twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 批評のロドリゲス出版
価格 100円(税込)
タグ 佐藤清文村上春樹批評
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
26ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
今度は牛肉だ。
2011年7月8日、福島県産牛肉から基準値を超える量の放射性セシウムが検出された報道される。餌の稲わらが汚染されていたのが原因と判明したが、事態は予想以上に拡大を見せている。
地震に津波、原発事故、液状化現象、風評被害、長期に亘る避難生活、放射線による汚染と次々に災禍が現われる。
3・11は依然として現在も進行しており、人々はその状況下で生きようとしている。

ところが、村上春樹は、2011年6月9日バルセロナでの『非現実的な夢想家として』と題するスピーチにおいて、そういう人々の姿に「無常」を見出し、あんな危険なところから逃げ出さないのはあきらめているからだと次のように述べている。

挿絵協力
シュンさん (C)2011 all rights reserved
http://www.pixiv.net/member.php?id=144889

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

もっとみる