなライバル
55. 新たな再会
56. ふたり
57. 臆病なすれ違い
58. 弟
59. 個人指導
60. 最後の夜
61. 潜在能力
62. 捩れた一途
63. 譲れないもの
64. 忘却の中の再会
65. 泡沫の奇跡
66. 若者と権力者
67. パーティ
68. 過去から続く未来
69. うそつき
70. 親子のかたち
71. 一緒にいたい
72. あきらめ
73. 進路
74. 動き始めた長老
77. 難しい選択
75. 取引
76. 特別な普通の日々
78. ずっと忘れない
79. それぞれの覚悟
80. 天使の名を持つ少女
81. 絡み合う矛盾
82. 決意のゆびきり
83. 優しい研究者
84. 遠くの空と冷たい床
85. 最強の敵手
86. 大切な人のために
87. 涙
88. 白い世界
89. 伸ばした手の先
90. 責務
91. 自分の足で
92. 本当のこと
93. 結婚式
94. 未来へ繋ぐ一歩(最終話)

閉じる


<<最初から読む

14 / 94ページ

14. レモンティ

「これ、まだ王宮だったんじゃねぇの?」
 ジークがそう思うのも無理はなかった。おおよそ民家とはほど遠い、白壁の宮殿造りの家。大きさもかなりのものである。
 位置もまた紛らわしい。王宮のすぐ隣に横づけされて建っていた。よく見ると仕切りのレンガ壁があるものの、知らない人が見れば、王宮の一部や別館にしか見えないだろう。
 ジークはただ呆然と、だらしなく口を開けて見上げていた。
「アンジェリカ!」
 そこへ女の人の声が響いた。アンジェリカとは違い、もう少し大人びた感じだ。
「遅かったじゃない。心配しいてたのよ」
 その女の人はアンジェリカの家から出てきたようだった。門を開け、小走りでアンジェリカの元に駆け寄る。
「頑張りたい気持ちもわかるけど、夜はあんまり遅くならないようにして」
「ごめんなさい」
 アンジェリカは素直に謝った。ジークはそんな彼女を見たのは初めてだったので、なにか不思議な気持ちを覚えた。
 そして、最も気になること。
 アンジェリカのお姉さん……か?
 あまりじろじろ見るのはどうかと思いつつも、気になって、視線は彼女を追いかけていた。
 まず目をひくのはあざやかな金髪。この暗闇でもわずかな光を受けて輝いている。長さは腰くらいまであるだろうか。そしてかすかにウェーブを描いている。黒髪ストレートのアンジェリカとは対照的だ。しかし、そのあどけない顔立ち、小柄で華奢な体つきは、どことなくアンジェリカと似ている。上半身をカチッと締め、腰からふわりと広がったロングドレスは優美なかわいらしさを、そして大きく開いた胸元はアンバランスな色気を演出していた。
 気配を感じたのか、視線を感じたのか、彼女はふいにジークの方に顔を向けた。視線がぶつかる。その瞬間、彼は頭が真っ白になり、体は金縛りにあったように動けなくなった。大きな蒼い瞳が、彼をとらえたまま離さない。それは短い時間だったが、彼にはとても長く感じられた。
「ジークさん、ですね?」
 ジークの方に体ごと向き直り、かすかに首を傾け、ありったけの笑顔で彼に問いかける。その声で、ジークはようやく我にかえった。
「あ、はい。でもどうして俺の名前……」
「アンジェリカから、いつも話は聞いていますから」
 急に自分の名前を出されたアンジェリカは、とっさに顔を上げる。
「話なんてしていないわ! ……そんなに」
 慌てて否定するも説得力はない。彼女は頬をふくらまし、自分の名前を出した相手を、うらめしそうに上目づかいで睨んでいる。
 しかし、睨まれた当の本人は、まったくおかまいなしに続ける。
「さ、どうぞ。上がってください」
 右手を家の方に向け、左手をジークの背中にそっと添えた。瞬間、ビクっと小さく体を揺らす。そして、前を見たり後ろを見たり、あからさまにうろたえた様子を見せている。
「ただ送ってくれただけなんだからね! 遊びにきたわけじゃないんだから!」
 アンジェリカが後ろから声を張り上げ、慌てて引き止める。
 だが、金髪の彼女は笑顔を崩さなかった。
「いいじゃない。せっかくここまでいらしたんだから。ね?」
 そう言って、ジークに同意を求めた。
 ジークは戸惑いながらも、うながされるまま歩き出した。アンジェリカはずっと頬をふくらませたままだったが、しばらくすると彼女も後ろをついて歩き出した。

 重厚で格調高そうな扉が音を立て、ゆっくりと開いた。光が闇に飛び出し、ジークたちの顔を照らす。
 そして目の前に広がった世界に、ジークはまたしても言葉を失った。
 まるで別世界。それは、彼のイメージの王宮そのものだったのだ。高い天井、吹き抜け、中央の幅広く白い階段、赤い絨毯、きらびやかなシャンデリア、古いけれどよく手入れされたインテリア。そのすべてが、彼の初めて目にするものだった。
「さ、こちらよ」
 通されたのは玄関ホール隣の応接間。白が基調のただ広い部屋の奥にはソファと机、そして漆黒のグランドピアノ。目につくのはそれくらいだ。贅沢な空間の使い方である。
 ここだけでも俺んちよりでかいな…。
 ジークはあたりを見まわしながらそんなことを考えていた。
「お飲物は紅茶でいいかしら」
「はい」
 ほとんど条件反射で答える。
「わたしレモンティ」
 アンジェリカはそう言うと、無造作に鞄を置いて、応接用の長椅子に身を預けた。
「ジークさんも座ってお待ちくださいね」
 その言葉を残し、長いブロンドをなびかせながら、彼女は部屋を去っていった。
 広い部屋にアンジェリカとジークのふたりきり。独特の不思議な空気。柱時計の振り子の音が静寂を刻む。
「立ってないで座れば」
「ん? ああ」
 アンジェリカの言葉にうながされて、彼女の斜め前の席に腰を下ろした。そして、目の端で彼女の様子を盗み見る。
「末っ子?」
 しばしの沈黙のあと、ジークは唐突に質問をぶつける。アンジェリカはきょとんとしながらも答える。
「わたし? ひとりっ子だけど?」
 その答えに、今度はジークがきょとんとする。
「じゃあ、さっきの人は……?」
 アンジェリカは話の流れが読めず、わずかに首をかしげる。
「母親だけど?」

