閉じる


Blanco

 

 

君とブランコ

私とブランコ

 

僕は大切なモノは最後までとっておくほうさ

私は先に食べちゃう方かな?

 

大事にしまっておいたのに

みんなにみせびらかしたいの

 

僕は空を見上げていたんだ

私は月を見つめていた

 

そうして夜が明けた


はじめまして?blancoです。

 

はじめまして?

ふたりでひとりのblancoです

あなたとは何度か逢ったかも?

それとも

はじめましてかな?

今宵は望月

そう~

満月の夜です。

 

星言葉は

     さびしがり屋で素直

誕生花は

     センニチコウ

誕生花の花言葉は

     不変の愛

誕生石は

     ファイヤー・オパール

石言葉は

     恋する人

     

そんな2011年8月14日の日デビューしました

 

ふたりでひとり

 

ふたりの名前ですか?

もう知っているのでは?

はじめまして?

かな・・・。

 

この詩集が完成したら

2人の名前を最後の行に書き記しましょうか・・・

 

 

 

 

 


シーズンズ

 

新しい季節 

新しい服着て君はでかける

 

置いてきた季節 

着なれた服のまま あなたは立ち止まる


ふりかえった坂道

何を期待したのか?

 

転がり落ちた坂道

何かを忘れてきたの?


何度目かの春に恋し

何度目かの夏に愛し


 

アツアツの夏

できたてホヤホヤ

 

ホカホカの夏

たいようギラギラ


どうかカワイイあの子を眩ませないで

陽射しのせいなんかにさせないで

 

どうかステキなあの人をつれてかないで

ひと夏のせいなんかにしないで


寄せては返す波のように

季節は巡るというけれど



青の衝撃

 

青い夜 僕は巣にもどり損ねた

赤い夜 私は月と戯れていた

 

誠実であることが美徳だった時代も遥か

自由であることが秘密となる瞬間(いま)

 

すべてを覆い隠すための闇

巨大なマントを羽織って

でかけよう

 

どこに行くの?


ここではないどこか

今ではないいつか・・・



読者登録

blancoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について