閉じる


<<最初から読む

7 / 13ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本を読むってどんなこと。

 

背表紙にひとめぼれ。

 

手に馴染む重さと大きさ。

 

ざらざらした手触り。

 

さらのページを捲る指。

 

活版印刷の擦れた文字とインクの薫り。

 

 

 

 

 

 

7


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たい板切れ。

 

そいつは異次元からやってきた。

 

異世界人からの贈り物。

 

本がいっぱい詰まってる。

 

つるつるしている。

 

自分から光る。

 

 

 

 

 

 

8


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い眼鏡。

 

い本。

 

い文字。

 

いお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齢をとった。

 

年寄りの眼鏡をかける。

 

手に馴染む。

 

目に馴染む。

 

昔馴染にまた逢った。

 

 

 

 

 

 

 

10


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の終りと始まり。

 

ぼくは生きていたのかな。

 

ぼくは存在していたのかな。

 

だれもぼくのことを知らない。

 

だれも気にも留めない。

 

ぼくはここにいるよ。

 

 

 

 

 

11



読者登録

nyaozoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について