「お待たせしました」
 大きめのトレイにティーポットとティーカップ三つを載せて、噂の張本人がゆったりとした足取りで戻ってきた。
 ジークは口を半分開けたまま、瞬きも忘れて彼女をじっと見ている。
 彼女はトレイを静かにテーブルの上に置くと、視線の送り主の方に顔を向けた。彼の何か言いたげな顔を見ると、目をくりっとさせ、疑問を投げかけるように首を傾けた。
「アンジェリカのお母さん……ですか?」
 彼女のしぐさに促され、ジークは喉元で止まっていた言葉をようやく口に出した。
「そういえば自己紹介がまだだったわね」
 そう言うと、彼女はまっすぐジークの方に体ごと向き直った。
「レイチェル=エアリ=ラグランジェです。アンジェリカの母親よ。よろしくね」
 ふわりと笑いかけ、優雅に右手を差し出す。ジークは慌ててソファから立ち上がり、同じく右手を出した。
「ジーク=セドラックです」
 そして、柔らかく握手を交わす。そのとき、ジークはようやくほっとした表情を見せた。

「お茶、冷めちゃうわよ」
 その言葉以上に冷めた口調で、アンジェリカがふたりに割って入った。両ひじを自分の膝にのせ、ほおづえをついてむすっとしている。
「あら、私がジークさんと仲良くしてたから怒っちゃった?」
 レイチェルはいたずらっぽく笑いながら、上体をかがめ、後ろで手を組んでアンジェリカの表情を覗き込んだ。
「別に、怒っていないわ」
 レイチェルの追求を避けるように、目を少し伏せる。
「それなら良かった」
 弾んだ声、不自然に強調された語尾。なにか含みを持たせたその言い方に、アンジェリカは困惑するものの、表面上は努めて冷静をよそおった。ただ、その瞳だけがわずかに揺れていた。

 ひといきおくと、ティーカップを口に運び、レモンティをゆっくりと流し込む。体の中をあたたかいものが流れていくのを感じながら、静かに目を閉じた。そして、もういちどレモンティを口にした。あたたかさとともに、今度はわずかに含まれていた苦味が口の中に広がっていった。


15. 交錯するそれぞれの想い

「ジーク! きのうは女の人のところに泊まったんだって?!」
 アカデミーの門をくぐったところで、リックは大声でわめきながら、ジークの背中へ全速力で駆けていった。
 ジークはぎょっとして振り返り、一歩後ずさった。しかし、引いた足をすぐに戻すと、体勢を立て直し、逆にリックの方へ一歩踏み込んだ。
「おまえは誤解を招くようなことを、そんな大声で言うな!」
 そういうと、腕を組んで、はぁと大きくため息をついた。
「おふくろが言ったんだな。違うって言ってんのに…」
 半ば呆れ顔、半ば諦め顔で、ジークはうなだれる。
「なんだ。違うの?」
 リックの問いに、冷めた笑いで返す。
「俺が泊まったのはコイツんち」
 親指を斜め下に向ける。その先にはアンジェリカが無表情で立っていた。
「あのあと?」
 リックが視線を向けると、彼女は少し目を伏せ、わずかに顔をそらした。そして半開きになっていた唇をほんの少しとがらせると、後ろで手を組み、右足をカツンと地面に軽く打ちつけた。
 リックは、彼女のしぐさの意図することがわからず、不思議そうな顔をした。が、ジークはそんな彼女の様子にまったく気づく様子もない。
「なんか、成りゆきでな」
 表情を変えずに、ただ冷静に答えている。
「へえ、そうなんだ」
 リックは相槌を打ちながらも、アンジェリカの様子が気になって、それ以上深くは聞けなかった。なぜだか聞いてはいけないような気にさせられたのだ。そのまま、リックは押し黙ってしまった。ジークもあえて口を開こうとはしない。
 立ち止まったまま、三人に沈黙が流れた。

「いつまでこんなところで立ち話してる気?」
 その沈黙を破ったのはアンジェリカだった。小さい声だったけれど、どこか強気を感じさせるその口調はいつもと変わらない。少なくともリックにはそう思えた。彼はようやく少し安堵した。

 キーン、コーン──。
「今日はここまでだ」
 終業のチャイムと共に授業は切り上げられた。教壇の上のラウルはチョークを投げるように置くと、左手の上に広げられていた教本を勢いよく閉じた。
「明日からは試験だ。それなりに難しいので覚悟しておけ」
 その捨てゼリフを残して、教壇を降り歩き出した。そして、扉に手を掛けようとして振り返った。
「アンジェリカ」
 静まり返った教室に、その声が響きわたる。
 一斉に注目を浴びたアンジェリカは、少し動揺したのか、立ち上がろうとして机の上の本を床に落としてしまった。
 慌てて拾うと、それを持ったまま小走りでラウルのもとに駆け寄り、ふたりで教室を後にした。
「前から思ってたけど、あのふたりってどういう関係?」
 呆然としていたジークに、セリカは後ろの席から身を乗り出し、声をひそめて話しかけた。
「俺が知るかよ」
 ジークはぶっきらぼうに答え、ノートなどを乱暴に鞄に投げ込み始めた。
「なんか、昔の知り合いらしいよ」
 ジークの態度を見かねて、リックが横から苦笑いしながら口をはさんだ。
「ふーん、そう」
 リックの答えが期待に沿うものではなかったのか、あまり興味がなさそうな相槌を返した。
 ジークが鞄を右肩に引っ掛けて立ち上がると、セリカも慌てて鞄をつかんで立ち上がった。
「ジーク。今日も残って勉強とかやっていくんでしょ?」
 すでに教室を出ようと歩き始めているジークの背中に向かって声を投げる。
「いや。今日は帰る」
「え? そうなの?」
 意外な答えに呆気にとられている間に、ジークは教室の外に出ていってしまった。
 リックは顔の前で右手を立てた。
「ごめん。今日は機嫌が悪いみたい」
 申しわけなさそうな顔をすると、ジークを追って教室を後にした。

