閉じる


試し読みできます

はじめに

前作「不思議の国のアリス」の続きにあたるのが、この「鏡の国のアリス」です。

原題は "Through the Looking Glass" (姿見鏡を通って)ですが、日本では「鏡の国のアリス」が定着してますので、それをタイトルにしました。

この作品は前作から6年後の1871年に出版されました。19世紀後半(ヴィクトリア朝後期)はイギリスの最盛期で、鉄道、電信、近代郵便などが普及し、生活がめまぐるしく変わっていった時代です。この本の中でも、これらが小道具として出てきます。

その一方でジェントルマン(紳士)階級、貴族階級などの伝統も色濃く、作品の中でも王、女王、騎士、紳士などが登場してきます。この新旧織り交ぜた部分も、アリスの魅力です。

「鏡の国のアリス」では英語の洒落や替え詩がふんだんに出てきますが、これについては日本語の駄洒落に差し替え、さらに解説をつけました。ほかにも翻訳や英語学習の要点には解説を書いておきました。文章の構成は

     英語原文
       解説(もしあれば)
     日本語訳

となっています。誤訳、タイプミスには気をつけましたが、発見された方はお知らせください。修正版を発行いたします。なお一度購入された方は、何度でも修正版を無料でダウンロードできますので、ご自由にダウンロードください。

それでは鏡の国の旅をお楽しみください。

試し読みできます

CHAPTER I. Looking-Glass house (鏡の家)

One thing was certain, that the WHITE kitten had had nothing to do with it:—it was the black kitten's fault entirely. For the white kitten had been having its face washed by the old cat for the last quarter of an hour (and bearing it pretty well, considering); so you see that it COULDN'T have had any hand in the mischief.


一つだけ確かなことは、白い仔猫は関係がないと言うことでした・・それは完全に黒い仔猫の過ちなのです。と言うのは15分ほど前から、白い仔猫は顔を年配の猫に洗ってもらっていたからなのです(その割りにはとても良く我慢してました)。なので悪戯に手を染めることなんて出来ないのはお分かりでしょう。


The way Dinah washed her children's faces was this: first she held the poor thing down by its ear with one paw, and then with the other paw she rubbed its face all over, the wrong way, beginning at the nose: and just now, as I said, she was hard at work on the white kitten, which was lying quite still and trying to purr—no doubt feeling that it was all meant for its good.


Dinah(ダイナ)は前作でアリスが何度も言及していた飼い猫。


ダイナが自分の子供たちの顔を洗うやり方は、このようなものでした。最初に可哀想なイキモノの耳を一本の前足でつかみ、それからもう一方の前足で、鼻から始めて逆さまに顔全体をこするのです。そしてちょうど今言ったように、彼女は白い仔猫に熱心にとりかかっていました。仔猫はゴロゴロ咽喉を鳴らそうとしながらも、じっと横たわっていました。疑いもなく、母猫のしていることはみな自分のためだと感じているのです。


But the black kitten had been finished with earlier in the afternoon, and so, while Alice was sitting curled up in a corner of the great arm-chair, half talking to herself and half asleep, the kitten had been having a grand game of romps with the ball of worsted Alice had been trying to wind up, and had been rolling it up and down till it had all come undone again; and there it was, spread over the hearth-rug, all knots and tangles, with the kitten running after its own tail in the middle.


でも黒い仔猫は午後早く済んでしまったので、アリスが大きな安楽椅子の角に丸まって座って、半分自分自身に語りかけたり、半分眠ったりしている間、その仔猫はアリスが巻こうとしていた毛糸の玉で、跳ね回りの大試合をしていました。そして転げ上がり転げ下ったりした挙句、玉はすっかりほどけてしまったのです。玉は暖炉の前の絨毯の上に広がって、結び目ともつれだらけでした。絨毯の真ん中では仔猫が自分のしっぽを追いかけているのでした。



'Oh, you wicked little thing!' cried Alice, catching up the kitten, and giving it a little kiss to make it understand that it was in disgrace. 'Really, Dinah ought to have taught you better manners! You OUGHT, Dinah, you know you ought!' she added, looking reproachfully at the old cat, and speaking in as cross a voice as she could manage—and then she scrambled back into the arm-chair, taking the kitten and the worsted with her, and began winding up the ball again.


「もう、この悪戯っ子!」とアリスは大きな声をあげ、仔猫を捕まえました。そしてそれは悪いことだと教えようと、軽くキスをしました。「ほんと、ダイナがもっとお行儀を教えればよかったのに!よかったのよ、ダイナ、あなた分かってる?」と彼女は年配の猫を非難がましく見つめながら、できる限り不機嫌そうな声で付け加えました。そして彼女は仔猫と毛糸を持って安楽椅子に急いで戻り、また毛玉を巻き始めました。


But she didn't get on very fast, as she was talking all the time, sometimes to the kitten, and sometimes to herself. Kitty sat very demurely on her knee, pretending to watch the progress of the winding, and now and then putting out one paw and gently touching the ball, as if it would be glad to help, if it might.


でもずっと話していたので、あまり速くは進みませんでした。時には仔猫に、時には自分自身に話していたのです。仔猫はひざの上に取り澄まして座り、巻き取りが進んでいくのを見るふりをしていました。そして時々前足を伸ばしてやさしく毛玉を触ったりしていました。それはまるでアリスを助けようとしているみたいでした。もしできたら、ですけどね。


'Do you know what to-morrow is, Kitty?' Alice began. 'You'd have guessed if you'd been up in the window with me—only Dinah was making you tidy, so you couldn't. I was watching the boys getting in sticks for the bonfire—and it wants plenty of sticks, Kitty! Only it got so cold, and it snowed so, they had to leave off.


to-morrow115日のGuy Fawkes Dayのこと17世紀にイングランド上院に爆発テロを仕掛けようとしたGuy Fawkes(ガイ・フォークス)の悪事を忘れまいと、彼を模した人形を市中引きずり回した後、大焚き火に投げ込んで燃やしてしまう。この焚き火に大量の枝が必要だったわけ。

only Dinah...:このonlyは「だけど」の意。


bonfire焚き火、かがり火。語源はbone骨) + fire(火)、つまりお祭りに出された牛や豚の食べ残しの骨を、集めて焼いたことから。


「キティ、明-日は何だか知ってる?」とアリスは切り出しました。「あたしと一緒に窓辺に上がっていたら当てられたのに。だけどダイナがあなたを小綺麗にしていたから、上がれなかったんだけどね。あたしは男の子たちが焚き火の枝を集めているのを見ていたの-焚き火にはたくさんの枝がいるものね、キティ!けれどもあんまり寒かったり、雪が降ったりしたんで、男の子たちはやめなきゃいけなかったのよ。


Never mind, Kitty, we'll go and see the bonfire to-morrow.' Here Alice wound two or three turns of the worsted round the kitten's neck, just to see how it would look: this led to a scramble, in which the ball rolled down upon the floor, and yards and yards of it got unwound again.


気にすることないわ、キティ、明日には行って焚き火が見ましょう。」ここでアリスは仔猫の首のまわりに毛糸をちょっと2,3巻き巻いてみて、どのように見えるか見てみようとしました。すると毛糸玉は落ちて床を転がっていき、また何ヤードもほどけました。


'Do you know, I was so angry, Kitty,' Alice went on as soon as they were comfortably settled again, 'when I saw all the mischief you had been doing, I was very nearly opening the window, and putting you out into the snow! And you'd have deserved it, you little mischievous darling! What have you got to say for yourself? Now don't interrupt me!' she went on, holding up one finger.


「知ってる?あたし、とても怒っているのよ、キティ」と、元のようにくつろいでから、アリスは続けました。「あなたがした悪戯をみんな見たけど、もう少しで窓を開けて、あなたを雪の中に放り出すところだったわ!でもそれだけのことはしたわよね、この悪戯っ子ちゃん!何か言い訳するつもりはない?もう邪魔しないでよ!」と指を一本立てて、彼女は続けました。




'I'm going to tell you all your faults. Number one: you squeaked twice while Dinah was washing your face this morning. Now you can't deny it, Kitty: I heard you! What's that you say?' (pretending that the kitten was speaking.) 'Her paw went into your eye? Well, that's YOUR fault, for keeping your eyes open—if you'd shut them tight up, it wouldn't have happened.


「あなたの悪行を全部、聞かせてあげるわ。一つ。今朝ダイナがあなたの顔を洗っているとき、あなたは二回キーキーわめいたわね。さあ、そのことは否定できないわね、キティ。あたし聞いたもの。何か言うことある?」(仔猫が喋っているようなふりをして)「ママの前足が眼に入ったの?でもそれはあなたが悪いのよ、だって眼を開けているから-しっかりと眼を閉じていたら、そんなことは起こらないわ。


Now don't make any more excuses, but listen! Number two: you pulled Snowdrop away by the tail just as I had put down the saucer of milk before her! What, you were thirsty, were you? How do you know she wasn't thirsty too? Now for number three: you unwound every bit of the worsted while I wasn't looking!


これ以上言い訳してはダメ。聞きなさい!二つ。あたしがスノードロップの前にミルクの皿を置いたとたんに、尻尾で彼女を引っ張ったわね。なに?咽喉が渇いてたの?彼女は渇いてないと思ったの?さあ三つ目よ。あたしが見てないときに、毛糸を最後までほどいてしまった!」


'That's three faults, Kitty, and you've not been punished for any of them yet. You know I'm saving up all your punishments for Wednesday week—Suppose they had saved up all MY punishments!' she went on, talking more to herself than the kitten. 'What WOULD they do at the end of a year?


