閉じる


試し読みできます

 

 

 

妖僧記(ようそうき) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

 加賀の国・黒壁くろかべは、金沢市の郊外一里の所にあり、魔境として国中に知られている。まさしく野田山のだやまの奥、深林幽暗の地であるからである。
 ここに武士の守護神である摩利支天まりしてんを安置し、これにつかえる山伏やまぶしの住む寺院を中心とする、一つの山の集落がある。戸数は三十あまり、住民は約四五十だが、いずれも俗世間のわずらわしさを嫌い避け、出家あるいは隠棲した者が集まって、悠々と暇な月日を送っている。
 そんなわけであるから、夜となく、昼となく、笛、太鼓、鼓などの、舞囃子まいばやしの音に合わせてうたいの声が起こったり、深夜思わぬ時に琴、琵琶びわなどが響いて、かすかに金沢の人々の寝耳に達することがある。
 ある年の初夏の頃から、世にもいまわしい乞食僧こじきそうが、このあたりを徘徊はいかいし出した。それがどこから来たのかはわからない。あるとき突然、黒壁に住む人々の視界に現れたのだが、それはまるで湿地にうじが生じるように、自然にき出した観があった。乞食僧の年は三十四五であろう。ずたずたに裂けた鼠色の法衣ころもを結び合せ、つなぎ懸けて、どうにかこれをまとっている。
 顔つきは非常に憔悴しょうすいし、全身はせて黒ずみ、つめは長くひげは短い。ただこれだけなら、普通の乞食と変わらないが、一度その鼻を見たあとでは、誰でも、造化の神の悪ふざけのはなはだしさに、驚かないではいられないのである。その鼻は大きく高く、しかも幅が広くふくれている。鼻の先は少しゆがみ、赤く色づいてつやがある。鼻筋が通っているため、額から口のあたりまで、顔全体が鼻という感じであり、痩せたほおは無いに等しく、もし手の平で鼻を覆えば、乞食僧の顔は隠れ去ってしまう。人が遠くから彼を眺める時は、鼻がつえを突いて歩いているように見える。
 この乞食僧は一本の杖を手にしており、片時もこれを放すことがない。
 杖は先端が直角に曲がった自然の木の枝だが、することがない時は、乞食僧はその曲がった部分に鼻をのせ、手は後ろに回して骨盤の辺りで組み合わせて、立ったまま休む。つまり、我々が腰を掛けて休むように、乞食僧にとっては、杖が鼻の椅子いすなのだった。
 きわめて珍しいこの鼻の持ち主は、物貰ものもらいの徒には違いないが、決して人のあわれみを乞わず、一度も米や金の恵みを強いたことがない。寄付する者があれば鷹揚おうように受け取るが、それはまるで上人が檀家だんかからのお布施を納めるような重々しい態度である。
 人がその傲慢さを憎んで、少しの米も金も与えなくても、乞食僧はまったく意に介さず、さらにまた、決してえることもない。
 ここ黒壁は、夏でも一匹の蚊もいないと誇るくらい、蝦蟇蛙がまがえるの多い所だが、乞食僧はたくみにこれを捕まえて引き裂いて食らい、大体一晩に十数匹で十分としていた。
 それゆえ乞食僧は、昼間はどこかに潜伏して、まったく人に見られることがなく、夕暮れ時、蝦蟇のい出す頃を待って、ふらりと出現し、ここの軒下のきした、あそこの塀際へいぎわ、垣根あたりの薄暗闇うすくらやみに見え隠れしながら、腹を満たした後はまたどこかへ消え去るのである。


