閉じる


<<最初から読む

13 / 38ページ

2章~After 3.11~

 

 

 

 

 

2章~After 3.11~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何があっても希望を!!

 

 

こんな時だからこそ、希望を。



何があっても負けるなと

謳い続けた意味が

今になって分かってくる



何があっても、とは

こんなひどい状況でも、ということを

意味していたんだ



何があっても負けないでと

何があっても負けないよと

言い続けてきたのは一体どこの誰??



僕さ



そんな自分が負けてどうする

励まし続けてきた自分が

落ち込んでいてどうするっていうんだ



避難している方に励まされている

本当は励ましてあげたい、のに

恐怖するたび

あのまっすぐで強い絶対に負けないと

言わんばかりの老人の言葉に

励まされている



今できる事は

本当に自分にできる事をやりきる事

そう決めるためには勇気が必要

今こそ眠っていた勇気を出そう



立ちあがれ

顔をあげるんだ



希望を忘れるな!

何があっても希望を忘れるな!

安泰とはどこかにあるものではない

環境が与えてくれるものでもない

心の中にこそある

心の安心は崩れない

心の財(たから)は壊せない



その証拠に

あんなにも全てが崩れたように思えても

人間は 人々は 日本は

絶対に負けないと言っているじゃないか

あの背中で あの態度で 

あの本当は辛いのに

我慢しながらの笑顔で



それこそが心の財(たから)と

言うんじゃないのか



このような毒ともいえる状況を変じて

薬と為す事を

伝統の言葉で

変毒為薬(へんどくいやく)と呼ぶ



そしてまた

大変大きな悪い事が起きれば

大変大きないい事がやってくると

観念じゃなく 体験で

断言された言葉もあるから



だから 負けないで

希望を絶対に捨てないで




希望を!勇気を!

何度でも叫ぶよ。



心から何度も何度も叫び、祈る。




 

 

 

2011.3.17


improving

 
もしこれ以上踏み出せば
全て失ってしまうような
一歩があったとして
僕は迷いなく踏み出せるだろう


だってもう全て失っているから


僕から何かを奪い取ろうとしても
その奪おうとする標的さえ
闇は見つけられない


暗闇自体が迷いこんでしまうほどの闇を
くぐり抜けた僕に
闇が敵うわけがない


その足すくむほどの差を
縮める事は容易ではない


手で振り払えば
霧のように消えるさ
もう飼いならしてる


自分の足音だけが
無限に響き渡る空間に
君は閉じ込められたことはあるか


他人が顔をしかめるほど
疑問視するものでも
僕にとってはたったひとつのものだった


世界中で己だけが知っている
そんな場所に身を置き続けていた


そこで聞く音は
ほんの小さな音でも増幅し
時に苦しみにさえなる


無理やりにでも
うつむく事をしなかったのは
自分が欲しいものは
自分で手に入れるしかない事
嫌というほど思い知らされてきたから


泣きながらでも
行動こそが全て
もう変わりはしないんだという
諦めと驕(おご)りを
笑顔と一緒に捨てただけ


 
 
 
2011.6.1

assemble

 

今も苦しんでいる人の事を考えると
食事も喉を通らないという優しい君へ


そんな君には   
今一番苦しんでいるはずのあの子の
この言葉贈るよ
「みんなはいっぱい食べて、いっぱい寝て、
    元気でいて下さい」


”強くならなきゃ”
その思いは尊いもの


だけどね    共に胸を痛める事が
強くないかといえば  
そうじゃない


そうして共に痛みを感じる事ができる
その心が強いという事なんじゃないかなと
僕は思うんだ


笑顔でいること
それだけで胸が苦しくなって
これでいいのかなって
思ってしまうね


答えなんて見つからないけれど
一つはっきりしている事は
僕らが心ではひとつだということ


どんなに体の特徴が違えど
ふるさとが違えど
性別が違えど
育った環境が違えど
そんなものは影響していない


助けたい
支えたい
その思いに嘘はない


心なら一つになれるんじゃないかな
今までも  これからも
この事実は揺らいだ事なんて
一度もなかった


でもこれを機会に気づけたのなら
今からでも遅くはない


困る人の背をさすろう
涙する人の隣に立つことで
その悲しみを受けとめてみよう
少しでも


あなたがほんの少しでも
安らかな気持ちになるなら
その涙   最後まで飲み干すくらい
なんでもないね

 

 

 

 

 

2011.3.26

 

 



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について