「うまく、いかないわね」
 小さな声でセリカがつぶやく。もう彼の姿が見えなくなったその扉を、ただずっと眺めていた。

「ねえ。何の用なの?」
 アンジェリカは、ラウルの歩調に合わせるため、ときどき走ったりしながらついていっている。
「顔色が良くない。どうせジークと張り合って無理してたんだろう。今日くらいはゆっくり休め」
 その足を止めることなく、ラウルが答える。
「無理なんかしてないわよ」
 自分が見くびられたように感じて、不満の色をその声に思いっきり含ませていた。
 するとラウルは彼女の方へ向き直り、片ひざを立ててしゃがみこんだ。両手を彼女の肩へのせ、まっすぐ目線を合わせる。
「たまには私のところへ来い」
 彼は真顔で言った。
 それが本心なのか、それとも自分を説き伏せるためなのか。どちらか判別がつかず、アンジェリカは少し頭が混乱していた。手に持っていた本を抱え込み、ぎゅっと抱きしめる。

 そこへ───。
「めずらしいわね。こんなところで会うなんて」
 聞き覚えのある声。アンジェリカとラウルが同時に声のした方を振り返る。
「お母さん!」
 そこには無邪気な笑顔をたたえたレイチェルが立っていた。彼女は軽く右手を上げて、アンジェリカに応えた。そしてそのあと、その視線を、アンジェリカからラウルへとゆっくりと移す。
「先生、こんにちは」
 わざと「先生」と呼んでからかっているのだということは、彼女のいたずらっぽく笑うその表情を見れば一目瞭然だった。
 ラウルは無言で立ち上がると、彼女の方に一歩踏み出した。
「アンジェリカのこと、よろしくね」
 レイチェルはラウルの目をまっすぐ見て、首を小さくかしげながら小さく笑った。
「……ああ」
 一拍の間をおいて、彼は静かに答えた。
「アンジェリカはこれからどうするの?」
 今度はアンジェリカに話を振る。
「私は、ラウルのところに……」
 まだ行くとは決めていなかったが、とっさに口をついて出てしまった。自分の言葉に一瞬とまどう。しかし、考える間もなく続けて畳み掛けられた。
「じゃあ、一緒に帰りましょう。私はこれからアルティナさんのところに行くから……四時すぎくらいかな? それまでラウルのところにいて」
 レイチェルは一方的に話を進めたあと、じゃあねと手を振り去っていった。
 ふたりはしばらく彼女の姿を目で追っていた。
 姿が見えなくなったところで、アンジェリカがひとりごとのようにつぶやく。
「うち、すぐ近くなのに。わざわざ一緒に帰るって……」

「アンジェリカの家はどうだった?」
 ずっと無言で歩いていたが、その沈黙に耐えかねたリックが、ジークに話を切り出す。
「でかかったな」
 一言だけの返事。しかし、リックはめげずに質問をした。
「アンジェリカのお父さんやお母さんとは会った?」
「父親は夜勤でいなかったが、母親とは会った」
 やはりそっけない返事。しかし、それもよくあることなので、リックはあまり気にしていないようだ。さらに続けて尋ねた。
「お母さんどうだった? アンジェリカと似てた?」
 リックのその問いかけに、ジークはふいにうつむいた。そして、しばらくそのまま考えを巡らせていた。
「……若かった」
 彼はぽつりとそれだけ答えた。


16. 実技試験

「やっぱり朝の空気は気持ちいいな」
 ジークは両手を広げ、張りつめた空気を体の奥まで流し込んだ。まだ静かな通りの真ん中を、大きく闊歩する。
 隣のリックは、彼とは対照的に弱々しく歩いている。その髪にはまだ寝ぐせがついたままだ。
「なんか、くらくらする」
 眩しそうに目を細め、右手の甲を額につける。
 今朝、まだ日が昇らない時間に、いきなりジークがやってきて叩き起こされたのだ。朝の空気が吸いたくなったからおまえも付き合え、そんな理由だった。ジークのわがままに振り回されるのは馴れていたので、このくらいのことでは別に腹は立たない。しかし、やはり眠いのはどうしようもなく、しきりにあくびが口をついて出た。
「試験までにちゃんと目を覚ましておいた方がいいぞ」
 彼の睡眠時間を奪った張本人が忠告した。
 今日で試験三日目。最終日である。筆記試験を終え、あとは実技を残すのみとなった。実技試験というだけで詳しい方法はなにも聞いていない。
「実技って何をやるんだろう」
 リックはジークと肩を並べて歩きながら、不安をそのまま口にした。
「さあな。でも、どんな試験でも、俺は負けないぜ」
 リックとは対照的に自信に満ちた口調。ここのところの自主訓練の手ごたえが、彼に自信を与えていたのだ。

 アカデミーの門をくぐる。
 まだ早いので、いつもの朝とは様子が違い、ひっそりとしている。人の声はまったく聞こえない。聞こえるのは、自分たちの靴音と、ときどき遠くで小さく響く足音だけだ。
 ジークはまっすぐ教室に向かうと、勢いよく扉を開け放った。案の定、教室には人影は見当たらなかった。それを確認すると、鼻から大きく空気を吸い込み、満足げな表情を浮かべる。
「やった。一番乗りだ!」
 自分の声が教室に響くのを聞いた後、大またでまっすぐ自分の席へ歩いていった。
 リックは、彼の子供っぽさにやや苦笑いしながら、そのあとに続いて歩き出した。自席の机の上に鞄を降ろすと、何気なく窓の外に目をやった。ふいに、見なれた人物がその視界に飛び込んできた。
「あれ? アンジェリカだ」
 ジークもリックの視線を追い、窓の外を見た。そこには、後ろ向きで顔は見えなかったが、確かに彼女とわかる姿があった。
「どこへ行くんだろう」
 彼女は教室であるこちら側に背を向けて歩いていた。彼女の向かっている方には、ふたりともほとんど行ったことがない。
 彼女の向かう先を、目でまっすぐにたどる。校庭の外れ、大きな木が三本立っているさらにその奥。木々の隙間から、こじんまりとした三角屋根の建物が垣間見える。窓ガラスの代わりにはめ込まれたステンドグラスが、そこが教会であることを、ささやかながら主張していた。
 今までその建物に全く気がつかなかったというわけではないが、少なくともその存在は、今の今まですっかり忘れていた。そのくらい存在感のない場所だった。彼らだけでなく、他の生徒たちもほとんど近づくことはなかった。ひっそりと陰を落としている。
「今さら神だのみかよ」
 ジークは茶化そうと思ってそう言った。しかし、思いのほかその声はこわばっていた。
 彼が本気なのか冗談なのかわからなかったリックは、軽く笑って相づちを打つだけで、言葉は返さなかった。
 声がこわばってしまったことに、ジークは自分で驚きを感じていた。
 しかし、理由はわかっていた。
 首席入学の彼女が、まだ幼い彼女が、これだけやる気を見せているのだ。脅威を覚えないはずはない。そして、信仰心を持つものが祈るという行為は、瞑想より大きな効力を持つ。自分には真似できない方法で、魔導力を高めているという事実が、彼の焦りを増していた。
 もう小さくなったアンジェリカを眺めながら、しばらく立ちつくしていたかと思うと、勢いよく教室を飛び出した。リックは小走りでジークの後を追う。
「どこ行くの?」
 リックのその問いに、ジークは足を止めることも振り返ることもなく、ただ短く答えた。
「瞑想だ」

