目次

閉じる


Moment

誰かに呼び止められた気がした夏の夜。
頭を包むオーバーヘッドフォンを外して後ろを振り返ってみても
人の姿は人っ子一人として見当たらない。
視線の先に見えるのはシャッターを閉め切った静まり返る商店街と
軒先を照らす街灯の連なりだけ。

ヘッドフォンから零れでる、けたたましいドラムのフィルインの音だけが
静かなこの場所で寂しく響き渡る夜。
独り静かに声が聞こえた方を見つめていた。

昼間は人込みでごった返し、数メートル先すら人の頭で隠されて見えない
メインストリートもこの時間帯なら心置きなく存分に眺めていられる。
確かにいたはずの犇めき合う人々の群れが嘘の様に居なくなって
遮るモノが何一つ無い開放的な空間が目の前に広がり
昼間には見る事の出来ない、何処までも一直線に続いてるこの景色にしばし放心していた。


昼間の喧騒とは随分と掛け離れた静かすぎる今。
人も街も眠りについて緩やかな時間が流れ始めている。
今、この空間で息をしているのは自分一人だけ。
何もかもが眠りについて寝息を立て始めた。

誰も踏み入れる事の無い、自分だけが感じ入る事の出来る無の場所。
何もかもが起きる事を忘れてしまった、この時。
たった独り、この瞬間の景色と空気を胸に刻んだ。
誰にも邪魔されない自分だけの場所を。


ヘッドフォンから溢れる音が静寂な時をほんの少し色付けた夜。
自分で刻む足音だけがこの空間で反響して、誰にも聞かれずに小さくなっていく。

この本の内容は以上です。


読者登録

ils2さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について