閉じる


<<最初から読む

91 / 92ページ

夕食になっても、千冬は姿を現さなかった。

 

 食事の後に、部屋に見舞ってもいいかと看護婦に尋ねたら、いまはまだ

そういう許可は出ていないからと、やんわり否定された。

 

 無理矢理連れてきておいてそれは理不尽、と言おうと思ったが、

ここに連れてこられたのは強制的だったけど、彼女とどこか遠くに行く

ということには同意してたんだということを思い出した。

 

もしこの記憶を無くしていたら、恥をかくところだった。

 

 

深夜、ボクはラジオのスイッチを入れた。

 

しーんと静まりかえった療養所の、部屋の中に雑音が満ちた。

今度はヘッドフォンも借りようっと。看護婦さんわかるかな、ヘッドフォン?

 

 83.1、、、、3.2、、、、3.3、、、入った!

ここFMーJuneが届くんだ。

 

 音楽を聴くのすごく久しぶりのような気がする。スローな曲なら、少しは英語の

歌詞もわかるようになった。“風の中の蝋燭のように・・・”か。

しんみりとするな、この曲。

 

“はい、今日も遅くまで聞いてくれてありがとう。

  最後に、メールちょっといっときましょか。時間大丈夫ですね。

 

 えー、このメール読んだら多分放送続けられなくなるんで、今日の最後に回しました。

M・Oちゃんからです。もう高校生なんよね。早いわー。わたしも年取るはずです。

ディレクターもね。

 

 はい、・・・はよ行きなさい。めっちゃいきづらいです。さてと、

「ひよこ姉さんお久しぶりです。M・Oです。今日はとても哀しいメールに

 なってしまいました。わたしの大切な人が、突然交通事故で逝って

 しまったんです。

 

  私のわがままで暫く逢えないでいたんですが、再会したとき彼は

 既にお骨になっていました。それ以来、毎日泣いています。

  一緒に大人になろうと約束したのに、私がその約束を無視したから、

 神様に罰を与えられたような気がします。

 

 十才で始まった私の人生は、たった十六才で終わってしまいました。

  それでも、大人になれなかった彼の分も生きないといけないと思い、

 何とか立ち直ろうともがいています。

  彼の遺影にはさよならを言いませんでした。これからも、彼と

 一緒に生きていくつもりです。

 

   ひよこ姉さんには、これまでいろんなメールを読んで頂いて、

 とても感謝しています。

 最後にこんな結末でごめんなさい。いつまでもお元気で。」

 

・・・えーと、M・Oちゃんにお願いがあります。自分を責めることだけは

やめて下さい。そんなことをしても逝ってしまった人は戻って来ません。

過去にとらわれることもやめて下さい。彼は決してそれを喜ばないと思います。

 

 Kクンはそんな子じゃないでしょ。M・Oちゃんがいま自分を責めている

全てのことを、彼は気にすんなって、赦してくれているから。

だから、泣くだけ泣いたら、また背筋を伸ばして歩いていかなあかんよ。

約束やで。

 

はい、じゃ、今日も遅くまで聞いてくれてありがとう。

私はこれから、泣いて泣いて朝まで飲んだくれて寝ます。“

 

 

 気がつくと、千冬が蒼い顔をしてそばに立っていた。

 

「千冬。ボクが死んでる・・・。」

 

 

 これが、僕が彼女に殺された理由(わけ)。


真下魚名の既刊

「黄金の麦畑」

  1.Largo                                                   http://p.booklog.jp/book/58662 

  2.Allegro molto                                        http://p.booklog.jp/book/83865

  3.Adajo   (連載中)   

「黄昏の王国」

  イーリアス編                                             http://p.booklog.jp/book/49612

  アリシア編                                                http://p.booklog.jp/book/51254

  

「ネガティブズ2」

「ネガティブズ」                                             http://p.booklog.jp/book/73051

  

ー 僕カノシリーズ ー

「僕が彼女に殺された理由(わけ)」                  http://p.booklog.jp/book/31906

「僕と彼女の選択の事由(わけ)」                     http://p.booklog.jp/book/35498

「僕と彼女はそれしか答えを見つけられなかった」http://p.booklog.jp/book/36101

「僕と彼女はそれでも答えを探し続ける」            http://p.booklog.jp/book/36617

「僕と彼女と複雑な関係者たち」                        http://p.booklog.jp/book/37238

「僕と彼女と単純な関係式」                              http://p.booklog.jp/book/37731

「僕と彼女と校庭で」                                       http://p.booklog.jp/book/38409

「僕と彼女と校庭で 夏」                                 http://p.booklog.jp/book/38977

「僕と彼女のアリア」                                       http://p.booklog.jp/book/46524

「僕と彼女のインベンション」(次回)

 

ー その他 ー

傘がない                                                         http://p.booklog.jp/book/69798

夕暮れの赤ちょうちん                                       http://p.booklog.jp/book/42024

いもうと                                                         http://p.booklog.jp/book/40794

サマータイム・ブルーズ                                    http://p.booklog.jp/book/34054

危険なドライビングマジック                              http://p.booklog.jp/book/33630

デフラグメント                                                http://p.booklog.jp/book/33116

インフルエンス あのころの僕たち                     http://p.booklog.jp/book/32752

花舞い、名残り雪                                             http://p.booklog.jp/book/32187

 

詞画集「ただ憧憬れだけを」                              http://p.booklog.jp/book/34472

画集 「彼と彼女の表紙画集」                           http://p.booklog.jp/book/39345


この本の内容は以上です。


読者登録

真下魚名さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について