閉じる


<<最初から読む

9 / 13ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い眼鏡。

 

い本。

 

い文字。

 

いお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齢をとった。

 

年寄りの眼鏡をかける。

 

手に馴染む。

 

目に馴染む。

 

昔馴染にまた逢った。

 

 

 

 

 

 

 

10


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の終りと始まり。

 

ぼくは生きていたのかな。

 

ぼくは存在していたのかな。

 

だれもぼくのことを知らない。

 

だれも気にも留めない。

 

ぼくはここにいるよ。

 

 

 

 

 

11


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねえ知ってる?」

「なあに?」

「本が機械になるんだって・・・」

「なにそれ?」

「機械が本になるって・・・」

「・・・・・・」

「さむいね・・・・」

「うん、さむいね・・・・」

「ねむくなっちゃった・・・」

「うん、ねむくなっちゃった・・・」

 

 

 

 

 

 

 

12


奥付


 

 

 

 

 

 


 

ぼくはここにいるよ


http://p.booklog.jp/book/31623


著者 : nyaozo
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/nyaozo/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/31623

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/31623



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

nyaozoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について