閉じる


<<最初から読む

3 / 13ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はほとんど一日中この部屋で過ごす。

 

タイムマシンに乗って、

 

自分を見てみようよ。

 

きっとこんな感じだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメーション。

 

絵が動く原理を知っていても、

 

簡単には描けない。

 

僕の住んでいる、この世界には、

 

アニメーションを、

 

評価出来るひとはいない。

 

 

 

 

 

4


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪夢は突然やってくる。

 

現実と空想の区別が付かなくなる。

 

そんなバカな。

 

そんなことがあるはずないじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革命が起きた!

 

世界は変化する。

 

僕たちはイメージの世界に生きている。

 

ただのアイコンから何かを想起する。

 

メタモルフォーゼ。

 

まやかしのイメージ。

 

真実のイメージ。

 

 

 

 6


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本を読むってどんなこと。

 

背表紙にひとめぼれ。

 

手に馴染む重さと大きさ。

 

ざらざらした手触り。

 

さらのページを捲る指。

 

活版印刷の擦れた文字とインクの薫り。

 

 

 

 

 

 

7



読者登録

nyaozoさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について