 ついに、実技試験のときがやってきた。
 ラウルによってクラス一同が集められた場所。そこは校舎の隅にあるヴァーチャルマシンルームのさらに奥、いつもは鍵のかかっている部屋。窓もなく閉塞感が漂っている。ラウル以外は足を踏み入れたのも初めてだった。そこにはヴァーチャル・リアリティ・マシン(通称 VRM)のコクピットがふたつ、少し距離をあけて、向かい合わせに置かれていた。そしてその2つの真ん中に大きな薄型のディスプレイが吊り下げられている。そして、縦横無尽に張り巡らせたケーブルが、物々しさをかもし出している。
 その雰囲気に圧倒され、みんな押し黙っていた。
 その沈黙を破ったのは、ラウルだった。
「実技試験の方法だが……」
 生徒たちの反応を確かめるように、少し間をおいて続ける。
「対戦方式で行う」
 依然、重苦しい静けさ。誰も口を開くものはいない。
「これは対戦用に改造した VRMだ。対戦の様子は上のディスプレイに映し出される」
 ラウルは腕を組み、ゆっくりと生徒の方へ向き直る。
「単に勝敗で評価するのではなく、試合内容で評価する。そのつもりで持てる力をすべて発揮して戦うように。いいな」
 相変わらずの威圧的で一方的な口調が、生徒たちに重くのしかかる。
 ラウルは左手に抱えていた青いファイルを開いた。紙をめくる音が、密閉された空間に反響する。その手を止め、上から下へざっと眺めると、口を開いた。
「入学時の順位で下から2人ずつ対戦していってもらう。まずはリックとザズだな」
「うわっ! いきなりだ!」
 下から二番目のリックが、動揺して声を上げた。その驚きぶりがおかしくて、アンジェリカは、彼に気づかれないように忍び笑いをした。
 リックはやや臆病なせいもあって、実戦形式というものが苦手だった。VRMでの自主訓練も嫌々やっていたくらいだ。ただでさえこんな状態なのに、今回はマシン相手ではなくヴァーチャルとはいえクラスメイトが相手なのである。自分が傷つきたくないが、他人を傷つけたくもない。そんな彼がこの試験を嫌がるのも当然だった。
 ジークは、いまにも泣きつかんばかりの表情を見せているリックの背中を軽く押した。
「腹くくって行ってこいよ。あんまりオロオロしてると相手になめられるぞ」
 意気揚々とコクピットに向かう対戦相手を横目で気にしながら、ジークはこっそり耳打ちした。
「あいつより、おまえの方が上なんだからさ」
 リックはちょっと困ったように笑った。
「そういうの、よけいプレッシャーだよ」
 ジークも彼につられて笑顔になる。そして白い歯を見せながら、こぶしを彼の脇腹に軽くひねり込んだ。
「いいから早く行ってこい」
 リックは少し笑って、コクピットへ小走りに駆けていった。

「へぇ、仲いいんだ」
 アンジェリカはきょとんとしながら、ジークを見上げていた。彼は視線を落とし、彼女をとらえたが、まっすぐ見つめてくるその視線に耐えかねて、すぐに目をそらす。
「いまさらなに言ってんだよ」
 彼女に対する返事というよりは、ひとりごとに近い感じだった。腕を組み、顔を少し上げると、まっすぐ口を結んだ。
 アンジェリカは、ジークとリックを交互に見た。
「だって今まで仲よさそうなところを見たことなかったんだもの。どうしてこのふたり、一緒にいるんだろうって思っていたわ」
 アンジェリカにそんなふうに思われていたのかと、ジークは思わず苦笑いしてしまった。

 ウィーン。
 シルバーメタリックのコクピットが、機械音を響かせながら、その口を大きく開いた。対戦予定のふたりは、長く傾斜の緩やかなライド部に身を横たえる。すると、開くときと同じように、機械音を響かせて、その口がゆっくりと閉じていった。
 ラウルがヘッドセットを装着し、スイッチを入れると、ディスプレイが白く光り、そして徐々にふたりの姿が映し出された。
「おおー」
 遠慮がちなどよめきが広がる。
 ラウルはヘッドセットのマイクを口元に引き寄せた。
「ふたりとも、準備はいいか」
 その問いに、ディスプレイの中のふたりの口が動いた。が、その声は聞こえない。
「ラウル。音声が切れてるんじゃねぇか」
 ジークはディスプレイを親指でさしながら、あきれた様子でラウルに問いかけた。ラウルはヘッドセットを少しずらた。
「そういうふうに作ってある。音声はここからしか聞こえない」
 そう答えると、ヘッドセットを人さし指で指し示した。
「案外しょぼいんだな」
 ジークはぽつりと言った。少しの驚きと落胆が、その声色からうかがえた。
 ラウルは、ジークの相手を切り上げた。ヘッドセットのマイクを親指と人さし指でつまんで固定すると、再びディスプレイの中のふたりを仕切り始めた。
「制限時間は五分間だ。準備はいいな」
 ふたりの様子を画面で確認すると、短く、歯切れよく、合図した。
「始め!」