「これが三つの悪行よ、キティ。でもおまえはこのどれについても、お仕置きされてないわね。おまえのお仕置きはぜんぶ、来週の水曜までとっておくわ。あたしのお仕置きもぜんぶ取って置かれたらどうなるかしら!」と彼女は続けましたが、仔猫よりも自分自身に語りかけていました。「年の終わりには、どんなことをされるのかな


I should be sent to prison, I suppose, when the day came. Or—let me see—suppose each punishment was to be going without a dinner: then, when the miserable day came, I should have to go without fifty dinners at once! Well, I shouldn't mind THAT much! I'd far rather go without them than eat them!


監獄送りかしらね、その時がきたら。それとも・・・え~と・・・お仕置き一回が夕ご飯一回抜きだったとしましょう。そしたらその惨めな日が来たら、一度に50食もなしに過ごさなきゃならないじゃないの!いえそんなこと、あまり心配しないようにしよう!50食を食べるよりも、それなしに過ごしたほうがよっぽどましだわ!」


'Do you hear the snow against the window-panes, Kitty? How nice and soft it sounds! Just as if some one was kissing the window all over outside. I wonder if the snow LOVES the trees and fields, that it kisses them so gently? And then it covers them up snug, you know, with a white quilt; and perhaps it says,


「キティ、雪が窓枠に当たるのが聞こえる?なんて素敵で柔らかな音なんでしょ。まるで誰かが窓中にキスをしているかのようだわ。雪は木や野原を愛してるから、そんなに優しくキスをするんでしょ?そして白いキルトで心地良さそうに彼らを覆うのだわ。それからこう言うかもしれない。


"Go to sleep, darlings, till the summer comes again." And when they wake up in the summer, Kitty, they dress themselves all in green, and dance about—whenever the wind blows—oh, that's very pretty!' cried Alice, dropping the ball of worsted to clap her hands. 'And I do so WISH it was true! I'm sure the woods look sleepy in the autumn, when the leaves are getting brown.


『眠れ、愛しき人、また夏が来るまで。』そして木や野原が夏に目覚めた時には、キティや、すっかり緑に着替えてて-風が吹くといつでも-ダンスをするの。うん、とても可愛いわ!」とアリスを大声で言い、手を叩いたので、毛糸玉は落ちてしまいました。「それが本当だったらいいのに!秋には葉が茶色になって、森は確かに眠そうにみえるんだもの。


'Kitty, can you play chess? Now, don't smile, my dear, I'm asking it seriously. Because, when we were playing just now, you watched just as if you understood it: and when I said "Check!" you purred! Well, it WAS a nice check, Kitty, and really I might have won, if it hadn't been for that nasty Knight, that came wiggling down among my pieces. Kitty, dear, let's pretend—' And here I wish I could tell you half the things Alice used to say, beginning with her favourite phrase 'Let's pretend.'


「キティ、お前チェスはできる?こら、笑うんじゃないの、この子ったら。まじめに聞いてるんだから。さっきチェスしてたけど、まるで分かってるみたいに見てたじゃない。で、あたしが「王手!」といったら、ニャア、と鳴いたわよね!ええ、あれはいい王手だった・・・本当に勝てたかもしれないのに。あたしの駒のまわりをクネクネ近づいてた、あのいやらしいナイトさえいなかったら。キティ、フリをしましょう-」ここでアリスがいつも言っていたことの半分でもあなたに伝えられたら、と思うのです。彼女のお気に入りの文句「フリをしましょう」から始まる、あの言葉です。


She had had quite a long argument with her sister only the day before—all because Alice had begun with 'Let's pretend we're kings and queens;' and her sister, who liked being very exact, had argued that they couldn't, because there were only two of them, and Alice had been reduced at last to say, 'Well, YOU can be one of them then, and I'LL be all the rest.' And once she had really frightened her old nurse by shouting suddenly in her ear, 'Nurse! Do let's pretend that I'm a hungry hyaena, and you're a bone.'


彼女はほんの前日にお姉さんと長い口論をしたばかりなのでした。それはみんなアリスが「あたしたち、王様や女王様のフリをしましょう」と始めたからなのです。するとお姉さんはとても真面目でしたから、二人しかいないのだからそれはできない、と口ごたえしたのです。アリスは押し切られて最後には「えーと、それじゃあなたはその内の一人をやればいいわ。そしたらあたしが残りを全部やるわ」と言いました。一度など、「ばあや、あたし、お腹を空かせたハイエナのフリをするから、あなたは骨のフリをしてね、」と年取った乳母の耳元で突然大声だしてひどく驚かせたのです。


But this is taking us away from Alice's speech to the kitten. 'Let's pretend that you're the Red Queen, Kitty! Do you know, I think if you sat up and folded your arms, you'd look exactly like her. Now do try, there's a dear!' And Alice got the Red Queen off the table, and set it up before the kitten as a model for it to imitate: however, the thing didn't succeed, principally, Alice said, because the kitten wouldn't fold its arms properly. So, to punish it, she held it up to the Looking-glass, that it might see how sulky it was—'and if you're not good directly,' she added, 'I'll put you through into Looking-glass House. How would you like THAT?'

けれどもこれだとアリスの仔猫への話からそれてしまいますね。「あなたが赤の女王というフリをしましょう、キティ!お分かり?立って腕を組んだら、あなた丁度彼女にそっくりだわ。さあやってみなさいな、ねこちゃん!」そしてアリスは赤の女王をテーブルから取り去り、真似させるために仔猫の前に置きました。しかしうまく行きませんでした。それはおもに仔猫が腕をきちんと組めなかったからだとアリスは言いました。それで罰を与えるために、彼女は仔猫を鏡の前に抱えていき、仔猫に自分がどんなに不機嫌か見えるようにしました。「あなたがすぐにいい子にならないんなら、」と彼女はつけ加えました。「鏡の家の中に押し込んじゃうわよ。れでもいいの?」


'Now, if you'll only attend, Kitty, and not talk so much, I'll tell you all my ideas about Looking-glass House. First, there's the room you can see through the glass—that's just the same as our drawing room, only the things go the other way. I can see all of it when I get upon a chair—all but the bit behind the fireplace. Oh! I do so wish I could see THAT bit!


「さあキティ、聞いているだけで話さないんなら、あたしが鏡の家について考えていることをぜんぶ話してあげるわ。まず最初に鏡の向こうに部屋が見えるわよね・・・あたしたちの客間とちょうど同じだけど、向きが逆しまなだけで。椅子の上に乗れば、ぜんぶ見えるわ・・・暖炉の後ろのちょっと以外はぜんぶ。もう!そのちょっとが見えればいいのに!




I want so much to know whether they've a fire in the winter: you never CAN tell, you know, unless our fire smokes, and then smoke comes up in that room too—but that may be only pretence, just to make it look as if they had a fire. Well then, the books are something like our books, only the words go the wrong way; I know that, because I've held up one of our books to the glass, and then they hold up one in the other room.


冬には火を焚くのか、とっても知りたいわ。あたしたちの火から煙が出て、あの部屋からも煙が出てきてからでないと分からないわ。でもそれはフリをしているだけかもしれない、自分たちが火を焚いているかのように見せかけているだけかも。えーとそれに、本はあたしたちのに似ているけど、字が逆の方向に並んでる。そのことは知っているわ。鏡にあたしたちの本をかざせば、向こうの部屋でも誰かが本をかざすから。


'How would you like to live in Looking-glass House, Kitty? I wonder if they'd give you milk in there? Perhaps Looking-glass milk isn't good to drink—But oh, Kitty! now we come to the passage. You can just see a little PEEP of the passage in Looking-glass House, if you leave the door of our drawing-room wide open: and it's very like our passage as far as you can see, only you know it may be quite different on beyond. Oh, Kitty! how nice it would be if we could only get through into Looking-glass House!


looking-glass: 「姿見」(全身が見えるような大きな鏡)のこと。ただ姿身は既に死語化しているので、「鏡」としておいた。上の挿絵参照。

peep: 覗き見。名詞なので、動詞として使う場合は"see a peep of ~"という風に用いる。cf) peeping Tom: 覗き魔。出歯亀。


「キティ、あなたは鏡の家で暮らすのはどうかしら?向こうではミルクもらえるかしら?たぶん鏡のミルクはおいしくないだろうけど・・・でもあら、キティ!廊下に来ちゃったわ。あたしたちの居間のドアを大きく開け放しておいたら、鏡の家の廊下をちょっと覗き見れるわ。見える限りはあたしたちの廊下に良く似てるけど、その向こうは全く違うかもしれない。ね、キティ!あたしたち鏡の家の中に入り込めたら、どんなに良いでしょうね!


I'm sure it's got, oh! such beautiful things in it! Let's pretend there's a way of getting through into it, somehow, Kitty. Let's pretend the glass has got all soft like gauze, so that we can get through. Why, it's turning into a sort of mist now, I declare! It'll be easy enough to get through—' She was up on the chimney-piece while she said this, though she hardly knew how she had got there. And certainly the glass WAS beginning to melt away, just like a bright silvery mist.


chimney-piece:マントルピース。暖炉の上の飾りや棚が付いた部分。上(or下)の挿絵でアリスが登っているところ。

silvery mist:銀の霧。当時の鏡の裏張りには銀が使われていたが、それからの想像か。


中にはきっと、ああ!、綺麗なものがあるのに違いないのだわ!キティ、どうにかして中に入り込む方法があるフリをしましょう。鏡がガーゼのような柔らかいもので全部覆われているとしましょう。あたしたちが通り抜けられるようにね。きゃ、今度は霧のようなのに変わったわ、本当よ!通り抜けるなんてカンタンだわ・・・」こう言ったとき、彼女はマントルピースに上ってました。でも彼女はどうやってそこに行ったのか、ほとんど分かりませんでした。そしてあたかも明るい銀の霧のように確かに鏡は溶けはじめていたのです。


In another moment Alice was through the glass, and had jumped lightly down into the Looking-glass room. The very first thing she did was to look whether there was a fire in the fireplace, and she was quite pleased to find that there was a real one, blazing away as brightly as the one she had left behind. 'So I shall be as warm here as I was in the old room,' thought Alice: 'warmer, in fact, because there'll be no one here to scold me away from the fire. Oh, what fun it'll be, when they see me through the glass in here, and can't get at me!'