試し読みできます

 ここにもう一人、醜怪な蝦蟇法師がまほうしとは正反対に、ぎょくと見間違えるほど透き通るように美しい、若い年頃の美人がいて、黒壁に居住していた。彼女は清川お通といって、親も兄弟もない独身の女で、家に同居する者としては、ただ一人の老女がいるだけである。お通の下女、召し使いだ。
 お通は清川何某なにがしという、五百石を拝領した旧藩士の娘であるが、幼い時に父を失い、一昨年おととしまた母を失い、全くの孤独の身となり果てた。知人からの『嫁にいけ、婿をとれ、』という余計な世話をうるさく思って、母の一周忌が終るとともに金沢の家を引き払い、去年からここに移って住んでいるのである。もともと巨額の公債を所有しており、衣食に困ることはないので、上品でみやびやかな趣味に日を送って、何の不足もない身分なのだが、そのかんばせは月のようにいつも一片の雲に覆われていて晴れることがない。これは、母親の死を悲しみ、別れに泣いた涙が、今なお両方の頬に流れ続け、時間の手もそれをぬぐい去ることができないためである。
 読書、弾琴、秋の月、冬の雪、春の花、これらはどれもお通の憂愁をいやすには足らず、かえって昔のことをなつかしく思い出すきっかけともなった。ただ野田山にある母の墓をはらい清めて、母上と呼びながら土にすがって泣き伏すことだけを、この上ない楽しみとして、お通は日課のように参詣さんけいした。
 七月の十五日は特に霊祭たままつりの当日なので、夕涼ゆうすずみの時刻に家を出て、独りで母の墓へと向かった。
 野田山に墓は多いが、墓参りに来る者はきわめて少なく、墓を守る法師もいないため、雑草は生い茂って卒塔婆そとばは倒れ、塚は切れ墓は壊れてばらばらになり、見渡す限りひどく荒涼としていた。
 いつもどおり、お通は昔を懐かしむ涙を流し、花を手向けて香をくんじ、そこに母がいるかのように世話をして二時間あまりも話をして、帰宅するときの道はすでに暗くなっていた。
 黒壁を目指して急ぎ足に帰るお通から、十けんほどあいだを置いて、背後よりぬき足さし足でひそかに歩を運ぶのは、あの乞食僧である。彼がお通のあとを追い始めたのは十日ほど前からのことで、美人が外出をするのにうと必ず、形あるものに影が添うようにどこまでも付きまとうのを、お通自身は知らないが見た者がいる。この夕方もまた、乞食僧は美人のあとを付けてその家まで見届けた後、杉の根の外にたたずんで、例の如く鼻につえをついて休んだ。
 そのとき、ほのかな香りがひとすじ、垣の内から漏れてきた。法師が鼻をうごめかして、密かに中を差しのぞくと、美人は行水を使ったのだろう、浴衣ゆかたを涼しく身にまといかけ、人目のないところなので、帯を結ばず腰に巻きつけただけのつくろわない姿で縁側に出ている。胸のあたりの真っ白さに腰のくれないが照り映えた、まばゆいほどの美しさを、蝦蟇法師はきょろきょろと見回し、手を振ったり、足を爪立つまだてたりと、操り人形が動くような奇妙な身振みぶりをした後で、何を思ったのかくびすを返し、さらに迂回うかいして庭へ入る柴折戸しおりどのある方へ行き、まずニッと笑いかけてから、「暖かい飯を一ぜんくだされ、」と巨大な鼻を庭先へ差し出した。
 まだ乞食僧を知らない者が、このような時、不意にこの鼻に出会ったとしたら、少なくとも絶叫したであろうが、美人はすでに彼を知っていた。その上、狂人か痴者かはともかく、いずれにせよこの僧が常識の無い阿呆あほうだということを聞いていたので、お通は驚く様子もなく、鏡に向かって行水で乱れたびんの毛を撫でつけ続けた。
 蝦蟇法師はためつすがめつ、いかにもいぶかしそうに、鼻を傾けてお通のすることをながめていたが、やがて奇怪な声を発して、「それは何だ、」と美人が手にしていた鏡を指して尋ねた。妙なことを聞くものと思いながら、お通はちょっと振り返って、「鏡、」とだけ答えた。阿呆はなおも言葉を返して、「何に使うのだ、」と問うた。お通は、「姿を映して見るものです。御僧おんそうもご自分の鼻を映して見て御覧なさい、」と言うと同時に鏡を差し向けた。すると蝦蟇法師はすばやく後ろへ飛び退き、いかにも恐れた様子で鼻を飛ばして逃げ去った。
 この話を語り次ぎ伝え聞いて、黒壁の人々ははっきりと蝦蟇法師の人品を理解した。なおかつ、彼らは乞食僧がお通に対して馬鹿々々しい思いを寄せていることを知り、ますますその阿呆さを確かめた。
 しかし、鏡を向けられた時、乞食僧は逃げ去りながら人知れず次の数言をつぶやいたのである。
「わしは自分で誓った、死ぬまで鏡を見ないと。そうだ、断じて鏡を見ない。いやこれを見ないだけではない。今思い出した鏡という物の名さえ、努めて忘れなければならないのだ。」


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について