 その声に反応して、ふたりは同時に構える。
 先に動いたのはザズの方だった。目を閉じ、両手を前に伸ばし、呪文の詠唱を始める。それを見て、リックも同じポーズをとった。
「真っ向勝負か」
 ジークは腕を組みながら、冷静にディスプレイを見上げていた。アンジェリカも、隣で彼と同じように腕を組み、同じように見上げていた。
「どうかしら。それじゃ厳しいんじゃない?」
 彼女は感想を述べた。音声が入ってこないため、映像だけで推測するしかない。
 ザズの両手に光が集まってきた。一方のリックには何の変化もない。ザズのまぶたが勢いよく上がった。何かを叫ぶと、手にためたバスケットボール大の光球をリックに向かって放出した。
 それとほぼ同時に、ザズの足首から下と、そのあたりの地面一帯を厚い氷が覆った。ザズは突然、足の動きを封じられ、大きくバランスを崩した。両手をまわし、なんとか体勢を立て直そうとするが、耐えきれずにしりもちをついてしまった。
 彼の足をとどめたリックは、自分に向かってくる光球を避けようと、その身を斜めに引いた。しかし、呪文を唱えていたために動きが遅れてしまい、避けきれず、その半分が右肩に直撃する。その反動で体を後方に吹き飛ばされ、五メートルほど土の地面を土ぼこりをあげながら滑っていった。そして、倒れたまま右肩を押さえ、苦痛に歪んだ顔を見せた。
「あのバカ!」
 ジークは苦々しげに、その声をかみ殺した。
 ザズは足に熱を集め、氷を溶かそうとしているが、今までこんな経験がないため、なかなか思い通りにいかず、気持ちばかりが焦っている。
 リックは身をよじらせて、なんとか立とうともがいている。そして、ようやく片膝を立て上体を起こすと、歯を食いしばり、次の呪文の詠唱に入った。
「そこまで!」
 ラウルの声が響く。制限時間の五分が過ぎた合図だった。

 リックが小走りに戻ってくる。
「みっともない試合だったね」
 自らの試合をそう表現した。落ち込んだ様子でうつむき、短くため息をついている。
「いや、でも制限時間がなければおまえの勝ちだったさ」
 めずらしくジークがフォローをする。リックは疲れをにじませながらも、少し笑ってみせた。
「肩、痛いの?」
 右肩を押さえているリックの様子を、いぶかしげに覗き込んで、アンジェリカがたずねる。VRMの中では、五感のすべてはコンピュータから直接脳に信号が送られる。痛みを感じても、実際に肉体が損傷することはないはずなのだ。
「あ、今は痛くないけど」
 右肩を押さえていた手を外す。
「さっきあまりにも痛かったから、なんか、まだ痛みが残ってる気がして」
 そう言いながら、自分の試合を思い出し、身震いした。背筋に冷たいものが走るのを感じた。
「やっぱりプログラム相手とは全然違うよ。気持ちも、感覚も、痛みも」
 アンジェリカ、ジークの顔を交互に見て、さらに続ける。
「ふたりが戦うとどうなるか。想像するだけで身がすくむ思いだよ」
「ん?」
 そういってジークは腕を組み、少し考え込む。
「そうか。俺の対戦相手ってコイツだったんだ」
 自分の中で確認するかのようにつぶやいた。アンジェリカとリックが同時に驚いた顔を向ける。ジークはふたりの表情には気づかず、始まった次の対戦に見入っていた。
「なんで今まで気づかないのよ」
 脱力した声が、アンジェリカの口をついて出た。

 試験は順に進んでいき、残すは最後の一組のみとなった。
「アンジェリカ、ジーク」
 ラウルに名前を呼ばれて、一瞬、お互いの視線を絡ませると、そのまま無言でそれぞれのコクピットへ向かった。ラウルがスイッチを跳ね上げる。ディスプレイにふたりの姿が映し出された。ジークはやや緊張の面持ちだった。
「制限時間は五分間……始め!」


17. 届かなかった5分間

「始め!」
 ラウルのその声と同時にふたりは構えた。
 ジークは、短く呪文をとなえると、自分のまわりに結界を張った。そして間髪入れず、胸の前で両手を向かい合わせにし、早口で呪文の詠唱を始めた。
「結界を張りながら、同時に呪文を唱えられるなんて……」
 セリカを始め、それを見ていた生徒の数人が驚きの声をあげた。
「実戦ではこれくらいのことができないと話にならない」
 ラウルは冷たく言い放った。ざわめきがピタリと止み、マシンのモータ音だけがあたりに響きわたった。

 アンジェリカは構えたまま微動だにせず、ジークの様子を凝視していた。彼の両手の光は次第に大きくなっていき、その手からあふれ始めた。すると、自分のまわりの結界を消滅させ、両手の中の光を一気にアンジェリカに向かって放出した。その光球と彼女が重なったかに見えた、その瞬間。アンジェリカはすさまじいスピードで横に飛び出し、それをかわした。すぐに足を止めたが、勢いに押され、そのまま地面を数メートル滑った。激しく砂ぼこりが巻き上がる。
 ジークはかわされることも予想していたらしく、顔色ひとつ変えなかった。伸ばされていた右の手のひらを上に向ける。そして手首を返すと、重そうに歯を食いしばりながら、その手を引いた。
 アンジェリカは何か気配を感じ、後ろを振り返った。彼女の目に飛び込んできたものは、自分の方にめがけて突進してくる、かわしたはずのジークの光球だった。
 ——ジークが操っているんだわ。
 彼の様子から、アンジェリカはそう確信した。右へ、左へ、彼女はジグザグに走った。そして、彼女が向きを変えるたび、ジークは右手を動かし、光球の進行方向を変えた。
 しかし、その作業は彼にかなりの負担を与えていた。
 一度や二度ならともかく、アンジェリカは何度も何度も向きを変え走るのだ。もちろん、これは彼女の戦略である。その戦略にまんまとはまってしまったジークは、次第に疲れの色を濃くしていった。
 それを見計らったアンジェリカは、真正面からジークに向かって突進を始めた。焦ったジークは右手をよりいっそう強く引き、光球の向きを変えた。アンジェリカの方、すなわち自分の方へ。アンジェリカの後ろから、大きな光球が自分へめがけて飛んでくるのを見たとき、ジークはようやく彼女の策略に気がついた。
 彼が次の行動を起こすより早く、アンジェリカは短く呪文を唱え、その手の中に小さな光球を作り上げていた。彼女はすぐ近くまで迫ったジークをめがけ、それを放出した。それと同時に、ジークは自分の前面に結界を作り上げ、間一髪でそれを弾きとばした。
 次の瞬間、ジークの視界からアンジェリカの姿が消えていた。耳障りな砂の摩擦音、舞い上がる砂ぼこり、そして、脚の内側をこする感触。
 彼は気がついた。アンジェリカが勢いにまかせ足からスライディングし、自分の脚の間をすり抜けているのだということに。
 背後をとられる!
 とっさに振り返ろうとしたそのとき、ふいに強く背中を押された。体の向きを変えようとするところだったため、バランスを崩してしまった。よろけながら2、3歩、乱れたリズムを刻む。
 そのとたん、激痛とともに目の前が白くなった。
 何かがジークを飲み込んでいく。白く大きな光。それは、彼自身がアンジェリカに向け放ったはずのものだった。アンジェリカと共に自分の方へ向かってきていたことを、すっかり忘れていた。というより、そこまで気がまわらなかったといった方がいいかもしれない。
 ジークが熱さと痛みにもがいているところへ、さらに後ろから新たな痛みがやってきた。今度はジークの背後へまわったアンジェリカが放ったものだった。ジークは弾きとばされ、顔から地面に落ちるとそのまま数メートル、砂ぼこりを巻き上げながら滑った。
 うつぶせのまま、わずかに頭を持ち上げ、自分の足元に目をやる。砂煙りにゆらめく小さな影。やがてそこから無表情のアンジェリカが姿を現した。小さいはずのアンジェリカが覆いかぶさるような威圧感を持って近づいてくる。ジークは激痛と恐怖で、もはや考えることも動くこともできない。
 アンジェリカは感情のない顔で、倒れている彼を見下ろす。ジークは、彼女と目が合うと、その顔をこわばらせ、歯をガチガチ鳴らしだした。
 しかし、アンジェリカはそんなジークを見ても全く動じない。両手を空に向かって伸ばし、呪文を唱え始めた。顔を天に向け、最後の言葉を口にする。
 ドドーン!
 光が空を裂き、柱となってジークを直撃した。