次の瞬間、アリスは鏡を抜けて、鏡の部屋にひらりと跳び降りていました。真っ先に最初にしたことは、暖炉に火がついているかどうか見ることでした。そして本当の火が、置き去りにした火と同じように明るく燃えているのを見て、とてもほっとしました。「これでさっきの部屋と同じように、ここで暖かく過ごせるってものだわ」とアリスは思いました。「実際のところ、もっと暖かいわね。ここじゃ火に近づき過ぎて怒る人は誰もいないから。ああ、なんて楽しいのかしら。みんなここに鏡の中であたしを見つけても、捕まえられないんだから!」




Then she began looking about, and noticed that what could be seen from the old room was quite common and uninteresting, but that all the rest was as different as possible. For instance, the pictures on the wall next the fire seemed to be all alive, and the very clock on the chimney-piece (you know you can only see the back of it in the Looking-glass) had got the face of a little old man, and grinned at her.


そして彼女はあちこち見回して、さっきの部屋から見えたものはとてもありふれていて面白くないことに気が付きました。しかし他のものはみな、たいそう違っていました。例えば、暖炉のとなりの壁に掛かっている絵はほんとうに生きているように見えましたし、マントルピース(お分かりのように、鏡の中ではその後ろだけしか見れませんでしたね)に掛かっている正にその時計は小さな老人の顔が付いていて、彼女ににやりと笑いかけたのです。


'They don't keep this room so tidy as the other,' Alice thought to herself, as she noticed several of the chessmen down in the hearth among the cinders: but in another moment, with a little 'Oh!' of surprise, she was down on her hands and knees watching them. The chessmen were walking about, two and two!


「こっちの人は向こうほどこの部屋を整理してないわね、」と暖炉の床の燃えかすの中にいくつかのチェスの駒を見つけて、アリスは思いました。でも次の瞬間には、小さな「きゃあ!」という驚き声をたてて、彼女は四つんばいになって駒を見ていました。駒は二つずつになって歩き回っていたのです!


'Here are the Red King and the Red Queen,' Alice said (in a whisper, for fear of frightening them), 'and there are the White King and the White Queen sitting on the edge of the shovel—and here are two castles walking arm in arm—I don't think they can hear me,' she went on, as she put her head closer down, 'and I'm nearly sure they can't see me. I feel somehow as if I were invisible—'


shovel: 暖炉に石炭を補給する道具だが、訳語としては「シャベル」と「スコップ」がある。両者の使い分けは不安定で、東日本ではシャベルを小型のもの、スコップが大型とするが、西日本では逆になるといわれているなど、地域差が大きい。


「これが赤の王様と赤の女王だわ、」とアリスは(彼らを驚かせないように囁き声で)言いました。「そしてこっちでは白の王様と白の女王がシャベルの端に座っているわ。。。城が腕と腕を組んで歩いてきたわ。。。あたしの声は聞こえないと思うんだけど、」と彼女は頭を近づけながら続けました。「それにあたしの姿も見れないこともほぼ確かだわ。透明にでもなったかのように感じるわね。。。」


Here something began squeaking on the table behind Alice, and made her turn her head just in time to see one of the White Pawns roll over and begin kicking: she watched it with great curiosity to see what would happen next.


アリスの後ろのテーブルで何かがキーキー叫びはじめ、その声に彼女が振り向くと、ちょうど白の歩が転がって蹴り始めるのが見えました。彼女は次に何が起こるのかを見ようと、好奇心を丸出しにしてそれを見つめました。


'It is the voice of my child!' the White Queen cried out as she rushed past the King, so violently that she knocked him over among the cinders. 'My precious Lily! My imperial kitten!' and she began scrambling wildly up the side of the fender.


imperial は「皇室の」だが、現在日本と19世紀イギリスとでは皇室の概念が違うので「非常に高貴な」と解釈して、「やんごとかなき」としておいた。


「あれはわらわの子供の声じゃ!」と白の女王は王様のそばを駆け抜けざまに叫びました。あまりに荒々しく駆け寄ったので、王を燃えカスの中に突き落としてしまいました。「わらわの可愛いリリー!わらわのやんごとなきおてんば娘!」そして彼女は炉格子の横を荒々しく駆け上りはじめました。


'Imperial fiddlestick!' said the King, rubbing his nose, which had been hurt by the fall. He had a right to be a LITTLE annoyed with the Queen, for he was covered with ashes from head to foot.


fiddlestick:ヴァイオリンの弓のことだが、ここでは「つまらないもの」の意味。「藁しべ」と訳しておいた。突き飛ばされてムッとした王様が、女王の物言いを茶化しているわけ。


「やんごとなき藁しべだ!」と王様は鼻をこすりながら言いました。その鼻は転んだときにケガしたのでした。彼は少々女王に怒る権利を持っていました。というのは彼は頭から足まで灰で覆われていましたからね。


Alice was very anxious to be of use, and, as the poor little Lily was nearly screaming herself into a fit, she hastily picked up the Queen and set her on the table by the side of her noisy little daughter.


かわいそうな小さなリリーは金切り声を立て、ほとんど発作を起こしかけていましたので、アリスは役に立とうと大変やきもきしました。そして急いで女王をテーブルの上に拾い上げて、彼女のうるさい小さな娘のそばに置いてやりました。


The Queen gasped, and sat down: the rapid journey through the air had quite taken away her breath and for a minute or two she could do nothing but hug the little Lily in silence. As soon as she had recovered her breath a little, she called out to the White King, who was sitting sulkily among the ashes, 'Mind the volcano!'


king, queenはそれぞれ王様・女王と訳しておいた。これは王の「オウ」という発音は威厳を表すのには短すぎること、童話では「王様」という表記が一般的なことなどが理由。一方「女王」の方は様付けすると別のニュアンス(SMの女王様など)が出てくるし、表記としても「女王様」と三文字になって「王様」と釣合いが取れなくなるので「女王」としておいた。


女王はあえいで、座りました。空中を急いで行ったものでしたから、彼女はたいそう息切れしており、1、2分の間、黙って小さなリリーを抱きしめるよりほか、何もできませんでした。少し息切れがおさまると、彼女は白の王様に向かって(王様は灰のなかで不機嫌そうに座っていました)、「火山に気をつけるのじゃ!」と大声をあげました。


'What volcano?' said the King, looking up anxiously into the fire, as if he thought that was the most likely place to find one.


「なんの火山だな?」と王様は暖炉の火を心配そうに見上げながら言いました。彼はそこがもっとも火山を見つける可能性がたかい場所と思っているようでした。


'Blew—me—up,' panted the Queen, who was still a little out of breath. 'Mind you come up—the regular way—don't get blown up!'


「わらわを-吹き-上げたのじゃ、」と女王はあえぎました。彼女はまだ少し息切れしていたのです。「気をつけて登ってまいるのじゃ-正規の道を-吹き上げられるでないぞ!」


Alice watched the White King as he slowly struggled up from bar to bar, till at last she said, 'Why, you'll be hours and hours getting to the table, at that rate. I'd far better help you, hadn't I?' But the King took no notice of the question: it was quite clear that he could neither hear her nor see her.


アリスは白の王様が炉格子の棒から棒へとゆっくりと苦労して登るのを見ていましたが、とうとう言いました。「ねえ、その調子じゃテーブルにたどり着くには何時間もかかるわよ。お手伝いしましょうか?」でも王様はそれを無視しました。彼がアリスを見聞きできないのは明白でした。


So Alice picked him up very gently, and lifted him across more slowly than she had lifted the Queen, that she mightn't take his breath away: but, before she put him on the table, she thought she might as well dust him a little, he was so covered with ashes.


might as well しても良い。as wellは色々な意味を持ち、また構文も複雑なので要注意。


それでアリスはとてもやさしく彼をつまみ上げ、女王を持ち上げたときよりも、ずっとゆっくりと持ち上げて運び、彼が息を飲まないようにしました。けれどもテーブルに彼を置く前に少し、はたいてもいいんじゃないかと思いました。彼はひどく灰まみれだったからです。


She said afterwards that she had never seen in all her life such a face as the King made, when he found himself held in the air by an invisible hand, and being dusted: he was far too much astonished to cry out, but his eyes and his mouth went on getting larger and larger, and rounder and rounder, till her hand shook so with laughing that she nearly let him drop upon the floor.


見えない手によって空中に持っていかれ、埃をはたかれたと知ったときの王様の表情といったら!彼女は後に、これまでの生まれてこの方、そんな表情を見たことがないと言いました。彼はあまりに驚いて叫ぶことができませんでしたが、眼と口はどんどん大きく、丸くなりました。アリスは笑って手を震わせたので、すんでのところで王様を床に落としてしまうことろでした。


'Oh! PLEASE don't make such faces, my dear!' she cried out, quite forgetting that the King couldn't hear her. 'You make me laugh so that I can hardly hold you! And don't keep your mouth so wide open! All the ashes will get into it—there, now I think you're tidy enough!' she added, as she smoothed his hair, and set him upon the table near the Queen.


