閉じる


1章~花~

1章~花~

 

 

 

 

 

 

1章~花~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


花と咲かせて

 
 
その苦しみを
苦しみのままで終わらせない
君はそれを全て
花と咲かせる
その力がある


涙も全て一滴残らず無駄にはさせない
その悲しみに見合う幸福に出会える
その権利があるはず


誰も知る事ができないような
胸の内を抱えて生きている
幸せにならなきゃ
いたたまれないじゃない


涙の数だけ幸せになる
痛みの深さだけ使命も深い
笑顔の裏にある
その心にある葛藤を
僕も少しは分かるから


幸福になった己の姿で
全て打ち返す気概で
共に進もう
 
 
 
 
 
2011.7.19

associate

 
 
忍びよる影にどう立ち向かえばいい?
そう聞く君の胸は
本当は答え知ってる


「そんな事したって所詮何も変わらない」
何度そう言われたって
あきらめるという選択肢さえ
思い浮かばなかった


闇があるから戦える
大々的にはそう言わない物静かな君だけど
そっと僕にだけ語るその姿は
誇らしげだった


誰もがうつむきがちのこの世界だけど
君の存在があるから
大丈夫だって思った


まるで太陽に重ねていた


光を生みだすと言っても
それは決して簡単な事じゃない
だけど不可能だなんてことも
一度も言ってない


今なら笑ってごまかしながら言っていた
君の言葉の意味が
分かる気がする


表面だけがんばろうよと言っている訳じゃない
そんなの決まってる
恩を感じて返したいから
自然と体が動く


それがちゃんと結びつくから
光になるんだ
花を咲かせる事だってできるんだ




 
2011.6.22

強さ

 

 

同じ傷を心に負った
誰かがまた泣いている  悲しんでいると
苦しむ事は決しておかしなことなんかじゃない
とても素晴らしいことなんだよ


共に心痛めて   努力したわけでもない
同苦できるその心は
どんなに欲しがっても
すぐに手に入れられるものじゃないから


普通の暮らしを普通に続ける事が
こんなに難しいものになるとはね


顔も知らない誰かの悲哀を思い
今日も心で泣く


そして一日の終わりには
凍えそうな君を思いながら
暖かなふとんに入るこの矛盾
叫んだままこときれそうだね


何度心が壊れた事だろう
でも今   僕は  君は
生きている
その事実から始めてみる


これから笑顔を創り出すために
今からは涙を封じて
歯を食いしばるような鍛えの毎日を送ろう


「そうすることしかできない」
「それなら確かに自分にできる」
その両方に挟まれながら


この状況が生きにくいなんて言ってられない
もう泣かない


大切な君を思うがゆえに
顔も浮かばない誰かの生活があったがゆえに
僕は泣かない


その忍耐に見合うだけの何かを
君が手に入れる日まで


それがどうにか見つけ出した
僕なりの強さだった

 


 

 

 

2011.3.26


only



利害と非情の世にあって
心つかむのは
まっすぐでまぶしい誰かを思う気持ち

 


恋だけという意味ではなく
時には顔さえ浮かばない人を思い
喜んだり涙する事もある


涙が出るほど誰かを思う
辛くても悲しくても
思い出が美しすぎても

 


生きるという中にあって
それも一種の幸福じゃないかと
そう思う


自分の悲しみは
自分でしか乗り越えられないけど
ふとした隙に
言葉が心に沁みる事もあるから


まだ忘れてないね
こんなに乱れた風のなかでも
忘れてはいなくて

 


忘れてはいけない事に使いたい部分を
今でも覆うそれを乗り越える術は
今を精一杯生きること

 


いくら考えても分からなかった
その答えしか今の僕にはないんだ


 


 2011.4.26


In the sky



何があっても空は動き続ける

残酷なほどに変わる事なく



そんな前に進み続ける強さを

僕にも分けて、と

空に言いたくてたまらなくなる

なぜそんなに強い?

なぜ何ものにも紛動されない?



自分のままでいること

そんなたやすいはずのこと

一番やり辛いなんて

一体どういう事だろう


手を伸ばせば遮られ

信じれば裏切られる



それでも信じる事を選ぶ理由は

僕の心だけ知っていればいい



そう思える思いが

君の心にも芽生えればいい



理不尽な事ばかり続くけど

いつか見返せる時は来る



それは 君を待ちわびていた

ずっと待っていてくれた人が

君を抱きしめ「必要なんだ」と

伝える時の事を言う



その為に君は

まだ太陽を見続けてよ



太陽が眩しくて

手でさえぎる事もあるだろうけど



それでいいから








2011.6.27

ビー玉

 
僕の希望はビー玉の形をしている
いらない、と放り投げてしまうこともあっても
その度それは 
どこかに転がり込んで
そして見失う


見失って心細くなるとまた探す
そこらじゅうを探し出し
やっと見つける


でもまたいやになって
放り投げ 見失い
不安になり 見つけ出して
手のひらの上できらきら
そしてまた――


その繰り返しを
繰り返しに繰り返しても
まだ飽き足らず
希望をなくしたり
見つけたりしているよ


情けなくもあるけど
なぜかいつも
手元に戻って来てくれる希望が
愛おしくもある


そんな風だから
ビー玉の形した僕の希望は
今じゃすっかり傷だらけ


だけど なんでかな
小さな傷が表面に増えるほど
輝きが増していく
投げ出しても
もれる光で探し出せるほどに
今では光あふれてきた


ビー玉のような小さな小さな光でも
どうにか大切にしていけば
やがて僕を包み込む程の光へと
成長を遂げてくれるんだろう

 
 
 
2011.7.20

∞(無限大)

 
 
笑ってくれた
もうそれだけで
何も他にいらないとさえ思えた


そんなの嘘さって
笑うかもしれないけれど
これは真実


僕の心だけが知っている
まぎれもなく本当の気持ち


テレビを見るたび
怒りがこみ上げたりもするけど
君の声でふと気付くんだ


今は自分のおかれた立場で
託された場所でふんばることこそが
大切だってこと


人の欲望にはキリがない
だけどその欲望を
価値に転換させる事ができる
それもまた人であるという事実


これにどう立ち向かっていこうか
売られたケンカはいつも買うだけ
そんな簡単な事に驚かれても
いつだって物事は
シンプルに考えればそれで済む


難しい話を簡単にできるのは本物だけど
難しく言うだけならバカだって事


人の慟哭も知らないでいるような
そんな心ほっといて進もう
僕らの持つ力は無限大なんだから




 
2011.5.28

太陽

太陽は曇りの日だって
照らし続けることを諦めない
分厚い雲の向こう側では
いつも燦々と照り続けてる


やめることもなく


それがひたむきだって
気づいてないほど楽しんで
黙々と光り続けているね


そんな姿に勇気をもらい
今日も生きてみようかって思う
その積み重ねがやがて
暗雲を流して
眩しいほどの未来を見せてくれるから


今はひとすじの光を頼りに
でも一生懸命に
歩いてみる


 

 

 

2011.4.30