「ひ……」
 モニター前の生徒たちの何人かがひきつった声をあげた。
 セリカは両手で顔を覆っている。リックは口を半開きにしたまま、画面から目を離せずにいた。
 ラウルはVRMのスイッチを切り、ヘッドセットを外して首にかけた。そして、ジークのコクピットへ大きな足どりで歩み寄り、赤いボタンを押した。
 機械音を響かせながら、コクピットが開いていく。
 そして、ジークのその生身が姿を現した。
 彼は目を開けたまま、ピクリとも動かなかった。ラウルはジークの頬を、数回、軽く叩いたが反応はない。今度は右手で開いたままの目を閉じさせながら、もう片方の手をジークの首筋に当てた。五秒ほどそうしたあと、ラウルはジークを両手で抱えた。
 扉へ向かおうと振り返ったラウルに、生徒たちは一斉に注目を浴びせた。しかし、彼は構うことなく歩き出した。
「試験はここまで。解散」
 扉ぎわでその言葉を残し、ジークを抱えたラウルは部屋を後にした。 

 ウィーン——。
 もうひとつのコクピットがようやく開いた。
「どうかしたの?」
 コクピットから上体だけ起こしたアンジェリカが、きょとんとしながら問いかけた。
「あなた! ちょっとおかしいんじゃないの?!」
 目に涙をためたセリカが叫び声をあげる。
「ジークはもう動けなかったのよ! なのに……あんなに決定的なまでにとどめを刺すなんて!! どういうつもりなのよ!! なんとか言いなさいよ!!」
 青い瞳が揺れ、その瞳から涙がこぼれ落ちた。アンジェリカは戸惑いながらあたりを見渡す。
 恐怖に覆われた顔、怪訝な表情、怯えた瞳……。
 彼女はますます混乱した。
「だって、これはバーチャルなんでしょう?」
 自信がなさそうに、おそるおそる疑問をぶつけてみる。
「そうだけど……」
 リックが口を開く。
「ジークが意識をなくしたみたいで……ラウルが抱えていったよ」
「え……?」
 アンジェリカはそれを聞くと驚きの表情を見せたが、次の瞬間、コクピットから飛び降り、勢いよく走って部屋を出ていった。リックもその後を追った。

 ガラガラガシャン!
 息をきらせたアンジェリカが、ラウルの医務室の扉を勢いよく開ける。白いパイプベッドに寝かされたジークを見つけると、一目散にその枕元に駆け寄った。
「ごめんなさい……わたし……こんなことになるなんて……!!」
 白い布団に顔をうずめ、肩を震わせている。
 あとから入ってきたリックが、ラウルに尋ねた。
「ジーク、どうなんですか?」
 ラウルはカルテをデスクの上に置きながら答える。
「軽いショック症状だ。心配ない。すぐに目を覚ます」
 その声が聞こえていないのか、アンジェリカがずっと肩を震わせ、しゃくりあげ続けている。ふいに、アンジェリカは、頭の上に何かが置かれたのを感じた。
 ——暖かい……手?
 恐る恐る、顔を上げる。
「なに泣いてんだよ。死んでねーぞ」
 天井を向いたまま、アンジェリカの髪をくしゃっと掻き、ジークはいつものようにぶっきらぼうな言葉を口にする。
「実戦だったら確実に死んでいるがな」
 ラウルが口をはさむ。重い空気が医務室に淀んだ。
 ジークはもう一度アンジェリカの髪を掻き、ラウルを無視するかのように続けた。
「おまえは何も悪くないんだ。俺の力が足りなかったんだよ」
 アンジェリカは再びしゃくりあげ
「でも……」
 と言いかけた。そのとき。
「ふたりとも悪くない。悪いのはこいつだ」
 その場にいた四人が、一斉に声の方を振り向く。
 鮮やかな金髪、深い蒼の瞳の男が、親指でラウルを指さし立っていた。ラウルに歩み寄りながら、憤然とした表情で、さらに続けた。
「だから、私はあれには反対だと言っただろう。どこまで安全性が確保されているかわからない代物だぞ。ただでさえ戦闘意欲を冗長させる危険なものだ。戦時中ならともかく、今の世には必要ないだろう。だいたい、リミッターが付いているはずではなかったのか?!」
 金髪の男はそこまで一気にまくしたてた。
「死なない程度にな」
 責めれらたラウルの方はまったく表情を変えず、さらりと受け流すように答えた。相手の男はあきらめの表情を浮かべ、ため息をつく。
「とりあえず……リミット値を下げておけ。いいな」
 ラウルにそう念を押すと、今度はジークとアンジェリカの方へ歩き出した。
「ジーク君だね。娘がいつもお世話になっている」
 後ろからアンジェリカの両肩に手を置き、かがみこむと、品のある笑顔を見せた。
「え……?!」
 ジークは慌てて上体を起こそうとした。
「そのまま、そのまま」
 両手でジークを制し、ベッドに寝かせる。
「サイファ=ヴァルデ=ラグランジェ。アンジェリカの父だ。魔導省保安課に勤めている。ここから近いのでいつでも訪ねてきてくれ。もちろん家の方にもな」
 そういい、サイファはジークの右手をとった。
「ジーク=セドラックです」
 ジークははっきりとした口調で自分の名を告げると、お互いそれぞれの手を固く握り合った。サイファがジークに穏やかに笑いかける。ジークの顔にも微かに笑みが浮かんだように見えた。
 サイファは立ち上がると、扉に向かって歩き出した。ラウルとすれ違いざま、足を止め、横目で彼を一瞥する。
「大丈夫だとは思うが、念のため、彼の脳波、心電図のデータを提出しろ。いいな」
 そう言い、自分の顔のすぐ横にあるラウルの肩を軽く叩くと、部屋を出ていった。