おねがい、そんな顔をしないでちょうだい!」と王様には彼女の声が聞こえないのをすっかり忘れて、大声を出しました。「あなたが笑わせるから、ほとんど持っていられなかったでしょう!それにそんなに大きく口を開けっ放しにしないで!埃がみんな入っちゃうわよ・・・ほら、これで十分きれいになったと思うわ!」と彼女は王様の髪を整え、テーブルの上の女王の近くに彼を置きながら、付け加えました。


The King immediately fell flat on his back, and lay perfectly still: and Alice was a little alarmed at what she had done, and went round the room to see if she could find any water to throw over him. However, she could find nothing but a bottle of ink, and when she got back with it she found he had recovered, and he and the Queen were talking together in a frightened whisper—so low, that Alice could hardly hear what they said.


王様は突然仰向けになり、まったく動かなくなりました。アリスは自分のしたことが原因かと少しドキドキして、彼にかけてやる水が見つけられないかと、部屋をくるくると歩き回りました。けれどもインクしか見つかりませんでした。それを持って戻ると、王様は息を吹き返していました。そして彼と女王は怯えたような囁き声でお互いに話し合っていました・・・それは余りに小さな声だったので、アリスはほとんど何を言っているのか分かりませんでした。


The King was saying, 'I assure, you my dear, I turned cold to the very ends of my whiskers!'


王様は言いました。「お前や、わしは口ひげの先まで冷たくなってしまったのは確かじゃよ!」


To which the Queen replied, 'You haven't got any whiskers.'


これに女王は答えました。「そなたにはヒゲなぞ全然ない。」


'The horror of that moment,' the King went on, 'I shall never, NEVER forget!'


「あの恐怖の瞬間を、」と王様は続けました。「余は決して、決して忘れぬじゃろう!」


'You will, though,' the Queen said, 'if you don't make a memorandum of it.'


「忘れるぞえ、」と女王は言いました。「もしメモをつけないならのう。」


Alice looked on with great interest as the King took an enormous memorandum-book out of his pocket, and began writing. A sudden thought struck her, and she took hold of the end of the pencil, which came some way over his shoulder, and began writing for him.


アリスは王様がポケットからでっかいメモ帳を取り出して、書き始めたのを興味津々に見つめました。突然ある考えが閃き、彼女は鉛筆の先(王様の肩からいくらか飛び出していました)を握って、彼の代わりに書き始めました。


The poor King looked puzzled and unhappy, and struggled with the pencil for some time without saying anything; but Alice was too strong for him, and at last he panted out, 'My dear! I really MUST get a thinner pencil. I can't manage this one a bit; it writes all manner of things that I don't intend—'


可哀想に王様は狐につままれて不機嫌そうに見えました。そして何も言わずにしばらくの間、鉛筆と格闘していました。しかしアリスの方がずっと力が強く、とうとう王様は息を切らしました。「お前や!全くもっと細い鉛筆を使わねばならんぞ!こいつはちょっと扱いきれん。書こうとしてないことを、書いてしまう!」


'What manner of things?' said the Queen, looking over the book (in which Alice had put 'THE WHITE KNIGHT IS SLIDING DOWN THE POKER. HE BALANCES VERY BADLY') 'That's not a memorandum of YOUR feelings!'


「どのようなことをな?」と女王はメモ帳を覗きながら言いました。(そのメモ帳にはアリスがこう書いていました。「白の騎士は火かき棒を滑り降りている。彼はひどくバランスが悪い」) 「それはそなたの気持ちを書き付けたものではないのう。


There was a book lying near Alice on the table, and while she sat watching the White King (for she was still a little anxious about him, and had the ink all ready to throw over him, in case he fainted again), she turned over the leaves, to find some part that she could read, '—for it's all in some language I don't know,' she said to herself.


机にはアリスのそばに本が置いてありました。白の王様をながめている間(というのは彼女はまだ彼のことが少し心配でしたからね。また気を失ったときのために、彼に掛けるインクも準備万端にしてました)、彼女はページをめくり、自分が読める部分を見つけ出しました。「・・・だって全部あたしが知らない言葉で書いてあるんだもん、」と彼女は独り言を言いました。


It was like this.


それはこのようなものでした。

 

          YKCOWREBBAJ

  sevot yhtils eht dna, gillirb sawT'

ebaw eht ni elbmig dna eryg diD

    ,sevogorob eht erew ysmim llA

   .ebargtuo shtar emom eht dnA


      キッォウバャジ

はヴートな敏粘、時焼

るりき、りいゃじてに伸長

、ヴーゴロボはい脆惨のて全

。く喚さはスーラらかえてしそ


She puzzled over this for some time, but at last a bright thought struck her. 'Why, it's a Looking-glass book, of course! And if I hold it up to a glass, the words will all go the right way again.'

 

この部分は、本によっては鏡に映したように文字の形を反転させているのもあるが、ここでは文字並びを反転させておいた。


彼女は少しの間考え込んでいましたが、最後にいい考えが閃きました。「ええ、鏡の国の本だもの、もちろん!鏡のところに持っていけば、単語は全部また正しい方向に並ぶわ。」


This was the poem that Alice read.


これがアリスの読んだ詩です。


          JABBERWOCKY
'Twas brillig, and the slithy toves
   Did gyre and gimble in the wabe;
All mimsy were the borogoves,
  And the mome raths outgrabe.


    ジャバウォッキ
焼時、粘敏なトーヴは

 長伸にてじゃいり、きりる。

全ての惨脆いはボロゴーヴ、

 そしてえからラースはさ喚く。


'Beware the Jabberwock, my son!
   The jaws that bite, the claws that catch!
Beware the Jubjub bird, and shun
   The frumious Bandersnatch!'

 

Jubjub bird:ジャブジャブ鳥。自暴自棄で、四六時中情熱的な鳥(「スナーク狩」より)。

shun:避ける

frumious:fuming(発煙している)、furious(猛り狂った)からの造語(「スナーク狩」より)。

bandersnatch:snatch(引ったくる)からの造語(「スナーク狩」より)。「万蛇砂土」と訳す人もいるが、暴走族のようなので素直にカタカナにしておいた。


「息子よ、ジャバウォックには気をつけるのだぞ!

 顎は噛み付き、爪は引っかくぞ!

ジャブジャブ鳥には気をつけるのだ、そして避けろ

 煙猛るバンダースナッチをな!」


He took his vorpal sword in hand:

  Long time the manxome foe he sought—

So rested he by the Tumtum tree,

 And stood awhile in thought.


vorpal sword :筆者自身、「この言葉は説明できない」としている("Annotated Alice"より)。が後に一人歩きしてファンタジー、ゲームの世界では「一撃必殺の剣」として扱われる。

manxome :意味不明。manx(マン島の)+ fearsome?。

Tumtum :意味不明。


彼は自らのヴォーパル・ソードを手に取った。

 長い間捜し求めていた恐山な敵-

それゆえ彼はタムタム樹にもたれかけて休み、

  しばらくの間立って考えた。


And as in uffish thought he stood,

 The Jabberwock, with eyes of flame,

Came whiffling through the tulgey wood,

 And burbled as it came!


uffish:gruffish(銅鑼声の), roughish(粗野な), huffish(怒りっぽい)より。(「キャロル書簡」)

whiffle:揺れる、そよぐ

tulgeyvorpalと同様、筆者は説明できないと述べている。("Annotated Alice")


そして彼が怒鑼な考えを秘めて立っていると

 ジャバウォックは、眼に炎を宿し、

タルゲィ森の中を揺れながらやってきて、

 近づきながらゴボゴボ言った!


One, two! One, two! And through and through
 The vorpal blade went snicker-snack!
He left it dead, and with its head
 He went galumphing back.


snicker-snack 意味不明。ヴォーパルブレードの切断音?

go snack 山分けにする。

galumph 意気揚々と歩く。


1、2!1、2!断ち斬っては断ち斬り

  ヴォーパル・ブレードはサクリ、サクリと通る!

彼は死体はそのままにして、頭(こうべ)とともに

  彼は意気揚々と戻る。


'And hast thou slain the Jabberwock?
 Come to my arms, my beamish boy!
O frabjous day! Callooh! Callay!'
 He chortled in his joy.


hast = have

thou = you

beamishという単語はないが、beam光を発する)はある。

frabjous joyous(喜ばしい)から?ひねって「よろ転ばしい」としておいた。

callooh callay: hurray(フレー、万歳)の変形。ひねって「盆栽」「漫才」にしておいた。

chotle : chuckle(くすくす笑う) + snort(鼻を鳴らす)


「それでお前はジャバウォックを退治してしまったのかな?

 我が腕に来い、光を発するような我が子よ!

おお、喜転ばしい日だ!盆栽!漫才!

 彼は喜びでくすくす鼻笑った。


'Twas brillig, and the slithy toves
 Did gyre and gimble in the wabe;
All mimsy were the borogoves,
 And the mome raths outgrabe.


