閉じる


<<最初から読む

19 / 21ページ

弱る

りんを病院へ連れていく日が多くなった。

そんなある日の深夜、突然りんは暴れ出した。

弱った命は、最後まで生きることを諦めなかった見た。

そして、すぐに息を引き取った。

私は見守ることしかできなかった。

りん

これがりんの最後の写真。
1年半そばに居てくれてありがとう。

この本の内容は以上です。


読者登録

Kenken-Kennyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について