「サイファ。おまえの欲しがっていたものを持ってきた」
 ラウルは無遠慮に部屋の中央まで進み、机の上に書類の束を投げ置いた。
 魔導省の塔、その最上階の一室がサイファの部屋だ。広くはないがきちんと整理され、すっきりとしている。
 サイファは椅子を後ろ向きにし、外の風景を見ていたが、書類の置かれる音が聞こえると、くるりと椅子をまわし、それを手にとった。一通り目を通したあと書類を机の上に戻し、深く息を吐く。
「すべて正常値。安心した」
 そういうと再び椅子を半回転させた。
「なぁ、おまえから見てアンジェリカはどうだ?」
 ラウルに背を向けたまま問いかけた。ラウルは大きな机の横をすり抜けると、サイファの横に並んだ。ふたりの目の前には、薄い霧に包まれた世界が一面に広がっていた。
「正直いって恐ろしいな。彼女は戦闘が始まるとそれにのめり込んでしまうようだ。レイチェルにもそういうところがあったから遺伝だと思うが。それに加え、あの魔導力、戦闘能力。この国で彼女にかなうものはほとんどいないだろう。父親のおまえですらな」
 サイファは背もたれに深く身を預ける。少し、椅子のきしむ音がした。
「それは、仕方のないことだな」
 目を閉じ、ゆっくりと息を吐く。
「なぁ……」
 サイファがそう切り出したあと、しばし沈黙が流れた。ふたりはまっすぐ前を向いたまま、ガラス越しに広がる世界を眺めていた。そして、再び口を開く。
「おまえ、気がついてるんじゃないのか?」
 ラウルがをサイファに横目を送る。
「何をだ」
 サイファはわずかに目を細め、遠くを見つめた。
「……いや、何でもない」
 そう言い、椅子から立ち上がるとラウルの横に並び、彼の背中に手をやった。
「アンジェリカのことを頼むよ。先生」
 前を見たまま、サイファは感情を隠した静かな声を落とした。


18. 呪われた子

 成績が発表されるのは、実技試験の翌日である。
 ジークとリックは普段通りの時間にアカデミーへ来たのだが、そのときには既に玄関ホールにはかなりの人だかりが出来ていた。すべての生徒の成績がこの玄関ホールに張り出されるため、あらゆる学年・学科の生徒が入り混じり、かなりごった返していた。
「あ、もう張り出されてるんだ。魔導科1年ってどこだろう」
 リックは落ち着かない様子で首を伸ばし、壁の白い紙を窺おうとした。
 早く結果が見たくてたまらない様子のリックとは対照的に、ジークは重い足どりでリックの後ろをついていく。
 彼の足のおもりとなっていたものは、昨日の実技試験だった。
 アンジェリカを追い越せなかったことは、誰の目にも明らかだ。それどころか順位が下がっていることも考えられる。自分ではアンジェリカ以外の誰にも負けてはいないと思っている。しかし、今日まで忘れていたのだが、この順位をつけているのはラウルだ。入学式当日のあの事件をはじめ、ラウルに対する先生を先生とも思わない言動の数々——。それらを思い出しては、不安を増していた。
「なかなか見えないなぁ。ジークも探してよ」
 成績表を探すことに夢中になっていたリックは、ジークのそんな様子に気づきもしない。
「ああ」
 ジークは気のないあいづちを返した。軽く息を吐き、面倒くさそうに成績表のある方へ目をやろうとした、そのとき。
「あっ」
 ざわめきの中から見つけたその小さな声に反応して、ジークは無意識に振り返った。彼の視界に飛び込んできたもの。それは、人だかりの中から弾きとばされるように出てきたアンジェリカだった。
 彼女はよろけながら数歩、不規則なリズムを刻み、ジークにぶつかる寸前でその足を止めた。視線を落としていた彼女には足元だけしか見えていなかったが、目の前のそれがジークだとすぐに気がついた。
 ゆっくりと顔を上げる。
 ふたりの視線がぶつかった。ふいに彼女にとまどいの表情が浮かんだ。
 ——何か、言わなきゃ。
 必死に頭をめぐらせて、ようやく言葉を絞り出した。
「え……と、大丈夫?」
 遠慮がちな声でジークに問いかけた。そして、上目遣いで不安げに返答を待った。
「ああ。精密検査もしたけど、なんともないって」
 ジークは平静を装って答えた。
「そう。よかった」
 アンジェリカのその言葉を最後に、ふたりの言葉が途切れた。重い空気がふたりの間に流れる。向かい合ったまま、わずかに視線だけをずらした状態。そのまま動くことが出来なくなった。ジークはなんとか沈黙を破ろうと焦ったが、焦るだけで少しも頭がまわらない。
「ジーク! 見てきたよ!」
 リックの脳天気な声に、ふたりは金縛りから解かれたように軽くなった。
「よかったね。リック」
 アンジェリカはジークを通り越して、その後ろのリックに笑顔を向けた。
「あ、アンジェリカ。もう見てきたんだ?」
「おい、何がよかったんだ?」
 話の見えないジークが、ふたりの会話に割って入った。
「順位が5つ上がったんだよ。頑張った甲斐があったなぁ。あ、ジークは前とおんなじで2位だったよ」
 リックは自分の喜び報告のついでに、ジークの順位もあっさり口にした。
「そうか」
 ジークは1位を取れなかった事実に対してはやはり残念に思ったが、それよりも今はほっとした部分が大きかった。そして、意外にラウルは公平だったんだと、わずかに驚きを感じていた。
「ジーク! 大丈夫なの?」
 背後から今日二回目の「大丈夫?」の声。今度はよく通るはっきりした声だった。振り返ると、セリカが小走りに駆けてくるのが見えた。彼女はリックの隣まで来ると足を止めた。
「ああ、なんともない」
 ジークはそれだけ言うと、教室へ向かおうと足を踏み出した。途端、セリカの顔が曇った。
「……なに? まだこの子といるの?」
 彼女は嫌悪感をあからさまにして言った。今までジークに隠れて見えていなかったアンジェリカが、セリカの視界に入ったのだ。
「あんな目にあわされて、それでもまだこの子と仲良しこよしでいられるの? ジーク、あなたどうかしてるわ」
 ジークは表情を険しくした。
「おまえには関係ないだろう」
 セリカはそう言われたにもかかわらず、構うことなく続ける。
「きのうのことなのに、もう忘れたなんて言うんじゃないでしょうね? あなたがアンジェリカに対して感じた恐怖感とかを」
 ジークはセリカの方にまっすぐ顔を向け、鋭く睨みつけた。そして、もう一度、同じ言葉を繰り返す。
「おまえには関係ないだろう」
 その迫力に圧倒され、セリカは言葉を失くす。少しうつむき、思いつめた表情で立ち尽くした。
「リック、アンジェリカ、行くぞ」
 そう言い、セリカの横を通り過ぎようとした。彼女はアンジェリカに冷たい視線を向け、言い放った。
「やっぱりあなたは、呪われた子だわ」