焼時、粘敏なトーヴは

 長伸にてじゃいり、きりる。

全ての惨脆いはボロゴーヴ、

 そしてえからラースはさ喚く。


訳注:この詩はキャロルの捏造した単語ばかりが並ぶ、ナンセンス詩。
JABBERWOCKY は
ジャバウォッキー。キャロルの創造した怪物。jabber(早口で意味不明な言葉をしゃべる)からの造語。挿絵では竜のように描かれているが、これは詩の内容からの想像だろう。 残りの語句は後にハンプティ・ダンプティが説明しているので、第六章を参照。


'It seems very pretty,' she said when she had finished it, 'but it's RATHER hard to understand!' (You see she didn't like to confess, ever to herself, that she couldn't make it out at all.) 'Somehow it seems to fill my head with ideas—only I don't exactly know what they are! However, SOMEBODY killed SOMETHING: that's clear, at any rate—'


at any rate:すくなくとも。いずれにしても。


「とても良さげに見えるんだけど、」と読み終えてからアリスは言いました。「でも理解するのはすこしばかり難しいわね!」(彼女は自分自身にさえ、それが全然理解できなかったと告白するのはイヤだったのです。)「どうしてだか読むと頭に考えがいっぱい浮かぶようだわ・・・ただ単にどういうイメージだか正確には分からないだけよ!でも、ダレカナニカを殺したわ。少なくともそれはハッキリしている・・・」


'But oh!' thought Alice, suddenly jumping up, 'if I don't make haste I shall have to go back through the Looking-glass, before I've seen what the rest of the house is like! Let's have a look at the garden first!' She was out of the room in a moment, and ran down stairs—or, at least, it wasn't exactly running, but a new invention of hers for getting down stairs quickly and easily, as Alice said to herself.


「でも!」とアリスは思って、突然跳び上がりました。「急がないと、鏡を通り抜けて戻らなくちゃならなくなるわ!そうなったら、この家の残りがどうなっているか見れなくなるわね。まず手始めにお庭を見てみましょう!」彼女はすぐに部屋を出て、階段を駆け下りました・・・あるいは少なくとも、それは正確には走っているのではなく、階段を素早くカンタンに降りるための彼女の新しい発明だと、アリスは独り言を言いました。


She just kept the tips of her fingers on the hand-rail, and floated gently down without even touching the stairs with her feet; then she floated on through the hall, and would have gone straight out at the door in the same way, if she hadn't caught hold of the door-post. She was getting a little giddy with so much floating in the air, and was rather glad to find herself walking again in the natural way.


彼女は指先を手すりから放さず、足さえも階段につかないようにして、やさしく体を浮かせながら降りたのです。それから浮かびながら廊下を過ぎました。もしドアの横の柱に引っかからなかったら、同じやり方でまっすぐ扉に着いたでしょう。ずっと空中に浮かんでいたので、彼女はすこし眩暈がしました。そしてまた自然な歩き方で歩いていると気づいて、すこし嬉しく思ったのです。


試し読みできます

CHAPTER II. The Garden of Live Flowers (生きている花の庭)

'I should see the garden far better,' said Alice to herself, 'if I could get to the top of that hill: and here's a path that leads straight to it—at least, no, it doesn't do that—' (after going a few yards along the path, and turning several sharp corners), 'but I suppose it will at last. But how curiously it twists! It's more like a corkscrew than a path! Well, THIS turn goes to the hill, I suppose—no, it doesn't! This goes straight back to the house! Well then, I'll try it the other way.'


corkscrew:「ジェットコースター」と訳している本もあるが、19世紀にはジェットコースターは存在しない(自然の斜面を利用して滑り降りる類のコースターはあった)「栓抜き」と訳すべき


「もっとずっと良く見えるのに」とアリスは 独り言を言いました。「もしあの丘の頂上に行けたら。そこにまっすぐ頂上に伸びる小道があるわ。。。少なくても、いえ、これはダメだわ・・・」(小道を数ヤード行き、幾つかの鋭く曲がる角を曲がった後に、そう言ったのです)「でも最後にはたどり着くと思うわ。でもなんて奇妙な具合に捻じ曲がっているのかし ら!小道というよりは栓抜きだわ!うん、これを曲がれば丘に着くと思うわ。。。ダメ、着かない!この道はまっすぐ家に戻るわ!うーんそれじゃ、別のほうを 試してみましょう。」


And so she did: wandering up and down, and trying turn after turn, but always coming back to the house, do what she would. Indeed, once, when she turned a corner rather more quickly than usual, she ran against it before she could stop herself.


she ran again it before she could stop herself = 止める前にぶつかる(直訳)= められなくなって、ぶつかる(意訳)


それで彼女はそうしました。うろうろと上り下りし、次々と角を曲がってみて、できることは全部やりましたが、いつも家に戻ってきてしまうのでした。実際、一度いつもよりずっと早く角を曲がると、止められなくなって家にぶつかったのでした。


'It's no use talking about it,' Alice said, looking up at the house and pretending it was arguing with her. 'I'm NOT going in again yet. I know I should have to get through the Looking-glass again—back into the old room—and there'd be an end of all my adventures!'


「議論しても始まらないわ、」とアリスは家を見上げて、家が彼女と口論をしているかのようなフリをしながら言いました。「まだ入らないわよ。分かってるのよ。また鏡を通り抜けなくちゃいけないってね。。。以前の部屋に戻るのよ。。。そしてあたしの冒険はぜんぶ終わっちゃうのよ!」


So, resolutely turning her back upon the house, she set out once more down the path, determined to keep straight on till she got to the hill. For a few minutes all went on well, and she was just saying, 'I really SHALL do it this time—' when the path gave a sudden twist and shook itself (as she described it afterwards), and the next moment she found herself actually walking in at the door.


それで丘に着くまでまっすぐに歩き続けると決心して、断固として家に背を向けて、彼女はも一度小道を歩き出しました。2、3分の間は全てうまく行きました。そして「今度はたどり着けるわ・・」と彼女が言ったとき、小道は突然ねじれ、独りでにぶるっと揺れました(後に彼女が説明したところによると)。次の瞬間には、アリスは自分が、実のところ扉に向かって歩いているのに気づくのでした。


'Oh, it's too bad!' she cried. 'I never saw such a house for getting in the way! Never!'


「うーん、これはダメね!」と彼女は音を上げました。「こんな風に邪魔する家なんて、見たことがないわ!絶対にないわ!」


However, there was the hill full in sight, so there was nothing to be done but start again. This time she came upon a large flower-bed, with a border of daisies, and a willow-tree growing in the middle.


けれども眼につく限り丘が見えましたから、また歩き始めるより他にすることはないのでした。今度は彼女は大きな花壇に出ました。花壇の端にはデイジーが、真ん中には柳の木が生えていました。


'O Tiger-lily,' said Alice, addressing herself to one that was waving gracefully about in the wind, 'I WISH you could talk!'


address oneself to~に向けて言う。

tiger lily:直訳は「虎百合」だが、日本語名は「鬼百合」。


「ねえ鬼百合さん、」とアリスは風で優雅に揺れている鬼百合に向かって言いました。「あなた、口をきけたらいいのに!」


'We CAN talk,' said the Tiger-lily: 'when there's anybody worth talking to.'


「きけるわよ、」と鬼百合は言いました。「口をきくのに値する相手がいればね。」



Alice was so astonished that she could not speak for a minute: it quite seemed to take her breath away. At length, as the Tiger-lily only went on waving about, she spoke again, in a timid voice—almost in a whisper. 'And can ALL the flowers talk?'


at length = at last 


アリスはあまりに驚いたので、少しの間、話ができませんでした。また驚きのあまり、息をしてないようでした。鬼百合がただ揺れ続けるにつれ、ようやく彼女は怯えたような声でまた話しました。。。ほとんど囁き声でした。「ここの花はみんな口がきけるのかしら?」


'As well as YOU can,' said the Tiger-lily. 'And a great deal louder.'


あんたができるのと同じようにね、」と鬼百合は言いました。「もっとずっと大声でだけど。」


'It isn't manners for us to begin, you know,' said the Rose, 'and I really was wondering when you'd speak! Said I to myself, "Her face has got SOME sense in it, though it's not a clever one!" Still, you're the right colour, and that goes a long way.'


go a long way: 「成功する」「上手く行く」と、「長持ちする」をかけている


「こちらから口を切るのは私たちの流儀じゃないの、」とバラは言いました。「でも本当にあなたがいつ喋るのかと思ってましたのよ!私、自分にこう言い聞かせてましたの、『この娘の顔つきからすると幾らか分別はありそうだわ、賢い顔つきではないけど!』でも、あなたはまともな色をしているわね、長持ちするわよ。」


'I don't care about the colour,' the Tiger-lily remarked. 'If only her petals curled up a little more, she'd be all right.'


「色なんかどうでもいいでしょ、」と鬼百合は発言しました。「彼女の花びらがも少し巻き上がっていたら、ちょうど良くなるわ。」


Alice didn't like being criticised, so she began asking questions. 'Aren't you sometimes frightened at being planted out here, with nobody to take care of you?'


アリスは批評されるのが好きでなかったので、質問をし始めました。「時々ここに植えられているのが怖くならない?あなたたちを世話する人は誰もいないでしょ?」


'There's the tree in the middle,' said the Rose: 'what else is it good for?'


「真ん中に木があるわ、」とバラは言いました。「でなかったら他に何か使い道でもある?」


'But what could it do, if any danger came?' Alice asked.


「でももし危険が迫ってきたら、木に何ができるのかしら?」とアリスはききました。


'It says "Bough-wough!"' cried a Daisy: 'that's why its branches are called boughs!'


bough-wough:「バウワウ」と発音。犬の吼え声。bough(大枝)とかけている。訳では「ウーワン」と「お椀」にしておいた。


「『ウーワン!』って言うのさ、」とデイジーが大声をたてました。「これが木で作った食器をお椀(おわん)と言う理由なのさ!」


'Didn't you know THAT?' cried another Daisy, and here they all began shouting together, till the air seemed quite full of little shrill voices. 'Silence, every one of you!' cried the Tiger-lily, waving itself passionately from side to side, and trembling with excitement. 'They know I can't get at them!' it panted, bending its quivering head towards Alice, 'or they wouldn't dare to do it!'


