twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ホラー・オカルト 作者 白水銀雪
価格 32円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか妖僧記ようそうき現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

64 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 6ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】

金沢市の郊外に位置する黒壁は、魔境として国中に知られている。

そこには一つの山の集落があり、俗世間の煩わしさを嫌う四五十の住人が、悠々と暇な月日を送っている。

ある年の初夏、世にも忌わしい乞食僧が、まるで湿地に蛆が湧くように突然現れ、黒壁を徘徊し出した。

僧は蝦蟇蛙を捕らえて引き裂いて食らい、日を送っていたが、ある時から、玉と見紛うばかり美しい女の後を影のようにつけ始めた。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