 ジークとリックは同時に動きを止め、セリカの方を振り返った。
「……呪われた子って、何だ?」
 怪訝な顔でセリカに問いかける。
 セリカはそこで我に返ったようにはっとした表情を見せた。
「ここで言うべきことじゃなかったわ。ごめん、忘れて」
 急におどおどして、小さな声で一気に言った。そして、いつのまにか集まっていた人だかりをかき分け、逃げるように立ち去った。
「おい! 待てよ!」
 ジークは慌てて呼び止めるが、既に遅かった。もやもやした気持ちのままアンジェリカを見ると、彼女は無表情で立ち尽くしていた。目は空を泳ぎ、焦点が合っていない。
「こんなこと、言われなれてるから……なんでもないわ」
 アンジェリカは自分に言いきかせるようにつぶやいた。
「行きましょう」
 ぎこちない笑顔でそう言うと、人だかりをすり抜けて、その場から去っていった。
 ジークとリックは顔を見合わせて頷き合うと、アンジェリカの後を追っていった。

 教室まで来たが、ここも彼女にとって安らげる場所とはならなかった。
 クラスのほとんどの生徒が、アンジェリカの様子を遠巻きにうかがっていた。腫れ物に触るような、そんな空気が漂っていた。ジークとリックはどうすればいいのかわからず、ただアンジェリカと一緒にいることしかできなかった。しかし、それだけでも彼女の助けになっていたことは確かだった。そして、クラスメイトの中にも「よくわからないけど気にすんなよ」「応援してるからな」と 声を掛けてくれた人がいたことが救いだった。

 ガラガラガラ——。
 いつものように荒っぽく扉を開け、ラウルが入ってきた。生徒たちは一斉にバタバタと席に着く。しかし、ただひとつ、セリカの席だけは空いていた。
「今日から二ヶ月、アカデミーは休みに入る。課題は特にはない」
 何人かが小さく喜びの声をあげた。
「休みをとう使うかはおまえたちの自由だ。アカデミーの施設は休みの間も自由に使える。この意味はわかるな」
 威圧感のあるその言葉に、場の空気が一気に張りつめた。ラウルの次の言葉をじっと待っている。
「それではこれで解散だ」
 あまりの唐突な解散に、クラス中が呆気にとられた。
「なんなんだ。これだけかよ。今日は何しに来たかわかんねえな」
「成績を見に来たと思えばいいんじゃない?」
 ジークとリックがそんなやりとりをしながら、アンジェリカの席へと向かっていた。
「アンジェリカ」
 教壇からの声。アンジェリカは目を伏せていたが、その声に反応して前を向いた。ラウルは目で彼女を呼び寄せると、そのまま外へ連れ出した。
「アンジェリカって、ちょくちょくラウルに連れ出されるよね」
「…………」
 ジークはリックに言葉を返すことができなかった。

「遅いね」
「いいからおまえは帰れよ」
「そういうわけにはいかないよ」
 ジークとリックは、玄関前で壁にもたれかかりながら立っていた。既に何度か同じ会話が繰り返されていた。
 段々と外が暗くなっていくのがわかる。
 ふたりはアンジェリカの帰りを待つことにしたのだが、正直ここまで遅くなるとは思っていなかった。
「よく考えたらここから帰るとは限らないんじゃないの? 今日帰るかどうかもわからないし」
「だからおまえは帰れって」
「そういうわけにはいかないよ」
 無意味な会話を繰り返していたふたりが、突然動きを止めた。
 ひとけのない校舎に響く靴音。
 ふたりは同時に勢いよく振り返る。そこには目を丸くしたアンジェリカが呆然と立っていた。
「どうしたの? ふたりとも」
「おまえを待ってたに決まってんだろ」
 ジークは勢いにまかせてそう言ったが、言ったあとで急に照れくさくなった。彼女から顔をそむけ、うつむく。
「遅かったね。どうしてたの?」
 リックはジークのあとに続けた。
「えっと……。ラウルと話をして、お茶を飲んで、それから眠くなったからちょっと寝て……」
「おいおい。そのお茶に睡眠薬でも入ってたんじゃねぇだろうな」
 ジークは下を向いたまま腕を組み、ぶっきらぼうに口をはさむ。アンジェリカはかすかに笑顔を見せると、ふたりを追い越して歩き出した。リックは小走りで追いつき、彼女に並んで歩く。
「これから二ヶ月休みだけど、いつでも連絡してよ。ジークのウチにも遊びに来てほしいし」
「なんでオレんちなんだよ」
 後ろからのジークの突っ込みを無視して、リックはさらに続ける。
「あ、そうだ。アンジェリカの家にも今度呼んでほしいな。僕、まだ行ったことないし」
「うん」
 アンジェリカは小さな声で返事をした。
「……アンジェリカ」
 ジークが珍しく、彼女を名前で呼び掛けた。しかし、その声は重かった。
 彼女は足を止める。
「今朝のことだけどな……」
「ごめんなさい」
 背中越しのジークの声を、短い言葉で遮った。そして、少しうつむく。
「……今は、何も言えないの。でも、いつか、きっと……話したいと思っているから」
 彼女がとぎれとぎれに絞り出したその言葉を、ふたりはしっかりと受け止めた。
「いつでも、待ってるからな」
 そう言って、ジークもリックも、アンジェリカににっこりと笑いかけた。



読者登録

瑞原唯子さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について