そんなことも知らなかったのかい?」と別のデイジーは大声で言いました。ここでみんな一緒に喚き始めたので、空気は小さな金切り声で一杯になったかのようでした。「静かに、諸君!」と鬼百合は大声を張り上げました。鬼百合は熱くなって左右に体を揺らし、興奮で震えていました。「あいつら、あたしが捕まえられないって知ってるんだわ!」と喘ぎ、震えている頭をアリスの方に曲げて、「でなかったら、そんなことをする勇気なんてないでしょうに!」


'Never mind!' Alice said in a soothing tone, and stooping down to the daisies, who were just beginning again, she whispered, 'If you don't hold your tongues, I'll pick you!'


「気しないで!」とアリスはなだめるように言い、デイジーの方に屈みました。デイジーは丁度またお喋りを始めるところでした。彼女は囁きました。「もし口をつぐまないなら、引っこ抜くわよ!」


There was silence in a moment, and several of the pink daisies turned white.


次の瞬間、あたりは静かになりました。何本かのピンクのデイジーは白くなりました。


'That's right!' said the Tiger-lily. 'The daisies are worst of all. When one speaks, they all begin together, and it's enough to make one wither to hear the way they go on!'


that's right は「その通り(正しい)」と「よろしい(よくやった)」の両義があるが、ここでは後者の意味。


「いいわね!」と鬼百合は言いました。「デイジーは一番、性が悪いんだ。一人が話すと、みんな一緒に話し始める。あいつらが話し続けるのを聞くだけで、しぼんでしまうね!」


'How is it you can all talk so nicely?' Alice said, hoping to get it into a better temper by a compliment. 'I've been in many gardens before, but none of the flowers could talk.'


「あなた、話すのが上手ね?」とアリスは言いました。お世辞を言って、機嫌を良くしてやろうとの目論見です。「たくさんのお庭に行ったことがあるけど、喋れる花なんて一本もなかったわよ。」


'Put your hand down, and feel the ground,' said the Tiger-lily. 'Then you'll know why.'


「手を下ろして、地面に触れてごらん、」と鬼百合は言いました。「そうすればどうしてだか分かるでしょう。」


Alice did so. 'It's very hard,' she said, 'but I don't see what that has to do with it.'


アリスはそうしました。「とっても硬いわ、」と彼女は言いました。「だけどこれとどういう関係があるのか、分からないわ。」


'In most gardens,' the Tiger-lily said, 'they make the beds too soft—so that the flowers are always asleep.'


bedが「寝床」と「花壇の土」の両義をもつのを利用した洒落。


「ほとんどの庭では、」と鬼百合は言いました。「苗床をあまりに柔らかく作り過ぎるの・・・それで花はいつも眠ってしまうのよ。」


This sounded a very good reason, and Alice was quite pleased to know it. 'I never thought of that before!' she said.


これはとても良い理由のように聞こえました。アリスはそのことを知ることができて嬉しく思いました。「あたしそんなことは考えても見なかった!」と彼女は言いました。


'It's MY opinion that you never think AT ALL,' the Rose said in a rather severe tone.


「これは私の意見ですが、あなたは全然考えないわね、」とバラは少しきつい口調で言いました。


'I never saw anybody that looked stupider,' a Violet said, so suddenly, that Alice quite jumped; for it hadn't spoken before.


「あなたほど愚かそうな人をみたことがないわ、」とスミレは言いました。あまりに突然だったのでアリスはひどく跳びあがりました。というのはスミレはそれまで話をしなかったからです。


'Hold YOUR tongue!' cried the Tiger-lily. 'As if YOU ever saw anybody! You keep your head under the leaves, and snore away there, till you know no more what's going on in the world, than if you were a bud!'


you know no more [what's going on in the world] than [if you were a bud (you know what's going on in the world)]: no more A than Bの構文で、Bでないのと同様Aでない。「あなたが蕾なら、あなたは世界で何が起きているかを知らないのと同様、あなたは何も知らない」が直訳。


あんた、口を慎みな!」と鬼百合は言いました。「まるであんた全ての人を見たかのようじゃないの!あんたときたら葉っぱの下に頭をうずめて、ぐうぐう眠りっぱなしじゃないのよ。蕾と同じくらい、あんたは世の中のことを知らないのよ!」


'Are there any more people in the garden besides me?' Alice said, not choosing to notice the Rose's last remark.


choose to ~するよう決める。~するようにする。

「この庭にはわたしの他に誰か人間がいるの?」とアリスはバラの最後の言葉を気にしないようにしながら、言いました。


'There's one other flower in the garden that can move about like you,' said the Rose. 'I wonder how you do it—' ('You're always wondering,' said the Tiger-lily), 'but she's more bushy than you are.'


「あなたと同じように動き回れる花が、庭には一人いるわよ、」とバラは言いました。「あなたたちはどういう風にして動くのか、不思議に思うんだけど・・・」(あんたはいつも思っているわね」と鬼百合は言いました)、「でも彼女はあなたよりももっとモジャモジャしているわ。」


'Is she like me?' Alice asked eagerly, for the thought crossed her mind, 'There's another little girl in the garden, somewhere!'


「彼女は私に似てるの?」とアリスは熱心にききました。ある考えが心に浮かんだからです。「庭には別の小さな女の子がいるんだわ、どこかに!」


'Well, she has the same awkward shape as you,' the Rose said, 'but she's redder—and her petals are shorter, I think.'


「そうね、彼女はあなたと同じ不恰好な形をしているわ、」とバラは言いました。「だけど彼女はもっと赤い・・・それに花びらはもっと短いわね、私が思うには。」


'Her petals are done up close, almost like a dahlia,' the Tiger-lily interrupted: 'not tumbled about anyhow, like yours.'


do up 髪の毛を整える


「彼女の花びらはぎっしり詰められているわ。ダリアのようにね、」と鬼百合は割り込みました。「兎に角、のたうち回ったりしてしないわ。あなたのとは違ってね。」


'But that's not YOUR fault,' the Rose added kindly: 'you're beginning to fade, you know—and then one can't help one's petals getting a little untidy.'


~「汚い」の様々な表現~

untidy: tidy(整理されている)→整理されていない、乱雑な、だらしない

messy: mess(混乱)→散らかった、汚い

dirty: dirt(泥)→泥だらけの、不潔な、汚い

filthy: 不潔な、(吐き気を催すほど)汚い


「でもそれはあなたのせいじゃないわ、」とバラがはやさしく付け加えました。「あなたは萎み始めているもの、そうでしょ・・・そうなると花びらが少々だらしなくなるのは、どうしようもないじゃない。」


Alice didn't like this idea at all: so, to change the subject, she asked 'Does she ever come out here?'


アリスはこの考えが全然気に入りませんでした。それで話題を変えようと、「彼女はここに来たことがあるかしら?」と訊ねました。


'I daresay you'll see her soon,' said the Rose. 'She's one of the thorny kind.'


daresay たぶん


たぶんもうすぐ彼女に会えるでしょう、」とバラは言いました。「彼女は刺のある種ですよ。」


'Where does she wear the thorns?' Alice asked with some curiosity.


「どこに刺があるの?」とアリスは少し好奇心が湧きました。


'Why all round her head, of course,' the Rose replied. 'I was wondering YOU hadn't got some too. I thought it was the regular rule.'


この刺は女王の王冠のギザギザのこと。


「頭のまわり中じゃないの、もちろん、」とバラはこたえました。「あなたには少しもないのが不思議なんだけど。それが普通の決まりだと思っていたのに。」


'She's coming!' cried the Larkspur. 'I hear her footstep, thump, thump, thump, along the gravel-walk!'


「来るわよ!」と飛燕草が叫びました。「足音が聞こえる、ドン、ドン、ドン、小石の歩道を来てるわ!」


Alice looked round eagerly, and found that it was the Red Queen. 'She's grown a good deal!' was her first remark. She had indeed: when Alice first found her in the ashes, she had been only three inches high—and here she was, half a head taller than Alice herself!


アリスは一生懸命辺りを見回しまして、それが赤の女王だと分かりました。「すっごく大きくなったわね!」というのが彼女の最初の言葉でした。彼女は実に大きくなってました。アリスが灰の中で最初に見つけたときは、ほんの3インチの身長しかありませんでした・・・今や彼女はアリス自身よりも頭半分高いのです!


'It's the fresh air that does it,' said the Rose: 'wonderfully fine air it is, out here.'


「新鮮な空気がそうさせるのです、」とバラは言いました。「ここの素晴らしく上等な空気がです。」


'I think I'll go and meet her,' said Alice, for, though the flowers were interesting enough, she felt that it would be far grander to have a talk with a real Queen.


「彼女に会いに行こうと思うわ、」とアリスは言いました。というのは花は十分おもしろいのですが、本物の女王と話をする方がずっと大事だと感じたからです。


'You can't possibly do that,' said the Rose: 'I should advise you to walk the other way.'


「多分それはできないわね、」とバラは言いました。「わたしは別の道を歩くのをオススメするわ。」


This sounded nonsense to Alice, so she said nothing, but set off at once towards the Red Queen. To her surprise, she lost sight of her in a moment, and found herself walking in at the front-door again.


それはアリスには戯言に聞こえましたので、彼女は何も言わずに、すぐに赤の女王に向かって歩き出しました。驚いたことに次の瞬間、彼女は女王の姿を見失い、また自分が正面のドアに向かって歩いているのに気づいたのです。


A little provoked, she drew back, and after looking everywhere for the queen (whom she spied out at last, a long way off), she thought she would try the plan, this time, of walking in the opposite direction.


少々むきになって、彼女は戻りました。そして女王を求めて到るところを探した後(最後に彼女はずっと遠くに、女王を眼にしました)、今度は反対方向に歩くという計画を試してみようと思いました。


It succeeded beautifully. She had not been walking a minute before she found herself face to face with the Red Queen, and full in sight of the hill she had been so long aiming at.


それは見事に成功しました。一分も歩かない内に赤の女王と鉢合わせしたのです。長いこと狙っていた丘は、眼の前いっぱいに広がっていました。


'Where do you come from?' said the Red Queen. 'And where are you going? Look up, speak nicely, and don't twiddle your fingers all the time.'


「そちはどこからきたのじゃ?」と赤の女王は言いました。「そしてどこへ行くのじゃ?顎を上げよ、上品に喋れ、いつまでも指をいじくっているでない



Alice attended to all these directions, and explained, as well as she could, that she had lost her way.


アリスはこれらの指示全部に注意して、自分の道を見失ったことをできる限りうまく説明しました。


'I don't know what you mean by YOUR way,' said the Queen: 'all the ways about here belong to ME—but why did you come out here at all?' she added in a kinder tone. 'Curtsey while you're thinking what to say, it saves time.'


YOUR way:直前でアリスが「lost my way(道に迷う)」と言っているのを言葉通り捉えている。


お前の道が何を意味しているのか、わらわには分からぬ、」と女王は言いました。「ここの道は全てわらわのものじゃからの・・・じゃが、一体全体、そちはなぜここに来たのじゃ?」と彼女は声をやさしくして付け加えました。「何を言おうか考えている間に、膝を曲げてお辞儀せい。そうすれば時間の節約になる。」


Alice wondered a little at this, but she was too much in awe of the Queen to disbelieve it. 'I'll try it when I go home,' she thought to herself, 'the next time I'm a little late for dinner.'


wonderは「不思議に思う」「疑う」。ここでは後者の意。


アリスはこの言葉を少し疑いましたが、あまりに女王を畏れていたので、信じない訳にはいきませんでした。「家に帰ったら試してみよう、」と彼女は考えました。「次回は、夕ご飯には少し遅れるわ。」


'It's time for you to answer now,' the Queen said, looking at her watch: 'open your mouth a LITTLE wider when you speak, and always say "your Majesty."'


「さあそちが答える時間じゃ」と女王は腕時計を見て言いました。「話すときは少し口を大きく開けて、いつも『女王陛下』と言うのじゃ。」


'I only wanted to see what the garden was like, your Majesty—'


「わたしはただ庭がどうなっているのかを見たかったんです、女王陛下・・・」


'That's right,' said the Queen, patting her on the head, which Alice didn't like at all, 'though, when you say "garden,"—I'VE seen gardens, compared with which this would be a wilderness.'


pat her on the head: 「動詞 人 on 体の一部」は英語的な表現。

cf) hit you on the belly(お腹を殴る), hold him on the shoulder(肩を掴む)など。your body, his shoulderにならない点に注意。


「よろしい、」と女王はアリスの頭を撫でて言いました。アリスは全然それが好きじゃなかったのですが。「じゃが『庭』と言うたが・・・わらわは多くの庭を見てきたが、それに比べるとこれは荒野じゃの。」


Alice didn't dare to argue the point, but went on: '—and I thought I'd try and find my way to the top of that hill—'


アリスはその点について口論する勇気はありませんでしたから、続けました。「--それであの丘の頂上への道を見つけようと思ったんです--


'When you say "hill,"' the Queen interrupted, 'I could show you hills, in comparison with which you'd call that a valley.'


「『丘』と言うたが、」と女王は遮りました。「わらわはそちに丘を見せようぞ。それに比べればお主はこれを谷というじゃろう。」


'No, I shouldn't,' said Alice, surprised into contradicting her at last: 'a hill CAN'T be a valley, you know. That would be nonsense—'


I shouldn't:このshouldは直前の女王の"you'd call that a valley"のshouldを受けている。

be surprised into ~:驚いて~する


「いいえ、言いません、」とアリスは驚きのあまり、とうとう彼女と口論になりました。「丘は谷じゃないよね。それは無意味です・・・」


The Red Queen shook her head, 'You may call it "nonsense" if you like,' she said, 'but I'VE heard nonsense, compared with which that would be as sensible as a dictionary!'


赤の女王は首を振りました。「そちが呼びたいなら『無意味』と呼ぶがよい、」と彼女は言いました。「じゃがわらわは無意味を聞いたことがある。それに比べればこれは辞書のように有意義じゃ!」


Alice curtseyed again, as she was afraid from the Queen's tone that she was a LITTLE offended: and they walked on in silence till they got to the top of the little hill.


アリスはまた膝を曲げてお辞儀しました。女王の声の調子から、彼女が少し気を悪くしたのが分かったからです。そして彼らは黙って小さな丘の上まで歩きました。


For some minutes Alice stood without speaking, looking out in all directions over the country—and a most curious country it was. There were a number of tiny little brooks running straight across it from side to side, and the ground between was divided up into squares by a number of little green hedges, that reached from brook to brook.


countryは「国」「地方」「土地」などの意味を持つ。ここではすぐ後で「この世界」と表現されていること、またタイトルの「鏡の国」と呼応させて「国」と訳しておいた。


しばらくの間、アリスはこの国のあらゆる方角を眺めては、何も言わずに立っていました・・・そしてそれは最も奇妙な国だったのです。何本ものちっぽけな細い 小川が端から端までまっすぐに横切るように流れており、その間の地面はいくつもの小さな緑の生垣によって正方形に分割されており、生垣は小川から別の小川に達していました。


'I declare it's marked out just like a large chessboard!' Alice said at last. 'There ought to be some men moving about somewhere—and so there are!' She added in a tone of delight, and her heart began to beat quick with excitement as she went on. 'It's a great huge game of chess that's being played—all over the world—if this IS the world at all, you know. Oh, what fun it is! How I WISH I was one of them! I wouldn't mind being a Pawn, if only I might join—though of course I should LIKE to be a Queen, best.'


「断言するけど、まるで大きなチェスボードのように区画されているわね!」と最後にアリスは言いました。「どこかに誰かが動き廻っているはずだけど・・・ほら、そこにいたわ!」と彼女は喜んだような感じで付け加えました。近づくにつれ、彼女の心臓は興奮で速く打ち出しました。「行われているのはとっても巨大なチェスの試合だわ・・・世界丸ごとが・・・もしこれが世界だったらだけど。ねえ、なんて楽しいんでしょ!駒になれたらいいのに!歩でも構わないわ、参加できさえすれば・・・でももちろん女王になれたら最高だけど。」



She glanced rather shyly at the real Queen as she said this, but her companion only smiled pleasantly, and said, 'That's easily managed. You can be the White Queen's Pawn, if you like, as Lily's too young to play; and you're in the Second Square to begin with: when you get to the Eighth Square you'll be a Queen—' Just at this moment, somehow or other, they began to run.


本作はチェスが舞台になっており、アリスは歩としてゲームに参加し、最後に女王になる(歩が八マス目で女王になれる、というのはチェスのルール)。


こ う言うと彼女は少し恥ずかしそうに 本物の女王をちら、と見ましたが、彼女の連れはただ楽しげに笑うだけで、こう言うのでした。「それはカンタンなことじゃ。そちが望むなら、白の女王の歩になれるぞよ。リリーはその役をするには幼すぎるからの。お前は二つ目のマスから始めるが良い。八つ目のマスに着いたら女王になれる・・・」丁度そのとき、 どうしてだか二人は走り出しました。


Alice never could quite make out, in thinking it over afterwards, how it was that they began: all she remembers is, that they were running hand in hand, and the Queen went so fast that it was all she could do to keep up with her: and still the Queen kept crying 'Faster! Faster!' but Alice felt she COULD NOT go faster, though she had not breath left to say so.


ア リスは後に考え直してみましたが、 どのように始まったのか全く分かりませんでした。彼女が覚えていることと言えば、二人とも手に手を取って走っていて、女王はあんまり速く行ったので、彼女 について行くだけで精一杯ということだけでした。それでもなお女王は「速く!速く!」と叫び続けていましたが、アリスはもうこれ以上速く行けないと思いました。でも息切れがひどくてそう言う余裕はありませんでした。


The most curious part of the thing was, that the trees and the other things round them never changed their places at all: however fast they went, they never seemed to pass anything. 'I wonder if all the things move along with us?' thought poor puzzled Alice. And the Queen seemed to guess her thoughts, for she cried, 'Faster! Don't try to talk!'


この出来事の一番おかしな点は、二人の周りの木や他の物は少しも場所を変えない、ということでした。どんなに速く走っても、決して何かを追い越すようには見えませんでした。「全てのものがあたしたちと一緒に動いているのかしら?」と可哀想に頭がこんがらがったアリスは思いました。女王は考えごとをしているようでした。というのは彼女は 「もっと速く!お喋りをするでない!」と喚いてましたから。


Not that Alice had any idea of doing THAT. She felt as if she would never be able to talk again, she was getting so much out of breath: and still the Queen cried 'Faster! Faster!' and dragged her along. 'Are we nearly there?' Alice managed to pant out at last.


同じイギリスのファンタジー「ナルニア国物語」(CSルイス作)の最後でも、「もっと速く」と全員が疾走するシーンが出てくる。ルイスはキャロルより一つほど下の世代で、当然アリスも読んでいたと思われる。


そんなことをする考えはアリスには全 くありませんでした。彼女はもう二度とお喋りができないかのように感じました。もう酷く息が切れていました。それでも女王は「もっと速く!もっと速く!」 と叫んで、彼女を引きずって行きました。「もう少しで着くかしら?」アリスは最後には喘ぐのもやっとでした。


'Nearly there!' the Queen repeated. 'Why, we passed it ten minutes ago! Faster!' And they ran on for a time in silence, with the wind whistling in Alice's ears, and almost blowing her hair off her head, she fancied.


「もう少しとな!」と女王は繰り返しました。「何を言うか、我らは10分前に過ぎてしまったわえ!もっと速く!」そして黙って彼らは暫くの間走りました。風がアリスの耳元で鳴り、ほとんど髪の毛を頭から吹き飛ばしてしまうんじゃないかと彼女は想いました。


'Now! Now!' cried the Queen. 'Faster! Faster!' And they went so fast that at last they seemed to skim through the air, hardly touching the ground with their feet, till suddenly, just as Alice was getting quite exhausted, they stopped, and she found herself sitting on the ground, breathless and giddy.


「ほれ!ほれ!」と女王は叫びました。「もっと速く!速く!」二人はあまりに速く行ったのでほとんど足が地につかず、仕舞いには空中を滑っているように見えま した。そして丁度アリスがひどく疲れ出したとき、突然止まりました。彼女は息もせずに不恰好に地面に座っていました。



The Queen propped her up against a tree, and said kindly, 'You may rest a little now.'


女王は彼女を立たせて木にもたれかけさせました。そして優しく言いました。「さあ少し休んでも良いぞえ。」


Alice looked round her in great surprise. 'Why, I do believe we've been under this tree the whole time! Everything's just as it was!'


アリスはすごく驚いて辺りを見回しました。「ええ?ずっとこの木の下にいたんだ!何もかもが全くそのままだわ!」


'Of course it is,' said the Queen, 'what would you have it?'


「もちろんそうじゃ、」と女王は言いました。「何を考えとる?」


'Well, in OUR country,' said Alice, still panting a little, 'you'd generally get to somewhere else—if you ran very fast for a long time, as we've been doing.'


「えーと、わたしたちの国では、」とアリスはまだ少し喘ぎながら言いました。「普通どこか他の場所に着きます・・・もし私たちがしたように、長い間とても速く走れば。」


'A slow sort of country!' said the Queen. 'Now, HERE, you see, it takes all the running YOU can do, to keep in the same place. If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!'


「とろい国よのう!」と女王は言いました。「ここでは分かように、同じ場所に留まるにはそなたはできる限り速く走らねばならぬ。もしどこか他の場所に着きたければ、少なくともその二倍は速く走らねばならぬ!」


'I'd rather not try, please!' said Alice. 'I'm quite content to stay here—only I AM so hot and thirsty!'


「おねがいです、試したくありません!」とアリスは言いました。「わたしはここに居られてとても満足してます・・・ただとても暑くて咽喉が渇いているだけなんです


'I know what YOU'D like!' the Queen said good-naturedly, taking a little box out of her pocket. 'Have a biscuit?'


そなた好きなものを知っておるぞ!」と女王は善良そうに言い、ポケットから小さな箱を取り出しました。「ビスケットはどうかの?」


Alice thought it would not be civil to say 'No,' though it wasn't at all what she wanted. So she took it, and ate it as well as she could: and it was VERY dry; and she thought she had never been so nearly choked in all her life.


ビスケットは元々航海用の食糧で、保存のために水分を飛ばしてガチガチに焼いていた。


ア リスはそんなものは全然ほしくありませんでしたが、「いらない、」と言うのは礼儀正しくないと思ってましたので、それを取って出来るだけ食べました。ビスケットはとてもパサパサでした。彼女は自分の人生の中で、これほど咽喉が詰まって窒息しそうになったことはない、と思いました。


'While you're refreshing yourself,' said the Queen, 'I'll just take the measurements.' And she took a ribbon out of her pocket, marked in inches, and began measuring the ground, and sticking little pegs in here and there.


take the measurements: "measure(測る)"と同じ意味だが、takeをつけると「少し」「~してみる」のニュアンスが出てくる。

cf) look at 見る → take a look at ちらりと見る


「そちが鋭気を養っている間、」と女王は言いました。「わらわはちと測ってみよう」そしてポケットからインチの目盛がついたリボンを取り出して地面を測り、あちこちに小さな杭を刺し始めしました。


'At the end of two yards,' she said, putting in a peg to mark the distance, 'I shall give you your directions—have another biscuit?'


「2ヤード先で、」と彼女は距離を記すために杭を置きながら言いました。「そちに指示を与えてやろう・・・ビスケットをもう一枚どうかの?」


'No, thank you,' said Alice: 'one's QUITE enough!'


「いいえ、ありがとうございます、」とアリスは言いました。「一枚でとっても十分です!」


'Thirst quenched, I hope?' said the Queen.


「乾きは癒されたじゃろ、の?」と女王は言いました。


Alice did not know what to say to this, but luckily the Queen did not wait for an answer, but went on. 'At the end of THREE yards I shall repeat them—for fear of your forgetting them. At the end of FOUR, I shall say good-bye. And at the end of FIVE, I shall go!'


アリスはこれには何と言ったらいいか分かりませんでしたが、幸運なことに女王は答えを待たずに続けました。「ヤードの終わりでは指示を繰り返そう。。。そちが忘れぬようにの。ヤードの終わりでは別れを告げよう。ヤードの終わりでは、わらわは行くぞ!」


She had got all the pegs put in by this time, and Alice looked on with great interest as she returned to the tree, and then began slowly walking down the row.


この時までに彼女は全ての杭を刺し終えており、アリスは彼女が木のところに戻り、それから列をゆっくりと歩き始めるのを興味津々に見つめていました。


At the two-yard peg she faced round, and said, 'A pawn goes two squares in its first move, you know. So you'll go VERY quickly through the Third Square—by railway, I should think—and you'll find yourself in the Fourth Square in no time. Well, THAT square belongs to Tweedledum and Tweedledee—the Fifth is mostly water—the Sixth belongs to Humpty Dumpty—But you make no remark?'


歩は最初の一手では好きなだけ進んでよい。後は1マスずつ進む。chessではpawn(歩)、knight(騎士)、bishop(僧正)、castle(城)、queen、king の駒があり、アリスはそれらに出会うことになる。

make remarkで「月並みなことを言う」「決まり文句を言う」。ここでは指示に対するお礼の文句のこと。


2 ヤードの杭のところで、彼女は周り に顔を向けて言いました。「最初の一手で歩は2マス進む、良いの?ゆえにそちは3のマスを非常に早く過ぎねばならぬ・・・鉄道を使うと良い・・・さすれば あっという間に4のマスに着くじゃろう。そのマスはトゥイードルダムとトゥイードルディーの兄弟のものじゃ。。。5は大部分が水じゃ。。。6はハンプ ティ・ダンプティのもので・・・じゃが何か言うことはないかの?」


'I—I didn't know I had to make one—just then,' Alice faltered out.


「わ、わたしは言わなきゃならないって知らなかったんです・・・丁度そのとき、」とアリスはどもりました。


'You SHOULD have said, "It's extremely kind of you to tell me all this"—however, we'll suppose it said—the Seventh Square is all forest—however, one of the Knights will show you the way—and in the Eighth Square we shall be Queens together, and it's all feasting and fun!' Alice got up and curtseyed, and sat down again.


「お前は『このことをみな教えてくれ て、あなたはなんて親切なんでしょう、』と言わねばならなかったのじゃぞ・・・しかしそう言ったとしよう・・・7のマスは全部森じゃ・・・じゃが、一人の騎士 が道を示してくれるじゃろう・・・8のマスでは我らはともに女王になろう。宴会を開いて楽しもうぞ!」アリスは立ち上がって膝を曲げてお辞儀をして、また座りました。


At the next peg the Queen turned again, and this time she said, 'Speak in French when you can't think of the English for a thing—turn out your toes as you walk—and remember who you are!' She did not wait for Alice to curtsey this time, but walked on quickly to the next peg, where she turned for a moment to say 'good-bye,' and then hurried on to the last.


Speak in French:当時の礼儀作法はフランスが最上とされ、フランス語の会話が社交界で好まれた。


次の杭で女王はまた振り返り、今度はこう言いました。「英語が思い浮かばないときはフランス語で話すが良い・・・歩くときは足指を曲げるのじゃ・・・そして自分が何者であるかを覚えておけ!」今度は彼女はアリスがお辞儀をするのを待たず、素早く次の杭に向かって歩き続けました。そこで彼女は少しの間振り向いて『さらばじゃ、』と言って、最後の杭に急ぎました。


How it happened, Alice never knew, but exactly as she came to the last peg, she was gone. Whether she vanished into the air, or whether she ran quickly into the wood ('and she CAN run very fast!' thought Alice), there was no way of guessing, but she was gone, and Alice began to remember that she was a Pawn, and that it would soon be time for her to move.


どうやったのかアリスは全く分かりませんでしたが、丁度最後の杭に来ると、彼女は消え去りました。空中に消えたのか、林のなかに急いで駆け込んだのか(「彼女はとても速く走れるんだから!」とアリスは思いました)、推測する手がかりはありませんでしたが、彼女は消えたのです。そしてアリスは自分が歩で、動かなくてはならない時はすぐに来る、ということを思い出しました。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

仲 薫(leprechaun)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について